中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

【遊戯王】《暗黒の召喚神》は、3幻魔を召喚条件無視して呼べるカード!コレで専用デッキが組めるかも!【日記】

という訳で今回は、20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVEで、暗黒の召喚神と失楽園が収録されるという話題から始まります。

 

最近では遊戯王が初代からGXへと強化が変わっている風潮はありましたが、今度はオシリス・オベリスク・ラーに続いてウリア・ラビエル・ハモンのカード強化が出てきました。ただ、効果がまだ分からないのですがなんとこれ召喚条件を無視してって書いてあるっぽいんですよ!!

 

という訳で早速値段が高くならない内の3幻魔のカードを見ていこうと思います。

 

【20th ANNIVERSARY PACKのご購入&予約はこちらから!】

amazonさんはこちらから!
遊戯王OCG デュエルモンスターズ 20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVE BOX

駿河屋さんはこちら!

新品トレカ(遊戯王)遊戯王OCGデュエルモンスターズ 20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVE[1カートン]

楽天市場からはこちらからどうぞ!

20th ANNIVERSARY PACK

 

続きを読む

【デュエマ】白緑メタリカデッキの回し方・動かし方を色々考えてみた。プレイング等【日記】

 

今回の話題は白緑メタリカについての話題です。まい。から白緑メタリカに付いて色々と調べといてーって言われたので、色々とデータを送るためにカード考察を踏まえて話したいと思います。

元々このサイトの方がデュエマ暦長いんだから頑張らないと・・・と思いつつ、メタリカって緑とあったっけ?というのが正直な感想でした。

元々デュエルマスターズでは、ジョーカーズはコンセプト的に強力な感じでしたが、白緑メタリカデッキはその中でも無色以外の噛み合いを意識しないで組める良デッキとなっている事に気づき色々と調べてみると、『大量のドロー』と『大型がでるまでの妨害を活かす』デッキとなっている印象。

 

そしてキーカードである《ジャスト・ラビリンス》なんかも普通に高騰しておらず、おいおい。これってどうなのよ?っていう話まで私の頭の中では膨れ上がっている始末でして(笑)

その中で、今回白緑メタリカデッキについて色々とまとめておく事にしました。

そもそも白緑メタリカって何?

白緑メタリカデッキとは主に、メタリカをコスト軽減してくれる《一番隊 クリスタ》などで始まり、大型クリーチャーで制圧&数で圧倒するという使い手の構築によって非常に分かれるデッキです。

 

やってる事は、相手の動きを徹底的にメタれるメタリカ(別にギャグで言ったつもりは無い)というクリーチャーで相手の動きを止めつつ、こちらはコンボカードを大量ドローが可能な《ジャスト・ラビリンス》で回しつつドンドンカードを回収したような回し方のようでして。

 

なんだ!じゃあ白緑メタリカって普通のメタビートじゃんか!

って思っている人もいますが、それは結構甘いかもしれません。と言うのも、メタリカには『デュエルマスターズでのシステムを壊すマナ加速封じ』を2・3t辺りから投入してきた為です。

■ 白緑メタリカデッキの強み 初動から《DG~裁キノ刻~》等から始まる数々のメタカードの応酬なのに速攻でコンボを決めれる点。

白緑メタリカデッキでは主に興味深い点として『最初の時点で相手の動きを封じるカード』が多い事にあります。

 

今まで、2ターン目では昨今のデュエマのデッキ上、『強い2マナで動けるカード』を出して牽制していくのですが、白緑メタリカデッキでは緑も含まれているので《デスマッチ・ビートル》というコスト踏み倒しカード等をたくさん入れれる点があります。

マナレシオ以前の問題で、普通にそれを封じてその間にクリーチャーを並べていく・・・白緑メタリカの本質はそこにあるような気がします。

 

なので初心者が握っていても『あ、このデッキにはこのカードが刺さりそう』ってカードを出せるレベルで相手を牽制してしまえるのがポイント。相手がマナ加速をするのであれば、マナ加速を封じる《DG~裁キノ刻~》を2ターン目で出しても良いし・・・っていう特徴を活かしやすい点が高評価でした。

いままでこういった二ターン目からのマナ加速封じはいままでいなかったのかというとそうではなく、《倍返し アザミ》等ちゃんといます。

しかし、多色でなく3ターン目に入る前にきっちり止めている点は、もし先行で動いた場合『相手のフェアリー・ライフすらも止めてしまう』脅威を感じますし、そもそもそんな2マナで動けるカードをポンポン入れていけるデッキが存在してしまったんですよね。

 

 

そして、2マナでこういったカードを出しておくと、相手はマナ加速に依存しているデッキだと『2・3ターン相手に渡す』事になります。

その間にこっちは、4マナで既に『勝負を決める事が出来る』ので、相手からすれば『何をしているのか分からずに勝負が決まる』事もザラっていう地獄絵図が出来上がります。2ターン目より動けるクリスタが既に弱いと感じるほどのレベルで、相手にとっては訳が分からないよ⇒そのまま相手の場に何も出来ずにクリーチャーが並んでいる⇒対策が不可能。

という回し方が出来る様になっています。

 

 

理想的な動かし方の一例ですが

2ターン目《DG~裁キノ刻~》を召喚。⇒相手はマナ加速出来ない!

3ターン目に《一番隊 クリスタ》を召喚。⇒相手は2・3マナでどちらかを除去しないと終了。

4ターン目に《ベイB ジャック》を召喚。残ったマナで色々とクリーチャーを出していき・・・大型クリーチャーで終わる。

 

なんていう事が出来てしまいます。

これはいわゆる【バッシュギヌス】に似た速度なので、いずれは規制される運命でしょうから数ヶ月を耐え抜けば問題なさそうな印象でした。そんなメタ発想でいるんですけど、やっぱり《ベイB ジャック》みたいなカードは生み出しちゃ駄目なんですよ。きっと。

■ 白緑メタリカデッキの強み その2 なぜ白緑なのか。2マナから3マナにかけて動ける有力なカード達。

さて、白緑メタリカデッキに関して緑をなぜ入れるのかと言うと、メタリカに大型クリーチャーを出させることが出来る様になったという《ベイB ジャック》。数で攻めるデッキにおいて『焼かれるメタ』を返せる《革命のD ビッグバン・フェスライブ》等のカードと相性が良いからだという事です。

 

 

 先ほどの回し方でもデスマッチ・ビードルが強いと思えたのですが、その中で数々のコメントを見るとバーナインが強い・ドロソが強いって話を良く聞きます。それらのカードを一度見てみて白緑メタリカの回し方を見ていきましょう。

 

まず、《龍装者 バーナイン》ですがこのカードの特徴はメタリカを出すだけでドロー出来ます。これと《ベイB ジャック》を合わせるとあら不思議。2マナのメタリカを出すだけでドローとクリーチャーを永続的に出し続けられます。

勿論盤面に《一番隊 クリスタ》がいれば《龍装者 バーナイン》すらも永続盤面出しの玉+ドロー追加という悪夢が出来てしまっているのが現状です。

バーナインは4マナではありますが、コスト軽減を踏まえれば3ターン目に出せます。ちょっと遅い場合も含めれば3ターン目にジャックとかを出せれば良いんですけどちょっと怖いかなぁ。

 

 

と、これであれば他のデッキでも出来そうな予感がします。

例えば青緑ムートピアとかでもいけるんじゃないか。と思ったんですよ。すると既にそういう考察はあって、結構考案されているんですが・・・圧倒的に白緑が注目されているのはそのドローソースとメタを張れる下級クリーチャーが大量にいる事です。ここで遂に『メタリカ本来の強み』がジョーカーズを上回ると確信したような気がしました。

 

まず、3マナでは《奇石 タスリク》。このカードは、純粋に相手の唱える呪文が2マナ多くなるというメタカードです。相手の呪文を遅くするほか。フリーデュエルでは多い『超次元ホール』等のメタなどを果たしてくれる超便利なカード。筆者もお気に入りの一枚です。

しかも、このカードは自分の呪文コストを多くしないので、ジャックに対してもし呪文を使う場合でもまったくもって影響が無いのです。

 

もし、《DG~裁キノ刻~》とこのカードがいれば『マナ加速できず、呪文が2コスト重い状況』を作り出す事が出来ます。まさにラスボス級の強さです。

更に呪文を規制しないという事は今回の《ジャスト・ラビリンス》と《攻守の天秤》を難なく組み込める事にもつながっています。

 

 《攻守の天秤》は、普通に見てみるとデメリットカードの要にしか見えません。自ターンに自分のクリーチャーをアンタップして何になるのかと考えてしまう効果ですが、お気づきの通り、ジャックのマナコストとして活用が出来てしまう点が見え隠れしていますね。

 

更に言えば、呪文もコストも3でありマナ回復の隙も4ターン目であったりしている点は見逃せないでしょう。

4ターン目で・・・って話を延々としている感じがしますが実際は5ターン目であっても、6ターン目であっても・・・な話。

 

こういった部分から大型に繋げられたらたまったもんじゃありません。

モアイランド一枚でもう呪文も封じられれば、相手はサレンダーするしかないって事ですね。

ただこのデッキに関して思うことは『ジャックの規制で強さが半減する』って事。つまり公式的にも猿ループがある中でループを嫌う公式が規制をかけない訳がないって話です。

しかしそれでも白緑メタリカが弱くて話にならないという訳ではありません。マナ加速を封じ、動きを止めた上での攻める姿勢を出来る様になっているので単純に強いと思えるんですよね。

が、ジャック君。君はやりすぎた

って話でしょう。という訳で白緑メタリカの回し方の話でした。このまままい。に渡しておこうと思います。

(´・ω・`)風邪大丈夫かな?

 

 

デュエマの記事に関してはこちらの日記がおすすめです。

 

hukusyunyu.hatenablog.com

 

hukusyunyu.hatenablog.com

 

 

hukusyunyu.hatenablog.com

ストラクチャーデッキR -闇黒の呪縛-収録カードの期待と、強みを今の内に考える。

今回の話題は、構築済みデッキ『ストラクチャーデッキR -闇黒の呪縛-』が発売決定っていう感じのおはなしです。

 

いやー。遂にディアボロスも強化ですね。

『ストラクチャーデッキR -闇黒の呪縛-』が、2018年3月10日に発売されることが決定したという事は深読みをするとおそらく『1・2月の新パックにて、環境においやられる不遇感』もある中での収録となります。

ただし、今までのノリで言うとストラクRは1・2月での発売となったので、今回もしかすると非常に強力なストラクチャーデッキとなる可能性があるんじゃないかとも取れる訳ですね。そんな先読みは別にいらないか(´・ω・`)

しかも強化カードは既に決まっていて、《魔王ディアボロス》のリメイクという点です。この点も踏まえた改造点は『闇属性での戦術』。収録内容も当時はそこまで固まっておらず、過去に登場した構築済みデッキ『暗闇の呪縛』をベースとし、闇属性モンスターで戦うコンセプトを施しているようですね。

新規カードが追加され現環境でも楽しめる内容にリニューアルされてるなんていう言葉はいつもの事なのでスルーするとして。

 

今後どういったカードがピックアップされるのか色々と考察していきましょう。

■ 収録カードも当時は非常に強かった?闇属性。

現在でもその強さはダークロウで思い知らされていますが、闇属性の収録カードと共に大強化が入るとの事。

元々闇属性の強化でこのストラクチャーデッキが登場した時には新規カードとして、《魔王ディアボロス》・《死王リッチーロード》・《闇王プロメティス》・《ミストデーモン》・《疫病狼》・《悪夢再び》・《サクリファイス・ソード》・《闇のデッキ破壊ウイルス》の8枚が新規で登場していました。

前ストラクチャーデッキRの収録を見ると、数種類はリメイクが確定しているので《ミストデーモン》辺りまでは強化の対象として入りそうです。

 

なんかディアボロスの眷属として数々の新規がリメイクされるのは明確なんですけど、ストラクチャーデッキにてフィールド魔法が採用されていない辺り『フィールド魔法に依存しない構築が可能なデッキ』として強化してほしい所。

しかし、何が脅威って闇属性であるワードが二つ見え隠れしているんですよねぇ。

 

ストラクチャーデッキR -闇黒の呪縛-の注目ワード ウイルス

《闇のデッキ破壊ウイルス》 《死のデッキ破壊ウイルス》 《魔のデッキ破壊ウイルス》など各種カードに関して様々なメタを晴れた有用カードたち。

 

これらが強化される可能性があります。元々ウイルスカードも弱いわけではなくて、リンク召喚により実は『闇属性を出張できるため採用』なんてパターンがありました。昨今はどうしてもスピードが遅すぎて採用がされないので『先行でセットして発動すれば即終わり』みたいなカードが出るのかもしれません。

というか今でもウイルスカードって刺さるときは刺さりますよね。サッサと全部ジーニアスを墓地に送る位の攻めをしたいと思うときが多々あるので一枚デッキに仕込んでおこうかと迷うレベルなんですけど(´・ω・`)

 

ウイルスでも対応しているカードである場合、各種ウイルスカードが注目されることが来るかもしれません。ココは要チェックです。

 

 

ストラクチャーデッキR -闇黒の呪縛-の注目ワード 悪夢再びと出張。 

そしてもう一つ怖い点があるとすれば『悪夢再び』等の回収カードがある事。コレによりアドバンテージの獲得をしやすくなるとしたら結構強そうかなぁと思っています。

元々ディアボロスの効果ってデッキトップをいじるってまさに《SPYRAL GEAR-ドローン》を意識しているんですよね。この点も踏まえるとデッキトップをいじりつつ回す面倒くさいデッキスタイルを確立するのかもしれません。

最近思うんですが、ディアボロスってストラクチャーデッキの中では最弱の部類なんですけど、効果を強化して見てみると

・リリースされない壊獣のメタ性能

・デッキトップを弄れる『相手の解答権を失わせる』

・優秀な2800打点

なんていう所はちゃんとそろっているんですよね。(´・ω・`)ここの部分を強化してくれればもしかするとワンチャンありそうです。あ、規制はいるからって『SPYRAL』と同じシステムを採用するのは無しよ? 

 

 

 

 

遊戯王OCG デュエルモンスターズ デュエリストパック レジェンドデュエリスト編2 初動相場の考察。店ごとに見える価格の変移。

 

今日は、『遊戯王OCG デュエルモンスターズ デュエリストパック -レジェンドデュエリスト編2-』の初動相場についての話題です。11月11日というポッキーの日に発売された当パックは筆者の記念となるべき3周年目の考察パックでした。

なので、まい。に『初動相場送るから見てね』と言われた言葉に敷かれつつ今回の初動相場を見ていく事にします。

 

重要な要素として初動相場は『あくまでも安定しない価格』であることを留意しなければなりません。

筆者がなぜこれを書こうと思ったのかというと、ショップにおいて各種価格の変動が大きく、ネットショップだけでは価格を図りにくいと判断したためです。

以前では筆者は駿河屋で当日購入できる遊戯王のシングルを購入する際に10個以上のサイトを経由して調べ購入を決定していましたが、こういう価格調査に関しては私も好きだという思いが強くて・・・。

 

遊戯王OCG デュエルモンスターズ デュエリストパック -レジェンドデュエリスト編2-』の初動相場 概要。

rakuten:mediaworldkaitoriworld:10175484:detail

 

そんな中で、遊戯王OCG デュエルモンスターズ デュエリストパック -レジェンドデュエリスト編2-』の初動相場は乱気流の様に荒れていました。

おそらく当たりカードとしての部類は昨今のコレクターズ系やデュエリスト系列の相場と合わせたかったとも言えます。

 

しかし、その相場でいくと今回の当たりカードのパンチはいささか弱いのです。というのも宝玉獣のカードが 《宝玉の絆》・《究極宝玉陣》と2枚スーパーレアで当たりと出ていますが、この二枚は1000円を初動で越えるショップがあったりしましたね。

 

その後に価格が700円を切るサイトが午後には登場。

デフレが激しい様に見えますが、サイバーダークの時と良い適正価格となるには若干の時間が必要なようです。遊戯王において重要なカードの価格は何時も1000円からのスタートとなる場合もありましたが『すべてのデッキに入るのか』という部分での懸念が若干強いのかもしれません。

 

 

 

 

 

ショップ側としてみれば価格が高かったのに今や紙と同じ値段のパックを何回も発売している点を見れば分かりますが、遊戯王の株としてのカード価格はドンドン下落しているのです。

 

hukusyunyu.hatenablog.com

 

と感じる今日この頃。正直久しぶりな感じなので、ステマ的なポイントとして書かずに思った事をズバッと書こうと思います。

 

 

  • 『遊戯王OCG デュエルモンスターズ デュエリストパック -レジェンドデュエリスト編2-』の初動相場 概要。
  • ■ 『デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2』の収録カードリストを0時時点での初動相場ランキングを見る。 
  • サクリファイス 3,000円
  • 究極宝玉陣 1,200円⇒600円
  • 宝玉の絆 1,100円⇒750円
  • 古代の機械超巨人 750円
  • 究極宝玉神 レインボー・オーバー・ドラゴン 600円
  • 古代の機械融合 600円
  • ミレニアム・アイズ・サクリファイス 400円
  • アームド・ドラゴン・カタパルトキャノン 300⇒200円
  • サクリファイス・フュージョン 300円
  • デスペラード・リボルバー・ドラゴン 250円
  • 究極変異態・インセクト女王 180円

 

 

 

 

続きを読む

デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2の収録カード・当たり・トップレアについて考える。

f:id:hukusyunyu:20171028103528p:plain

遊戯王OCG デュエルモンスターズ デュエリストパック -レジェンドデュエリスト編2-』の収録カード・当たり・トップレアについて考える記事です。

Amazon⇒遊戯王OCG デュエルモンスターズ デュエリストパック -レジェンドデュエリスト編2- BOX

駿河屋⇒デュエリストパック・レジェンドデュエリスト編2

楽天市場⇒デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編−2

遊戯王OCG デュエルモンスターズ デュエリストパック -レジェンドデュエリスト編2-』について収録カードリストがある程度判明し、おそらく

デュエリストパック レジェンドデュエリスト編2全収録カードフラゲ

が起きるであろうという事で収録カードに関しての考察と、買うべきかの話をしていこうと思います。

 

もともと私が最初買うべきシリーズを始めたのは3年前ですね。

こうしてみると懐かしい気分ですが、その記念すべき3年目の初パックがこの『遊戯王OCG デュエルモンスターズ デュエリストパック -レジェンドデュエリスト編2-』でした。

筆者として最初に当てた当たりカード『サウサク』の強化という面で買う価値は十分あるんですが、環境以前に今回は『ファンサービスパック』という思考が非常に強く、『環境カードに配慮しての純構築を要求する』収録となっています。

 

1枚で暴れる汎用性を持っているカードは無いものの、カテゴリー内のカードに関しては非常に強力なカードとなっているのが本当上手い強化だなぁーと。

強化カテゴリーは今回、【サクリファイス】、【昆虫族】、【機械族】、【古代の機械】、【宝玉獣】がカテゴリー的に超強化。 更に万丈目サンダーもとい、万丈目準のカテゴリーであるカードでは、【おジャマ】・【VWXYZ】・【アームド・ドラゴン】の3種類を強化。

各種デッキの混合デッキも可能という面白い構築となっています。

 

2005/10/20の発売となっていた『遊戯王デュエルモンスターズ デュエリストパック -万丈目編-』から表紙を奪って欲しかったところですけどね。でも3カテゴリーの強化はこのパックならではという所でしょう。

 

その代わり『無理やり出す事を想定したデッキを作らされる結果』となっていますけど、これに関してはロマン砲という事で笑。

大々的にハズレアと言われないことを祈るばかりです。

 

という事で長話は終わりにして、今回の収録カードを色々と見ていきましょう(´・ω・

 

  • ■ 『デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2』の収録カードリスト
  • 『デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2』ウルトラレア
  • 『デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2』スーパーレア
  • ペガサス「アイズ・サクリファイス」デッキ
  • インセクター羽蛾・・・昆虫族とパラノイド。
  •  《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》含むバンデッド・キースのリボルバーデッキ
  • 万丈目サンダーの「おジャマ&アームド・ドラゴン&VWXYZ」デッキ
  • ヨハンの「宝玉獣」デッキ
  • デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2の収録カード・当たり・トップレアについて考える。

 

 

 

 

続きを読む