中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

《巨竜の聖騎士》・《復活の福音》が非常に嫌な予感しかしない強化カードになるかも!?レベル7・8のドラゴン族モンスターの区分はなんなんだ笑

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

【サーキット・ブレイク(CIBR)】の収録カードの価格・既存のカード等をチェック!

新規カテゴリー。

ヴァレット】【オルターガイスト】【クローラー】【メタファイズ

既存カテゴリーの強化。

トリックスター】【剛鬼】【星遺物】【水精鱗】【炎王】【幻獣機】 

 

レベル7・8のドラゴン族モンスター

って、ものすごく復活できる枠を減らしたかのように見えて、実質はものすごく強化されてるという印象しか受けないカードが登場しました。

私の誕生月に発売されるという要らない情報と共にストラクチャーが発売されるという情報があるのですが、以前書いた

ストラクチャーデッキR -巨神竜復活-】

の新規カードがある程度判明したので、エースモンスターの一軒はとりあえず除き見ていこうと思います。

なぜか異様な内容が書かれているのが非常に怖いですが・・・。なんだろうレベル指定に加えて、種族指定という区分は何かしらの制約がある分効果が強いですね。 ドラゴン族の復興はあるのでしょうか。しかし、このテキストのせいで征竜は戻ってこないでしょう・・・きっと。

あ、トレードイン再録されるのかなぁ。


遊戯王カード トレード・イン 青眼龍轟臨(SD25)収録 /SD25-JP026-N/遊戯王ゼアル

 

 ■ 巨竜の聖騎士考察。

レベル4という中ではステータスは低いのですが、ちょっと特殊な効果を持っています。なので、使い道は結構縛られるかもしれません。

《巨竜の聖騎士》 星4 光属性 戦士族 ATK/1700 DEF/300

①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分の手札・デッキからレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を装備カード扱いとしてこのカードに装備する。

②:装備カードを装備したこのカードは他のモンスターの効果を受けない。

③自分フィールドのモンスター1体とこのカードをリリースし、自分の墓地のレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

 

私は思ったんですけど、レヴァライダーのデッキとして非常に重宝されるカードだなぁと最近思いました。すごく懐かしいテーマですけどね。

(効果が発動するかは分からないです。知ってる方教えてくださると助かります。)

 レヴァライダーというのは、光と闇の竜の事で、破壊されたときにこんな効果を持ってます。

このカードが破壊され墓地へ送られた時、
自分の墓地に存在するモンスター1体を選択して発動する。
自分フィールド上のカードを全て破壊する。
選択したモンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する。

この効果とドラグニティ・アームズと合わせて無限に出せるというのがレヴァライダーというデッキなのですが、この巨竜の聖騎士はデッキからドラゴン族を装備できるので非常に効率よく回せる感じがします。

 

現状のレヴァライダーは竜の渓谷などが禁止になってしまい手札に持ってくるカードが結構厳しい状況がありましたからこれで一気にサーチが出来るようになったんですね。

また、聖騎士の③の効果ですが、

 ③自分フィールドのモンスター1体とこのカードをリリースし、自分の墓地のレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

という効果でリリースをするので聖刻のリリース時の効果と合わせて、レベル7・8のモンスターを場に揃えるなんて芸当も可能に。両方リリースするのもドラゴン族なので超再生能力も無駄になりません。

トフェニと合わせて、ドローしつつ・・・って戦略もたまにはやってみたいなぁ。

 

 

 ■ 復活の福音 考察

 

《復活の福音》通常魔法

①:自分の墓地のレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

②:自分フィールドのドラゴン族モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 

さて、問題のカードはこっちのような気もします。ついに効果モンスターも特殊召喚できるようになりました。リビングデッドからの卒業です。

 

このカードの強さはリビデを採用しているデッキなら採用を考えたいデッキも出てくるでしょう。②の効果でも耐性を付加するので結構役に立ってくれると思います。しかも②の効果ではドラゴン族のレベルを指定していないので、レダメに破壊耐性を付加できるときもあるかも。

もちろん復活させるモンスターは最近強化が入ったブルーアイズでも役に立ちます。

オルタナティブの効果もついでにあわせれば非常に強いデッキになりそう。

 

 

 ■ 2枚とも結構デッキの幅を広めてくれる良カードだけど。

 2枚とも非常に面白いカードなきもするんですが、気になるのはレベル7・8のモンスターという事。おそらくですが、最上級モンスターのサポートという意味での強化だと思うのですが、問題はそのレベル帯で呼び出したいモンスターがいるのかという事。

コンボデッキでは、聖刻やドラグなどのキーパーツはレベル6という部分が多くて使えないし、ドラゴン族の潤滑油であるレダメはレベル10なので対象外になってます。

 

 という意味でもレベル7・8というのは今でも強化が多いレッドアイズやブルーアイズが使うという強化でしかない気がします。特に出せるのも、結構少ないような・・・。

今度ちょっと、出したいレベル7・8モンスターを見ていこうと思います!

 

それではノシ

つづくっ!