中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

【遊戯王】可愛いキャラデッキ・萌えデッキを調べてみました。

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

【サーキット・ブレイク(CIBR)】の収録カードの価格・既存のカード等をチェック!

新規カテゴリー。

ヴァレット】【オルターガイスト】【クローラー】【メタファイズ

既存カテゴリーの強化。

トリックスター】【剛鬼】【星遺物】【水精鱗】【炎王】【幻獣機】 

 

【最新カテゴリーの価格を見てみる】

⇒【サブテラー】

⇒【SPIRAL】

⇒【ヴェンデッド】

⇒【 F.A.】

遊戯王には強いデッキや、面白いデッキ等様々な種類がありますが、その中で可愛いデッキとは何があるのかという事を深く調べた事がありませんでした。

 

理由は父親が遊戯王を始めるに至って

『可愛いデッキが良い』

っていうから(´・ω・`)じゃあ探してきてやろうじゃん!

となってしまい、今回はそういった可愛らしい系のカードを紹介していこうと思います。

 

完全に筆者のメモ帳ですがイラスト重視でデッキを組みたいっていう人は参考にしてみてください。

 

 

【アロマージ】

アロマセラフィーローズマリー等のカードで登場したフェアリーを中心に『アロマ』という『アロマセラピー』を合わせた香りやアロマキャンドルをモチーフにしているデッキカテゴリーです。

 

効果は主にライフゲイン(ライフを回復する事)を利用したりする事で相手よりもライフが多い場合に発揮できる効果を多く持っているカードで、優勢なまま相手を押し切っていくのが主な戦い方になります。

 

また【アロマージ】にはライフを回復した時に効果を発揮するものがあるので自分のターン等に回復しつつ効果を使っていけるかがポイントなので実は『回復するタイミング』も考えないといけないのがミソなんですよね~。

また【アロマージ】のカードはイラストも可愛いモンスターが多く、年齢層も豊富。また、可愛いカードも多い中で《エンシェント・ホーリー・ワイバーン》等で一気に大型を出せるチャンスがあるのも見逃せない感じになっており非常に回しがいのあるデッキです。

 

 

[rakuten:toretoku:10072247:detail]

【カオスゴッデス】

光と闇を中心に構成したら製作できるデッキでデッキ構築難易度は高いのですが、うまく作れれば楽しいデッキになると思われるカオスゴッデスデッキ・・・。

しかし、活かせるデッキが少ないので筆者も悩んでいるデッキテーマでもあります。

 

【魔轟神】等を採用する事でようやく出せますが、このカードの効果は闇属性を何でも蘇生する事が出来るカードである以上大型を出すときに何時か使うことにな時が来る・・・と思ったのですが、今は簡単に蘇生出来るカードが出てしまっている以上見かける事は少なくなりましたね(´・ω・`)

【ガガガ】

ガガガデッキは遊戯王ゼアルにて主人公が使っていたテーマですが、元々可愛いキャラが登場しておりメインで活躍させることが出来るデッキテーマです。

 

その中でも《ガガガガール》等は、レベル等を変動させたりするときにコンボで使う事のあるワンキルコンボとして使う事で有名で相手が攻撃力2800以上のカードを出していると決まる【マシュマックコンボ】は当時驚かされたコンボでもありました。

 

勿論ネタ要素的には強かったデッキなのですが強化で《オノマト連携》や《ガガガシスター》の登場で一変。モンスター展開しつつカードを揃えやすくなっています。

この点はガガガデッキでは非常に嬉しい新規カードでした。

ちなみに主人公デッキらしく【希望皇ホープ】を中心にしたデッキも作る事が出来る事も出来るので実は結構簡単に戦えるのがポイントとなっています。この点は主人公補正並みに強化カードを貰っているので今後も強化が来る可能性がある点はこれから作る際に良い点かなぁと思いました。

 

後パーツが安価で入手できるのもオススメな点でしょう。

 

【ガスタ】

【ガスタ】はデュエルターミナルで登場したカテゴリーですが、戦闘破壊や効果破壊に強いリクルートデッキです。

 

元々サイキック族でありながらも持久戦に特化したデッキであるのもポイントなのですが、こっちも9期の時に新規カード《ガスタの神裔 ピリカ》が新規収録されより自爆特攻を行なえるデッキになりました。マスターガイドにてストーリーも若干ある彼女たちは意外と薄幸の美少女というか辛い人生を送っている健気な少女でした。

中古遊戯王/ノーマル/プライマル・オリジンPRIO-JP029 [N] : ガスタの神裔 ピリカ

また戦い方としてはガスタを《強制転移》等で動かして戦闘破壊して大型を奪う戦い方も出来ますが・・・《 ダイガスタ・スフィアード》による自爆特攻からの特殊勝利を狙うことも出来るので、こっちを主軸に戦うことも出来ます。

一方でリクルートデッキと言いつつもデッキに戻す手段に加えてデッキからの特殊召喚も出来るのは竜星に近い感じ。

懐かしいリクルートデッキで可愛いカードが使いたいんじゃー!って言う人はこのガスタデッキが一番相性が良いかもしれませんね(´・ω・`)

【霊獣】

霊獣は可愛いレラ等のカードを使った『除外』をテーマにしたデッキです。サイキック族という点でガスタと似通った部分があるのかな?と思いきや、除外をコンセプトにぐるぐるするという点が評価されています。《精霊獣 カンナホーク》や《 聖霊獣騎 ガイアペライオ》等も含めても難しいのが難点。

 

現在筆者も回し方を考えています。これはいずれ考えていこうと思います(´・ω・`)

しかし、一方で霊獣デッキではストーリーが結構悲劇的な最後を遂げているメンバーがいるのが難点か。。。でも彼女はきっと生きていると思います。

hukusyunyu.hatenablog.com

hukusyunyu.hatenablog.com

 

【ゴーストリック】

【ゴーストリック】は少女っぽいイラストでかかれる裏側守備表示にして戦うテーマです。

このデッキの主な特徴は全体的に『嫌がらせ』にちかい妨害を行なうデッキで知られていて、《 ゴーストリック・ハウス》・《 ゴーストリック・ミュージアム》の効果による直接攻撃で勝つパターンと《 ゴーストリックの駄天使》の特殊勝利の2パターンで勝つのが基本的な戦い型となっています。

特にイラストアドは結構高くて好きなのですが、一部カードが高い事が難点ですが一風変わったデッキとして扱える効果は非常に便利でした。ただしマスタールールによって安価になった点もあり実は今安くて組めるデッキとして親しまれています。

【ハーピィ】

ハーピィデッキは遊戯王の孔雀舞が使用するデッキテーマですが、現在もまだまだ現役で戦える風属性と鳥獣族のデッキです。

元々鳥獣族のサポートカードは優秀であり、《ゴッドバードアタック》を始め罠カードを使う事も出来るので実は汎用性のある罠に関しても採用する事が出来るので実はまだまだ奇襲に特化したデッキとして楽しむことが出来ます。

ただし、デッキ構築に関しては実はまだまだ便利な側面は多く《ハーピィ・チャネラー》を立てる事で出てくる《 No.11 ビッグ・アイ》なんかは今でも驚くことが多いデッキでもあったり。後ランク4と7を使い分けられるのも最近のデッキでは珍しいですね。

 

あとなんと言ってもハーピィデッキでは《ハーピィの羽根箒》をサーチ出来るっていう点が最大の特徴!これだけで強いと思うよ。(´・ω・`)

 

【マドルチェ】

中古サプライ遊戯王ゼアル OCG デュエリストカードプロテクター マドルチェ

 

公式サプライでも登場したという公式推しの一枚。しかし一方で世界大会でも活躍した実力の持ち主で布陣が整えば盤面制圧に加えて、デメリットを長所に出来るのもポイント。

後切り札がちゃんと可愛くてネタになっているのも良いですよね。マミさんっぽい。

ただしマスタールールの改定によって少しデッキに被害を受けてしまいました。

■ 可愛いデッキまとめ! 

という訳で様々なデッキを紹介しましたがまだまだ紹介しきれていないカテゴリーが多いので今後も紹介していこうと思います。

でもこうしてみると実は個人的に好きなデッキとか紹介しきれてないですのでちゃんと帰ってきたらまた書きたいですねー(´・ω・`)あぁ。ピケルバーンが・・・。