中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

【V-LANヒドラ 効果考察&評価と感想@まい。】Vジャンプは今日発売!相互リンクメタとして使うだけ?何冊買おうかな?

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

【サーキット・ブレイク(CIBR)】の収録カードの価格・既存のカード等をチェック!

新規カテゴリー。

ヴァレット】【オルターガイスト】【クローラー】【メタファイズ

既存カテゴリーの強化。

トリックスター】【剛鬼】【星遺物】【水精鱗】【炎王】【幻獣機】 

 

f:id:hukusyunyu:20170620121217p:plain

という訳で今回はV-LANヒドラの効果考察です。

vジャンプの発売ももう近いですし、そろそろ考察して何冊買うか考えないとなぁと思っていた今日この頃。

リンク3で汎用性が高いカードとしても、サイバース族の中心核として使えるか考えたいのですが、その前日に《エンコード・トーカー》と《デコード・トーカー》という「コードトーカー」カテゴリーが登場。

・・・という事もあり、採用のハードルはかなり高くなってしまいました。普通にリンクモンスターとして採用できるか。それも実際悩みどころ(´・ω・`)

さて、今回の《V-LANヒドラ》はどんなカードなのか、ちょっと見ていきましょう〜。 

 

 《V-LANヒドラ》の効果を見てみる。

リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/サイバース族/攻1900
【リンクマーカー:上/左/下】
トークン以外のモンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力はこのカードと相互リンクしているモンスターの数×300アップする。
(2):このカードの相互リンク先のリンク3以下のモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターをリリースし、そのリンクマーカーの数だけ自分フィールドに「V-LANトークン」(サイバース族・光・星1・攻/守0)を特殊召喚する。 このターン自分は対象としたモンスターとリンクマーカーの数が同じモンスターを特殊召喚できない。

 

《V-LANヒドラ》の効果はリンク条件も無く、主にサイバース族では珍しい相互リンクを利用してのメタカード。

主に打点も低いのですが、打点補助という1面があり一概に弱いとは言いがたいカードです。しかし、リンクマーカーを全て埋めて尚且つ相互リンクとなると【星杯】のカードの方々を思い起こしてしまうので、新しいとは思わないぞ!(笑)

【星杯】デッキは主に、相互リンクを活用してのドロー。そして効果破壊と既にリンクマーカーに関しての効果は出揃っており、これらの中で活用できるのを考えないといけないのはちょっと大変そうです。

 

星杯竜イムドゥーク》でのリンクキラーとしての側面や、ドローに関してもこの《V-LANヒドラ》が2ドロー以上のアドバンテージを取れる感じには見えません。後述するデメリットが、かなり痛いので違う使い方かサイバース族のトークンを出すことを前提として動くのも面白そうかもしれません。

ただし、トークンを生成して分解する効果は便利で、相互リンク先のリンク3以下という効果発動条件条件はキツイものの分解してマーカー分のトークンを出すことでモンスターの数だけ増やして《団結の力》を使うっていう古典的な手法を行なうことも出来ます。

しかし、それではどのカードでも行なえるので、狙いたいのは『《V-LANヒドラ》を駆使しての連続リンク召喚』!ですが、《ファイアウォール・ドラゴン》等は出せても《ヴァレルロード・ドラゴン》を出すことが出来ないのはデメリットかな?(´・ω・`)

 

《V-LANヒドラ》の最大の問題点であるデメリットを見る。

 


遊戯王/第10期/SD32-JP041 エンコード・トーカー【ウルトラレア】

 

と効果を見るに《V-LANヒドラ》はトークンを出せるリンクモンスターキラーとしての役割はありますが、デメリット効果がキツく、《対象としたリンクマーカーの数が一緒のは出せない&リンク3以下》という面が足を引っ張りまくります。

 

 

どういうことかと言うと、例えばリンクマーカーの数が一緒と言うことは、「少なくともリリースしたモンスターはもう一度出せない」と言うこと。 

 

こちらがリンクモンスターを展開しているかも考えて分解しなければなりませんし、リンク2モンスター効果を使って再度召喚するって事が出来ません。なので実際は効果を発揮したターンは《V-LANヒドラ》をリンク召喚しているのでリンク3を分解する事も出来ないので実はこのカードの使い道は結構限られているんですよね(´・ω・`)

 

打点アップを300アップでは無く、400アップにしない点は恐らく相互リンクしまくると打点は3000を超える為。このカードはあまり強さを感じないので、1冊買うだけで良いかなぁって感じがしました。

ただし、今後デメリットマーカーを含むカードが登場すると意外な活躍をしてくれるかもしれませんね。相手にマーカーを3つ以上与える系や、リンクが5個以上あるリンク2モンスターが来れば、打点を一気に4800も上げる事も出来そうかも・・・・!!期待したいです~!

 

 

それではノシ

今回の関連商品サーキット・ブレイク(CIBR)の購入はこちら!!

ダックドロッパー

【サーキット・ブレイク(CIBR)】のおすすめポイント!

new!新しいリボルバーのカテゴリー【ヴァレット・ドラゴン】が登場!

new!除外をテーマにした【メタファイズ】も新登場!

ストーリーも遂に動く!クローラー。オルターガイストも登場!

ダックドロッパー

⇒予約大好き駿河屋でサーキットブレイク(CIBR)を探す

⇒優秀な密林Amazonでサーキットブレイク(CIBR)を探す

⇒パンダが可愛い楽天市場でサーキットブレイク(CIBR)を探す

え?今回からストーリーも見れるって?(´・ω・`)

ストーリーも確認したい人にはセット購入がおすすめ!ご予約お忘れなく!

Amazon:Vジャンプ特別編集『遊☆戯☆王OCG DM サーキット・ブレイクセット』