中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

インスペクト・ボーダーの裁定でメタビートデッキの強化が決定?インフェルノイドデッキにでも組み込む?優勝結果も。

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

【サーキット・ブレイク(CIBR)】の収録カードの価格・既存のカード等をチェック!

新規カテゴリー。

ヴァレット】【オルターガイスト】【クローラー】【メタファイズ

既存カテゴリーの強化。

トリックスター】【剛鬼】【星遺物】【水精鱗】【炎王】【幻獣機】 

 

【最新カテゴリーの価格を見てみる】

⇒【サブテラー】

⇒【SPIRAL】

⇒【ヴェンデッド】

⇒【 F.A.】

 

エクストリームフォースで登場した2000打点の《インスペクト・ボーダー》。

 

効果でモンスターゾーンの種類の数だけ、フィールドの発動出来る効果を封じることが出来る効果があるのですが、この裁定で、儀式・融合・シンクロ・エクシーズ・ペンデュラム・リンクのいずれも存在しない場合には、お互いのプレイヤーはモンスター効果を発動する事は出来ないという裁定になっていました。

 

インスペクト・ボーダー

効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻2000/守2000
自分フィールドにモンスターが存在する場合、このカードは召喚・特殊召喚できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
その間はお互いにそれぞれ1ターンに発動できるモンスターの効果の回数が、
フィールドのモンスターの種類(儀式・融合・S・X・P・リンク)の数までになる。
>>《インスペクト・ボーダー》の価格を見てみる。

 

この結果により、メタビートデッキの強化と共に『召喚権を使わずに展開するデッキ』の強化となりました。

機械族のモンスターという事でやっぱりSPYRAL等のデッキにはいるのかと思われますが、そうではなく【インフェルノイド】のようなメインデッキと召喚権を使わないデッキに対して採用されることになるのかもしれません。

 

 

この《インスペクト・ボーダー》の効果は非常に難しく、自分のモンスターの効果も封じてしまいます。なので、大型モンスターを並べて攻撃するという手段や魔法罠で相手のモンスターを破壊する動きを行なえれば意外となんとかなりそうな予感が。

相手のモンスターを擬似的に効果を消せる『生きるスキルドレイン』として活用が出来るかもしれませんね・・・。

 

 インスペクト・ボーダー

■『自分フィールドにモンスターが存在する場合、このカードは召喚・特殊召喚できない』は効果の扱いではありません。(「インスペクト・ボーダー」自身を特殊召喚、または、表側表示で召喚する際の条件となります。)
■自分フィールドにモンスターが存在する場合でも、「インスペクト・ボーダー」を通常召喚の際に裏側守備表示でセットする事はできます。
■『①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、その間はお互いにそれぞれ1ターンに発動できるモンスターの効果の回数が、フィールドのモンスターの種類(儀式・融合・S・X・P・リンク)の数までになる』モンスター効果は永続効果です。
■『その間はお互いにそれぞれ1ターンに発動できるモンスターの効果の回数が、フィールドのモンスターの種類(儀式・融合・S・X・P・リンク)の数までになる』モンスター効果が適用されている間、お互いのプレイヤーがそれぞれ発動する事ができるモンスター効果の回数が、お互いのモンスターゾーンに表側表示で存在するモンスターの種類の数までになります。(儀式・融合・シンクロ・エクシーズ・ペンデュラム・リンクのいずれも存在しない場合には、お互いのプレイヤーはモンスター効果を発動する事はできません。)

 

■ カードに関してのメタカードは多いので価格は安価なまま?

  しかし、この2000打点で優秀に見える《インスペクト・ボーダー》も抜け穴は結構あります。

 

まず、召喚権を使ってのカードなので普通の召喚してのアドバンテージを取るデッキとは多少相性が悪いです。

一応、罠等を多く入れるデッキや、手札誘発を多めに含んでいるデッキでは採用も検討出来ますが、相手のモンスターを減らすことが出来る効果や手札を増やすことが出来ていないので、次のターンを完全に封じ込める算段があるパワーデッキであれば気にしなくても良いのかも。

 

パーミッションデッキのそばに入れても良いのかなと思いきや、今や召喚して罠の効果によるアドを稼ぐカードも多い中での運用は考え物かもしれませんね。

一応属性が光属性という意味で、オネストを採用しておけば打点の心配もありませんし、各種属性においてのシナジーもありますから価値があるかも?

 

 

また、2000打点という事で『神獣王バルバロス』等の高打点モンスターをそのまま盤面にだされてしまうことです。

フォトン・スラッシャー》や《神獣王バルバロス》等の高打点モンスターをそのまま召喚されてしまうとそのまま倒されてしまうこともしばしば。効果を無効にされる=スキドレバルバと同じ状況になるかはちょっと分からないものの、専用デッキを組むのは結構ありかも?

 

現在修整中です。

 

 

>>《インスペクト・ボーダー》の価格を見てみる。