中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

「環境デッキ」のジョーカーズデッキ対策を追う。【デュエマ 環境2017年4月~版】

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

【サーキット・ブレイク(CIBR)】の収録カードの価格・既存のカード等をチェック!

新規カテゴリー。

ヴァレット】【オルターガイスト】【クローラー】【メタファイズ

既存カテゴリーの強化。

トリックスター】【剛鬼】【星遺物】【水精鱗】【炎王】【幻獣機】 

 

今後のデュエルマスターズの環境はどうなる?色々と考察してみた!!

さて最近ではデュエルマスターズも大きく環境と新ルールが変更になった事で各種デッキに大きな影響をもたらしました。

 

その中で現在の環境は主にジョーカーズ参上!! より登場するジョーカーズデッキが登場しているので新文明を含めた新しい戦術が要求されるように。果たして環境デッキは一体どのようになっていくのでしょうか。

 

このページでは主にデュエルマスターズの環境デッキを元に様々なデッキ考察をしていこうと思います。筆者は初心者でもあるので環境デッキ等に関してアドバイス等あればコメントよろしくお願いします。

 

 

 

【ジョーカーズ】を起点に考えてみるデュエマ環境。

新品トレカ(デュエルマスターズ)【ボックス】デュエル・マスターズTCG 拡張パック新1弾 ジョーカーズ参上!! [DMRP-01]

今回のジョーカー・・・もといダークホースとして登場したのがこの《ジョリー・ザ・ジョニー》デッキです。

無色という扱いゆえに《破界秘伝ナッシング・ゼロ》等を含めたワンショット・キルを最速で4ターン(1⇒2⇒3⇒5)で決めれるという強みを持っているのが特徴。

 

一方で《破界秘伝ナッシング・ゼロ》以外のカードは構築済みデッキでほぼ揃うという面もあり、既にパーツを持っている人には既に安価で作りやすい一面は捨てがたい部分で【ドギラゴン剣】と同じように安価でも戦いやすいデッキの1つでしょう。

現状ではこのデッキに関して革命0を打とうとするとまずエクストラウィンの餌食になるので、その点からどうやって《ジョリー・ザ・ジョニー》の攻撃を防ぐのか&対抗するのかを考えるのも大事になってきました。特にドギラゴンと異なりエクストラウィンが存在するので単純にシールドトリガーで返せるという事を考えてはいけません。

 

また特定条件を満たすとアンブロッカブルを満たすことが出来るのでこの点を踏まえるのを考えるのが第一と考えました。

という訳でジョーカーズが強いので今回は主にジョーカーズを除いたデッキでのカラー別対策から入ろうと思います。

ジョーカーズデッキの対策。【青白カラー天門スパーク】の場合。

 

と言うわけで今回重要なカラーとして押したいのが青白サザン&スパークでおなじみのカラーです。

元々《ジョリー・ザ・ジョニー》投入の現状であるジョーカーズデッキにはエクストラウィンを決められてしまうため、環境的には少しメタになるスパークやシールドトリガーが多い天門を中心に組むというのがメタのひとつとして機能するのでは?と思いました。

まず青白カラー系統のデッキでは主に2マナでのオリオティスやキグナシオン。3マナでのシド等のクリーチャー等で動きを遅くしてこちらの展開に持っていくというのがメインで止めて行けばまず《ジョリー・ザ・ジョニー》の高速展開に関して止めに入る事が出来ます。

 

《ジョリー・ザ・ジョニー》の弱点は理想の動きをするとまず《ジョリー・ザ・ジョニー》を出すまでの展開まで相手の動きを邪魔出来ないというデメリットを抱えています。今回はその弱点を生かし相手の妨害に徹底する事で序盤のスピードを確実に落とす作戦に出ました。

 

シドの呪文遅延は《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》は止められないものの 《戦慄のプレリュード》を止める事が出来るのでかなり重要です。

 

しかし一方で、確実に止めるためにはこちらのシールドもある程度一気に割る手段を講じなければならずその多くは主にシールドトリガーにかかっていると言っても過言ではありません。なので天門クラスの逆転を行う場合ではアルファリオンまでの制圧布陣を1ターンで立てれるデッキなど・・・如何にして返すかが大事になってくるでしょう。

 

 

またシールドトリガーが一斉に割れるという点もあるので、シールドトリガーの追い風を受けている天門は少し嬉しいのですが肝心のミルザムが制限になってしまったという点もあり少しキツイ印象もありますね。

一方でビッグマナを含むデッキとは相性が若干不明なのが《インパクトアブソーバー》を含むシールド破壊を抑制するクロスギア。これらを含めてメタカードは光文明が多い印象で、5C含むコントロール色は若干対抗策があるように見えます。

 

 

ジョーカーズデッキの対策。【水文明&青カラーを含む場合】

 

そして今回《ジョリー・ザ・ジョニー》の対策であろう《奇天烈シャッフ》とザクロックを投入できる青カラーも大きな環境要因の1つではあります。

 

青黒ハンデスに関しては解体人形等の存在もありますが、シールドトリガーの分配として重要な数にかけており、現状では出させないというギミックを事前に搭載しているのはこのシャッフを投入しているデッキのみという形になりました。

 

《奇天烈シャッフ》はその例の1つであり、現状シャッフを含め青カラーでは《異端流し オニカマス》によるエクストラウィンの抑制を行ったり出来る分器用さはやはり大きいなぁと。

 

 

ジョーカーズデッキの対策。【火文明&火カラーを含む場合】

実は火文明が肩身が狭い思いをしている感じがします。と言うのも元々デッキタイプの1つとして存在していた《ボルシャック・ドギラゴン》を含む火文明のカウンターがまずエクストラウィンにより消滅。

なので、今回火文明だけでのデッキではシールドトリガーにかけるという動きが強い感じがします。

 

一方で既存のカードでは《ジ・エンド・オブ・エックス》等のシールドトリガーの改良版のカードを多く採用している場合では返せる可能性はかなり高いです。特に火文明には一気に勝負を決める【モルトNEXT】等の存在があり、こちらの動きを先に決めれるかが勝負の鍵を握りそう。

問題は《ヤッタレマン》の2マナからの軽減カードを焼くことが大事なように見えるのですが、理想的な流れでは無い場合赤緑の《メンデルスゾーン》含むカードで一気にこちらがマナを加速させれば・・・という印象はあります。

すぐ見たい&購入したい人の為のジョーカーズデッキ対策まとめ一覧!!

《制御の翼 オリオティス》

【購入はこちら!】⇒中古デュエルマスターズ/R/光/[DMX-26]ファイナル・メモリアル・パック ~DS・Rev・RevF編~15/54 [R] : 制御の翼 オリオティス

《純白の翼 キグナシオン》

【購入はこちら!】⇒中古デュエルマスターズ/UC/光/[DMX-18]ドラゴン・サーガ 三段変形!龍解オールスターズ24/50 [UC] : 純白の翼 キグナシオン

《タイム3 シド》

【購入はこちら!】⇒中古デュエルマスターズ/UC/多色/[DMR-21]革命ファイナル拡張パック第1章 ハムカツ団とドギラゴン剣48/94 [UC] : タイム3 シド

《サイレンス トパーズ》

【購入はこちら!】⇒中古デュエルマスターズ/R/光/[DMR-09]エピソード3 レイジVSゴッド13/110 : サイレンス トパーズ

《インパクト・アブソーバー》

【購入はこちら!】⇒中古デュエルマスターズ/R/光/[DM-16]転生編 第3弾 魔導黙示録(オリジン・オブ・パフェクトギア)8 [R] : インパクト・アブソーバー

《奇天烈 シャッフ》

【購入はこちら!】⇒中古デュエルマスターズ/VR/水/[DMR-19]革命 拡張パック第3章 禁断のドキンダムX4/87 [VR] : 奇天烈 シャッフ

《異端流し オニカマス》

【購入はこちら!】⇒中古デュエルマスターズ/U/水/[DMRP-01]拡張パック新1弾 ジョーカーズ参上!!41/93 [U] : 異端流し オニカマス

《爆鏡 ヒビキ》

【購入はこちら!】⇒中古デュエルマスターズ/R/火/[DMR-13]ドラゴン・サーガ第1章 龍解ガイギンガ32/110 [R] : 爆鏡 ヒビキ

《その子供、凶暴につき》

【購入はこちら!】⇒中古デュエルマスターズ/VR/火/[DMX-24]輝け!デュエデミー賞パック9/54 [VR] : その子供、凶暴につき

《ジ・エンド・オブ・エックス》

【購入はこちら!】⇒中古デュエルマスターズ/R/火/[DMX-26]ファイナル・メモリアル・パック ~DS・Rev・RevF編~21/54 [R] : ジ・エンド・オブ・エックス

《バッテン親父》

【購入はこちら!】⇒中古デュエルマスターズ/U/ゼロ/[DMRP-01]拡張パック新1弾 ジョーカーズ参上!!30/93 [U] : バッテン親父

 

ある程度ジョーカーズデッキの対抗策になるであろうカードを色々とまとめてみました。現状《ジョリー・ザ・ジョニー》を中心に対策出来るカードは主に4つの点を止めれるカードが中心のようです。

 

  • 1 まずヤッタレマンを焼けるクリーチャー(速度抑制)を確実に破壊する
  • 2 シールド・トリガー含むクリーチャーでエクストラウィンを防ぐ
  • 3 呪文を止めて 《戦慄のプレリュード》等を打つタイミングをずらす
  • 4 キーカードをハンデスしたり、攻撃させなくしたりする

この点でまず思えたのは少し動きが遅いデッキで活躍する場合相手の阻害も考えて回さないといけないというのを実感しました。

 

特に成長バスターの場合ハンデスなどキーカードを落とすのが最大の弱点ではありましたが・・・今回のジョーカーズは《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》の存在もありロスト・ソウルを打つくらいで無いと反撃されてしまいます。

一方で《ジョリー・ザ・ジョニー》のエクストラウィン効果は優秀であり、その中でどうカウンターを決めれるかが今後の環境の課題と言えそうですね。

それではノシ

 

hukusyunyu.hatenablog.com

hukusyunyu.hatenablog.com