中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

LINK VRAINS EDITIONって買うべき?皆さんの意見を聞いてみた。【アンケート】

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

【サーキット・ブレイク(CIBR)】の収録カードの価格・既存のカード等をチェック!

新規カテゴリー。

ヴァレット】【オルターガイスト】【クローラー】【メタファイズ

既存カテゴリーの強化。

トリックスター】【剛鬼】【星遺物】【水精鱗】【炎王】【幻獣機】 

 

【最新カテゴリーの価格を見てみる】

⇒【サブテラー】

⇒【SPIRAL】

⇒【ヴェンデッド】

⇒【 F.A.】

という訳でたまには良いかなぁと思ったプチ日記。

今回のお話は、LINK VRAINS EDITION(リンク ヴレインズ エディション)って皆さん買いますか?っていう話題です。

Vジャンプにて何時もながら買うかどうか悩む某パック。個人的にはコレを逃すと高騰するかも!?という怖さを感じている一方で『安価な場合は安価』という場合もあり転売ヤーさんはいっつも躍起になってます

(´・ω・`)知ったことでは無いですが、折角なのでアンケートと共に効果を追いかけていきましょう。

 

LINK VRAINS EDITION収録カードその1 サイバース・アクセラレーター

リンク3のモンスター光属性/サイバース族・リンク/攻撃力 2000
トークン以外のモンスター2体以上
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のバトルフェイズにこのカードのリンク先のサイバース族モンスター1体を対象として以下の効果から1つを選択して発動できる。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。
●そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで2000アップする。
●このターン、そのモンスターは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。
【リンクマーカー:左/右/下】

 

LINK VRAINS EDITION記念すべき1枚目はサイバース族のリンク3モンスター。激戦区ではあるもののリンク条件は《デコード・トーカー》を同じであり、リンクマーカーが相手にデメリットを与えない分EXモンスターゾーンでは展開しづらい構成になっています。

 

その代わり、マーカー先が左右と蘇生時には器用に動けるのが特徴。《RAMクラウダー》等で蘇生してからが本番なこのカードは、擬似《サイコ・ブレイド》として活躍してくれる打点アップのようですが、打点を引き上げる面は殆ど《サイコ・ブレイド》で十分じゃないの?という疑問も沸く1枚です。

 

勿論モンスターにしか攻撃できないデメリットは、某《サイバース・ウィザード》と同じで、わざわざ採用するかと言われれば疑問な1枚でした。

もしかすると攻撃力倍のモンスターが来ればワンチャンあるかもしれませんねー。リンク先のサイバース族モンスターの攻撃回数を増やせますし、可能性は大きいかなと(*´・ω・`)

 

LINK VRAINS EDITION収録カードその2 リローダー・ドラゴン

リンクモンスター
リンク2/闇属性/ドラゴン族/リンク/効果/ATK 1800

「ヴァレット」モンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカード以外の自分フィールドのリンクモンスター1体を対象として発動できる。
手札から「ヴァレット」モンスター1体を、そのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはリンク素材にできず、エンドフェイズに破壊される。
②:このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた時、自分の墓地の「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

【リンクマーカー:左/右】

2枚目は新しいヴァレットカテゴリーの1枚。なのですが、実は自分フィールドのモンスターを対象のリンクモンスターのマーカー先に出せる効果は結構キツく『ヴァレットを3枚も効果を使えず消費』するデメリットを考えると悩みどころな1枚となっています。

特に現状そのヴァレットデッキで《ヴァレルロード・ドラゴン》を出すのにも一苦労しているというのに・・・という感じがあるので採用するかって言われればコレも難しい。

現状では【ヴァレット】デッキ単体で活かすとしてもまだまだ発展途上なのですがこのカードであれば《クイック・リボルブ》と共に【ヴァレット】を出せればリンク召喚は可能。ですがサルベージの効果もそこまで・・・強いとは言えないかも?

 

LINK VRAINS EDITION収録カードその3 トリックスター・ブラッディマリー

リンクモンスター・リンク2/光属性/天使族/功 2000/
「トリックスター」モンスター×2体
このカ一ド名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードのリンク先に「トリックスター」モンスター召喚・特殊召喚される度に、自分は200LP回復する。
②:手札から「トリックスター」カード1枚を捨てて発動出来る。
お互いのプレイヤーは、それぞれデッキから1枚ドローする。
この効果の発動時に自分のLPが相手より2000以上多い場合、この効果で自分がドローする枚数は2枚になる。

【リンクマーカー:右/左下】

 

LINK VRAINS EDITION収録カードその4 剛鬼デストロイ・オーガ

剛鬼デストロイ・オーガ
リンクモンスター・リンク4/地属性/戦士族/攻 2800
「剛鬼」モンスター2体以上このカード名の②の効果は1タ一ンに1度しか使用できない。
①:このカードのリンク先のモンスターはそれぞれ1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。
②:自分メインフェイズに発動出来る。
相手は自身の墓地からモンスターを2体まで選んで特殊召喚する。
その後、特殊召喚したモンスターの数まで、自分はリンクモンスター以外「剛鬼」モンスターを自分の墓地から選んでこのカードのリンク先に特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「剛鬼」モンスターしか特殊召喚できない。

【リンクマーカー:左/右/左下/右下】

 

という訳で計4枚が収録されている様子。実際どうなのかなぁと思っているのですが、今回は汎用生カードが収録されておらずカテゴリー上で活用できるカードが多いのでコレクター様かもしれませんね。