読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、中古・買い物で得する生き方や、人生で1円でも得する方法や商品等をまとめてみました。楽天市場や駿河屋での通販情報、最近の趣味や娯楽などを載せています。

| TOP || 遊戯王 || デュエルマスターズ || 新商品感想&考察 || 新規カード紹介コーナー || 駿河屋 || 楽天市場 || メルカリ ||高騰情報|

このブログは、楽天と駿河屋&amazon(最近はじめました。)を満遍なく使って賢く買い物できることを書き綴っていく個人ブログです

【遊戯王 感想】コード・オブ・ザ・デュエリスト(COTD) 収録カードまとめ

コード・オブ・ザ・デュエリスト(COTD) 遊戯王 TCG

コード・オブ・ザ・デュエリスト(COTD)が2017年4月15日発売!収録カードと個人的な感想についてまとめました。

f:id:hukusyunyu:20170217133746p:plain

2017年4月15日にコード・オブ・ザ・デュエリスト(COTD)が発売!収録カードなどのまとめです。

AMAZONのコード・オブ・ザ・デュエリスト(CODE OF DUELIST)の詳細はこちら。

楽天市場のコード・オブ・ザ・デュエリスト(CODE OF DUELIST)の詳細はこちら。

駿河屋のコード・オブ・ザ・デュエリスト(CODE OF DUELIST)の詳細はこちら。

今回のコード・オブ・ザ・デュエリストでは主に遊戯王VRAINSで登場するカードに加えて新カード等が登場するという事で期待が非常に持てますね。

【公式サイトはこちら】

遊戯王OCG デュエルモンスターズ CODE OF THE DUELIST

続きを読む

【遊戯王 感想】スターターデッキ2017(ST17) 収録カードまとめ。

遊戯王 TCG

スターターデッキ2017(ST17) 収録カードと個人的な感想についてまとめました。

スターターデッキ2017

という訳で今回もいつもながら遊戯王の話題なのですが、藤木遊作のエースカードである《デコード・トーカー》を新規収録しているという「スターターデッキ2017」が2017年3月25日に発売されることになりました。

 

既に予約が色々と開始されているみたいですねー。

amazonスターターデッキ2017

駿河屋⇒スターターデッキ2017

楽天市場スターターデッキ2017

 

「リンク召喚のリンク召喚によるリンク召喚のためのスターター」

 

と言わんばかりのスターターデッキが2017年3月25日に10期最初の構築済みデッキ「スターターデッキ2017」として発売されるみたいで。

 

 

何と行っても他の召喚方法を犠牲にしている分責任は大きい!

目立つ事が嫌いでも頑張れ藤木遊作!!(笑)

 

 

新アニメ遊戯王VRAINS(ブレインズ)からのカードが多めに収録されている事や、藤木遊作が使うであろうサイバース族などなど・・・お楽しみはこれからだ!という感じの収録内容となっており、今回は非常に注目なデッキの1つ!

そんなスターターデッキ2017を今回はじっくり見ていこうと思いますよー!

 

情報が更新されるたび更新していこうと思います!!

【商品の詳細はこちら】スターターデッキ2017

amazonでスターターデッキ2017を検索してみる。

駿河屋でスターターデッキ2017を検索してみる。

楽天市場でスターターデッキ2017を検索してみる。

「スターターデッキ2017」の公式サイトと表紙が公開!《デコード・トーカー》が表紙で登場!! 

 
今回の公式サイトはかなりやる気が入っていて、リンクが繋げるという名目どおり様々なデッキが登場している内容になっています。公式サイトを見ようとしたのですが、他のサイト等ばかりで筆者も困ったので公式サイトのリンクを掲載しておく事にしました。 

遊戯王OCG デュエルモンスターズ STARTER DECK [2017]

 

最近では遊戯王の召喚方法でリンク召喚が登場した事によって様々なデッキが打撃を受けてしまいましたが・・・そんな中で新しく登場したのがこの構築済みデッキ

 

2006年以降、毎年3月に発売されている初心者向けの構築済みデッキと言えばこのスターターデッキなのですが、今回のスターターデッキ2017ではリンク召喚等の問題も増えて様々なカードが多く収録されているのが特徴。

 

そして今回なんと言っても欲しい理由がコレが無いとまずスターターデッキを持っていなけばコード・オブ・ザ・デュエリストまでEXモンスターゾーンが1枚しか使えないという最大の問題を抱えているというのがなんとも言え無い(笑)

リンクが繋げる勝利への絆! 新たな決闘デュエルを体感せよ、リンク召喚!!

【遊戯王 感想】スターターデッキ2017(ST17) 収録カードまとめ。

今回のスターターデッキでは主にこの新しく増えた厄介なフィールドEXモンスターゾーンが登場したのでプレイマットを購入するときには結構重要な部分になると思います。特にこれ縦の幅が結構大きくなった事に加えて、更に面倒・・・いや、面白くなったのですが逆に位置に関して重要になる分気ままにモンスターゾーンにカードを置くというのが出来なくなっています。

 

その点は結構大事な事ではあるのですが、それに加えてエクストラゾーンに関しての裁定などのルールブックという「スターターガイド」も封入されており初心者だけで無く上級者であっても重要なガイドブックとなるでしょう。

「スターターデッキ2017」収録カード一覧

スターターデッキ2017(ST17) の収録カードはこんな感じになっています。

  • 《デコード・トーカー》
  • 《リンク・スパイダー》
  • 《ハニーボット》
  • 《リンクスレイヤー》
  • 《ドラコネット》
  • 《ビットロン》
  • 《RAMクラウダー》

■ スターターデッキ2017(ST17) の収録内容は?どういったカードが収録される?

スターターデッキ2017(ST17) 

公式の商品情報が正式に紹介されていますが収録内容はこんな感じ。

構築済みデッキ
遊戯王オフィシャルカードゲームデュエルモンスターズ STARTERスターター DECKデッキ [2017]
構築済みデッキ(カード43枚):1個
公式ルールブック:1冊
特製デュエルフィールド(1人分)/スターターガイド:1枚
※商品の仕様は変更になる場合があります。

遊戯王OCG デュエルモンスターズ STARTER DECK [2017]

f:id:hukusyunyu:20170222012846p:plain

デッキ枚数が43枚となっていますが、現在スターターデッキ2017(ST17) では収録カードの中に《デコード・トーカー》を含むエクストラカードが3枚公開されています。他にはリンク1の《リンク・スパイダー》

そして、リンク2の《ハニーボット》ととりあえずリンク系統のカードが軒並み作れるようになっているようになっており、コード・オブ・ザ・デュエリストが来る前まではこれらのカードを使いリンク召喚するのが特徴になっています。

 

なんだかんだでこの3枚はリンクマーカーが付いている事に加えて優秀な通常モンスターを1000打点に加えられる《リンク・スパイダー》などかなり優秀なんじゃないの?というカードは結構多く非常に面白い収録なのが特徴でした。

 

新マスタールール&マスタールール4のリンクモンスターが収録されている!そしてサイバース族の姿も?!

スターターデッキ2017

 

リンクモンスターが今回は収録されているというのが中心なんですけど、今回の収録カードには新種族であるサイバース族というのが登場しています。

 

元々サイキック族などの新種族の情報は今まで数々ありましたが主人公に合わせて新種族を出してくるというのは結構大きく、新主人公の新しいテコ入れという感じがしました。また一方でサイバース族がどういったカード効果を持ってくるのかと言う問題もあり、実はかなり怖い所ではありますね。

 

また、最近ではまだまだ不遇種族もある中で更に新規種族なんて出したら・・・という怖さもあります。こういった怖さも含めて遊戯王も新しい事にトライしよう!なんていう意気込みを感じるのは結構凄い!

 

EXモンスターゾーンが実装されるデュエルフィールドが登場!

 

なんと言ってもまずは

 

特製デュエルフィールドは必須。

 f:id:hukusyunyu:20170222014648p:plain

 

コレだけの為にスターターデッキを買う羽目になるショップも多いでしょう。これだけでフィールドだけ単品でも売っているところは多そうですね。

 

スターターデッキ2017(ST17) の注目カードをご紹介!

《デコード・トーカー》・・・藤木遊作のエースモンスター!表紙を飾るのはリンク3の大型モンスターだ!!

《デコード・トーカー》

《デコード・トーカー》
リンクモンスター
闇属性/ サイバース族/ ATK 2300 LINK-3 上/左下/右下
効果モンスター2体以上
①:このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。
②:自分フィールドのカードを対象とする相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードのリンク先の自分のモンスター1体をリリースして発動できる。その発動を無効にし破壊する。

 

《デコード・トーカー》の詳細はこちらで詳しく解説&詳細を書いています。

【《デコード・トーカー》考察】「遊戯王VRAINS(ヴレインズ)」で登場するエースを考察してみた。【日記】 - 中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

 

《リンク・スパイダー》・・・レベル1の通常モンスターをそのまま効果モンスターへ変更!無駄に出来ないリンク1モンスター!

リンク・スパイダー

《リンク・スパイダー》
リンクモンスター
地属性/ サイバース族/ ATK 1000 LINK-1 下
通常モンスター1体
①:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。手札からレベル4以下の通常モンスター1体をこのカードのリンク先に特殊召喚する。

 

《ハニーボット》・・・サイバース指定の横マーカー!《ビットロン》を盤面に出して出してみよう!!

ハニーボット

《ハニーボット》
リンクモンスター
光属性/ サイバース族/ ATK 1900 LINK-2 左/右
サイバース族モンスター2体
①:このカードのリンク先のモンスターは効果の対象にならず、戦闘では破壊されない。

《リンクスレイヤー》・・・SS効果に加えてツイツイ効果!?将来有望なモンスターカード!

f:id:hukusyunyu:20170222032602p:plain

《リンクスレイヤー》
レベル5/ 地属性/ サイバース族 /
①:自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
②:1ターンに1度、手札を2枚まで捨て、捨てた数だけフィールドの魔法・罠カードを対象として発動できる。そのカードを破壊する。

 

《ドラコネット》・・・召喚に成功したらデッキからモンスターを場に出せる!

f:id:hukusyunyu:20170222040152p:plain

《ドラコネット》
レベル3/ 闇属性/ サイバース族 /
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。手札・デッキからレベル2以下の通常モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

《ビットロン》・・・サイバース族の通常モンスター!貴重なローレベルの通常モンスターなのでソッチの面でも重要かも?

ビットロン

《ビットロン》
通常モンスター

レベル2/ 地属性/ サイバース族 ATK200/ DEF2000

《RAMクラウダー》・・・モンスターをリリースしてサイバース族モンスターを特殊召喚!今後重要なカードになりそう?

f:id:hukusyunyu:20170222052303p:plain

《RAMクラウダー》
レベル4/ 光属性/ サイバース族/ ATK1800/ DEF1000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのモンスター1体をリリースし、自分の墓地のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

 

サイバー・ドラゴン

効果モンスター

星5/光属性/機械族/攻2100/守1600

(1):相手フィールドにモンスターが存在し、自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。

フォトン・スラッシャー》

特殊召喚・効果モンスター

星4/光属性/戦士族/攻2100/守 0

このカードは通常召喚できない。自分フィールドにモンスターが存在しない場合に特殊召喚できる。(1):自分フィールドにこのカード以外のモンスターが存在する場合、このカードは攻撃できない。

《イグザリオン・ユニバース》

効果モンスター

星4/闇属性/獣戦士族/攻1800/守1900

(1):このカードが守備表示モンスターに攻撃するバトルステップに発動できる。ターン終了時まで、このカードの攻撃力は400ダウンし、このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

■ 合わせて読みたい関連記事

【遊戯王】新召喚方法「リンク召喚」について。リンク召喚のルールや裁定を解説!! 

リンク召喚&リンクモンスターの裁定情報 まとめ

【遊戯王 新ルール】リンク召喚等の影響で高騰した《地盤沈下》より先に考えたい事。【日記】

遊戯王のリンク召喚(L召喚)で起きた事件・可能性を考察する。 

【遊戯王】リンク召喚(Link召喚)とリンク召喚環境で相性が良いカードについて考える

■ 関連商品

お問い合わせ・サポート | 遊戯王アーク・ファイブ オフィシャルカードゲーム

スターターデッキ2017

amazonスターターデッキ2017駿河屋⇒スターターデッキ2017

楽天市場スターターデッキ2017

【デュエマ 感想】[DMSD-01]ジョーのジョーカーズについて色々と考える【日記】

デュエルマスターズ TCG 新商品感想&考察 新規カード紹介コーナー 感想

今回の話題は、 2017/03/25に発売されるデュエルマスターズのNEWヒーローデッキ【ジョージョーカーズ】についての話題です。

 

ジョージョーカーズは、新しいデュエルマスターズの主人公が活躍するので毎年の様に登場するNEWヒーローデッキなのですが、グミのパッケージという前回のカップ麺と同じように凝ったパックになっています。こっちの方がある意味では収納的に楽ですが衝撃吸収がちょっと心配ですね(´・ω・`)

予約トレカ(デュエルマスターズ)デュエル・マスターズTCG Newヒーローデッキ ジョーのジョーカーズ [DMSD-01]

 

今回は駿河屋等で安価で売られていて、気にはなってたのですが、元々ヒーローズデッキはそもそもどうなの?というのが個人的な意見。

 

実は私もデュエマを復帰するという意味で作ったのが赤緑の【ドキバスデッキ】だったのですが、これは[DMD-29]革命スタートデッキ 勝太の疾風速攻というデッキを中心に作ったデッキで、スタートデッキでは非常に優秀なデッキを作るのに便利なパーツが入っていました。

 

また、こういったパーツ集めという意味でもジョージョーカーズはまだ謎に包まれているので今回はジョージョーカーズに入っているカードを色々と見ていこうと思います。

 【DMSD 01 ジョージョーカーズ】【DMSD 02 キラのラビリンス】についてはこちら!

デュエルマスターズ「DMSD 01 ジョーのジョーカーズ」「DMSD 02 キラのラビリンス」

【DMSD 01 ジョージョーカーズ】

⇒amazon で【DMSD 01 ジョーのジョーカーズ】を検索してみる。

⇒駿河屋で【DMSD 01 ジョーのジョーカーズ】を検索してみる。

⇒楽天市場で【DMSD 01 ジョーのジョーカーズ】を検索してみる。

 【DMSD 02 キラのラビリンス】

⇒amazon で【DMSD 02 キラのラビリンス】を検索してみる。

⇒駿河屋で【DMSD 02 キラのラビリンス】を検索してみる。

⇒楽天市場で【DMSD 02 キラのラビリンス】を検索してみる。

続きを読む

【遊戯王 予約開始】ストラクチャーデッキR-恐獣の鼓動-でついに恐竜の強化が決定!今の内に見ておきたいカードってなんだっけ?【日記】

遊戯王 TCG 新商品感想&考察

■ 2017年2月25日に、【ストラクチャーデッキR-恐獣の鼓動-】の発売が決定!?

 

遊戯王OCGデュエルモンスターズ ストラクチャーデッキR-恐獣の鼓動-(仮)

発売予定:2017年2月25日
価格:1000円(税抜き)
構築済みデッキ:40枚
特典カード(ウルトラレア仕様):1枚
特製トークン:1枚
過去の人気ストラクチャーデッキの戦術コンセプトはそのままに、現対戦環境ように再構築した「ストラクチャーデッキ」の新商品
ストラクチャーデッキ「恐竜の鼓動」をベースに、新規の強化カードを加えることで「恐竜族」の新たな動きを楽しめるデッキです!
新規カード・再録カードの収録で、エントリー層・既存層の両方に訴求できる内容となっております。
ウルトラレア仕様2種、スーパーレア仕様3種、パラレル仕様6種 *特典カード含む)

 

やったー!

 

前情報のフラゲをした人がいるらしく、ついに恐竜族の強化がきたぞー!という事で今回はちょっと喜んでいます。

 

なんだかんだで最近は【恐竜族】のラッシュが多い年でした。

 

レイジング・テンペストにて登場した《幻創のミセラサウルス》。そして、その強化パーツとして再録されたアドバンスド・トーナメントパック2016 Vol.4にて《ディノインフィニティ》などなど・・・海外の襲来で【騎兵】デッキが来たりとラッシュの連続だったんですよね。

 

ただ、コレが本当の情報か分からないのですが、ある程度画像とコンセプトが決まっているらしい。来年の2月という事で既に1月から2月にかけての商品戦略は既に決まっているように思えましたので少し楽しみに待ってみたいと思います!

 

トークンがあると言う事は何かしらトークンを生むという事。

そしてエクストラに依存しないデッキであることが伺えます

 

今の所構築済みデッキで40枚として戦うという点だけ見ていると最終的にはエクストラ無しの安価で作れるデッキという感じと共に【ジュラック】【エヴォル】を強化してくれるのでは無いでしょうか?

 

そりゃあ勿論予約もまだ出来るはず無いので、今回は安価で作れる予感を頼りにサポートカードを見ていこうと思いました。因みに私はこの時代の遊戯王あまり知らないんですよね・・・友達やってなくて。

 

 

以下今回は筆者の戯言でお送りします。

恐獣の鼓動の関連記事等を別途更新しました。

f:id:hukusyunyu:20170113195256p:plain

【遊戯王 予約開始】ストラクチャーデッキR-恐獣の鼓動-でついに恐竜の強化が決定!今の内に見ておきたいカードってなんだっけ?【日記】

新規収録の注目カードたち。

恐獣の鼓動 カテゴリーの記事一覧 

【遊戯王 効果考察】《究極伝導恐獣》(アルティメットコンダクターティラノ)について色々と考える【恐獣の鼓動日記】

【遊戯王 効果考察】《プチラノドン》考察!恐竜族の新たなリクルーター!【恐獣の鼓動 新規収録】

【遊戯王 効果考察】《ロストワールド》について色々と考える【恐獣の鼓動日記】

【遊戯王 効果考察】《魂喰いオヴィラプター》について色々と考える【日記】

 

【速報 ストラクチャーデッキの予約が開始されました!】

AMAZON遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキR 恐獣の鼓動

駿河屋⇒予約トレカ(遊戯王)遊戯王OCGデュエルモンスターズ ストラクチャーデッキR -恐獣の鼓動-

楽天市場遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキR 恐獣の鼓動

 

新規情報をまとめ次第詳細を調べていこうと思います。

現在駿河屋で予約が出来るようになっているようです。詳細は駿河屋の商品欄から調べる事が出来ます。

予約トレカ(遊戯王)遊戯王OCGデュエルモンスターズ ストラクチャーデッキR -恐獣の鼓動-

【サプライ&スリーブのご予約&購入はこちらから】

予約サプライ遊戯王OCGデュエルモンスターズ デュエリストカードプロテクター 恐獣の鼓動

 

 


遊戯王 デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキ 恐竜の鼓動

続きを読む

【新マスタールール】マスタールール4の賛否両論のご意見について回答します。【コメント返しなど】

遊戯王 TCG 日記 感想 雑談

皆さんこんにちはぶらりネットの筆者であるまい。です。

今回は多数コメントを頂いたマスタールール4及び、リンク召喚(L召喚)についての感想やご意見等を記事で申し訳ないのですが、コメントを返していこうと思います。

 

記事にするな!というご意見があればその部分だけは削除いたしますのでコメントで頂ければ幸いです。

 

 

続きを読む

【遊戯王】コード・オブ・ザ・デュエリストは買うべき?考察してみた!

コード・オブ・ザ・デュエリスト(COTD) 遊戯王 TCG 買うべき?シリーズ 評判と感想

コード・オブ・ザ・デュエリストは果たして買うべきなのか!そして箱で買うべきカードが多いのか!様々な点で考察していきます。

f:id:hukusyunyu:20170222180633p:plain

AMAZONのコード・オブ・ザ・デュエリスト(CODE OF DUELIST)の詳細はこちら。

楽天市場のコード・オブ・ザ・デュエリスト(CODE OF DUELIST)の詳細はこちら。

駿河屋のコード・オブ・ザ・デュエリスト(CODE OF DUELIST)の詳細はこちら。

 

2017年の4月25日にコード・オブ・ザ・デュエリストが発売されますが、今回のボックスは買うべきなのか・・・という点で少し色々と書いておきたいと思います。

 

今回は書くのが早いなぁと思ったのですが、既に暴れている《ミセス・レディエント》の一件に加えて【トワイライトロード】の情報など既に出ているものも多く、マスタールール4の改正もあったので、まだ断定出来る話は無いんですけど(´・ω・`)

 

今回は重要な点を考えるというよりはまい。の方にてまとめて行くのでコッチはじっくり考察を見たい人のみご覧ください。

 

続きを読む

【遊戯王 効果考察】《ミセス・レディエント》について色々と考える。

遊戯王 TCG コード・オブ・ザ・デュエリスト(COTD) 評判と感想

 

f:id:hukusyunyu:20170223134658p:plain

《ミセス・レディエント》はもう既に悪用されまくり!地属性って結局悪用出来るカードが多かったのねという話。【主に十二獣】

今回は《ミセス・レディエント》さんこと、コード・オブ・ザ・デュエリストに新規収録される《ミセス・レディエント》デッキにについての話題です。

 

《ミセス・レディエント》

リンク・効果モンスター
地属性/獣族/攻1400/LINK-2
【リンクマーカー:左下 右下】
地属性モンスター×2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
フィールドの地属性モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、
風属性モンスターの攻撃力・守備力は400ダウンする。
②:このカードが戦闘・効果で破壊された場合、
自分の墓地の地属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 

続きを読む

【遊戯王 効果考察】《戒めの龍》デッキで重要な採用したいカードって何?

遊戯王 TCG コード・オブ・ザ・デュエリスト(COTD) 【トワイライトロード】

《戒めの龍》を採用する上で重要なカード達についてまとめました!

ここでは《戒めの龍》を中心としたデッキを製作する上で重要なカードやデッキ等を紹介していこうと思います。

 

中心カードは【ライトロード】と【シラユキライロ】。等が該当しますが、その上で《戒めの竜》を組むにはどうすれば良いのか考えてみました。実際《戒めの龍》はライトロードというよりかは【トワイライトロード】という新しいカテゴリーの切り札のようなので実は結構重要な役割を持っているかも・・・?

続きを読む

【マスタールール4】リンク召喚&リンクモンスターの気になる裁定情報 まとめ

遊戯王 TCG 裁定問題 日記 感想

リンクモンスター&リンク召喚についての裁定問題についてまとめました!

 

今回の話題はリンクモンスターより増えた様々なリンク召喚及びEXモンスターゾーンについての裁定問題です。

現在リンク召喚にて、起きている事は様々な事は遊戯王界隈に衝撃が走っている事でしょうけど、それを一つずつ紹介していこうと思います。

 

この裁定が知りたかった!

 

というものがあればコメントで頂けると調べてきますのでよろしくお願いします(´・ω・`)

遊戯王お問い合わせコーナーにて質問してきます。》

遊戯王公式サイトにてルール概要がアップされました。

新マスタールールの概要 | あそびかた | 遊戯王アーク・ファイブ オフィシャルカードゲーム

www.yugioh-card.com

因みに2月20日。聞いてみようとお問い合わせコーナーに連絡したら、vジャンプ公式では売って無い時間なのでまだ無理と言われました。

しょぼーん。

  • リンクモンスター&リンク召喚についての裁定問題についてまとめました!
  • リンクモンスターの裁定情報まとめ。
    • Q リンクモンスター裁定 召喚方法は?
    • Q 正規の手段で呼び出され、その後に墓地に送られたEXデッキのモンスターをモンスターを蘇生した場合フィールドの何処に置かれますか? 
      • A そのモンスターはメインモンスターゾーンに置かれます。EXモンスターゾーンに特殊召喚する事は出来ません。
    • Q リンク数が合計以下の場合リンクモンスターはリンク召喚が行えますか?
    • Q リンクモンスターに《月の書》は発動できますか?
      • A この場合リンクモンスターに月の書等は使えないようです。如何なる場合でも裏側守備が存在しないので《月の書》の対象としてリンクモンスターを選択できないという事でした。
    • Q EXモンスターゾーンにいるモンスターに対して《強制転移》を使いました。この場合EXモンスターゾーンにいたモンスターは何処に行きますか?
    • Q リンクマーカーが魔法罠ゾーンに対して適応される場合、エクストラデッキから正規の手段で召喚されるモンスターは魔法罠ゾーンに召喚する事が出来ますか?
    • Q 《強制転移》でEXモンスターゾーンのカードが移動される場合、自分のEXモンスターゾーンに既にモンスターがいる場合どうなりますか?
    • Q リンクモンスターに《右手に盾を左手に剣を》を使用しました。この場合リンクモンスターはどうなりますか?
    • Q EXモンスターゾーンに既にモンスターが置かれている状況でシンクロ召喚を行う場合、シンクロ召喚は行えますか?
    • Q《スターダスト・ドラゴン》の効果を使い、一度墓地に送られた《スターダスト・ドラゴン》が場に戻る場合EXモンスターゾーンに行きますか?
    • Q《スターライト・ロード》を使用し《スターダスト・ドラゴン》を特殊召喚する場合EXモンスターゾーンに行きますか?
    • Q EXモンスターゾーンにいるモンスターに対して【壊獣】でリリースは出来ますか?またこの場合モンスターは何処に出されますか?
    • Q リンク召喚を行う際に墓地に送られるとありますがこの場合《マクロコスモス》が発動している場合リンク召喚は行えるのでしょうか?
    • Q リンクマーカーが下にあり、それが魔法罠ゾーンだった場合、どうなりますか?
    • Q リンク召喚する為のモンスター素材をリンクモンスターで代用する場合エクストラモンスターゾーンに置いてあるリンクモンスターのリンクマーカー先にリンク召喚する事は可能?
  • リンクモンスターの気になる裁定問題。ペンデュラムモンスター編。
    • Q ペンデュラムモンスターをリンク召喚の素材にする場合ペンデュラムモンスターは墓地に送られる?
    • Q ペンデュラムモンスターが表側表示でエクストラデッキに存在する場合、ペンデュラムモンスターはEXモンスターゾーンに行きますか?
    • ペンデュラムモンスターを魔法罠ゾーンに置いている場合、このカードは永続魔法として扱いますか?
    • Q トークンはリンクモンスターの召喚のコストに使えますか?
    • Q 気になるリンク召喚&リンク裁定《バハムート・シャーク》の効果でエクストラデッキから《餅カエル》を出す事は可能?
    • Q 《アルティマヤ・ツィオルキン》の効果でエクストラデッキからモンスターを出す場合、どうなる?
    •  
    • Q 《ヨコシマウマ》の効果でEXモンスターゾーンのモンスターゾーンを指定する事が出来ますか?
    • まとめ・・・今後遊戯王のリンク召喚等に関して注目していこうと思います!
    •  合わせて読みたい関連記事
続きを読む

【遊戯王 新ルール】リンク召喚等の影響で高騰した《地盤沈下》より先に考えたい事。【日記】

遊戯王 TCG 感想 日記

最近メタカードについての高騰か酷いというか遊戯王自体が様々な問題を起こしているのは目に見えていると思います。

 

いやそれ以上に一つ考えたい事がありまして・・・最近遊戯王で《地盤沈下》とかのゾーンを防いで出せないカードが注目されています。最近ではとある麻酔虫が人気になってしまって・・・ちがうんだ!そこじゃない!

氷結界を何とかして欲しいんだ!と心の底からは祈っているんですが。

中古遊戯王/レア/DUEL TERMINAL - クロニクル1 覚醒の章 -DTC1-JP034 : 氷結界に住む魔酔虫

 《氷結界に住む魔酔虫/Numbing Grub in the Ice Barrier》 
効果モンスター
星4/水属性/昆虫族/攻1300/守1800
このカードが召喚に成功した時、
使用していないモンスターカードゾーンを1ヵ所指定して発動する。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
指定したモンスターカードゾーンは使用できない。

 

そんな頭の中にバグスターが!って感じの私なんですが、そもそもこういったカードって今のこの環境に必須なのか?というのは真剣に考えないと駄目だなぁと思ったので考察していきたいと思います。

こういったカードは実際リンクモンスターが出るEXゾーンに関して止めるためのカードではあるのですがまだ裁定待ちな上まだまだ情報が分からない事が多いんですよね

 

(´・ω・`)特にそんなカードを入れて本当に強いのかを考えていこうと思います。うわー強かったわーという感じがしたらごめんなさい。

続きを読む

遊戯王のリンク召喚(L召喚)で起きた事件・可能性を考察する。

遊戯王 感想 日記

遊戯王のリンク召喚(L召喚)発表と解説の舞台裏で。

実はこういう事は一度語っておきたかったですが先に悲劇が起きてしまいましたね。まさに終わりの始まりとはこの事みたいな感じの終焉を迎えていますが、リンク召喚(L召喚)に関しては私は個人的に来て当然の結果だったと思っています。

ただ、最近のエクストラ依存は脅威だった一方でかけている部分が全く違うよねという怖さは感じてますけどね。

実は筆者は一応遊戯王のリンク召喚(L召喚)に関しては兼ね賛成ではあるのですが、お店等の影響があるので非常に問題視していました。

それと各種カードのシナジーも一気に変わってしまうことから遊戯王自体が一気にエクストラデッキに依存しないメインデッキでの強さも求められる時代になったという感じなのであれば個人的には問題ないという確信は得たものの、やはり様々なところではブーイングの嵐ですね。

 

なぜブーイングが起こったのでしょうか。

それは各種遊戯王のシステムに大きなメスが入ったからです。

この真意を個人的に解釈して私は遊戯王初のスタンダード環境到来と考える事にしました。勿論規制を免れるデッキも多いですが、そのデッキに関しては考え無い方向で行こうと思います。話がややこしくなるので。

 

続きを読む

【遊戯王 高騰情報】《幻銃士》がひそかな値上がり!トークン扱いはシンクロ素材と同じ?

遊戯王 TCG 高騰

現在リンク召喚(L召喚)で様々なカードが乱高下している中で実は《幻銃士》がひそかな値上がりを見せ始めています。最近では主に遊戯王でリンク召喚(L召喚)の素材として扱える可能性があるからって感じがしますけど、平均価格が現在ドンドン上昇していますねー。

中古遊戯王/デュエリストパック-ヨハン編3-DP7-JP009 [UR] : 【ランクB】幻銃士

《幻銃士/Phantom Skyblaster》 
効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1100/守 800
このカードが召喚・反転召喚に成功した時、
自分フィールド上に存在するモンスターの数まで自分フィールド上に
「銃士トークン」(悪魔族・闇・星4・攻/守500)を特殊召喚する事ができる。
また、自分のスタンバイフェイズ毎に自分フィールド上に表側表示で存在する
「銃士」と名のついたモンスター1体につき相手ライフに
300ポイントダメージを与える事ができる。
この効果を発動するターン、自分フィールド上に存在する
「銃士」と名のついたモンスターは攻撃宣言をする事ができない。

 

エクシーズの時には素材にするときに重ねる事がポイントでしたが、今回は墓地に送る=シンクロ召喚と同じ!という意味合いがあるかもと予想している人が多いということですねー。

《幻銃士》に関してはここから詳細ページへ飛ぶ事が出来ます。

駿河屋で幻銃士の販売価格について検索してみる。

Amazonで幻銃士の販売価格について検索してみる。

⇒楽天市場で幻銃士の販売価格について検索してみる。

 

 こういったエクシーズ召喚以外での選択肢が無かったカードが日の目を浴びる可能性は高いですが裁定が気になるところ。リンク召喚(L召喚)の明日はどっちだ!?

 

【デュエマ 感想】DMX-26 ファイナル・メモリアル・パック ~DS・Rev・RevF編~の収録カードが判明!当たりカードは何?

デュエルマスターズ TCG

DMX-26 ファイナル・メモリアル・パック ~DS・Rev・RevF編~

2017年2月18日にファイナルメモリアルパックの後編であるDMX-26 ファイナル・メモリアル・パック ~DS・Rev・RevF編~が発売されました。

デュエル・マスターズTCG ファイナル・メモリアル・パック ~DS・Rev・RevF編~のご予約&購入はこちらから!】 

駿河屋でデュエル・マスターズTCG ファイナル・メモリアル・パック ~DS・Rev・RevF編~ の販売価格を見てみる。

AMAZONでュエル・マスターズ DMX-26 ファイナル・メモリアル・パック ~DS・Rev・RevF編~ DP-BOXの販売価格を見てみる。

楽天市場でファイナル・メモリアル・パック ~DS・Rev・RevF編~の販売価格を見てみる。

 

今回の収録カードは、【ドギラゴン】系列のカードを始め、《超戦龍覇 モルトNEXT》の存在など様々なカードが登場しているのですが今回はそんな中で当たりカードはなんなのかという事について調べてみる事にしました。

 

続きを読む

【遊戯王 高騰情報】リンク召喚(L召喚)とリンク召喚環境で相性が良いカードについて考える【日記】

遊戯王 TCG 感想 日記 検証とまとめ 新商品感想&考察

まだまだ今回リンク召喚(Link召喚)等では筆者も困惑しているのですが、最近のデッキでは主にペンデュラム召喚やシンクロ召喚がやばいという中で結構凄い事になっている昨今ですが、今回リンク召喚(Link召喚)についてのシステム面について考察していこうと思います。

 

 

実は今の時代では特にリンク召喚が全ての遊戯王を過去にしてしまったのは言うまでも無いですし、そのせいで様々なプレイヤーが遊戯王を辞めるかもしません。

 

いや!そんな事はない!

リンク召喚は良いシステムだ!!

と筆者は頑張って言う事にしますよ(´・ω・`)つ《セイヴァー・スター》

 

という中で今回はリンク召喚に関して重要な役割を持って良そうなカードについての考察を色々としていこうと思います。

 

実際注目するだけでも色々と相性の良いカードは見えてくると思いますが完全に筆者の偏見も含まれておりますのでご了承ください。

あ、最初の画像は今の筆者の気持ちです(笑) 

続きを読む

【遊戯王】新召喚方法「リンク召喚」について。リンク召喚のルールや裁定を解説!!

遊戯王 TCG コード・オブ・ザ・デュエリスト(COTD)

f:id:hukusyunyu:20170217230637p:plain

新しく「遊戯王VRAINS(ヴレインズ)」においてリンク召喚というものが登場しました。またリンク召喚に伴ってEXモンスターカードゾーンの存在や、ペンデュラムゾーンの設置など様々な指定問題が起きている様ですね。

 

このリンク召喚というのは遊戯王VRAINSで重要な鍵を握るカードなのですが、《デコード・トーカー》が新しく鍵を握るモンスターとして登場しています。

一方で、この《デコード・トーカー》を例として紹介してはいるのですが、なんとこれ《デコード・トーカー》のイラストが若干違うんですよね・・・。

 

多分コッチはアニメの絵柄でしょうけど・・・。

f:id:hukusyunyu:20170217134947p:plain

という訳で今回はリンク召喚についてこのページでは解説していこうと思います。

続きを読む