中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等を行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

【遊戯王考察】環境で結果を出しているKOZMOデッキレシピについて感じた事。【日記】

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

 

 

いやぁ、KOZMOがだんだんと環境を支配して行ってる感じがしますねー。

 

実際遊戯王の大会では【ABC】がトップに立ってる現状でついに海外勢のKozmoやバージェストマが入っている中で実は今の環境は1つを除いて良環境と言えそうです。ただ良デッキばかりとは言いきれないかもしれませんが・・・。

 

実際昨今の遊戯王大会結果について書くと若輩者の筆者ですからあいまいな事しか言えませんが、KOZMOデッキでは炎王に加えて非常に型が多くあふれておりましたが純Kozmoが現在の所結果を出しているようですね。うーむ。海外と大きく変わっているような印象を受けますが実際のところ日本とはカードプールが違うのでこういう結果になているのかもしれません。

 

と言うのもKozmoには徹底した除外メタに思いっきり引っかかってしまうという点があり、Kozmoでは幸いグリンドルで虚無魔人等を防ぐことが出来るようにはなってますが、この点だけでは無く罠を防がれてしまうとかなり厳しいわけです。

 

という対策をする為にとりあえず伏せカードを多く入れて対策しよう!というのを筆者は純Kozmoで実践していましたが、昨今のKOZMO(と言いつつも数日しか経ってないけど)はこれを克服したのでしょうか?

hukusyunyu.hatenablog.com

 

 

一方で、発売日初日で、活躍したKozmoデッキではこの点を踏まえた回し方が色々あって個人的に面白いなぁと思った部分をちょっと試して遊んで見る事に。その点で気づいた事を少し書いておこうと思います。今回はたんなる気づいた事を淡々と書くだけなので今後環境がまとまり次第また書いていこうかなぁと。

 

やっぱりKozmoは組んでみるのも良いですが、他のデッキも面白くて当分はエクストラパックの内容が非常に多くなりそう笑)


遊戯王アーク・ファイブ OCG EXTRA PACK 2016 BOX
 

 

 

■ テラフォーミングとエメラルドポリスがフル採用では無い事について。

 

個人的驚いたという訳では無いのですが、テラフォーミングと合わせて6枚体制では無いのはかなり驚きました。最近の大会結果を見ていてもテラフォーミングを2枚程度しか採用していない場合が多く、海外の上位Kozmoである炎王タイプではあり得ない結果に。

 

と言いつつもKozmoでは、ABCドラゴンバスターの様なコストとして切るカードの存在もそこまで多くなく順当に言えば手札事故を防ぐという意味あいがあるのかもしれません。逆に言えば地味にエメラルドポリスの価格が高いからコッチを2枚にして回すというのも結果的にはいけそうな感じがします(笑)

 

また、炎王とか違い結果的にフィールド魔法をサーチせずとも中盤で引ければ・・・という感じのカードなのでKYOUTOUウォーターフロントのようなとにかく初手で引きたい!!という感じはあるもののなんとかなりそうなのでフル採用していない感じなのかもしれません。

 


実際 Kozmo-エメラルドポリスは、1ターンに1度、除外されている自分の「Kozmo」モンスター1体を手札に戻せたりするので非常に使いやすいんですがフィールド魔法に依存したカードでも無いですからね。

 

コレに関しては今後の構築でどうなるか注目したい所。

 

KOZMOに関しては大会でメタルフォーゼやABCに近い数を見かけますがまだ構築は安定していないので今後テラフォーミングの枚数に関しては色々起きるかもしれません。

また、テラフォーミングの採用する部分に闇の誘惑や緊急テレポートを入れてとにかく特定のカードをサーチしやすいというのがあるのでテラフォーミングが無くても欲しいカードを手に入れやすいという強みがあります。

 

元々除外ギミックを多く含むKozmoでは、この点を有利に使えるのは非常に便利ですね。また、採用枚数も1枚~というものも多く今後禁止制限に関しては意外と

 

■ やっぱりリビングデッドとフェルブランは重要な相方だった。

中古遊戯王/スーパーレア/エクストラパック 2016EP16-JP009 [SR] : Kozmo-フェルブラン

 

実は、個人的にフェルブランのデメリットの事に関しては非常に悩ましいものでした。というのも昨今の3枚みてサーチというカードの存在は良くあるのですが、フェルブランに関しては残りを墓地に送る為です。

元々KOZMOは除外して効果を発揮するので逆にそのまま墓地に送られると非常に面倒くさく、大抵墓地に送られるカードを考えないといけないなぁという感じだったのでリビングデッドの呼び声を入れているのだと思いましたが、特殊召喚のギミックに除外が含まれるKozmoにとって、墓地から呼び出せるスリップライダーのありがたみが非常に理解できました。

 

元々、Kozmoの効果は下級モンスターである効果で除外して発動できるという効果に対してメタを張るカードが非常に多く困っていました。筆者の身内ではとにかく王宮の鉄壁を張られていると何も出来ない・・・という点があったんですよね。

 

 (1):フィールドのこのカードを除外して発動できる。
手札からレベル2以上の「Kozmo」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

 

 

 この点はやっぱりKozmoの問題そのもので、簡単にレベル5のKozmoを特殊召喚できるギミックと言うのは無く本当に詰みかねないカードでした。サイクロンなどの魔法罠破壊カードも入れておけば十分な効力を発揮しますが、この点で問題なのはそんなカードを引かない事(笑)

あるあるな事なんですが、そんな中で除外ギミックを使わずに《Kozmo-スリップライダー》を出せるようになったのは大きいですね。

 

また、一方でKozmo-エナジーアーツを採用する事で突破出来たりするのですがリビングデッドの呼び声はフェルブランの効果で墓地に送ったカードを再利用出来る事に変わりはありません。擬似的なアーティファクトの様な相手の妨害が出来るデッキでもあるので、相手にすると非常に面倒くさい動きが出来るんですよ!!

 

同じスーパーレアコンビのダークシミターと、スリップライダーは双方とも相手のターンで妨害できるカードなのでフェルブランでサーチ出来なかったカードを蘇生させて相手の妨害を狙うことも。また効果を無効にされて破壊された場合でもリカバリーが効くのでかなり有効な活用方法になりそう。

 

一方で、Kozmo-エナジーアーツで破壊できる事も考えていくと

 

かなり強く見えますが、実際に強いので何も言えません(笑)

 

 

今後KOZMOデッキでも出て来た時に安価で組もうと考察した筆者が非常に馬鹿だなぁ・・・・と感じている反面で実はデッキ価格を見ると比較的安い事に気づきました。実際の所堕天使もそうなのですが、青眼の様に6万円とかかかる様な感じのデッキではないので(それでも数万円かかりますけどね・・・)、案外ホッとしている部分はあるんですよね。

 

コレに関しては恐らくライフポイントを使用するデッキ故の宿命である神の通告シリーズを入れづらいと言う面やハイランダーに近い構築ゆえに起こっている問題であるゴードンこと、《強欲で貪欲な壺》を入れにくいからだと思います。

 

この点では新規でもエクストラパック買ったー!というノリで作れるから良いかなぁと思いますが、意外とこの面に関してはそうだなぁと思う点は多くて、Kozmoの今後の制限が心配ですが彼岸の様にいつかレベル5のノヴァインフィニティを出せる面や、色んな点が悪用されて幻影彼岸のようなデッキとして生まれ変わるんじゃないかなぁと思いました。

 

個人的に気になるのは闇の誘惑と緊急テレポートの行く末なのですが、どちらにせよKOZMOはまだ発売して数日しか立ってないデッキ。堕天使もそうでしたが実際にカードパワー自体が大きいデッキなので非常に面白い環境が見れそうです。もう少しで制限改定が出てくるのでその点もちょっと楽しみですね~。

さてさて・・・制限解除で何か来ないかなぁ?

 

それではノシ