中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

【遊戯王効果考察】”LL-アセンブリー・ナイチンゲール”について色々と!リリカルルスキニアの昨今の高騰したカードの代替案を色々考えてみる。

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

【サーキット・ブレイク(CIBR)】の収録カードの価格・既存のカード等をチェック!

新規カテゴリー。

ヴァレット】【オルターガイスト】【クローラー】【メタファイズ

既存カテゴリーの強化。

トリックスター】【剛鬼】【星遺物】【水精鱗】【炎王】【幻獣機】 

 

■ リリカルルスキニアのエース《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》の効果考察!ワンキルと共に高騰した相性の良いカードと他に良いカードが無いかを考えてみた。

LL-アセンブリー・ナイチンゲール ランク1 鳥獣族 風属性 攻0 守0 エクシーズモンスター

今回の話題はリリカルルスキニアのエース《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》の効果考察のお話です。

 

昨今ではマキシマムクライシスが発売前にアニバーサリーパック等が販売されている情報が流れているのですが、その間に【LL】デッキと相性の良いカードが続々と高騰しているという情報を聞きました。

 

実際【LL】デッキ自体はレベル1デッキである以上様々なコンボパーツは必須級なのでどうしても価格が上がってしまう傾向にあるようです。

 

※ 詳しい相性の良いカードはこちらから。

hukusyunyu.hatenablog.com

 

という中で折角なので今回は《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》の効果考察の中で考えたいダイレクトアタックと相性が良いカードを中心に考察していこうと思いました。

 

特にダメージに関しての考察をしていきたいのと代替案を色々考えてみます。

 

【マキシマム・クライシスの予約&購入はこちらから!

今回のパックは【真竜】【電子光虫】【セフィラ】【破壊剣士】【捕食植物】【LL】などなどが収録!ちゃんと捕食植物が強化されましたよ!!やった!

f:id:hukusyunyu:20161121205902p:plain

amazonさんで遊戯王OCG マキシマム・クライシスの販売価格を見てみる。

駿河屋さんで遊戯王アーク・ファイブ オフィシャルカードゲーム マキシマム・クライシスの販売価格を見てみる。

楽天市場で遊戯王カードゲームマキシマムクライシスの販売価格を見てみる。

 ■ 《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》の効果をおさらい。

【LL】アセンブリナイチンゲール

エクシーズ・効果モンスター
ランク1/風属性/鳥獣族/攻 0/守 0
レベル1モンスター×2体以上
(1):このカードの攻撃力は、このカードのX素材の数×200アップする。
(2):このカードは直接攻撃でき、
X素材を持ったこのカードは、その数まで1度のバトルフェイズに攻撃できる。
(3):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
ターン終了時まで、自分フィールドの「LL」モンスターは戦闘・効果では破壊されず、
自分が受ける戦闘ダメージは0になる。
この効果は相手ターンでも発動できる。

《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》の効果は主に素材の分だけ攻撃力と攻撃回数を増やすという効果を持っています。

 

昨今のインフレ環境に踏まえて和睦の使者のような戦闘破壊耐性&戦闘ダメージ0という効果は魅力です。

 

コレにより1ターンキルが成立しなくても、ある程度次ターンまで布陣を整える事が可能になります。

 

ただ、墓地に送る効果や除外効果には無力なのでこのカードの為に手札を全部使いきるのは非常に怖い選択肢なので【LL】デッキをどう回すかはこのカードをどこまで扱いきれるかが勝負の決め手になりそうですね。

 

ダイレクトアタックのダメージ数値計算を考える。

 

今回の【LL】デッキでは勝つ為に戦闘ダメージをどこまで通せるかが鍵になっています。折角なので【LL】デッキの特徴を踏まえつつダメージを8000にするにはどうすれば良いのかを考えてみました。

《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》の効果は素材の数によって戦闘ダメージが大きく変わります。

多分素材が0の場合攻撃が出来ないということもありえそうです。

 

(1):このカードの攻撃力は、このカードのX素材の数×200アップする。
(2):このカードは直接攻撃でき、
X素材を持ったこのカードは、その数まで1度のバトルフェイズに攻撃できる。

まず単純な計算ですが、《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》の素材の数で計算して見る事にします。

 

 

  • 素材が1枚の場合・・・攻撃力が200×1=200ダメージ
  • 素材が2枚の場合・・・攻撃力が400×2=800ダメージ
  • 素材が3枚の場合・・・攻撃力が600×3=1800ダメージ
  • 素材が4枚の場合・・・攻撃力が800×4=3200ダメージ
  • 素材が5枚の場合・・・攻撃力が1000×5=5000ダメージ

 

 

と実際はねずみ講の様に戦闘ダメージが膨れ上がっていきます。

 

これ特に思ったのがベンケイワンキルのベンケイを確実にサーチしつつダイレクトアタックが出来るようになったデッキと同じであり、そのまま打点を通してしまえれば勝てるようなシステムになっているようです。

例えば、素材が5枚の場合5000ダメージを与えた後に《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》の3の効果で一回防ぎ、そのまま素材が4つの《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》のダイレクトアタックで3200ダメージとこれだけで勝負が決まってしまうんですよね。

(3):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
ターン終了時まで、自分フィールドの「LL」モンスターは戦闘・効果では破壊されず、
自分が受ける戦闘ダメージは0になる。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

勿論コレに関しては素材を5つ集めるのは非常に困難で、現実的ではありません。なので、出来るかぎりサポートカードをいれて考えてみます。

その1 《ストイック・チャレンジ》で打点を引き上げる。

コレクターズパック ZEXAL編CPZ1-JP045 : ストイック・チャレンジ

 《ストイック・チャレンジ/Stoic Challenge》 
装備魔法
エクシーズ素材を持っているエクシーズモンスターにのみ装備可能。
装備モンスターの攻撃力は自分フィールド上のエクシーズ素材の数×600ポイントアップし、
相手モンスターとの戦闘によって相手ライフに与える戦闘ダメージは倍になる。
また、装備モンスターは効果を発動できない。
このカードは相手のエンドフェイズ時に墓地へ送られる。
このカードがフィールド上から離れた時、装備モンスターを破壊する。
「ストイック・チャレンジ」は自分フィールド上に1枚しか表側表示で存在できない。

 

勿論筆者も最初から注目したカードの1枚。

このカードは一時期【十二獣】のデッキでも一時期注目されていますが、【LL】デッキに関しては素材を増やして回数を殴るので驚異的なシナジーを誇っています。

 

AMAZONでストイック・チャレンジの販売価格を見てみる。

駿河屋でストイック・チャレンジの販売価格を見てみる。

楽天市場でストイック・チャレンジの販売価格を見てみる。

 

エクシーズ素材の数×600ポイントアップなので先ほどの【LL】デッキと合わせてみると・・・?

 

  • 素材が1枚の場合・・・攻撃力が800×1=800ダメージ
  • 素材が2枚の場合・・・攻撃力が1600×2=3200ダメージ
  • 素材が3枚の場合・・・攻撃力が2400×3=7200ダメージ
  • 素材が4枚の場合・・・攻撃力が3200×4=12800ダメージ
  • 素材が5枚の場合・・・攻撃力が4000×5=20000ダメージ

 

 

と、なんかデュエマかヴァンガードかやってるのかお前という様な意味不明な数値になっています(笑)

ここまでしなくてもいいのですが、素材をそこまで使わなくてもこちらではワンキルできる布陣が整いそう分相性は絶対に良いと思いました。

 

最悪素材が3つあればなんとかなるのでこの場合では《LL・サファイア・スワロー》等の効果でドンドンカードをサーチしつつ素材を揃えられればなんとかなる計算になっています。

 

《LL-コバルト・スパロー》サーチと素材時効果
《LL-サファイア・スワロー》手札からもう一枚と特殊召喚
《LL-ターコイズ・ワーブラー》モンスターがいない場合特殊召喚&出た場合手札から特殊召喚

 

一応デッキ構築の際には《アームズ・ホール》等でカードをサーチしたりするのも一つの手なので、専用構築ではかなり優秀です。

相手のエンドフェイズ時に墓地へ送られる効果があったとしても3枚素材があれば残り800ライフポイントなので

スッキリ8000削れる計算になっています。

 

その2 《団結の力》《デーモンの斧》等の攻撃力アップカードと合わせてみる。

勿論打点アップカードとは相性が良いのでこういったカードとも相性が良いです。

例えば《団結の力》では攻撃力を一気に引き上げてくれるので横に【LL】を置いていた方が素材よりも簡単に火力が出る場合もあります。

 

団結の力で考えてみると素材に1体【LL】を横に置くと打点は1600ポイント向上します。この時の打点を考えると以下の通りです。

 

素材が1枚の場合・・・攻撃力が1800×1=1800ダメージ
素材が2枚の場合・・・攻撃力が2000×2=4000ダメージ
素材が3枚の場合・・・攻撃力が2200×3=6600ダメージ
素材が4枚の場合・・・攻撃力が2400×4=9600ダメージ
素材が5枚の場合・・・攻撃力が2600×5=13000ダメージ

 

非常に中途半端ですが、この場合は素材が3つの場合有効なのでストイック・チャレンジまでとはいかないですが4枚の素材でクリア出来ますね。

《デーモンの斧》の場合でも同上なのですが、打点を考えると案外《団結の力》で十分な気も。コッチの場合では《金華猫》でモンスターを釣ってきた場合や《ワン・フォー・ワン》で継続的にモンスターを供給できる【LL】だからこそ輝く感じがします。

 

打点アップしつつ連続攻撃出来るのはやっぱり魅力ですよ・・・!

その4 サポートカード&バーンカードを組み合わせる。

という訳で【LL】デッキのサポート以外のカードでバーンを狙ってみました。

例えば、相手にダメージを7000与えていれば相手のモンスターをリリースして出せる《溶岩魔神 ラヴァ・ゴーレム》で確定1000バーンを出せればそのまま押し切れるときもあるかもしれません。

 

この《溶岩魔神 ラヴァ・ゴーレム》を相手が処理出来なかった場合(おそらくありえませんが・・・)ダメージを加速させていくカードとして使えそうです。

中古遊戯王/スーパーレア/デュエリストパック 決闘都市編DP16-JP033 [SR] : 溶岩魔神 ラヴァ・ゴーレム

 

また、《破壊輪》なんかも面白そうです。

とにかく相手にバーンダメージを与えてしまえればコッチのものなので展開順番を考えつつ破壊すれば【LL】のワンキルに近づく事が出来ます。

素材が3枚の場合6600ダメージを稼げる《団結の力》とのコンボでは相手が1400以上のモンスターを破壊すればそのままワンキルに届くかも。

中古遊戯王/ノーマル/ストラクチャーデッキ-海馬瀬人-SDKS-JP036 [N] : 破壊輪

 

■ 10期のインフレに向かう為の大きなデッキが登場!対策方法はやっぱり《次元幽閉》!!

という訳で《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》の考察というかダメージ計算の話なのですが、実は《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》の効果をサポートするカードは結構多いです。

 

例えば、《LL-サファイア・スワロー》は墓地の【LL】モンスターをx素材にしてくれます。

《LL(リリカル・ルスキニア)-サファイア・スワロー》 

効果モンスター
星1/風属性/鳥獣族/攻 100/守 0
「LL-サファイア・スワロー」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに鳥獣族モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードと鳥獣族・レベル1モンスター1体を手札から特殊召喚する。
(2):フィールドのこのカードを素材としてX召喚した風属性モンスターは以下の効果を得る。
●このX召喚に成功した場合、自分の墓地の「LL」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。

《地獄の暴走召喚》も合わせると素材のカードを一気にx素材にする事も出来るので全く無駄がありません。一方で耐性が無いなーと思ったら、LL-コバルト・スパローの効果で相手の効果の対象にならない効果も持っています。

 《LL(リリカル・ルスキニア)-コバルト・スパロー》 

効果モンスター
星1/風属性/鳥獣族/攻 0/守 100
「LL-コバルト・スパロー」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから鳥獣族・レベル1モンスター1体を手札に加える。
(2):フィールドのこのカードを素材としてX召喚した風属性モンスターは以下の効果を得る。
●このカードは相手の効果の対象にならない。

 

なので最悪相手が壊獣を使ってきたとしても戦闘ダメージを先に0にしておいたり、素材が墓地に行ってもそのままx召喚の際に墓地から持ってきたりとかなりワンキルを決めやすいのが特徴のように思えました。

 

なので【LL】も実は環境入りするのでは?

と思いきやこのデッキもまた《次元障壁》に弱いのが特徴で他のデッキと違いレベル1を大量に並べるだけという非常に怖い結末を控えているのでここらへんの制限改定でどうなるかがちょっと楽しみですね。

 

・・・テキストで見ると普通のデッキでは既に勝てないような効果を持っている分【ファーニマル】のようなダークホースデッキの1角になるかもしれません。

 

 それではノシ

 

 今回の関連商品。

遊戯王OCG マキシマム・クライシス

ズァークさんカッコイイです。まさかストラクチャーには入らないなんて言いませんよね?ね?

f:id:hukusyunyu:20161121205902p:plain

amazonさんで遊戯王OCG マキシマム・クライシスの販売価格を見てみる。

駿河屋さんで遊戯王アーク・ファイブ オフィシャルカードゲーム マキシマム・クライシスの販売価格を見てみる。

楽天市場で遊戯王カードゲームマキシマムクライシスの販売価格を見てみる

関連記事

 

hukusyunyu.hatenablog.com

hukusyunyu.hatenablog.com