中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

影六武衆とは!回し方を考察してみた。【遊戯王 効果考察】

影六武衆

遊戯王 【影六武衆】デッキ(かげろくぶしゅう)のカード効果・相性の良いカードや回し方&動かし方。そして、デッキレシピ等を考察しています。

今回は2017年8月11日に発売される『デッキビルドパック-スピリット・ウォリアーズ-』にて登場する「影六武衆」に関しての話題です。

元々【六武衆】というのは、戦士族を中心にしたカテゴリーですが、同時に『エクシーズやシンクロなど多芸に秀でた種族』としても優秀なバリエーションに特化したデッキを作れる点でも優秀なデッキでもあります。

真六武衆-シエン》《六武衆の影-紫炎-》等そういえば残るは融合もあるなぁと思ったらここで伏線を回収!今回はそんな融合軸で戦線を張る影武者な 「影六武衆」について色々と見ていく事にしました。

 

今後【影六武衆】(かげろくぶしゅう)のカード効果や相性の良いカード。回し方&動かし方。そして、デッキレシピ等を更新していきますので、アドバイス等あればまたよろしくお願いします。

(´・ω・`)でも六武衆かぁ。懐かしいなぁ。昔結構暴れてたので覚えてるぞー。

続きを読む

パーシアスの神域について色々と考察!マアトと、パーシアスデッキの生命線となるか。

今回は、パーシアスの神域についての効果と効果考察。および相性がいいカードに関しての紹介をしていこうと思います。

このカードは、『STRUCTURE DECK R -神光の波動-』の収録カードであり、2017年9月23日(土)に発売されるようです。

 

そんな中で面白い様に強化がされたのですが、結構アドバンテージを取れる追加効果を多く持っているので注目している事にします。という訳で今回は久しぶりの影武者が、グダグダと考察していきますよ。

  

《パーシアスの神域》テキストと効果。

《パーシアスの神域》
永続魔法
①:このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「天空の聖域」として扱う。
②:このカードが、魔法&罠ゾーンに存在する限り、フィールドの天使族モンスターの攻撃力・守備力は300アップし、フィールドにセットされた魔法・罠カードは効果の対象にならず、効果では破壊されない。
③:1ターンに1度、自分の墓地の天使族モンスター及びカウンター罠カードの中から、合計3枚を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。そのカードを好きな順番でデッキの上に戻す。

 

 

今回のパーシアスデッキの中枢となるのは『パーシアス』自身の効果ではなく、『パーミッション』を活かす事。それ故に、罠カードに関して魔法罠で防ぐと言った手段等を考えるのが既存のパーミデッキの醍醐味だった気がします。

 

筆者のパーミッションデッキでは、【ドラグニティパーミ】や、【賄賂剣闘】の様に『必ず魔法罠の破壊を防ぐ』カードを投入していました。それは単純に《スターダスト・ドラゴン》でフィールドを守ったり、《魔宮の賄賂》で魔法罠のカードを破壊されない事を前提としなければならなかった為でした。

という弱点を今回、《パーシアスの神域》では永続魔法として『フィールドにセットされた魔法・罠カードは効果の対象にならず、効果では破壊されない。』という効果を持っているようですね。

 

セットされた魔法罠の破壊を防ぎ、対象に取らせない効果は強力。

効果の対象にならず、破壊されないという効果は強力です。

例えば、ハーピィの羽根帚》や《コズミック・サイクロン》等の複数破壊や、対象を取る除外すらも効かないので、必然的にカウンター罠を見越しての展開を強要させる事となります。

 

また、普通に殴ろうとも、このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、フィールドの天使族モンスターの攻撃力・守備力は300アップしている状態なので、何かしら下級モンスターとの殴り合いであったとしても確実に戦闘では勝てます。

 

そもそも『相手が大型を出してきて除去しようとするならカウンター罠を使えば良い』という極論すらも出せますので、かなり安定性が出てきたと言っても良いでしょう。

まず、パーシアスの聖域を破壊しなければならず、その為に《ハーピィの羽根帚》や《コズミック・サイクロン》を使わせられたのであれば、役割は十分果たしているのではないか?とも思います。

 

パーシアスデッキとしても、墓地でも聖域として扱う効果が便利すぎる。

さて、このカードの利点はもう一つあり、このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「天空の聖域」として扱うという効果を持っている事です。

 

コレにより、フィールド魔法以上に依存しなくても常時効果を発揮できるので『おろかな副葬』が実際《テラ・フォーミング》となって活躍してくれるようになったと思っています。今後は永続魔法が墓地で効果を発揮する事が多くなってくるでしょうから、

このカードの価値は一気に上がってくるでしょう。

おろかな副葬』の効果はこんな感じ。

 

私は今のうちに、おろかな副葬だけは持っておこうかなと思っています。

 

 

■ デッキの上に戻す効果を悪用してマアトを活かせるのか。

rakuten:mediaworldkaitoriworld:10011392:detail

 

さて、毎回私が書くと紹介するネタカードコーナー。今回は《マアト》を紹介しておきたいと思います。こういったデッキトップを弄れるカードの登場は、このカードを活かせる!と思っていまして(笑)

 《マアト》の効果テキストはこちら。

《マアト/Ma’at》 
効果モンスター
星10/光属性/天使族/攻 ?/守 ?
このカードは通常召喚できない。
自分フィールド上に表側表示で存在するドラゴン族・光属性モンスター1体と、
天使族・光属性モンスター1体を墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
1ターンに1度、カード名を3つ宣言して発動できる。
自分のデッキの上からカードを3枚めくり、宣言したカードは手札に加える。
それ以外のめくったカードは全て墓地へ送る。
このカードの攻撃力・守備力は、この効果で手札に加えたカードの数×1000ポイントになる。

 

天使族を墓地に送る事が出来るので、先に《イーバ》の効果を使えばなんとかなるのかは分からない・・・のですが、デッキトップを操作し、一気にカウンター罠を手札に加えることが出来ます。

・・・そうです。手札に加えているんですよね。これ。

 

つまり聖域を守りつつ、毎ターン4枚ドロー。そして、《マアト》の攻撃力になるっていうロマンデッキが完成します。

こういったデッキトップ操作は本当に収録されて嬉しかったです。

今後もこういったカードが出る事を祈りますが、問題は光属性のドラゴン族をどうするのかという面を考えていきたいですね。

 

という訳で今回は、パーシアスの聖域の考察を一部だけですが書いてみる事にしました。まだ新規カードでの考察が済んでいなかったりしますが、また時間がある内に色々と考察したいですね。

それではノシ

 

今回のおすすめカード。

おろかな副葬

主にパーシアスの聖域を墓地に送って、効果を確実に発揮させます。

しかし、現状ではパーシアスデッキ以外ではそこまで使う理由も無いかな?また聖域の効果に合わせてデッキトップを操作し、マアトで確実に引くという事も可能。 

このカードの価格を見てみる⇒おろかな副葬

 《マアト

個人的に使いたいカードの1枚。手札に加えているのでドローも出来る便利屋。そして、カウンター罠を引きつつ3000打点は結構恐ろしいかなぁと。

このカードの価格を見てみる⇒ 《マアト

 


遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキR 神光の波動

~今回のおすすめポイント~

モンスター効果・魔法・罠カードの発動を無効にしながら「パーシアス」を展開するカウンター罠をはじめ、天使族をサポートするカードが多数収録!

遊戯王のインフレは売り上げに直結するのだろうか。【日記】

 

『2016年に販売したカテゴリーを全て規制すれば、面白い環境になる。』

という話が少し飛び交い、少し納得してしまったので日記として書いておく事にしました。

 

正式には2016年度から、マスタールールの変更までのデッキという感じでしょうか。

 

私も納得してしまった理由として、実は昨今のマスタールールの改正よりも『10期のデッキの殆どが活躍していない事』が非常に問題な気がするんですよね。

まず、デッキタイプに関してなのですが・・・。

 
恐竜真竜竜星・・・主に2016年のボウテンコウ&2017年度のジンクス。
魔導真竜召喚獣・・・召喚獣が2016年度発売
ABC・・・2016年度6月のストラクチャー
恐竜竜星・・・殆ど一緒。
命削り真竜・・・同じく一緒。
真竜召喚獣・・・2016以降がメイン
メタルセフィラ真竜・・・メタルフォーゼが2016年
魔導壊獣召喚獣・・・壊獣が2016年。
トリックスター・・・唯一?
インフェルノイド・・・2014年度なのでコレも例外。

わたしの個人的な主観とランキング参照。

 

と、昨今の優秀なデッキに関しては、全てと言って言いレベルで2016年度のデッキが上位に食い込んでいます。

いや、悪いとは言いません。

が、5年以上遊戯王を追っていて、今回の遊戯王商品の流れは少し疑問を感じています。明らかにインフレに持ってこようとしていないのです。

 

普通であれば6月のストラクチャーで、一強の時代に移るというのが定番だったのが、今年はそこまでサイバースが猛威を振るっておらず、何か今までの遊戯王とは違うなぁという印象を受けています。

 

 

例えば、コード・オブ・ザ・デュエリストでは【トリックスター】が非常に強力で、大会出場でもよく見かけるデッキでした。

その一方そこから常連という感じのデッキがあまり見られず、カテゴリー的に中堅辺りで止まっているデッキが多いような気も。遊戯王って価格=強さという印象がありますから、新規で何かしら高騰しているカテゴリーが少ないっていうのは非常に興味深い事なんですよね。

 

例を挙げればメタイオン。このカードも再録されなかったから高騰っていう今までのカードの方が価値が上がるという自体に衝撃を受けています。

 

 

そんな遊戯王ですが、『新規カテゴリー』が注目され、このデッキが環境入り!っ思っているというのは、去年よりもブロガーさんが増えて紹介する人が増えた事が影響していると思っていたり。

良く考えると、驚異的なデッキはそこまで登場していない訳です。

遊戯王のマスタールール変更前のジンクスとしては、『1月か、最初に発売されたデッキが世界大会を制すというもの』があり、これもまた例外ではない様子。

 

 

逆に某店長のいう通り、遊戯王の売り上げが低迷しているとしたら、ただ単純に『インフレが起きていないから』という裏返しだと思っています。

個人的には好印象で、遊戯王プレーヤーにとって一強にならない事って個人的には結構いい環境だなーと。ただ手札誘発が無ければいけないことや、結局は恐竜と【真竜】など『2017年も竜に踊らされるカードゲーム』という面は抜け出せていませんね・・・。

 

■ 現在の上位カードの規制は2017年10月?に一斉に行なわれる。

昨今の遊戯王は、インフレを起こさない様に今までの1強というバランスを崩すカードに関しては非常に強く規制を行なってる気がします。

例えば、『真竜剣皇マスターP』の規制。

普通であれば半年以上経っていなければ制限にならない印象がありましたが、夏に入る前に規制され『【真竜】の出張時代』を早期で終わらせる結果となっています。

一方、RATE(レイジング・テンペスト)に関して登場した十二獣の完全封殺を行なった例や、公式自ら『箱で買う意味を失わせる規制』をしている面は結構驚きでした。

レイジング・テンペスト

 

という面もありましたが、遊戯王は世界大会が終わったので、これで現環境に関しての規制を一斉に行なう筈です。

 

恐竜デッキ等の規制は勿論、【真竜皇】の制限は今回免れなさそうなのですが、ここで一つ怖い問題があって、

9月に『サブテラー』含む海外の新規がやってくるんですが、『彼らに関してはノーマーク』だという事。

 

例えば、現在でも「スパイラル」デッキは非常に注目されていて、各種環境デッキに対しても、『1ターンに一回という制限が無い』9期最大のインフレ期に登場したカテゴリーが遊戯王を荒らさない訳がないんですよ。

可能性があるとすれば「来日前に、規制する」というスタンスで、《輪廻天狗》がそれに当たりますが、恐らくやらないだろうなぁ・・・と。

多分コナミさんは今回売り上げが低迷しているとしたら、この「エクストラパック2017」で勝負に決めてくるだろうなぁと思っています。売り上げ低迷の理由は、マスタールールの影響なのか。それともインフレを求めている中なのか。

今年の秋は楽しみですね(´・ω・`)

 

 

rakuten:mediaworldkaitoriworld:10171873:detail

rakuten:mediaworldkaitoriworld:10171874:detail

 

 

 

 

【魔弾 優勝】魔弾デッキ当日優勝!回し方とデッキ構築はどんな感じ?

魔弾の優勝デッキ&構築。そして、デッキ構築と、何を買えば良いのかなーというのを考察する日記です。

デッキビルドパック スピリット・ウォリアーズの収録カード・カテゴリーに魔弾デッキが登場していましたが、当日に様々な魔弾デッキが優勝するという結果になりました。

 

その中で、ツイッターを色々と見ていってどういった魔弾デッキの構築になっていたのか気になったので、今回は優勝・入賞している魔弾デッキについて色々と調べてみようと思ったのでした!

(´・ω・`)やっぱ、強いよねー。魔弾。おめでとうございます!

続きを読む

真六武衆-カゲキ高騰&値上がり!しかし、他のカードが安価になったから・・・【プチ日記】

六武衆関連カードの高騰情報です。今回【影六武衆】の採用が多かったこと。そして、六武衆の収録に入っていなかった事から価格が結構値上がりしているっぽいようでした。

ですが、他のカードが安価になっているので、実はそこまで組めなくも無く、更に言えば『非常に安くなったあのカード』の存在のお陰でそこまで重要視されていないようですね・・・。

続きを読む