中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

【SPYRAL 優勝】SPYRALデッキの優勝・入賞デッキ一覧。初日から続々優勝&入賞!採用カードを追う。

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

【サーキット・ブレイク(CIBR)】の収録カードの価格・既存のカード等をチェック!

新規カテゴリー。

ヴァレット】【オルターガイスト】【クローラー】【メタファイズ

既存カテゴリーの強化。

トリックスター】【剛鬼】【星遺物】【水精鱗】【炎王】【幻獣機】 

 

【最新カテゴリーの価格を見てみる】

⇒【サブテラー】

⇒【SPIRAL】

⇒【ヴェンデッド】

⇒【 F.A.】

SPYRALデッキの優勝・入賞。および環境デッキへの考察をするページです。

主に、SPYRALデッキが初日から続々優勝したという事で、デッキレシピと、採用カードを追う事にしました。

 

SPYRALデッキが環境に入る事は既に決まっている感じがしましたが、初日からドンドン優勝と入賞報告がされている模様です。

 

元々海外勢の中で9期の回し方を備えているデッキとして降臨。結果として大会を荒らす存在となるでしょう。

しかし、今回はそんな事よりも採用カードの有無です。元々今回のSPYRALデッキに関しては、高騰カードである《SPYRAL-ザ・ダブルヘリックス》の存在が気になります。元々3枚必須レベルと考えている人も中にはいるのですが、果たして何枚採用なのか。それ以外に何を購入しているのか。

大会結果と共に考えていきたいと思います。

 

 

■ 遊戯王 大会結果一覧

カードボックス橿原店の大会優勝結果です。

SPYRAL-ザ・ダブルヘリックス》の採用は主に二枚。

 

そして、ソリティア用に《 プロキシー・ドラゴン》や《ファイアウォール・ドラゴン》を採用し、リンク召喚をメインにした構築になっているようです。

これに関してはSPYRALデッキの回し方にもあるように『モンスターを墓地に送る為』という意味合いがあり、元々へリックスと合わせて採用率は比較的高めな感じがしますね。

高価買取の《ゴーストリック・デュラハン》の件もありますが、実際はリンク召喚がメインで戦うデッキでもある事。そして理想盤面に関しては《SPYRAL-ザ・ダブルヘリックス》と《SPYRAL-ボルテックス》を出す事に集中すれば良さそうな感じ。

なので、それ以外をサポートに回す事も考えたほうが良さそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という訳でSPYRALデッキで採用されているキーポイントは? 

 と、様々なデッキが入賞&優勝しており割愛していますが、SPYRALデッキでの採用枠は結構固定化されており、

 《ゴーストリック・デュラハン》はループの為2枚。それ以外のエクシーズは《LL-リサイト・スターリング》や《森羅の姫芽宮》等を採用している人が結構多く見られました。

 

効果で墓地に落とせることやアドバンテージの確保。

1枚採用だけで済んでいるのも高騰とまではいきませんが、テンプレとしてとりあえず採用している人は多そうです。 

⇒《中古遊戯王/ウルトラレアパラレル/DIMENSION BOX -LIMITED EDITION-DBLE-JP015 [URパラ] : LL-リサイト・スターリング

⇒《中古遊戯王/レア/ディメンジョン・オブ・カオスDOCS-JP083 [R] : 森羅の姫芽宮

という訳で、エクストラデッキ(15枚)に関しての配分は以下の通り。


ゴーストリック・デュラハン
森羅の姫芽宮
LL-リサイト・スターリング
コード・トーカー

その中でも、

[rakuten:gpowerz:10021397:detail]

 

SPYRAL-ザ・ダブルヘリックス
バイナル・ソーサレス
プロキシー・ドラゴン
デコード・トーカー
 トライゲート・ウィザード
 ファイアウォール・ドラゴン

 

SPYRAL-ザ・ダブルヘリックス》と《SPYRAL-ボルテックス》を盤面に出すという事はあまり変わりはなさそうなのですが、採用枚数を見ていると、へリックスも2枚で大丈夫そうな感じでした。

 

また、その枠にという訳では無いですが、リンク召喚での相互リンクを活用した《トライゲート・ウィザード》の採用も見受けられたりと、モンスターを多く展開できるからリンク召喚での制圧とも相性が良いのかもしれません。 

へリックスの下で相互リンクを達成した後にそのまま《 プロキシー・ドラゴン》を横に置くのがベターという感じでしょうか。

 

いずれも殆どが、採用されているカード枚数等も変わりない感じでした。ただ、《ナチュルビースト》の採用枚数等、一部が違っていたりするものの、《SPYRAL-ザ・ダブルヘリックス》の採用枚数は2枚で良さそうですねー(´・ω・`)その点は良かった。以後、この情報を元に回し方等を考察していこうと思います。

 

・・・なんかへリックス時間追う毎に高くなってません?