中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

【遊戯王 トリックスター 優勝情報追記。】【トリックスター】デッキの魅力とは。次世代の【チェーンバーン】に迫る。【週刊 環境デッキを追うvol2】

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

【サーキット・ブレイク(CIBR)】の収録カードの価格・既存のカード等をチェック!

新規カテゴリー。

ヴァレット】【オルターガイスト】【クローラー】【メタファイズ

既存カテゴリーの強化。

トリックスター】【剛鬼】【星遺物】【水精鱗】【炎王】【幻獣機】 

 

【最新カテゴリーの価格を見てみる】

⇒【サブテラー】

⇒【SPIRAL】

⇒【ヴェンデッド】

⇒【 F.A.】

【トリックスター】はまさに次世代の【チェーンバーン】!今後の環境デッキの注目株になるか。奇術師の名に恥じない天使の行方は。

4月15日に発売されたコード・オブ・ザ・デュエリスト(COTD)に登場した【トリックスター】というカテゴリー。実は初日での大会優勝を飾って以降様々なデッキタイプが優勝しています。

 

これらの大きな特徴は【バーン】を兼ねたデッキが強いという事の証明になっており擬似的な先行ワンキルを達成するデッキは久しぶりの問題でした。

そんな【トリックスター】デッキの優勝レシピとは。そしてトリックスターデッキの魅力とはなんなのかを追及していこうと思います。

【トリックスター】 優勝デッキレシピを追う。

【トリックスター】優勝デッキレシピ一覧。

メタバーン純構築【トリックスター】デッキ【メインデッキ】(40枚)

■ モンスター・・・(17枚)

《トリックスター・キャンディナ》3
《トリックスター・リリーベル》3
《トリックスター・マンジュシカ》3
《灰流うらら》1
《オネスト》3
《幽鬼うさぎ》2
《増殖するG》2

■  魔法・・・(13枚)

《トリックスター・ライトステージ》3
《テラフォーミング》3
《コズミック・サイクロン》3
《強欲で貪欲な壺》2
《サモン・チェーン》2

■ 罠・・・(10枚)

《トリックスター・リンカーネーション》3
《魔封じの芳香》3
《神の宣告》1
《神の警告》1
《神の通告》2

 

hukusyunyu.hatenablog.com

■ AFWWトリックスター魔導召喚獣

 

現状では主にこれらのデッキが優勝していますが気になる点はバーンダメージを中心に動くことも忘れてはいないデッキという扱いな事。

 

特に【トリックスター】デッキではバーンデッキの為に現在ソリティアパーツが高騰していますが、これらのカードは採用せずとも戦えるという点は忘れてはいけないことでしょう。

決して買えなくても悲観することはないかなーと思います。

 

↓ここらへんのカードは価格が上がってますが必須ではありません。あくまでも引導火力という意味での採用はありますが必須級ではないでしょう。

またこれらのカードに共通するのは永続魔法などの兼ね合い。そしてキーカードにするカードにアドを稼ぐカードがないという事です。

 

特に《コズミック・サイクロン》を中心に採用している昨今の環境では永続魔法はおろか各種カードまで割られかねないのが現実でしたし、運が良ければというエンタメデュエルにはもってこいのカードになっています。

 

後は、《灰流うらら》を初手に持っている場合ではかなりやばい。というような事から安定性があるとは言い切れないのが現状でした。後は先行でないと成立しないパターンが多い事。これも大事な点でしょう。

 

その中で【トリックスター】が輝くには堅実なビート&バーンデッキである必要性があったりします。

【トリックスター】の魅力とは。その1 堅実なビートバーンとモンスター採用率。

まず揃えたいのが以下のカード。

実はこれらのカードに関しては安価で組めるという利点があり、尚且つレアリティも低く高価になる点はありません。

そして【トリックスター】では普通打点では抑えなれない問題を魔法罠で補える分戦闘に勝つという事を第一条件にしなくてもいいという利点を手に入れる事が出来ました。このお陰で各種モンスターを手札誘発に割くことが出来るのがポイントです。

 

メインデッキでは主に《灰流うらら》や《増殖するG》。

そして《幽鬼うさぎ》を投入して重要な相手モンスターだけを仕留めるというのが重要なポイント。

 

後は大事な点としてデッキからの干渉を止めて相手に【トリックスター】のメタカードを引かせないという回し方も出来ますし、《トリックスター・マンジュシカ》の効果でバーンとを選択させる強みも出来ているのが魅力だなぁと思ったり。

200バーン×2と言えども馬鹿には出来ませんからねー。

その2 堅実にメタカードや強力なカードを詰め込める強みも。

再びのメタカード解説で重要な《コズミック・サイクロン》ですが、こういった真竜対策も投入できるのが結構便利だと気づいた筆者。

 

実はメタカードを投入出来るという以上にバーンソリティアに頼らないのであれば《強欲で貪欲な壺》等のカードも採用するという事が行えるという点が強かったりします(笑)

 

 

というのも筆者が相性のいいカードで書いていたように《トリックスター・リンカーネイション》などのメタカードをメインとして考えない場合はゴードンの採用も普通にアリなのです。

 

hukusyunyu.hatenablog.com

 

《トリックスター・リンカーネイション》の3枚セットからのワンキルは言わば先行の初見殺しに近いもの。

 

つまり後攻に関してはメタる事も容易で、これらを踏まえるとゴードンさんに頼った構築でも問題なしな様子。またそれに合わせて神の警告シリーズを沢山仕込ませるのも良いでしょう。

 

 

その3 出張パーツとしての《トリックスター・キャンディナ》はアリ? 

 

 ちょっと気になったのが【トリックスター】は出張としてアリなのかという事。実は「【トリックスター】」出張デッキは既に優勝してはいるのですが《トリックスター・キャンディナ》と《トリックスター・ライトステージ》だけの構成になっており非常に疑問でした。

もしかして何か違う回し方があるのかもしれませんね。

 

hukusyunyu.hatenablog.com

 

現状の【トリックスター】デッキに見る買っておきたいカードとは。

個人的に今回の【トリックスター】デッキで相性のいいカードから買っておきたいカードは、オネストと魔宮の賄賂の2枚でしょうか。

 

これらのカードは【トリックスター】において重要な強さを見せ付けてくれたカード。なんというかこれらに共通するのがメタビートに近いチェーンデッキのような存在は1枚で牙城が崩壊するという欠点を持ちつつも今後も強化されていく事を期待して見たいカードでもあります。

出来れば今後もかわいい・・・げふんげふん。新しいデッキのパターンとして認識されていく時代があれば良いですね。筆者はまずは純構築からはじめようと思います。

 

それではノシ

 

 

【特集 環境デッキを追うシリーズ】

hukusyunyu.hatenablog.com

コード・オブ・ザ・デュエリストを購入したい人はこちら!

f:id:hukusyunyu:20170323074540p:plain

AMAZONのコード・オブ・ザ・デュエリスト(CODE OF DUELIST)の詳細はこちら。

楽天市場のコード・オブ・ザ・デュエリスト(CODE OF DUELIST)の詳細はこちら。

駿河屋のコード・オブ・ザ・デュエリスト(CODE OF DUELIST)の詳細はこちら。