中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

【遊戯王】《古代の機械飛竜》は「アンティーク・ギア」カード1枚を手札に加える良カード!さてさて・・・ 《古代の機械合成竜》はどう使おう。

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

【サーキット・ブレイク(CIBR)】の収録カードの価格・既存のカード等をチェック!

新規カテゴリー。

ヴァレット】【オルターガイスト】【クローラー】【メタファイズ

既存カテゴリーの強化。

トリックスター】【剛鬼】【星遺物】【水精鱗】【炎王】【幻獣機】 

 

【最新カテゴリーの価格を見てみる】

⇒【サブテラー】

⇒【SPIRAL】

⇒【ヴェンデッド】

⇒【 F.A.】

ついに古代の歯車(アンティークギア)シリーズが続々判明してきました。今回の判明枠は《古代の機械飛竜》・《古代の機械合成竜》。このカードの存在は実際アンティークギアにとっては非常に重要なカードになりました。

 

《古代の機械飛竜》

星4 地属性 機械族  ATK/1700 DEF/1200
「古代の機械飛竜」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「古代の機械飛竜」以外の「アンティーク・ギア」カード1枚を手札に加える。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はカードをセットできない。
②:このカードが攻撃する場合、相手はダメージステップ終了時までモンスターの効果を発動できない。

 

要するにエアーマン枠。

攻撃力は1700と低いものの、実際はアンティークギアのサーチカードとして運用されそうです。特にアンティークギアデッキには古代の機械射出機等の優秀な魔法をサーチできるのは優秀な点です。

 

ただし、肝心の古代の機械射出機はモンスターがいない場合なので非常に難しい感じになっていて1ターン遅れての展開をどう考えるかが見どころ。特にセットできないは効果の発動後なのでその前にセットすればなんとかなりそうです。

 

しかしながら歯車街のカードも再録され破壊できるカードが増えてきてほしい中でのフィールド張替えは墓地に送ると言う裁定を感じさせないような効果があるのかはちょっと気になります。

出来れば二重召喚効果も付いてたら良かったのに・・・。

 

一方で、《古代の機械合成竜》(アンティーク・ギアヒドラ)は・・・どう使うんだろう。

 

ダメステ終了時に破壊されていなければ除外等はまぁ、ベエルゼ等をのかせれるから良いとして、見ておくべき点は相手のモンスター全てに攻撃が出来る点かもしれません。しかしこれも打点がちょっと低いのでこの部分をなんとかしないといけませんね。3100打点等では一気に相手のカードを全滅させられそうですが、別のカードとのコンボが期待されます。

 


《古代の機械合成竜》(アンティーク・ギアヒドラ)

星7 地属性 機械族  ATK/2700 DEF/1700
①:「アンティーク・ギア」モンスターをリリースしてアドバンス召喚したこのカードとの戦闘で相手モンスターが破壊されなかったダメージステップ終了時に発動できる。その相手モンスターを除外する。
②:「ガジェット」モンスターをリリースしてアドバンス召喚したこのカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。
③:自分の「アンティーク・ギア」モンスターが攻撃する場合、相手はダメージステップ終了時までモンスターの効果・魔法・罠カードを発動できない。

 

という事で実はアンティークギアも新規が続々判明しているんですが、今回のワイバーンの収録で一気に形が作れそうな気がします。

 


遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキR -機械竜叛乱-

 

中古トレカ(遊戯王)遊戯王OCGデュエルモンスターズ ストラクチャーデッキR -機械竜叛乱-

 

■ 《古代の機械飛竜》で何を持ってくるか考える。

 

さてここで考えないといけないのは、古代の機械飛竜で何を持ってくるかという点です。古代の機械飛竜の効果発動後にはカードをセット出来なくなるので、罠等は先にセットしつつ場に出すのがポイントになります。

しかしながら、アンティークギアデッキでは専用のカウンター罠カードの存在も無いですしサーチするカードは恐らく古代の機械射出機かもしれません。

 

 

 

古代の機械射出機のカードを2枚手札に加えられれば、古代の機械射出機の効果で歯車街を破壊することで2枚の大型アンティークギアを揃えるコンボを作るためのキーカードになりそうですね。

 

《古代の機械熱核竜》を2枚出して、その後にエンタープラズニルなどに繋げたりする事も出来ます。こういったコンボで攻めれるカードをサーチ出来るのは大きな利点のように思えますね。

 

一方で既存のカードでの存在では、パワー・ボンドと古代の機械究極巨人をつなげる為のサーチカードの役割も果たしてくれそうです。

 

古代の機械究極巨人の召喚条件として、「古代の機械巨人」+「アンティーク・ギア」と名のついたモンスター×2という素材条件を《古代の機械飛竜》自体が満たしてくれます。今まで素材が揃わなくて・・・という問題を少し解消してくれた感じもしますね。

後は素引きでパワー・ボンドを引ければ・・・ワンチャン!?

 

■ 単体で出すとちょっと弱さを感じるカード。

ただしその前に考えないといけないのは先行での制圧が要なデッキとは裏腹に、このカードを召喚・特殊召喚すると召喚権を使ってしまいどうしても展開が遅れてしまう事でしょう。

 

その場合はゴールド・シルバーガジェットを使うことで機械族を特殊召喚し、ランク4までを出すところまでは繋げておきたいところ。

 

機械族の特殊召喚はメリットですし、最悪ガジェットを出すだけでも十分に強いかもしれません。しかもアンティークギアにはガジェットもシナジーがあるので積極的に採用したいです。もし相手が対処し切れなければ、古代の機械熱核竜でそのまま2回攻撃も行うことも出来ます。

 

昔は古代の・・・と言えば出張で便利だったシリーズの1つ。今ではフィールド張替えと言うデメリットが非常に足を引っ張っていますが、今後どうなるかはちょっと気になりますね。

サーチで持って来れれるカードがカタパルトであってもこのカードを自然にどかせるカードが重要になってくるでしょう。今後のカードに期待したいなぁ。

 

それではノシ

 

関連記事