中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

【遊戯王 クローラー 優勝考察@まい。】回し方と、リバースは環境で遅いのか考察。優勝する鍵はメタビート?色々と追記。【週刊 環境デッキを追うvol23】

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

【サーキット・ブレイク(CIBR)】の収録カードの価格・既存のカード等をチェック!

新規カテゴリー。

ヴァレット】【オルターガイスト】【クローラー】【メタファイズ

既存カテゴリーの強化。

トリックスター】【剛鬼】【星遺物】【水精鱗】【炎王】【幻獣機】 

 

 

遊戯王のクローラーデッキの優勝・全勝・入賞情報です。

週刊 環境デッキを追うvol23は主に【クローラー】の準優勝デッキの情報と共に、現在のクローラーデッキの強み等について色々と考察しようと思います。

サーキット・ブレイクにおいて登場したクローラーデッキですが、初日にて『準優勝』という結果を出しているとの報告を頂きまして、どういったデッキタイプになったのか考えたかったのがあります。

 

今回『サーキット・ブレイク(CIBR)』にて登場した全てのデッキは主に個性が非常に強くデッキ構築も様々ありますが、リバース効果という面を活かした『相手ターンに効果を発動するコンバットトリック』は健在。

なのでクローラーのテーマは恐らく『相手ターンでの発動』をメインとしたリバース効果の活用と言えそうです。

早速クローラーデッキの強み等を見て行きましょうか。

(*´・ω・`)色々と更新しました。

■ クローラー 準優勝デッキレシピ 一部不明カードアリ。

クローラー デッキ 優勝

今回のクローラーデッキは、主にセットを駆使した『リバース』のコンセプトはそのままに。展開を遅くしている分相手の奇襲を狙ったコンセプトとなっています。

クローラー 準優勝デッキレシピ  モンスター枠(16枚)

【クローラー枠】

  • 3《クローラー・スパイン》
  • 3《クローラー・レセプター》
  • 3《クローラー・グリア》
  • 2《クローラー・ランヴィエ》
  • 2《クローラー・アクソン》

【手札誘発系】

  • 3《増殖するG》

クローラー 準優勝デッキレシピ 魔法枠(9枚)

【フィールド魔法枠】

2《テラ・フォーミング》

3《星遺物に差す影》

【ドロー加速役】

2《強欲で貪欲な壺》

【妨害・コンボ枠】

2《月の書》

クローラー 準優勝デッキレシピ 罠枠(15枚)

【フィールド枠】

3《メタバース》

3《星遺物の傀儡》

【神の~シリーズ系】

2《神の通告》
1《神の宣告》
1《神の警告》

【セット・コンボ系カード枠】

2《砂漠の光》
1《王宮の勅命》
2《砂塵の大嵐》

にのまえ いちじく さん

■ 準優勝したメタファイズデッキに関しての大まかな解説・考察。


メタバース レア 遊戯王 サーキット・ブレイク cibr-jp076

このクローラーデッキの特徴は『相手のマストカウンター』を外させるプレイングが非常に重要なデッキになっています。

 

主にメタビートという側面を持っているデッキではありますが、基本的に《真竜剣皇マスターP》や《究極伝導恐獣》の様な相手ターンに何かする効果は全てモンスターカードが所有しているものの、破壊耐性を持つ大型は年々減ってきています(シーズン毎にですが)

なので、クローラー役の破壊効果を持っている《クローラー・スパイン》。《星遺物に差す影》での効果などを使う事で相手のモンスターをドンドン破壊していくのがコンセプトのようでした。

 

 

破壊・サーチ・セット等を持っている彼らには特別な効果として『効果で破壊した場合増殖する』という特徴があるので積極的に攻撃していかなければならず、リバース効果を使わせなければなりません。

 

 なので、リバース効果による破壊効果等は昨今の遊戯王の環境モンスターでは刺さるという追い風も受けているよ(*´・ω・`)。

そんなクローラーを活かす為にメタビート構築を採用。相手に戦闘破壊を誘いつつ相手のモンスターを的確に破壊していく事が勝利の近道となりそうです。

■ 優勝・準優勝したメタファイズデッキの考察その1 セット・ブラフカードを活かす構築へ。


遊戯王/クローラー・スパイン(ノーマル)/サーキット・ブレイク

現状ではクローラーデッキは先行にてセット。

その後リバース効果で相手を翻弄しつつ戦うのがポイントになっています。

勿論それは『リバース効果』を使いたいからというのがあるのですが、現状では6種類のクローラーが駆使し、それぞれ除去やサルベージなど相手に応じて使い分けるのがポイント。

 

その為に、《クローラー・アクソン 》《クローラー・スパイン 》《クローラー・デンドライト》《クローラー・レセプター》《クローラー・ランヴィエ》《クローラー・グリア》全てを使い切って相手を翻弄するのですが、そこにフィールド魔法《星遺物に差す影》を採用し、『リバース効果+戦闘後除去』のコンボを狙っていきます。

 

ちなみに大型の《エクスクローラー・シナプシス》《エクスクローラー・ニューロゴス》《エクスクローラー・クオリアーク 》含めて、主に戦い方と効果は以下のようになっています。

  • クローラー・アクソン 》リバース効果は魔法罠を破壊する効果。サイクロン内臓はやっぱり使い道を選ぶけど強い!
  • クローラー・スパイン 》リバース時にモンスターを破壊する効果。出来れば『選んで破壊』位は欲しかったところですが・・・。
  • クローラー・デンドライト》墓地にモンスターを送れる救世主。最悪リバースで『クローラー』を墓地に送り、そのまま次のターンエクスクローラーを出せれば蘇生カードも選べるという強みも。
  • エクスクローラー・シナプシス》攻守アップとモンスターを二回攻撃できる効果を持っている。素材指定が緩いので、実は『エクスクローラーの中では使いにくい』
  • エクスクローラー・ニューロゴス》リンク先のモンスターを戦闘から守り、攻守アップと戦闘ダメージを倍に!2体の相互リンクで無敵の壁に。
  • エクスクローラー・クオリアーク 》攻守を上げてぶん殴る!そして数に応じて攻め方を変えれる優秀なエースモンスター!最後の締めにどうぞ。

このクローラーデッキでは、主にクローラーだけではモンスター除去を『クローラー・スパインだけに頼むしかない』なんていう側面があり、戦闘除去をされてしまうとうーん…という時が多々ありました。

 

という訳で基本、 《星遺物に差す影》とそのためのセットしたクローラーの使い方が大事。その為にはそのカード達を除去されないプレイングとか伏せカードのブラフも積極的に狙うのがポイントのようです。

 

クローラーデッキでは、『相手のプレイングを読み、除去を誘う』事も大事で、クローラーの共通効果である除去が厄介な以上相手は恐らく戦闘での除去を行なってくるはず。擬似的な《古の森》の効果で相手の動きを封じ込めてしまいましょう。

 

 

■ 優勝・準優勝したメタファイズデッキの考察その2 フィールド魔法カードを必ず引いて来る為の構築をメインに。


遊戯王/メタバース(レア)/サーキット・ブレイク

クローラーではフィールド魔法でのサポートが必須。最終的には『戦闘でも、効果でも除去するとめんどくさいデッキ』を目指していきます。

(・ω・`)一応フィールド魔法は、クローラーのセット枚数を増やせる他…、リバースモンスターの戦闘終了時に戦闘で破壊されたらそのまま相手を道連れにするという効果がかなり強力!

 

フィールド魔法を活かす事が大事な分、絶対に引いておきたい…そしてリバースモンスターの戦闘という遅さから、メタバースも間に合うのは皮肉かもしれませんがタイミング的にバッチリの様です!(๑>◡<๑)

 

■ 優勝・準優勝したメタファイズデッキの考察その3 妨害・コンボカードを多くし、『メタビート』の側面も。 


遊戯王/第10期/SD32-JP040 神の通告

遊戯王環境に合わせる為に、クローラーデッキは『メタビート構築にする』事が重要そうです。

召喚権は使ってしまいますし、フィールド魔法の採用は必須となるのでこれもまた必然な感じが。

 

■ 優勝・準優勝したメタファイズデッキの考察その4 砂漠の光による強襲が魅力的!『エンドクローラー』を目指す!


今回の注目すべきポイントは、クローラーを一斉にリバースさせるカードがある事なのかもしれません。

 

クローラーデッキの大体の動きはリバースが中心。しかし、その中でブラフやリバース効果を発動し持久戦に持ち込ませる動きは懐かしいなぁと感じてました。

シャドールのような、デッキからリンク召喚なんてカードが来たら環境入りは間違いないかもしれませんね…多分ないな(笑)

(・ω・`)影武者修正中… 寝落ちしそう。

クローラーデッキが収録されている【サーキット・ブレイク(CIBR)】の購入はこちらから!

new!新しいリボルバーのカテゴリー【ヴァレット・ドラゴン】が登場!

new!除外をテーマにした【メタファイズ】も新登場!

⇒予約大好き駿河屋でサーキットブレイク(CIBR)を探す

⇒優秀な密林Amazonでサーキットブレイク(CIBR)を探す

⇒パンダが可愛い楽天市場でサーキットブレイク(CIBR)を探す

ストーリーも確認したい人にはセット購入がおすすめ!ご予約お忘れなく!

Amazon:Vジャンプ特別編集『遊☆戯☆王OCG DM サーキット・ブレイクセット』