中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

【遊戯王】藤木遊作のエースモンスター《ファイア・ウォール・ドラゴン》が判明!

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

【サーキット・ブレイク(CIBR)】の収録カードの価格・既存のカード等をチェック!

新規カテゴリー。

ヴァレット】【オルターガイスト】【クローラー】【メタファイズ

既存カテゴリーの強化。

トリックスター】【剛鬼】【星遺物】【水精鱗】【炎王】【幻獣機】 

 

《ファイア・ウォール・ドラゴン》

そういえばの話題ですが、コード・オブ・ザ・デュエリストで登場したパッケージのモンスターであろうカード《ファイア・ウォール・ドラゴン》が判明しました。

 

今回の新作アニメ遊戯王VRAINSで登場する藤木遊作ですがその中で使うカードは《デコード・トーカー》と《ファイア・ウォール・ドラゴン》というドラゴンのようですね。

 

ファイアウォールとは、パソコンの用語でサイバー攻撃等を防いでくれるという意味を持ちますが藤木遊作の持つカードは全てサイバー的な言葉を持つカードが中心のようです。

収録カード的には《デコード・トーカー》がスターターデッキ2017(ST17)としての扱いに近いのでおそらく《デコード・トーカー》をリンク素材にしても出せる効果か、またはメインデッキに投入できるカードという可能性もあります。

もともと遊戯王GXでは《フレイムウィングマン》という切り札や遊戯王5d’sで出てきた《ジャンクウォリアー》などこういったモンスターに関しては打点が2300となっているので予想できた人も多いのではないでしょうか?

 

《ファイア・ウォール・ドラゴン》の効果はまだ判明されてはいませんが今後が楽しみなカードである事には変わらないのはいうまでも無いでしょう!

 

ちなみに《ファイア・ウォール・ドラゴン》の名前の由来であるファイアウォールについてですが、ポート開放という言葉だったり、リンク召喚(L召喚)の言葉に近いものであればリンクアグリゲーション等の専門用語があったりと言葉のネタには尽きることがありません。

 

今後《ファイア・ウォール・ドラゴン》がどう活躍するのかは楽しみですが、名称がどう進化するのかは気になりますね。

それではノシ