中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

何故遊戯王の初心者と環境のおすすめカードが違うのか。ってお話。

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

【サーキット・ブレイク(CIBR)】の収録カードの価格・既存のカード等をチェック!

新規カテゴリー。

ヴァレット】【オルターガイスト】【クローラー】【メタファイズ

既存カテゴリーの強化。

トリックスター】【剛鬼】【星遺物】【水精鱗】【炎王】【幻獣機】 

 

【最新カテゴリーの価格を見てみる】

⇒【サブテラー】

⇒【SPIRAL】

⇒【ヴェンデッド】

⇒【 F.A.】

 

最近まい。にて、初心者におすすめできるカードやデッキが知りたいんだけど何があるだろうっていう事を聞かれた。

それはまぁいいんだけど、要するに初心者向けに対しての内容なのに良く考えるとその延長線上ではそのカードが使われないっていう傾向にある事が遊戯王では多々多い。例えば《聖なるバリア-ミラーフォース-》の用な直接相手に関与する破壊カードすらも蓋を開けてみれば『環境ではメインで採用しまくられているカードでは無い』事に気づく。一時期流行していたノリがあったが、それに関しても今は久しく耳に入らない内容だった。

よくよく考えてみればその歪な状況が自分に取っては非常に怖いんですよね。

初心者と環境。両方に対応するオススメカードを探すのは難しい

一番自分が考えたいのは初心者が少しでも環境デッキを触りたい。勝ちたいという大会思考のスパイクに陥った際に『どういった提供が出来るだろう』という事でした。

実際遊戯王はデュエマの様に明確な答えを初期のカードでは表せない傾向にあります。例えば『フェアリー・ライフ』のカードがあるのですが、このカードは緑という色を入れる事で「大型モンスターを早く出すという問題を解決している」カード。

これを遊戯王で当てはめてみるとかなり自由な事が分かります。ペンデュラムで出す、蘇生カードを使うなどの手段が豊富すぎてどれが最適解か。使いやすいカードはどれなのかっていう迷いが出てくるんです。逆にデュエマ等はシステムとして退化等のカードを使いますが、遊戯王は通常モンスターですらも『環境デッキに入り込めるギミックを多数仕込んでいる』事になるので、自由度がありすぎて困るわけです。

更にはリンク召喚では『様々なルート開発』によって出すギミックが登場し確実に初心者には敷居が大きいゲームとなってしまいました。ペンデュラムの様に出せば強いから、リンクの様に考えられる奴が強いカードゲームでは初心者にはシンプルイズベストなカードを薦めるんですけどそれが環境のアイツに刺さるとかでは無いのでそこを考慮しなくてはなりません。

 

楽しむと勝つ事は大抵違ってたりする。

カードパワーを下げるという手もあるんですが、遊戯王では大きく『キャラデッキ』と『カテゴリーデッキ』の2種類に分かれると思うんですが、実際プレイヤーはどっちを握りたいのか。コレを考えないと続かないって事を様々なプレイヤーで見てきました。結局は遊戯王じゃなくてもTCGは大会という競技でもある一方で楽しむ事を主軸とした娯楽でもあります。

 

しかしその問題を軽く見た結果『勝てる方が面白い』という結論に至る人や、自分の考えが一番という結果に陥りがちです。ある程度知識がある人であればスタイル的な発想でワケられるのですがこのゲームは子供向けの商品。つまり大人や先輩として「戦い方や強い以外の価値を提供できるのか」という問題に立ち会わなければならないのです。

カードゲームだけの敷居で見ているとそう上手くはいかないと思いますが、こういった視点を広げる事がカードゲームの1つの醍醐味では無いのか?とも思いますしいわば資産ゲーと言われる遊戯王も一種の『社会』なワケでコミュニケーションや、合わせる事。トライ&エラーが様々な役に立つことだってあるでしょう。

 

こういった部分を忘れずに人にあったカードを薦めるというのをしていきたいなと思いました。いやぁ難しいもので意外と人にカードを薦める際には『自分のプレイスタイルを押し付けがち』なときが多いからっていう警告ですね。

それではノシ