中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

【遊戯王 おすすめ】恐獣の鼓動は買うべき?4つの点で考察してみた!

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

【サーキット・ブレイク(CIBR)】の収録カードの価格・既存のカード等をチェック!

新規カテゴリー。

ヴァレット】【オルターガイスト】【クローラー】【メタファイズ

既存カテゴリーの強化。

トリックスター】【剛鬼】【星遺物】【水精鱗】【炎王】【幻獣機】 

 

遊戯王アーク・ファイブオフィシャルカードゲームストラクチャーデッキR 恐獣の鼓動が2017年2月25日 (土) 発売するけど買うべき?

と言うわけで今回は恐獣の鼓動に関しての話題です。

 

2017年2月25日 (土)にストラクチャーデッキR 恐獣の鼓動」が発売されるという事なので、ストラクチャーデッキR 恐獣の鼓動に関して買うべきなのか考察してみました。

 

ストラクチャーデッキR 恐獣の鼓動の予約はこちらから!】

 

AMAZON遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキR 恐獣の鼓動を検索してみる。

駿河屋⇒予約トレカ(遊戯王)遊戯王OCGデュエルモンスターズ ストラクチャーデッキR -恐獣の鼓動を検索してみる。

楽天市場遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキR 恐獣の鼓動を検索してみる。

収録カードレビュ~。⇒【遊戯王 予約開始】ストラクチャーデッキR-恐獣の鼓動-でついに恐竜の強化が決定!今の内に見ておきたいカードってなんだっけ?

 

今回の恐獣の鼓動は2017年2月25日に発売という事で20th アニバーサリーパック2nd waveに迫っているストラクチャーデッキなのですが、今回どっちを買おうかなぁと悩んでいる人は多いはず。どっちにしても25日は給料日ではあるものの若干辛い選択肢ですよね。

 

というより25日っていう月末なのでその点はちょっとあれなんですが、今回も恐獣の鼓動を中心に買うべきなのでしょうか・・・(´・ω・`)というのが友人共々気になったので書いていこうと思います。

 

遊戯王アーク・ファイブオフィシャルカードゲームストラクチャーデッキR 恐獣の鼓動ってどんなデッキ?

遊戯王アーク・ファイブオフィシャルカードゲームストラクチャーデッキR 恐獣の鼓動ってどんなデッキ?

天地に轟く恐獣の鼓動!

究極の暴君、覚醒!!

今回のコンセプトはこの文章に集約されている通り、究極の恐竜が天地を大きく揺るがすほどのモンスター《究極伝導恐獣》を中心にデッキを組んで楽しもう!というのがコンセプトになっています。

 

実はストラクチャーデッキの効果モンスターで単体の性能だけを見ていると最高の攻撃力を誇っており、青眼の白龍の3000打点を越えている上に、戦闘に関しては行う前に破壊するという凶悪っぷり。 

とか言いつつもその正体は前回のストラクチャーである「恐竜の鼓動」の2体を混ぜた方な効果であり、昨今のインフレに合わせてきているのが非常にポイントですね。恐獣という名前のモンスターは既に4体ほど揃ってて、今回の恐獣の鼓動も彼らに合わせた効果を活用出来るパーツが沢山入っています。

 

勿論再録されるカードも多いのですが・・・。

とそんな恐竜の種族を沢山放り込んだデッキですが実は恐獣の鼓動を買うべきかどうかを考えるのは最早新規カードだけをみていれば良いよという感じになっています。

 

というのも今回の恐獣の鼓動のテーマは動きであり、それを名言しているからですね。戦術を強化するって公式サイトで言ってますし、相性バツグンのサポートカードが登場していますから今回は動きを中心にテクニカルなデッキとして優秀な面が多いのでしょう。きっと。

 

 

元々恐竜族のサポートカードは全て効果対象が広く、どこからでも墓地に送られれば効果が発動するカードや手札から破壊されても大丈夫とかなり範囲が広いので、今回はキーモンスターを中心に見て行きましょー!

 

恐獣の鼓動のキーモンスター

色々と日記感覚で読みたい人はこちら

恐獣の鼓動 カテゴリーの記事一覧 

今回の恐獣の鼓動のキーモンスターは以下の通りですが、実質今回の新規枠は現在6枚になっています。

最近では、《メガロスマッシャーX》という新規枠も登場し一気に面白くなってきました!

 

《究極伝導恐獣》・・・恐竜族の新しいエース!裏側守備表示の効果を使い勝利を決めろ!

《究極伝導恐獣》(アルティメットコンダクターティラノ)
星10/ 光属性/ 恐竜族/ ATK/3500 DEF/3200
このカードは通常召喚できない。自分の墓地の恐竜族モンスター2体を除外した場合に特殊召喚できる。
①:1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに発動できる。自分の手札・フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、相手フィールドの表側表示モンスターを全て裏側守備表示にする。
②:このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。
③:このカードが守備表示モンスターを攻撃したダメージステップ開始時に発動できる。相手に1000ダメージを与え、その守備表示モンスターを墓地へ送る。

 

今回の大型モンスターの一枚ですが、1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに

 

自分の手札・フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、相手フィールドの表側表示モンスターを全て裏側守備表示にすると言う効果を中心に回すのが基本的な動きのモンスター。

今回恐獣の鼓動の看板モンスターの効果は今までのワンキル等とは違い、優秀なメタカードとして機能する事になります。

 

 

主に全体攻撃で相手をなぎ倒すのがメインなのですが、ワンキルに特化しているという訳ではなく、相手のモンスターを破壊しつつ盤面を削って行くというジワジワとしたアドバンテージを取るのをメインとしたのが特徴になっています。この点は前回の機械竜叛乱とは異なったコンセプトです。

 

勿論手札のカードを破壊するなんて・・・と思っちゃうんですけど現状恐竜族では《プチラノドン》や《ベビケラサウルス》などの展開用カードに繋げたり出来るので完全なデメリットで無いのがポイント。

 

《究極伝導恐獣》の効果では主に2つの部分がポイントになります。

  1. 何を破壊するのか。
  2. そして破壊されても大丈夫なカードなのか

 

また蘇生制限もそこまで誓約が無いですし、《魂喰いオヴィラプター》で間接的にサーチが出来るかで勝負が決まるでしょう。またこの効果は自身を破壊して擬似的な全体月の書になるかは今度公式で聞いてきます。

 

関連記事

【遊戯王 効果考察】《究極伝導恐獣》(アルティメットコンダクターティラノ)について色々と考える【恐獣の鼓動日記】

 

どっちにしても《究極伝導恐獣》は

主に対象を取らない全体除去として活用できるのがポイント

 

なんですよね。

この点は10期以降でも優秀な全体除去として活躍出来るでしょう。ただし《究極伝導恐獣》自体に耐性は無く【十二獣】や【真竜】等の永続罠等に関しての耐性をどこで整えるかが鍵でしょう。

 

《プチラノドン》・・・破壊すればレベル4以上をデッキからリクルート!大型もコイツで呼び出せ!

《プチラノドン》
星2/ 地属性/ 恐竜族/ ATK/500 DEF/500
①:このカードが効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。デッキからレベル4以上の恐竜族モンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない

【遊戯王 効果考察】《プチラノドン》考察!恐竜族の新たなリクルーター!【恐獣の鼓動 新規収録】

 

《究極伝導恐獣》で破壊しろ!以上!!(笑)

 

《プチラノドン》は言わばコンボ系モンスターカードで、効果で破壊されればデッキからレベル4以上の恐竜族を持ってきます。ただしこのターン攻撃出来ないので《魂喰いオヴィラプター》と同じでシンクロ召喚のようなコンボ前提でのカードになっています。

また肝心の《究極伝導恐獣》はデッキから出せないので、なんか大型の恐竜を出しても良いのですが、勿論レベル4の恐竜が出せれば良いので《エヴォルカイザー・ラギア》でも十分に可能です。

 

ココらへんは相手のターンに発動したかで決めるのが良いかもしれませんね~。またコンボカードとして《ドラゴニックD》等で破壊するなんていう事も出来るのですが、《バオバブーン》と比較すると出張パーツとして何処まで出来るのかがポイントですね。

 

《魂喰いオヴィラプター》・・・サーチと墓地にモンスターを持ってきたりする良カード!

《魂喰いオヴィラプター
効果モンスター
星4/ 闇属性/ 恐竜族/ ATK/1800 DEF/ 500
「魂喰いオヴィラプター」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから恐竜族モンスター1体を選び、手札に加えるか墓地に送る。
②:このカード以外のフィールドのレベル4以下の恐竜族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。その後、自分の墓地から恐竜族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。

【遊戯王 効果考察】《魂喰いオヴィラプター》について色々と考える【日記】

 

今回の重要なカード。

というよりコイツがいないと始まりません。

 

何と言っても恐獣の鼓動を買うべきか《究極伝導恐獣》だけ見ているときには悩んでいましたが、コイツがいると話は全く変わってきます。

 

召喚時に墓地に送ったり手札に加える効果で確実にキーカードを引っ張ってきて最悪《究極伝導恐獣》のコストとしても賄え、その上ランク4でエヴォルを立てられるのはもはや反則級。

特にロストワールドと合わせると初手で《エヴォルカイザー・ラギア》を立てる事が出来ます。

 

 残りのキーカードは魔法罠。この2枚も結構重要なカードでした。

f:id:hukusyunyu:20170210041851p:plain

ロストワールド

ロストワールド
フィールド魔法
①:恐竜族以外のフィールドのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。
②:1ターンに1度、恐竜族モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。相手フィールドに「ジュラエッグトークン」(恐竜族・地・星1・攻/守)1体を守備表示で特殊召喚する。
③:相手フィールドにトークンがある限り、相手はトークン以外のフィールドのモンスターを効果の対象にできない。
④:1ターンに1度、フィールドの通常モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにその数だけ自分の手札・デッキの恐竜族モンスターを破壊できる。

【遊戯王 効果考察】《ロストワールド》について色々と考える【恐獣の鼓動日記】

 

フィールド魔法ですが、このカード非常に使いづらいです。特に《究極伝導恐獣》とのコンボが前提ではありますが、殆どのデッキとは全くかみ合いませんし、相手に壁を作ってしまいます。

 

ただし《究極伝導恐獣》には優秀な耐性を持たせる事に加えて、完全にトークンを破壊する等の戦法を取るのが特徴ですけど、《究極伝導恐獣》を出すときにはチェーン上で耐性を持って無いのには注意かなぁ。

 

《生存境界》・・・通常モンスターデッキのメタとして機能!墓地にいたら能動的にカードを破壊するぞ!

 

《生存境界》
通常罠
①:フィールドの通常モンスターを全て破壊し、破壊した数だけデッキからレベル4以下の恐竜族モンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。
②:墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの恐竜族モンスター1体と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

 

ロストワールド》で出てきたトークンを破壊したり、通常モンスターをメタったりと実は結構忙しいカードとして知られていますが《スケープゴート》が一番良いかなぁと個人的には思うカードですね。

 

多分ジュラシックトークンも破壊して盤面に揃えるのがポイントですが、エンドフェイズに破壊されるので《プチラノドン》や《ベビケラサウルス》の効果を使えます。《プチラノドン》の場合では、罠で相手ターンに破壊されれば簡単に大型恐竜族をノーリスクで出せるのでこれを中心に狙ってきたいところ。

ただこのカードの効果の最大の特徴は2の効果で能動的に《ベビケラサウルス》とかを破壊できることだと思うんですけどね・・・(´・ω・`)

 

ただし現在の環境では【メタルフォーゼ】や【青眼】を見ないためメタとして機能するのはあまり期待できませんね。

 

恐獣の鼓動を買うべき点で考えたい4つのポイント。

f:id:hukusyunyu:20170210041944p:plain

という訳でざっと確認しましたが、恐獣の鼓動を買うべきなのかというポイントを分けて考えて見ました。

まず1つ目は3箱デッキを組む上で戦えるのか?という事。

これは安価でデッキを組む際に重要な事ですね。筆者の中では重要な選択肢なので置いておきます。そして2つ目は回し方で重要なカード達の収録はどうなのか。

 

そして改造すれば強くなる?という疑問とかありますが、回してて面白いの?という部分も見ていきます。これ結構重要な気がしたので(笑)せっかく恐獣の鼓動が動きをコンセプトにしているのであればココは見逃すわけにはいかないでしょ!?

 

いやぁ・・・問題はここが一番大事な感じがするんですよねー。回しててつまらなかったらというのは一番嫌ですし(´・ω・`)

 

と言う訳でこの4つを見ていこうと思います。あ、5番目に初心者におすすめかも考えるのですがそれはまた違う時に。

1つ目 3箱デッキを組む上で戦える?

恐獣の鼓動を買うべきか。その大きな判断材料は3箱でデッキを組めるまでに至れるかという事でしょう。

結論としては戦えると思います(*´・ω・`)b

というのもデッキ枚数の40枚に対して今回の恐獣の鼓動の新規カードは全て投入しても良いレベルの物であり、そこに《ベビケラサウルス》を加えると18枚。既にデッキ構築で重要なカードが揃ってしまっているんですよね。

《化石調査》や《テラ・フォーミング》。補助に《闇の護封剣》、《生存競争》《砂塵のバリア -ダスト・フォース-》なんかが入れば速攻で40枚近くになる為デッキになっているのが見て分かると思います。

 

また大型恐竜モンスターも再録されており【恐獣】カテゴリーは既に確立されているので結構重要そうなカードが盤面に出せるのは言うまでもありません。また妨害カードとして即採用しても大丈夫なのが多いですからね。

 

なんだかんだでデッキに組み込んで弱い!というのは無いと思います。

ただし、新規カードである《メガロスマッシャーX》等に関して通常モンスター枠を活かすためのエクストラデッキの補強が必須なのはやはり大事な部分で、この部分は再録を待つしか無いという印象でしょうね。

 

え?4000打点を越えれないって?という人は《究極伝導恐獣》の対象を取らない効果や、《ディノインフィニティ》で越えてしまいましょう!

また手札に加わったという部分では《覇王龍ズァーク》に対して最高のメタを張る事が出来ます。・・・流石にメタにはならないかな?(笑)

 

リンク召喚(L召喚)があっても関係ない回しかたが出来る!

また、最近ではマスタールール4の問題もあって一気に恐獣の鼓動も見向きもされていない可能性が十分にありますが、《究極伝導恐獣》等のモンスターは既にEXモンスターゾーンに依存していない戦いかたが出来るのでその点はかなり問題がありません。

 

また、恐獣の鼓動でラギアを出すというのもEXモンスターゾーンが1つあれば十分であり《エヴォルカイザー・ラギア》と、《究極伝導恐獣》を盤面に出すというのが基本的な戦法になり得そうです。

 

 

2つ目 回し方で重要なカード達の収録は?

【遊戯王 おすすめ】恐獣の鼓動は買うべき?4つの点で考察してみた!【日記】

さて再録枠に関しての問題ですが、これは結構裏守備表示にするギミックが欲しい人には最高の収録内容になってますね~。

 

  • 《超古代恐獣》
  • 《奇跡のジュラシック・エッグ》
  • 《ベビケラサウルス》
  • 超伝導恐獣》
  • 《暗黒ブラキ》
  • 《セイバー・サウルス》
  • 《ジュラエッグトークン》
  • 《ディノインフィニティ》
  • 《トリケライナー》
  • 《化石調査》
  • 《テラ・フォーミング》
  • 《闇の護封剣》
  • 《生存競争》
  • 《砂塵のバリア -ダスト・フォース-》

 

例えば《闇の護封剣》や《砂塵のバリア -ダスト・フォース-》は去年裏守備にするという部分で活躍したカード達です。特に遊戯王では破壊耐性が多く、それらを破壊するときにコレを使えば相手の効果を無効にしつつ倒せるのが特徴なんですけど、ストラクチャーデッキR恐獣の鼓動ではこれらのカードを利用して《究極伝導恐獣》で効果破壊を狙うというのが基本コンセプトのようでした。

 

なので恐獣の鼓動を買うべきか以前にこれらのパーツが欲しいなぁという人はシングル買いでも十分に役に立ちそうです。また、《テラ・フォーミング》も入っているので恐獣の鼓動のキーパーツは全てサーチ出来る事になりますね。

とこの点も全く問題ありませんでした。中々良いなぁ。

 

ただし、この《闇の護封剣》は世界大会でとある大問題を起こしてから、《皆既日蝕の書》の方が良いという結果になっている事もありました。こういった事件が多いですが・・・恐竜族中心のサポートカードとして入っていると踏んでおけばストラクチャーデッキRとして買うべきパーセンテージが高いと言えるでしょう。

3つ目 改造すれば強くなる?

問題はココですね~。個人的には強くなるというか強くならざるを得ない効果が多く入っており優秀だと思います。

 

 

元々《プチラノドン》などのカードは別に《ロストワールド》で無くても破壊されればリクルートされるので、【十二獣】とまではいかないものの多少の出張は可能です。

 

また、《魂喰いオヴィラプター》の効果でサーチして《ドラゴニックD》で破壊などでもコンボになり場にモンスターが大量に並ぶのでこの点も全く無駄無い動きが可能です。

 

しかしながら、恐獣の鼓動のキーパーツを出張で持ってこようとすると、《究極伝導恐獣》の出張は非常に難しくなり結果的に《魂喰いオヴィラプター》を中心としたカードを採用するという結果に至りそうです。

 

採用できる範囲としては【真竜】と【十二獣】これらのデッキの場合《エヴォルカイザー・ラギア》の他に《深淵に潜むもの》等のエクシーズ召喚に加えてランク4までを立てる事が出来る=《十二獣ブルホーン》も検討?となるので事実上相性が悪いとは言えません。

と実は出張ギミックとして優秀なのが分かったのでこの点は評価を高めにしておきたいと思います。というか破壊されたときが一種のアドバンテージになっている以上弱い事は無いということですね(´・ω・`)

 

 

4つ目 回してて面白いの?

正直な感想でいうと結構面白かったです。プロキシでのデッキで色々と遊んで見ると《魂喰いオヴィラプター》からの《ロストワールド》など結構動きが凄いので飽きが来ないのが良いなぁと思いました。この点は別途更新していこうと思いますが

  1. 《究極伝導恐獣》を主軸にしている大型恐獣デッキ。
  2. ランク4を中心とする【エヴォルロストワールド】デッキ。
  3. 出張等も含めた【十二獣真竜恐竜】デッキ。←これは入れすぎかな(笑)

 

等回し方に様々な分類パターンがあり非常に便利だと思いました。

 

 

前回のストラクチャーデッキであったペンデュラム・エボリューションとか違った出張枠であったり、機械竜叛乱の時であったワンキルとは違うので若干派手さは見受けられないのですが、その分効果で勝つ!!戦闘で勝つ!!

バーンで勝つ!!とシンプルイズベストな構築で戦えるのでやっぱり便利です(笑)

 

まとめ!《究極伝導恐獣》を始め恐竜というか、動きがコンセプト!3箱買うべきなストラクチャーデッキでした!

がおー(*つ`・ω・)つ

(本当は2月8日に合わせたかったんですけどね(´・ω・`))

という訳で今回は恐獣の鼓動を買うべきか!!という話題でした。

 

《究極伝導恐獣》等も含めて実質強力なカードが多いのが実態ではありましたが、元々盤面に揃えるという事が出来る強みと全体裏側という実質無効化効果をもつ《究極伝導恐獣》が弱い訳ではありませんね。

 

しかし、100%の動きをする上では非常にエクストラデッキが寂しい事になってしまいますので、この点は色々と修正が必要になってきます。

実際20th アニバーサリーパック2nd waveで収録されている《エヴォルカイザー・ラギア》を購入してね♪という事なのでしょうが、実は20th アニバーサリーパック2nd waveではノーマル収録。

安く買えるのはきっと狙ってという感じがしますね(´・ω・`)

 

 

こういった面も含めて恐獣の鼓動では、安価で組めるデッキの1つとして重要な立ち位置に座り始めている様に見えました。

勿論他のカードは高騰していますし、十二獣等を含めればその点もクリアできなくなってしまいますが、環境デッキとしてどこまで戦えるかはかなり気になるところ。

出来れば皆さんの声も聞きたいなぁと思ってアンケート作ってみたので良ければコメント付きで書き込んでいってくれれば参考にします(´・ω・`)

それではノシ

 

恐獣の鼓動のオススメ関連記事です(´・ω・`)ノシ

f:id:hukusyunyu:20170113195256p:plain

【遊戯王 予約開始】ストラクチャーデッキR-恐獣の鼓動-でついに恐竜の強化が決定!今の内に見ておきたいカードってなんだっけ?【日記】

⇒【遊戯王 おすすめ】恐獣の鼓動は買うべき?色々と考察してみた!・・・今ココ!!

新規収録の注目カードたち。

恐獣の鼓動 カテゴリーの記事一覧 

【遊戯王 効果考察】《究極伝導恐獣》(アルティメットコンダクターティラノ)について色々と考える【恐獣の鼓動日記】

【遊戯王 効果考察】《プチラノドン》考察!恐竜族の新たなリクルーター!【恐獣の鼓動 新規収録】

【遊戯王 効果考察】《ロストワールド》について色々と考える【恐獣の鼓動日記】

【遊戯王 効果考察】《魂喰いオヴィラプター》について色々と考える【日記】