中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等を行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

【遊戯王】レイジング・テンペストに十二獣が登場する噂が広がってるので、種族っぽい獣と獣戦士のサポートカードを見てきました。【日記】

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

最近レイジングテンペストの新しい新規カテゴりーとして十二獣というテーマが入っているのではないか?という噂がありますね。

 

今回のパックではもしかしたら剣闘獣とかが、新規で来るかもしれないぞ!・・・と勝手に思っていたのに・・・まさかの獣が付くテーマというのは

 

これ出ないフラグなんじゃ( ;´・ω・`)?

 

――と言いつつも獣の種族カテゴリーなのでは?という期待もありますし、元々バトスピでもそうですが12神皇とかやってる訳で実は”12”というテーマを名前にしているのは遊戯王ではかなり珍しいのです。

 

デュエルマスターズでも最近ミラダンテトゥエルブが登場したりしていますし、まさに今!十二の数字取り合い時代!!(笑)

 

黄道十二星座というモチーフとかはセイクリッド等でありましたが、名前で付いているのは始めてなんじゃないでしょうか?

 

 

バトルスピリッツでは、戦う魂ならぬもの?ですから12宮とか数字に近いものを沢山出してますからね。

そして効果も少しずつ判明し、今回はX召喚を戦術とするテーマ!新たなX召喚の可能性を体感しよう!という事で公式twitterにて報告されていました。実際どうなるかは非常に楽しみなところ。

 

 

そんな中で獣族や獣戦士族が登場するのでは?という期待も増えてきたことですし、今のうちに獣系ともしかしたら獣戦士かもしれないのでそっちのサポートカードもを見ていく事にしました。

もしかしたら、ダイヤウルフとかも高騰するの(汗)?という一抹の不安が・・・。

 


遊戯王 CBLZ-JP051-SR 《恐牙狼 ダイヤウルフ》 Super

 

■ エクシーズ効果が判明しました!

 

《十二獣ドランシア》
エクシーズ・効果モンスター
ランク4 地属性 獣戦士族 ATK/? ATK/?
レベル4モンスター×4
「十二獣ドランシア」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。この効果は相手ターンでも発動できる。

 

 なんか本当の事っぽかったので、追記で回し方を再確認してみました。

hukusyunyu.hatenablog.com

 ・なんか暗黒のマンティコアが強いと効いたのでネタで返したい貴方に。

hukusyunyu.hatenablog.com

 

■ 獣族サポートは打点と蘇生が多い!一気に押し込める打点を作れそう?

 下級モンスターが精鋭揃いで、アタッカーだけでも他種族と比べ多くが存在する他、《王虎ワンフー》・《X-セイバー エアベルン》・《俊足なカバ バリキテリウム》といった準アタッカーも優秀な効果を持つ。
 低ステータスでも《ライトロード・ハンター ライコウ》・《レスキューラビット》・《魔轟神獣ケルベラル》といった汎用性や爆発力のあるモンスターが多い。

遊戯王wikiより。

という様に、実は獣族・獣戦士モンスターは非常に重要なサポートカードが多く新規カテゴりーで登場した瞬間値上がりするかもしれないカードはかなり多いです。

ただ、規制される場合も多いのですけど。

獣族では、最近では獣族というカードはあまり増えてはいないものの、攻撃力アップを狙う野性解放や死者蘇生+αのエアーズロックサンライズ等の専用カードを活用することが出来そうです。

 

 


獣族の戦い方の一つにとりあえず打点でぶん殴る戦法があるのですが、獣らしく一番個性があってる種族でしょう。魔法カードのサポートはやっぱり優遇されてますねー。

 

なんせ死者蘇生ですからね( ´・ω・`)

 

 

と、獣族新規が来た場合、何かしら強いカテゴリーがくればこの2枚は相当活躍する雰囲気があります。

 

解放はちょっと分かりづらいものの、エアーズロックサンライズに関しては相当希望が見えるカードかもしれませんが、とりあえず専用の蘇生サポートが無くても大丈夫なのは少し安心しました。

 

■ 獣族の名称デッキだったらカテゴリーが少ないので応援したい。

 

一族の結束のような墓地の種族が1種類の時にに攻撃力を上げたりするデッキになりそうなんですが、獣族だけでデッキを組めるデッキは意外とおジャマや極星獣等のちょっとトリッキーなデッキが多いのです。

 

 

また、名称とまではいかないモンスターが多く今後デッキの中にどこまで入れるかが勝負の鍵を握っている感じがします。

 

 

また、極星獣は 極星獣タングニョーストからグルファクシまで繋げるだけでレベル7~10までのシンクロ召喚がしやすい面もあるのでシンクロ召喚はあまり苦労しなさそう。5DSにおいてジャンやアンドレもチームユニコーンを名乗っておりシンクロ召喚に関しては本当に出しやすい印象です。

 

 

また、グリーン・バブーン等実際昔は非常に注目されていたカードも多くナチュル・エクストリオもまた獣族です。今後の強化も考えると非常に注目しておきたいカードですね。

 

 

実際獣族はドゥローレンの存在もさることながらバウンスや自己破壊に特化したつくりでもいけるカテゴリーなので、破壊されたとき~とか場に出たときとかのカードを積極的に戻していけるように水属性の獣族が出てくれば良いなぁと思いました。

 

■ 獣戦士族の場合はカードサーチが魅力的に?

 

一方で、サーチも多く強いカテゴリーが多いように見える獣戦士族なんですが、カードの総数からすると非常に少ない不遇の種族だったのです。

 

良く考えると戦士の獣の間って以外と考えると少なく、じゃあ戦士で良いじゃんとかもう獣族でいいよって感じのあいまいなものだったのでしょう。しかしながら、そんな種族であった獣戦士族も急激なテコ入れに始まり入賞するまでになった【炎星】や【武神】デッキはどこかで聞いた事のある名前かもしれないデッキにまで成長しました。

 

ある意味では、最近の遊戯王の環境に合わせたカードも多く数多くの獣戦士族が恩恵を得れるサポートカードが登場しました。 

 

例えば炎舞―「天キ」は、獣戦士族をサーチ出来るカードで今までのカードでは画期的なサーチカードになっています。というより獣戦士族のサポートと言えばコレ!と言わんばかりの性能で、いわば生きる増援のようなカードですね。

 

 永続魔法
「炎舞-「天キ」」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、デッキからレベル4以下の獣戦士族モンスター1体を手札に加える事ができる。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分フィールドの獣戦士族モンスターの攻撃力は100アップする。

 

炎舞-「天キ」は毎回のように値段が高騰しており、前回では月光がカテゴリー化した時に一時価格が非常に値上がりました。毎回獣戦士族が登場する度に価格が跳ね上がってますから、今回もそうなるかもしれません・・・。

 

レベル4以下のサーチはやっぱり強力なんですが、地味に打点が上がるのも有効活用できる時があるんですよ。

 

 ■ ちなみに獣と獣戦士族のサポートは一緒の場合が強い。

 

結局色々見てきたのですが、獣と獣戦士は元々カテゴリー上で動くカードばかりでは無い上に両方の種族を対象にするカードが多いので非常に利便性の高さを感じました。大きく分けられるとすれば獣は蘇生。獣戦士は増援が多く詰めるという結果になりました。

 

また、ビーストライザー等の攻撃力アップなども連続攻撃を主体とするカード等、獣・獣戦士は少なからず打点を上げている事に長けているのは今後の環境で吉と出るか凶と出るのか。

 

 

と言いつつも忘れてはいけないのは烏合の行進な気もします。このカードは相性次第では強力なドローソースになる点も忘れてはいけません。

 

自分フィールド上に獣族・獣戦士族・鳥獣族の種族1種類につき1枚デッキからカードをドローする効果が魅力的なんですが、魔法罠に依存するデッキは多く採用できない場合も多いので凄く構築の幅が狭まってしまうんですよ。

 

 

と実際ここまで見ましたが、12獣というのも実際本当なのかも分かりませんし気長に待つことにします。

出来れば既存のカードを活かせるデッキであって欲しいですね!

それではノシ

 

今回の新カードの噂の関連商品? ・・・ レイジングテンペスト

amazonさんからはこちらから。


遊戯王アーク・ファイブ OCG レイジング・テンペスト BOX

 

駿河屋さんからはこちらからどうぞ。 

新品トレカ(遊戯王)【ボックス】遊戯王アーク・ファイブ オフィシャルカードゲーム レイジング・テンペスト