読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等を行っているtcg準研究サイトです。

 

【遊戯王 効果 考察】《サイバース・ガジェット》について色々と考える【日記】

 

f:id:hukusyunyu:20170316024156p:plain

今回の話題はVジャンプ5月特大号の付録である《サイバース・ガジェット》話題です。

《サイバース・ガジェット》の効果が判明したので考察して行こうと思います。

目次

 

《サイバース・ガジェット》の効果自体は【リンク召喚】で今回紹介されると共にサイバース族の期待の新星とも感じられる効果を持っているカードでした。

と言いつつも結構このカードには可能性が非常に多く感じられるカードで面白かったので色々と考察していきたかったのですがやれる事が非常に多くて大変でした。

 

《サイバース・ガジェット》の効果考察!《サイバース・ガジェット》の効果をおさらい。

《サイバース・ガジェット》
効果モンスター
星4/光属性/サイバース族/ATK 1400/DEF 300
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時、自分の墓地のレベル2以下のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
②:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。自分フィールドに「ガジェット・トークン」(サイバース族・光属性・レベル2・攻守0)1体を特殊召喚する。

 

レベル4のサイバース族といえばそれまでなのですが、このカードの大きな点として《ジャンク・シンクロン》の効果を踏襲したような効果に加えて、墓地に送られたときに《ドッペル・ウォリアー》に近い効果を持っている優秀なカードです。

なのでこのカードは実際リンク召還に使うというよりかはシンクロにも使えるというまさに万能カードと言える性能でしょう。

はっきりいうと効果が何でも使えてしまうという怖さがあり、現状ではシンクロ召喚とリンク召喚は同じく墓地に送るという効果は相性がよさそうな片鱗を持っている感じがしますね。

 

実質効果としては今までのカードの効果を丸々投入しているような効果で、今後のリンク召喚に関して更なるインフレを感じるカードという印象を感じました。

《サイバース・ガジェット》の効果考察その①:召喚時蘇生効果。

このカードが召喚に成功した時、自分の墓地のレベル2以下のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

効果としては守備表示限定&効果無効として蘇生させる効果を持っている優秀な効果です。現状では、《サイバース・ガジェット》に関してのコンボとしていろいろとまい。の考察日記にて書いてきましたが、ものの見事にこれが相性が良すぎるのが問題になりそうです。

 

まず、《ドラコネット》から《ビットロン》につないでレベル5シンクロ等を行ったりする中で墓地にレベル2モンスターを送れれば良いのですが、別にこれに関しては効果モンスターでも十分に良くて公式でも説明している通り、《ギャラクシー・サーペント》などのカードでも十分に効果を発揮して戦えるようです。


【遊戯王】Vジャンプ5月特大号付録カード「サイバース・ガジェット」解説!!

 

現在判明しているサイバース族の中では最強レベルの効果で、実質墓地にレベル2以下のモンスターを送れるかが勝負の鍵になるかもしれませんね。

 

たとえばこのカードをシンクロンデッキに投入した場合、《ジェット・シンクロン》をはじめとした強力なカードをそのまま盤面に出すことができます。

一応シンクロ召喚を行う布陣をはじめ、サイバース族を中心としたデッキとしても活躍してくれるとは思いますが、《ドラコネット》など通常召喚を中心としているカードが現状多い以上《クイック・シンクロン》のようなカードと合わせたりとにかくリンク召喚において墓地に送るという事を考えていくのが最優先事項でしょう。

 

現状ではシンクロでも何でも行えるという感じですが最終的には2の効果を効果的に使うか勝負が決まりそうです。

《サイバース・ガジェット》の効果考察その②・・・トークン生成効果。

:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。自分フィールドに「ガジェット・トークン」(サイバース族・光属性・レベル2・攻守0)1体を特殊召喚する。

墓地に送られた場合という効果に合わせてトークンを盤面に出すという面白い効果を持っています。

 

現状トークンを使用した上でどう動かすかが鍵になるでしょう。

《サイバース・ガジェット》の最大の利点はいわばリリースしても何でも効果が起きるという効果なのでシンクロやリンク召喚。

および効果リリースや破壊効果のコストとして使っても問題はなさそうです。

 

また、トークンのレベルは2なのでシンクロ召喚等のレベル調整に使えそうですから、《サイバース・ガジェット》の効果でレベル2チューナーを蘇生させて《瑚之龍》をシンクロ召喚。この時に《サイバース・ガジェット》の2の効果でトークンを出せばおそらくルール上問題なくレベル8シンクロまで届いてしまうんですよね。

 

こういった1枚でシンクロをつなげるという印象では結構【ドラグニティ】に近い印象を受けますがリンク召喚の裁定でエクストラモンスターゾーン(EXモンスターゾーン)での連続シンクロが行える場合非常に優秀なカードになるでしょう。

どういったデッキに《サイバース・ガジェット》を採用する?

《サイバース・ガジェット》を採用する場合実際サイバース族デッキ以外にもシンクロ召喚やリンク召喚を多用するデッキの場合、主に召喚権を残すデッキやレベル2以下のチューナーを採用しているデッキでは投入してもよさそうな効果な気がします。

 

 

これに関しては該当するデッキがありすぎる気がしますが、スターターデッキ2017(ST17)の中ではビットロン等を駆使する事ができるのでファンデッキの場合スターターデッキ2017(ST17)に合わせて改造するだけでも面白そうです。

 

回し方としては主にこんな感じになります。

 

  1. 《サイバース・ガジェット》で通常モンスターを蘇生。
  2. まず1体で《リンク・スパイダー》をリンク召喚(L召喚)。この時に《リンク・スパイダー》の効果で手札の通常モンスターを特殊召喚
  3. またもう一度通常モンスターを《リンク・スパイダー》にリンク召喚(L召喚)。
  4. この後に、効果モンスター3体(《リンク・スパイダー》×2、場の《サイバース・ガジェット》)で《デコード・トーカー》をリンク召喚(L召喚)!

 

 

この場合通常モンスターであれば何でも良いため前回の考察であるトークンを使用しても問題ありません。

hukusyunyu.hatenablog.com

《サイバース・ガジェット》の効果考察まとめ

 というわけで《サイバース・ガジェット》の効果を見てみましたが、まだまだ考察する余地があるカードです。

今まではスルーしていたサイバース族ですが、実は効果的にはかなり優秀なので悪用される可能性も控えています。

 

実は《サイバース・ガジェット》で《デコード・トーカー》を出すときに

エクストラモンスターゾーン(EXモンスターゾーン)にあった《リンク・スパイダー》をそのままリリースしてエクストラモンスターゾーンに《デコード・トーカー》を出していたので実はエクストラモンスターゾーン(EXモンスターゾーン)のカードを利用してのリンク召喚(L召喚)が行えたりとかなり器用な事が分かりました。

 

現状ではまだ相互互換の《ジャンク・シンクロン》という印象しかありませんがなんとなくこの雑誌は3冊買え!!という気持ちが伝わってきますね笑

また時間があるときにいろいろと考察してみようと思います。

 

それではノシ

 

Vジャンプ 2017年 05 月号 [雑誌]

Vジャンプ 2017年 05 月号 [雑誌]

 

 

遊戯王の記事に関してはこちらがおすすめです。

f:id:hukusyunyu:20170226021804p:plain

【最新情報 コンテンツ現在はリンク召喚(L召喚)&新パック!】


【新マスタールール】マスタールール4の賛否両論のご意見について回答します。 

遊戯王のリンク召喚(L召喚)で起きた事件・可能性を考察する。
リンク召喚&リンクモンスターの裁定情報 まとめ 
 
【遊戯王 予約開始】スターターデッキ2017(ST17) が予約開始!

注目ポイントと、収録カードをご紹介!!
コード・オブ・ザ・デュエリスト(COTD) 収録カードまとめ 

 

【遊戯王 コンテンツ】


【遊戯王】何を買えば良いか分からない人の為に新商品のオススメポイントを紹介!【遊戯王】安くて強いおすすめデッキを色々まとめてみました。
【遊戯王 デッキ】初心者におすすめなデッキ一覧。【2017年度版】

 

【商品関連系統】


サプライ⇒ 【重ねスリーブ おすすめ】私が感じたスリーブ(サプライ)の選び方云々について。 
プレイマット⇒ 【プレイマット通販】安いTCGのプレイマットとかを買えるのってどこなの?

【デュエルマスターズ コンテンツ】


【新文明について】【デュエマ 感想】新文明 ジョーカーズ 文明 について色々と考える。裁定問題など。