読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等を行っているtcg準研究サイトです。

 

《トリックスター・マンジュシカ》効果考察【トリックスター】新規登場!!手札のモンスターを戻しつつ舞う妖精!!

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

トリックスター・マンジュシカ

トリックスター・マンジュシカ

効果モンスター

星3/光属性/天使族/攻1600/守1200
(1):手札のこのカードを相手に見せ、「トリックスター・マンジュシカ」以外の
自分フィールドの「トリックスター」モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを特殊召喚し、対象のモンスターを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手の手札にカードが加わる度に、加えたカードの数×200ダメージを相手に与える。

 

という訳で新しく【トリックスター】で判明したのがこのカードです。コード・オブ・ザ・デュエリストより登場したのですが、1の効果により【トリックスター】と入れ替えるという珍しい効果や、一方で相手の手札にカードが加わるたびにバーンダメージを与える稀有な効果を持っています。

 

元々【トリックスター】では優秀なバーン効果という印象を受けますが、このカードの優秀な部分は他にあります。それはチェーンで打てるという事。

 

今回はそんな《トリックスター・マンジュシカ》の魅力と考察をしていきますよー!!

というか10期の人ってみんな妖精っぽいのね(笑)

 

目次

■ 《トリックスター・マンジュシカ》の効果をおさらい。

さて今回の《トリックスター・マンジュシカ》の効果には様々な効果があり完全に【トリックスター】を支えるカードとなってくれるように見えました。

 

現在【トリックスター】には現状《トリックスター・リリーベル》のような優秀なダイレクトアタッカーが存在しますがこのカードを守るにはという点では結構難しい点があったのですがこの《トリックスター・マンジュシカ》で一気に解決することが出来そうです。

《トリックスター・リリーベル》 
効果モンスター
星2/光属性/天使族/攻 800/守2000
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがドロー以外の方法で手札に加わった場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードは直接攻撃できる。
(3):このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時、
自分の墓地の「トリックスター」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 

《トリックスター・マンジュシカ》の効果(1):手札のこのカードを相手に見せ、「トリックスター・マンジュシカ」以外の
自分フィールドの「トリックスター」モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを特殊召喚し、対象のモンスターを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

まず1の効果は《トリックスター・マンジュシカ》自身が優秀な何時でも効果を発揮できる【トリックスター】専用の《A・ジェネクス・バードマン》になってくれている事が挙げられます。

この効果の何が便利かと言うと《トリックスター・リリーベル》と《トリックスター・キャンディナ》を回収しつつ手札の《トリックスター・マンジュシカ》を出せるという事。

 

現状では《トリックスター・リリーベル》のダイレクトアタックから【トリックスター】カードを回収し戦うというのが基本的な【トリックスター】の戦いかたになってはいるのですが、《トリックスター・リリーベル》を戻せば次のターンで《トリックスター・リリーベル》の直接攻撃の2の効果によって《トリックスター・マンジュシカ》を回収し、安全に直接攻撃を行えるようになっています。

 

また、【トリックスター】では主に下級モンスターが多いだけでなくサーチも出来る《トリックスター・キャンディナ》を回収しておけば次のターンではそのまま次の《トリックスター・キャンディナ》及び【トリックスター】カードも回収出来るので無駄がありません。

何を狙うのかを明確にして攻撃を繰り返しておけば優秀なアタッカーになるというカードに見えますね。

一方でこの《トリックスター・マンジュシカ》の効果はフリーチェーンで発揮可能。

マイナーなところでは《連鎖除外》等のカードを《トリックスター・リリーベル》に打つ際に手札に戻してみたり、チェーン発動の器用さを持っているのが最大の特徴です。

 

一応打点に関しても追撃が行えるという点も見逃せませんが打点不足の【トリックスター】に挑めれるのかもちょっと疑問。

一方で、フリーチェーンの効果は今後も注目されう感じがしますが、自分フィールドの【トリックスター】限定という点は結構マイナス。もし相手もミラーデッキであった場合《精神操作》等で相手の《トリックスター・ホーリーエンジェル》をそのままコストでバウンス出来るので覚えておくといいかも(笑)

 

 

トリックスター】には効果で召喚時効果や場に居座らないといけないけど弱いという印象が多いカードが多かったのですがこれで一気に回収しつつアドバンテージを稼げそうです。また、チェーンで特殊召喚できるのでサクリファイス・エスケープに代用できるのは利点かなぁと。

《トリックスター・マンジュシカ》の②の効果(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手の手札にカードが加わる度に、加えたカードの数×200ダメージを相手に与える。

さて、《トリックスター・マンジュシカ》の2の効果が結構面白い効果で、まさかのバーン効果の連打となっています。

 

しかも10期に合わせて1枚ごとにバーンを打てるのでかなり悪質(笑)

 

《トリックスター・リリーベル》が直接攻撃だったのに対しこっちでは直接バーンを与える効果に変わったっぽいですね。一応この効果に合わせてコンボを組むのは【トリックスター】では可能です。

 

まず、《トリックスター・リンカーネイション》は相手の手札を除外してドローさせますがこの効果では初手で使うと1200バーンという火力に変わります(笑)また、そこに合わせて複数枚発動するだけで最大3600という最大火力になるのは魅力でしょう。

《トリックスター・リンカーネイション》 
通常罠
(1):相手の手札を全て除外し、その枚数分だけ相手はデッキからドローする。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「トリックスター」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

またこのカードに合わせて《悪夢の拷問部屋》を置いておくとそれだけで致死量のダメージを引き起こします(笑)

バーンダメージの引導火力という面では、ドン・サウザンドの契約にも似たような効果を持っているとも言えますが・・・ここまで火力が変わるとなると話は別。【トリックスター】ではちょっとしたバーンダメージでも致死量になる為こういうカードと合わせるのが前提という感じがしますね。というか全くいいイメージが無いのでかわいいバーンカードが増えて欲しいですΣ(゜ω゜)

 

《トリックスター・マンジュシカ》は彼岸花がモチーフ?転生いや、何か違う意味があるかもしれないカード。

モチーフはヒガンバナの別名「曼殊沙華」という事で遊戯王WIKIに書かれていたのですが花言葉は転生という意味があったり、一方で再会という言葉のようにもう一度モンスターが場に出てくるという再会という意味で作られたコンセプト・モンスターと言えるでしょう。

 

 

【トリックスター】自体が妖精という意味がありつつも内容を見ていれば全部有毒物質が含まれることが多いものがあり、怖さを表現しているのも中々面白いなーと思いました。

実はイラストアドという面でも結構お得なデッキなので組んで見るときにはぜひ見ておきたいカードかもしれませんね。

 

それではノシ

hukusyunyu.hatenablog.com

 

コード・オブ・ザ・デュエリストを購入したい人はこちら!

f:id:hukusyunyu:20170323074540p:plain

AMAZONのコード・オブ・ザ・デュエリスト(CODE OF DUELIST)の詳細はこちら。

楽天市場のコード・オブ・ザ・デュエリスト(CODE OF DUELIST)の詳細はこちら。

駿河屋のコード・オブ・ザ・デュエリスト(CODE OF DUELIST)の詳細はこちら。