中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

【遊戯王】裁定で、神の摂理入り《解放のアリアドネ》デッキに大きなカウンター罠として登場!?今のうちに買っておこうかなぁ。

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

【サーキット・ブレイク(CIBR)】の収録カードの価格・既存のカード等をチェック!

新規カテゴリー。

ヴァレット】【オルターガイスト】【クローラー】【メタファイズ

既存カテゴリーの強化。

トリックスター】【剛鬼】【星遺物】【水精鱗】【炎王】【幻獣機】 

 

【最新カテゴリーの価格を見てみる】

⇒【サブテラー】

⇒【SPIRAL】

⇒【ヴェンデッド】

⇒【 F.A.】

最近神の通告も踏まえて以上に値段が高かった問題にもう一枚カードが投入されることになりました。そのカードが神の摂理なんですが、このカードは知ってのとおり《解放のアリアドネ》に投入する事でノーコストで効果を発揮できるようです。

 

神の摂理
カウンター罠
(1):モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、そのカードと同じ種類(モンスター・魔法・罠)の手札を1枚捨てて発動できる。その発動を無効にし破壊する

 

以前こういうカードの存在は神の通告をライフを支払わずに出せるという時に重宝したアリアドネですが、こういう時でもアリアドネが真価を発揮するんですね・・・。

今回は高騰不可避?と思ったのですが神の通告とはまったく運用方法がちがうので少し考えてみることにしました。カウンター罠って本当に強いカード以外採用されませんし、今回はその枠に入ることはあるのでしょうか?

 

中古遊戯王/ノーマル/ブレイカーズ・オブ・シャドウBOSH-JP036 [N] : 解放のアリアドネ

 

 

■ 神の摂理のメリットとデメリットを確認してみる。

メリットその1 無効に出来る種類が豊富。

一番のメリットは、神の通告よりも豊富な無効範囲でしょう。

手札に同じ種類のカードがあればそのカードを無効化し破壊してくれます。今までのカウンター罠では全て無効にはするけどライフが痛い神の宣告。魔法・罠を無効にするけど相手に1ドローさせてしまう魔宮の賄賂など。。。意外と範囲をすり抜けてしまう問題を解決する可能性があるカードです。 

 

 

一方で無効化できる範囲の広さはあえていうとアルカナ・ナイトジョーカーの罠版と似たようなものです。

 

使っている人になら分かる確かに広くなったけど微妙にかゆいところに手が届かない部分を感じるカードなのですが、アルカナ・ナイトジョーカーと違い準備が必要ではないので非常に強いかもしれません。一方で魔法や罠が多い場面ではかなり手札を縛られていく可能性も十分に考えられますから全ての状況に対応できる万能カードでは無いですね。

中古遊戯王/ノーマルパラレル/ストラクチャーデッキ-武藤遊戯-SDMY-JP042 [Nパラ] : アルカナ・ナイトジョーカー

 

メリットその2 《解放のアリアドネ》とのコンボで実質完全無効カードに。

最大の面は《解放のアリアドネ》とコンボが組める点。

絶対に1枚でも無効に出来るので最悪《解放のアリアドネ》を割る為の魔法カードでも無効に出来るので実質的にアリアドネを破壊することは出来ないという強みがあります。

また、既存のカウンター罠もコストを無効化出来るので実質パーミッションよりのデッキでは効力を発揮しやすいです。

 

昨今では、モンスター効果で破壊するとか魔法ではツイツイなどの存在がある一方で壊獣でもリリース出来ないPスケールではかなり対処は難しいものになりますし、最悪破壊しても《解放のアリアドネ》の効果によりもう一度カウンター罠を持ってくることが出来ます。またスケールも3なのでほとんどのデッキに採用出来るのも利点です。

 

出来れば、セルフバウンスも採用してペンデュラム召喚時にアリアドネを回収できれば更に強そうな感じもしますがココはデッキによって変わりそうですね。

 

 

デメリット その1 実質的にアドバンテージは損。

神の摂理の効果は、メリットとしてモンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、そのカードと同じ種類(モンスター・魔法・罠)の手札を1枚捨ててその発動を無効にし破壊する時点で実質アドバンテージ的には損になります。

所謂手札分という事ですね。

 

これはアリアドネが無い場合ですが、必ずアリアドネ神の摂理を両方初手で無い可能性のほうが高いのでこちらの場合を考えるほうが無難だと思います。

 

これは言わずもがな、同じカードの種類を捨てているからなのですが、同名カードではないのでモンスターを墓地に送って発動するカードを墓地に送りつつ破壊するのがこのカードのポイントでしょう。

この面は、サイレントブーツ等が適任かなぁと思いますがそれ以外にも墓地に送って発動するカードを多めに採用するほうがいいかもしれません。

 

例えばABCの素材を墓地に送りつつとか、墓地から除外して効果を発動するカードとかを採用しているデッキでは価値は十分にありますが、昨今の制圧ゲーに対抗出来る虚無空間とかの間に入れるかと言えばはちょっと弱いかも?

 

■ 肝心のPデッキで採用出来るカテゴリーは?

 

墓地にモンスターを送ったりする部分では、Pデッキの場合天敵になります。この部分はメタルフォーゼ・コンビネーションやフレンドンキーなどの墓地から特殊召喚できるギミックを搭載しているデッキではかなり強力なカードになるでしょう。

 

一方で、マジェスペクターのような墓地に行けば辛い・・・という場合のデッキにはかなり相性は悪いです。せっかくのカウンター罠を採用しまくるデッキなのですがその場合できる限りアリアドネを回収出来るカードは神の通告以上に重要になりそうなのであまり気軽にラスターPで破壊するのも考え物ですね。

 

と言いつつも実際に気になるのはレアリティ。神の摂理は実際海外ではシークレットレアでの収録でしたからこっちではどのレアリティになるのかが気になるところ。アリアドネはノーマルなのでこっちでも出来ればノーマルで来てくれればと思ったんですが、そうするとノーマルで余るし・・・非常に悩む私でした。

 

それではノシ

関連記事