中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

【遊戯王日記 感想】THE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACKについて色々と。今回使えそうなカードはどんな感じ?

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

【サーキット・ブレイク(CIBR)】の収録カードの価格・既存のカード等をチェック!

新規カテゴリー。

ヴァレット】【オルターガイスト】【クローラー】【メタファイズ

既存カテゴリーの強化。

トリックスター】【剛鬼】【星遺物】【水精鱗】【炎王】【幻獣機】 

 

【最新カテゴリーの価格を見てみる】

⇒【サブテラー】

⇒【SPIRAL】

⇒【ヴェンデッド】

⇒【 F.A.】

■ 今回のムービーパックは一味違うかも!?SINの時と同じように優秀なカードが勢ぞろい! 

やったー明日発売だーという事で今回はムービーパックの話題です。今まで遊戯王では数々のパックが登場してきましたが映画版というとやっぱり劇場で出てきたままそのテンションでカードを買えるのでかなりやる気が出てくる訳ですよ。

 

そして、数々のカードを揃えるのも早く揃うのでかなり気に入ってます。

 

最新パックとかでは出てからの効果で弱体化されるのかをイライラして待たないと駄目な分こっちは非常にやりやすい。そういう意味では映画版のパックは好きですし、なにより効果が派手なのがいいですね。

 

なので今回は何を買おうか・・・真剣に悩んでます。

なので日記にして今回はグダグダな感じでお送りします笑

 

新品トレカ(遊戯王)遊戯王OCG THE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACK[1カートン]

 

 

今回のムービーパックでは、45枚のカードが勢ぞろいしておりそれぞれ効果も色々あるんですがリメイクが多くマシュマカロンやマジシャンガール。そして青眼のパワーアップ版等本当に何をしても優秀なカードしか無いわけです。

最初は青眼のパワーアップ版から始まる訳ですが・・・本当に数多いですね。

 

MVP1-JP001 《真青眼の究極竜(ネオ・ブルーアイズ・アルティメットドラゴン》
MVP1-JP002 《カイザー・ブラッド・ヴォルス》
MVP1-JP003 《アサルトワイバーン
MVP1-JP004 《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》
MVP1-JP005 《ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン》
MVP1-JP006 《パンデミック・ドラゴン》
MVP1-JP007 《竜の闘志》
MVP1-JP008 《カオス・フォーム》
MVP1-JP009 《融爆》
MVP1-JP010 《カウンター・ゲート》
MVP1-JP011 《クリスタル・アバター
MVP1-JP012 《岩石の番兵》
MVP1-JP013 《マシュマカロン
MVP1-JP014 《ベリー・マジシャン・ガール》
MVP1-JP015 《アップル・マジシャン・ガール》
MVP1-JP016 《キウイ・マジシャン・ガール》
MVP1-JP017 《シルバー・ガジェット》
MVP1-JP018 《ゴールド・ガジェット》
MVP1-JP019 《黒魔術のヴェール》
MVP1-JP020 《魔導契約の扉》
MVP1-JP021 《ディメンション・リフレクター》
MVP1-JP022 《運命の発掘》
MVP1-JP023 《ディメンション・スフィンクス
MVP1-JP024 《ディメンション・ガーディアン》
MVP1-JP025 《ディメンション・ミラージュ》
MVP1-JP026 《ダーク・ホライズン》
MVP1-JP027 《メタモル・クレイ・フォートレス》
MVP1-JP028 《マジシャンズ・プロテクション》
MVP1-JP029 《ファイナル・ギアス》
MVP1-JP030 《機動要塞 メタル・ホールド》
MVP1-JP031 《光の護封霊剣》
MVP1-JP032 《方界胤ヴィジャム》
MVP1-JP033 《方界獣ダーク・ガネックス》
MVP1-JP034 《方界獣ブレード・ガルーディア》
MVP1-JP035 《方界超獣バスター・ガンダイル》
MVP1-JP036 《方界帝ゲイラ・ガイル》
MVP1-JP037 《方界帝ヴァルカン・ドラグニー》
MVP1-JP038 《方界超帝インディオラ・デス・ボルト》
MVP1-JP039 《暗黒方界神クリムソン・ノヴァ》
MVP1-JP040 《暗黒方界邪神クリムソン・ノヴァ・トリニティ》
MVP1-JP041 《方界業》
MVP1-JP042 《方界波動》
MVP1-JP043 《方界輪廻》
MVP1-JP044 《方界曼荼羅
MVP1-JP045 《方界合神》

 

この中で何が欲しいか!と言われれば実は筆者は「うーん・・・」でして、新規のカードはありがたいんですけどね。他のブログでは多分「これが強そうだぞ!」とか「何が使えるのかな?」とかいってると思うので個人的な意見を自分も述べていくと最終的には持っているデッキが無いから1から作らないと駄目。という事(泣)

 

 

ただ、ブルーアイズの大型2枚は確保しておきたい印象で、ファンデッキあたりでも結構面白いカードは多々あります。しかしながらブルーアイズというデッキ自体の壁を大きく越えていて今後レダメが禁止になる可能性もあるんじゃないかという懸念まで出てきました。

カオスMAXは効果は強いし優秀ですが、打点の高さはそこまで高い訳では無くなんとかすれば突破できそうな打点です。これがトゥルースみたいに5000打点だったら本気で詰んでますし対処できないカードといわれることになるでしょう。


《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》
星8 闇属性 ドラゴン族・儀式  ATK/4000 DEF/0
「カオス・フォーム」により降臨。このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。
①:このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
②:このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分の倍の数値だけ戦闘ダメージを与える。

 

ディープアイズは、 一方弱そうな打点ですが墓地肥やしに特化したデッキにすれば確実にバーンダメージが大変なレベルで帰ってくるタイプのデッキです。竜の霊廟も踏まえると本気でやばく、ブルーアイズの隠し玉として投入される可能性は十分に考えられますが今後の規制でどうなるかという所。

 

実際環境上位にいる青眼ですし、何を利用されるかも分からない中で最後のごり押しが出来るようになったのは大きいかと思います。

 

 

ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン》
星10 光属性 ドラゴン族 ATK/0 DEF/0
①:自分フィールドの表側表示の「ブルーアイズ」モンスターが戦闘または相手の効果で破壊された時に発動できる。このカードを手札から特殊召喚し、自分の墓地のドラゴン族モンスター種類×600ダメージを相手に与える。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、自分の墓地のドラゴン族モンスター1体を対象として発動する。このカードの攻撃力はそのモンスターの攻撃力と同じになる。
③:フィールドのこのカードが効果で破壊された場合に発動する。相手フィールドのモンスターを全て破壊する。

 

追記ですー。

ディープアイズについてちょっと考察してました。

hukusyunyu.hatenablog.com

 

 

ただ、私の身内には特殊ルールというか暗黙っぽいルールがあって同じデッキはあまり作らないようにするという感じになってますから作らないんじゃないかなぁ。

青眼とかそこらへんは既に作られてますし、大会常連の友人は箱4つほど買うでしょうし・・・となると目玉は岩石の番兵とマジシャンガール。そして方界の3つになるわけです。

 

ここで岩石の番兵を選んでいるのは後に岩石族のデッキを作ろうと思ってるからで、トラミッドを初め各種デッキの中に放り込むことが出来ます。

トラミッドに関しては私は非常に気に入っていて、このパックが出るのを待ち遠しく思ってた1つでもあります。どっちにしてもシングルで買うので軍資金的にもあまり辛くないのです。

hukusyunyu.hatenablog.com

 

 

で、マジシャンガールはやっぱり今月号のVジャンプに入っていたりしているので需要が大きく尚且つマジシャンガールはイラストアドが高いですからね・・・。

特にチョコマジシャンは優秀ですし何より魔法使い全般で使えるのでかなり有用です。

 

また、そういう意味ではブラマジデッキを作るのも本当に考えたい!どうせストラクチャーも販売になるのでこの点も譲らずに行きたい所ですよね・・・。

 

 

hukusyunyu.hatenablog.com

 

 

とまぁ様々なカードがあるんですが個人的に面白そうなカードだけちょっと拾ってきます。

最初はアサルトワイバーン

昨今の環境では使いづらいものの、返しにオネストとかで戦闘破壊すれば即座にアドが取れそうなカードとして優秀。特にレダメを出せれば後続のワイバーンが出てくるので今後ドラゴンメタビを組む際にはお世話になりそうです。ただ拘束力に関しては弱く、コアキメイル・ドラゴのほうが使うかなぁ・・・なんて。

 
《アサルトワイバーン
星4 光属性 ドラゴン族 ATK/1800 DEF/1000
①:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時、このカードをリリースして発動できる。自分の手札・墓地から「アサルトワイバーン」以外のドラゴン族モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 

特に、巨神竜で蘇生として使えたらいいなぁ。と。

 

カウンターゲートはダイレクトアタック時に1ドローも出来てモンスターならそのまま出せる楽しさがあります。このときにデッキトップを操作できたら良いんですが、通常召喚できるという制約があるのであまり使えないかもしれません。

 

《カウンター・ゲート》
通常罠
①:相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。その攻撃を無効にし、自分はデッキから1枚ドローする。そのドローしたカードがモンスターだった場合、そのモンスターを表側攻撃表示で通常召喚できる。

 

 

青眼系に関しては非常に使いやすいのですが、一方で方界デッキはかなり面白そうでした。今後もネタにしていこうと思いますが値段しだいですね。実際今回のパックでは青眼などのパワーカードに隠れてはいますが、流星方界器デューザを採用しないとはっきり言ってまわすのがかなり大変だと思います。しかもこのデューザ。

週間少年ジャンプなので更に性質が悪い。

(修正しました。どうやら 週刊少年ジャンプ(2016年19号)の付録だったみたいです)

という意味では追加が約束されている可能性があるテーマかもしれません。ただそれが何時なのか分からないのは仕方が無いんですが・・・。

 

 

と実際ムービーパックを紐解いていくと、殆どがVジャン限定カードを入れたデッキでないと活躍が難しいのが多いのです。

 

青眼はエースカードが多く、ブラマジデッキではマジシャン・ガールというカテゴリーなので新規で組めますがチョコマジシャンの採用を考えないと駄目ですし箱で買う人にはVジャンプで3冊買ったデュエリスト以外は筆者的にオススメできない状況ですね。

特に、方界に関してはサポートも無いですし組めるのか・・・というのも考え物。

 

なのでシングルで買おうと思ってる最中ですね。

それではノシ

今後の追記しだいでちょっと考えたいと思います。

こんな事かいてて箱で買うやつがいるのか!!というのもちょっとあれなので申し訳ないですが、一応リンクだけ張っておきます(笑)

 

箱で買うメリットは多分ですが

  1. ・青眼系のカードが高い場合
  2. ・カテゴリー的にすべて欲しい場合。

 

とかかなぁと。 

 

 

 AMAZONでの購入はこちらから。


遊戯王OCG Yu-Gi-Oh! THE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACK BOX

駿河屋はこちらです。

 

中古トレカ(遊戯王)【ボックス】遊戯王OCG THE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACK

 

 

 

アクセスカウンター