中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等を行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

【《BF-朧影のゴウフウ》】ゴウフウさんトレンド入りおめでとうという事で考察!(笑)

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

ゴウフウがツイッターでトレンド入りしたようです!おめでとう!という訳で考察(笑)

《BF-朧影のゴウフウ》

中古遊戯王/ノーマル/ザ・ダーク・イリュージョンTDIL-JP013 [N] : BF-朧影のゴウフウ

特殊召喚・チューナー・効果モンスター
星5/闇属性/鳥獣族/攻 0/守 0
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドにモンスターが存在しない場合に特殊召喚できる。
(1):このカードが手札からの特殊召喚に成功した時に発動できる。
自分フィールドに「朧影トークン」(鳥獣族・闇・星1・攻/守0)2体を特殊召喚する。
このトークンはリリースできず、S素材にできない。
(2):このカードとチューナー以外のモンスター1体以上を自分フィールドから除外し、
そのレベルの合計と同じレベルを持つ
自分の墓地の「BF」Sモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをチューナー扱いとして特殊召喚する。

今回非常にやばいトークン使用要因という事で実際評価が二分されていたゴウフウさんですが、実は今回リンク召喚(L召喚)の裁定によって非常に優秀なカードになってしまいました。

 

というのも今回の裁定では主にリンク召喚(L召喚)にてトークンが使えるのかという裁定がありましたが、Vジャンプ5月号によると、この裁定が良いように傾いているらしくトークンが色々と活用できるよーとの事だったらしいで《BF-朧影のゴウフウ》もそのままトレンド入りしたとの事でした。

Vジャンプ 2017年 05 月号 [雑誌]

Vジャンプ 2017年 05 月号 [雑誌]

 

 

このカードが復権しても良いということはペンデュラムデッキであっても【メタルフォーゼ】等での潤滑油として機能していた彼ですが注目の的になりつつあります。

 ■ 《BF-朧影のゴウフウ》の効果の何が恐ろしいかと言うと・・・。

《BF-朧影のゴウフウ》の効果の恐ろしさは実際リンク召喚(L召喚)において使用できるほかトークンを2体出すことが出来るところでしょう。

(1):このカードが手札からの特殊召喚に成功した時に発動できる。
自分フィールドに「朧影トークン」(鳥獣族・闇・星1・攻/守0)2体を特殊召喚する。
このトークンはリリースできず、S素材にできない。
(2):このカードとチューナー以外のモンスター1体以上を自分フィールドから除外し、
そのレベルの合計と同じレベルを持つ
自分の墓地の「BF」Sモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをチューナー扱いとして特殊召喚する。

 

現状では召喚権を使わずに尚且つ先行で全く他のデッキの兼ね合いを防げないカードは現状このかーど位しか無くて尚且つトークンが通常モンスターという事で《リンク・スパイダー》二体から《デコード・トーカー》まで繋げる事が出来るようになりました。

 

現状EXモンスターゾーンからの入れ替えが出来るかはまだ不明ですが、1枚で《デコード・トーカー》が出るというなら話は別です(笑)

 

ただしこの最大級の活用方法は各種デッキにおいてリンク召喚(L召喚)のインフレを止めれるかという話になってくるので結構問題が多そうです。

というのも実際《BF-朧影のゴウフウ》を引けた瞬間にリンクマーカーは2個置けますし、その上シンクロ召喚等が行えるのであれば

リンク召喚(L召喚)で制限した意味が全く無くなってしまう。

 

そんな期待もある中でもし利用が多かった場合制限等に行く可能性もあるでしょう。このカードも実際は【メタルフォーゼ】等では活躍しているデッキでしたから、ある意味ではペンデュラム召喚があの時【十二獣】等で制限されなかったら普通に禁止行きだったカードの様な気がします。

元々破壊コストとして使えるという点ではある意味【真竜】等でも使えるんですけど、今回はリンク召喚(L召喚)も行えますから制限行きの視野も結構考えないと行けないかもしれませんね・・・。

 

このカードは【BF】のカードですからある意味環境に残る由緒正しいカードだったという事で納得しておこうかなぁ。

 

それではノシ

 

他気になるリンク召喚(Link召喚)の裁定問題についてまとめました。

hukusyunyu.hatenablog.com

hukusyunyu.hatenablog.com

hukusyunyu.hatenablog.com

遊戯王の記事に関してはこちらがおすすめです。

f:id:hukusyunyu:20170226021804p:plain

【最新情報 コンテンツ現在はリンク召喚(L召喚)&新パック!】


【新マスタールール】マスタールール4の賛否両論のご意見について回答します。 

遊戯王のリンク召喚(L召喚)で起きた事件・可能性を考察する。
リンク召喚&リンクモンスターの裁定情報 まとめ 
 
【遊戯王 予約開始】スターターデッキ2017(ST17) が予約開始!

注目ポイントと、収録カードをご紹介!!
コード・オブ・ザ・デュエリスト(COTD) 収録カードまとめ 

 

【遊戯王 コンテンツ】


【遊戯王】何を買えば良いか分からない人の為に新商品のオススメポイントを紹介!【遊戯王】安くて強いおすすめデッキを色々まとめてみました。
【遊戯王 デッキ】初心者におすすめなデッキ一覧。【2017年度版】

 

【商品関連系統】


サプライ⇒ 【重ねスリーブ おすすめ】私が感じたスリーブ(サプライ)の選び方云々について。 
プレイマット⇒ 【プレイマット通販】安いTCGのプレイマットとかを買えるのってどこなの?

【デュエルマスターズ コンテンツ】


【新文明について】【デュエマ 感想】新文明 ジョーカーズ 文明 について色々と考える。裁定問題など。