中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

ダウンビートは、今後コンボデッキパーツの指標になる一枚。

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

【サーキット・ブレイク(CIBR)】の収録カードの価格・既存のカード等をチェック!

新規カテゴリー。

ヴァレット】【オルターガイスト】【クローラー】【メタファイズ

既存カテゴリーの強化。

トリックスター】【剛鬼】【星遺物】【水精鱗】【炎王】【幻獣機】 

 

【最新カテゴリーの価格を見てみる】

⇒【サブテラー】

⇒【SPIRAL】

⇒【ヴェンデッド】

⇒【 F.A.】

遊戯王のダウンビートの評価と効果考察を記載しています。

ダウンビート 画像

エクストリーム・フォース」より登場する《ダウンビート》が登場した時に筆者のデッキであるインフェルにティデッキが急にふと頭をよぎりました。元々コンボデッキでありながらもループパーツとして欲しかった一枚。

トランスターン》とは違った多種多様な戦い方が出来るのが最大の特徴とも言えます。

 

もともとトラタンで出せるカードの主な特徴といえば、思考停止でノヴァインフェニティをぶん投げるというカードという認識しかなかった分、パワーではなくコンボで攻める事の出来るこのカードは優秀だなと思っています。どっちにしても、カードパワーが優秀だと気づかされている昨今。デフレを求めてさまよっている今では、このカードも大きな役割が多々あるのかもしれません。

ダウンビートの概要と採用理由について。

《ダウンビート》 
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターと元々の種族・属性が同じで
元々のレベルが1つ低いモンスター1体をデッキから特殊召喚する。

 

ダウンビートの効果考察の前に今回はまい。が色々と書いてくれていました。元々このカードの主な利点は、シンクロ召喚をメインとしたコンボデッキに超便利なカードなのです。

 

インフェルニティ】【聖刻】【幻獣機】【魔弾】・・・実は数えると全くきりが無いっていう状況ですが、彼らのカードの主な効果の裏にはリリースや、デッキからコンボパーツを引っ張ってくる事が非常に強いからだったりします。

インフェルニティ】では、現在《インフェルニティ・デーモン》から《インフェルニティ・ネクロマンサー》に繋ぐ事で、そのまま《インフェルニティ・デーモン》を蘇生するというコンボが行なえます。

元々通常魔法でもあるので、せットしてハンドレスなんて事も行なえるようになりました。そして各種カードをそのまま手札を加えられるので、実質的なディスアドは無しになります。

 

また、個人的に注目しているのが聖刻。トフェニから展開するのが今までの聖刻の主な展開方法でしたが・・・これにより下級聖刻から展開する事も可能になりました。

例を挙げるとレベル5の《聖刻龍-ネフテドラゴン》を経由する事で、レベル4の《聖刻龍-ドラゴンヌート》も活用できる感じになっている・・・?のかもしれません。いや、可能性は低いかも(´・ω・`)

 

と、実はトランスターンよりかなり実用的に見えるカードでした。元々レベルが低いモンスターを呼べるのは昨今の遊戯王において弱い感じに見えがち。ですが、それを有り余るほどの利点を持っているカードなのかもしれませんね。

 

トランスターンのような有用性が今後出てくるのか。

もう一つ考えないといけないのが、トラタンよりも有用なのかという話です。例えば、サイドラの様に各種大型に繋げられるのかといえば、そういうカードは現在そこまで多くありません。

量子猫等のキーカードが在りつつも、現状強いのかといわれればうーん・・・って思うカードの1つだと思っています。

何故なら!量子猫を誰も採用していないからである! 

ですが、使い道は逆に高レベルからの展開を狙うという方法が今後出てくるかもしれません。簡単に出せる高レベルモンスターの出現からの展開は結構面白そうです・・・が、実は今レベル9モンスター等の充実度はそこまで高くないんですよね(笑)

アブソルートからのガンダーラ・・・。

・・・強いのかは知りませんがロマンには溢れていると思います。

 

と、実際高レベルを採用するデッキではこのカードに頼ると事故の元なので、出来る限り召喚可能な範囲での採用が良いかもしれませんねー。

ただし、このカードを使う時点でアドは取れていませんから、過信は出来ませんね。

という訳で、 「エクストリーム・フォース」より登場する《ダウンビート》でした。ノーマル収録であれば箱買いで2枚は出てきそうな勢い。

今後のコンボパーツに3枚そろえておきたいですね。

それではノシ

 

購入・予約はこちら。

⇒ 「エクストリーム・フォース