中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

google-site-verification: googlecba9817caf3c4711.html

空牙団の回し方&展開例を純構築から考えてみる。

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

【サーキット・ブレイク(CIBR)】の収録カードの価格・既存のカード等をチェック!

新規カテゴリー。

ヴァレット】【オルターガイスト】【クローラー】【メタファイズ

既存カテゴリーの強化。

トリックスター】【剛鬼】【星遺物】【水精鱗】【炎王】【幻獣機】 

 

【最新カテゴリーの価格を見てみる】

⇒【サブテラー】

⇒【SPIRAL】

⇒【ヴェンデッド】

⇒【 F.A.】

空牙団に関して回し方や展開例なんかを紹介。

空牙団の回し方&展開例を純構築から考えてみる。

『ダーク・セイヴァーズ』でカテゴリ化される「空牙団(くうがだん)」の回し方や展開例などを書いていこうかなと思います。

空牙団デッキの特徴は昨今の環境では珍しいという直線的な除去やサーチなど分かり易い効果のテーマとなっており、各種大量展開と特殊召喚・除去を使い分けられるデッキとなっております。

リンクを使わなくても良いので正直楽。というと怒られそうですが、メインモンスターゾーンだけで戦えるのは簡単かつ揃えるのにお金もかからない。

なーんていうメリットはあります。

下級空牙団と上級空牙団の2種類に関しても効果が下級で展開して大型でとどめというスタンスに変わりは無く

 【空牙団】の回し方のポイントは各種空牙団の効果に合わせた動きでないと駄目という所になってくるのでは?とも思ったり。

 

そもそも、この紹介イラストの上にはちゃっかり20周年のマークがあったりとまだまだ強化の可能性を持っている印象。

でも正直右上の少女の方が気になるよね。

 

武装神姫かな?(すっとぼけ)

空牙団(くうがだん)

 

⇒遊戯王OCG デュエルモンスターズ FLAMES OF DESTRUCTION BOX

本日の目次

 

 

 

 

空牙団に関して先に考慮しておかなければならないこと。

空牙団に関してのデッキ構築でまず大事なのは『どこまで純構築に寄せるのか』という事。

 

空牙団のデッキは程よくリンクモンスターを入れる事が出来ますが、正直空牙団同士のシナジーで戦わないといけない分正直モンスター枠にモンスターを入れる事が難しいのです。

 

特にラファールに関してはサーチに影響するほかに初動では1~2枚しかめくる事が出来ないという欠点まで抱えている事から純構築で尚且つ『おもいっきり空牙団を放り込むか』の選択しかないのです。

 

なので環境に入るという事は少し難しいように見えてしまいますが、カテゴリー限定戦などの特別ルールなどでは真価を発揮しますし、除去・バーン・回復・サーチ・除去と能力は汎用性が高いカードばかりですので回す際にどの効果を使えば良いのかを考えていく必要がありそうですなぁ。 

 

空牙団の除去は遅いので、展開時での順番に気を付ける。 

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
手札から(同名カード)以外の「空牙団」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
自分フィールドにこのカード以外の「空牙団」モンスターが特殊召喚された場合(対象として)発動できる。

空牙団の特徴は主に展開の際のメインフェイズに効果を使い手札から特殊召喚が出来る効果です。言い換えるとただのペンデュラム召喚に似たものであり、脅威ではありませんが1枚で動ける事。

 

また、展開をする際にスケールを気にしないでいいっていう利点があります。

 

そして、空牙団には大型モンスターに専用の無効効果があります。

モンスターや魔法罠を無効にしつつ戦えるので、ここで如何に相手の除去に合わせて空牙団を展開するかがポイントになるでしょう

まずは注目カードから。空牙団の大型モンスターには確かに無効効果があるのですが、いささか使い勝手が悪く手札の空牙団を捨てなければなりません。その点でウィズとラファールに関しては出す順番が大事になります。

 

《空牙団の叡智 ウィズ》

《空牙団の叡智 ウィズ》

効果モンスター
星7/水属性/魔法使い族/攻1600/守2800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分は「空牙団の叡智 ウィズ」以外の自分フィールドの「空牙団」モンスターの種類×500LP回復する。
(2):相手が魔法・罠カードの効果を発動した時、
手札から「空牙団」カード1枚を捨てて発動できる。その発動を無効にする。

 

 

《空牙団の英雄 ラファール》 

《空牙団の英雄 ラファール》 
効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻2800/守2200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
「空牙団の英雄 ラファール」以外の自分フィールドの「空牙団」モンスターの種類の数だけ自分のデッキの上からカードをめくる。
その中のカード1枚を選んで手札に加え、残りのカードはデッキに戻す。
(2):相手がモンスターの効果を発動した時、
手札から「空牙団」カード1枚を捨てて発動できる。
その発動を無効にする。

 

という事でサーチする最終的な対象はこの2枚。 

最悪相手の伏せカード等を確認しつつ効果を無効にして展開してのが大事な様です。

空牙団デッキの回し方その1 ビートとウィズをとりあえず初手に加える。

《空牙団の撃手 ドンパ》 レベル2 風属性 獣族  

表側表示カードの破壊
《空牙団の飛哨 リコン》 レベル2風属性 獣族 

セットカードの破壊
《空牙団の剣士 ビート》 レベル3 地属性 戦士族

同名カード以外の「空牙団」モンスターのサーチ
《空牙団の闘士 ブラーヴォ》 レベル4 炎属性 爬虫類族

「空牙団」モンスターのステータス強化

見て分かる通り、レベル2のモンスターは除去。3はサーチ。そして4はステ強化の効果がありますのでこれを主軸に展開方法を変えて行きます。

 

もしサーチして大型を持っていきたい場合。

  1. 《空牙団の剣士 ビート》召喚し、《空牙団の飛哨 リコン》 を特殊召喚
  2. 《空牙団の剣士 ビート》で《空牙団の英雄 ラファール》 をサーチ。
  3. 《空牙団の飛哨 リコン》の効果で《空牙団の英雄 ラファール》を特殊召喚

という感じで2枚のカードがあれば即座に盤面にビート・リコン・ラファールの3枚が揃うことになります。一方でこういったコンボもあります。

  1. 《空牙団の剣士 ビート》召喚し、《空牙団の英雄 ラファール》を特殊召喚
  2. 《空牙団の剣士 ビート》で《空牙団》 をサーチ。
  3. 《空牙団の英雄 ラファール》で相手モンスター効果を防ぎつつ攻撃。

こっちの場合は手札に空牙団を置いておくことで、ラファールの効果を使えるようにしました。魔法罠の除去が強いのかを優先して置くことで回し方にも大きく違いが出てきます。

この場合初手は2枚で良いので(両方手札にあるとかおかしい)楽でしたが、どっちにしても空牙団はこの2枚のどちらかが無いと詰んでしまいます。

 

なので相性がいいカードという意味でも戦士族のサーチカードはふんだんに入れておきましょう。

 

《空牙団の剣士 ビート》 

《空牙団の剣士 ビート》 
効果モンスター
星3/地属性/戦士族/攻1200/守 500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
手札から「空牙団の剣士 ビート」以外の「空牙団」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
自分フィールドにこのカード以外の「空牙団」モンスターが特殊召喚された場合に発動できる。
デッキから「空牙団の剣士 ビート」以外の「空牙団」モンスター1体を手札に加える。

この点はまず《聖騎士の追想 イゾルデ》と《増援》でカバーしたいところ。しかしお気づきの人はいると思いますが空牙団に戦士族がまずいません。

恐らく対になるモンスターはいますが、イゾルデに依存してしまっても仕方が無いので、ここは《雪花の光》等で無理やりにでも引っ張ってくるほうがいいような気がします。

とにかくどうあがいてもこれら2枚を持ってこないといけないのは事実で魔弾のようなサーチ系統と同じく事故の元になりやすいカードでもあります。

またこれが意味するのはご存知の通り手札誘発で、妨害されると本当に動けなくなってしまいます。打点の低さも相まって安定性に欠けてしまいますが、このサーチさえ一回潜り抜けさえすればラファールとビートを使い回せるので頑張りましょう。

 

蘇生系空牙団が来れば一瞬で戦況も変わるので!

 

まず増援を空牙団が打てば確実にビートをサーチしてくるってバレルのが嫌ですねー。ここだけなんとかしてほしいです。

空牙団の回し方って実は語るほど難しい話をしなくて良いのがよかったです。

個人的にこの空牙団は昨今のカテゴリーであるリンクである程度回すことを熟知していないと無理っていう垣根が無い分楽しいカテゴリーだなと思いました。

 

特にリンクってパーツを買わないといけないんですが、そういった事もなく楽しむ事が出来ますし、何よりグラぶるっぽさと展開等の説明や順番など遊戯王のプレイの基本が詰め込まれている良デッキなのです。

そんなダークセイヴァーズも予約開始しているみたいですし、1箱どうですか?って感じで今回は閉めようかなと思います。それではノシ


遊戯王OCG デュエルモンスターズ デッキビルドパック ダーク・セイヴァーズ BOX

 

 まい。に頼まれたアンケート。そのまま置いておこう(笑)