中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

ロイドデッキとビークロイドデッキを紹介!相性の良いカード等【遊戯王 効果考察】

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

【サーキット・ブレイク(CIBR)】の収録カードの価格・既存のカード等をチェック!

新規カテゴリー。

ヴァレット】【オルターガイスト】【クローラー】【メタファイズ

既存カテゴリーの強化。

トリックスター】【剛鬼】【星遺物】【水精鱗】【炎王】【幻獣機】 

 

【最新カテゴリーの価格を見てみる】

⇒【サブテラー】

⇒【SPIRAL】

⇒【ヴェンデッド】

⇒【 F.A.】

ロイドデッキ

【ロイド】&【ビークロイド】デッキとは。カード効果・相性の良いカード・デッキレシピを紹介!

2017年6月3日『デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-』より新しく【ビークロイド】デッキに新規カードが登場する事となりました。

ロイドデッキとは元々《スーパービークロイド-ジャンボドリル》や《極戦機王ヴァルバロイド》 等のがありましたが『デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-』の登場により一気にカテゴリーとしての強化を受けた感じでした。

 

 

また名前的なノリで言うと、ロイドというだけあって《ダークジェロイド》や《SR(スピードロイド)》という中々に名称の恩恵も得れるカテゴリーが多いのも特徴の1つ。

 

というわけで今回は【ロイド】&【ビークロイド】の考察とデッキ製作で重要なカード等を色々と見ていこうと思います!

■ ビークロイドってどんなデッキ?

f:id:hukusyunyu:20170531084142p:plain

働く車の時代は近未来都市へ!ロイドと共に大型融合を決めろ!

【ロイド】&【ビークロイド】デッキデッキを簡易的に説明すると?

メガロイド都市が登場して、戦闘面で優秀に立てる様に!

【SR(スピードロイド)】等のロイドの恩恵を受けるカードのおかげで強化も多い。

・大型を出しやすいデッキへと進化!そしてEXモンスターゾーンを移動する大型はマスタールールも対応!

 

【ロイド】デッキは主に機械族を中心にした車や乗り物をモチーフにしたモンスターとロボットをメインにした大型ロイドを中心にしている【ビークロイド】の2つを中心に登場しています。

 

一応名称的には【ロイド】が正しいのかは分からないのですが・・・様々な混合デッキの登場が予想されるのでロイドデッキという事で考えてみようかなぁと思いました。

というのも現在のロイドデッキは意図的にデッキレシピを作り変えたとしても出張で様々なカードが入ってしまう為ですね。

【SR(スピードロイド)】を投入し、一気に盤面を揃える!

今回のロイドデッキの大きな特徴は、SRなどの『ロイドと名前の付いたカードを使う事』を余儀なくされている点です。

 

皮肉な事ですが今回の新規カードの効果にて風属性以外のというテキストが追加されている通り、【SR】を中心にした採用すら考えなければならないという問題を抱えているんですよね(´・ω・`)

勿論これは悪いとは言いません。

しかし、『デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-』のコンセプトである『伝説のデュエリスト』という面でSRを入れる事を強いられているのはどうなのか・・・という面には触れておこうと思います。(勿論ユーゴが伝説になれば問題ない。伝説って?)

しかし、その分【SR(スピードロイド)】に関しては非常に相性が良く相性は抜群。そのまま【SR(スピードロイド)】主体で戦うのも良いのですが・・・個人的にはこの効果に合わせて一気に墓地を肥やして攻めていきたいところ。

 

特にロイドモンスターの中心は墓地のカードを2枚も回収できる《エクスプレスロイド》等強いカテゴリーにも入っていないほどのオーバースペックが組み込まれている事がこのデッキの可能性を感じさせる部分でもありますね。

■ メタファイズデッキのエースを紹介!

《スーパービークロイド-モビルベース》 

融合・効果モンスター
星10/地属性/機械族/攻 0/守5000
「ロイド」融合モンスター+「ロイド」モンスター
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力以下の攻撃力を持つ「ロイド」モンスター1体を
デッキ・EXデッキから特殊召喚する。
(2):自分・相手のエンドフェイズにこのカード以外の
自分のメインモンスターゾーンの「ロイド」モンスター1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターを持ち主の手札に戻し、
このカードの位置をそのモンスターゾーンに移動する。

収録パック・・・『デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編』

【カード概要&効果考察】

重要度・・・☆★★★★

スーパービークロイド-モビルベースの効果考察。何をするカード?

地属性・機械族の融合モンスターで今回のマスタールールの変更に伴った上で重要なEXモンスターゾーンを移動するというのをコンセプトにしている大型モンスターです。

 

先行で暴れる事が無い様に、相手モンスターの攻撃力以下のロイドモンスターをメインデッキ・エクストラデッキから特殊召喚する効果も結構便利でランク10も作りやすい作りになっています。

自分のメインモンスターゾーンのロイドを手札に戻す事でカードの位置を移動する効果を持つ点は【SR(スピードロイド)】のカードを手札に戻したり、ロイドのカードを手札に戻すことで召喚時効果を再利用するなど活用方法は結構多い印象。

 

《ファイアウォール・ドラゴン》を中心にしたループ展開も多くあり非常に興味深い動きが出来るかもしれません。今回の注目候補の1つです。

 

え?一つしかないからって?(´・ω・`)・・・。撤収!(笑)

《スーパービークロイド-ステルス・ユニオン/Super Vehicroid - Stealth Union》

融合・効果モンスター
星9/地属性/機械族/攻3600/守3000 
「トラックロイド」+「エクスプレスロイド」+「ドリルロイド」+「ステルスロイド」
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に
フィールド上に存在する機械族以外のモンスター1体を選択し、
装備カード扱いとしてこのカードに装備する事ができる。
この効果によってモンスターを装備している場合、
相手フィールド上の全てのモンスターに1回ずつ攻撃をする事ができる。
このカードが攻撃をする場合、このカードの元々の攻撃力は半分になる。
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が越えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。

収録パック・・・「GLADIATOR’S ASSAULT

【カード概要&効果考察】

重要度・・・☆☆☆★★

《スーパービークロイド-ステルス・ユニオン》の効果考察。何をするカード?

 「トラックロイド」+「エクスプレスロイド」+「ドリルロイド」+「ステルスロイド」という厳しい召喚条件であり、現在では非常に召喚しづらいモンスターの1枚になっています。

今回の大型モンスターで採用したい1枚ではあるのですが彼らを使うにはちょっと大変そうな印象です。ただし出せれば装備カードとしてコントロールを奪える大型なのでその点はちょっと期待していたり。

一方で順構築のロイドデッキでは採用される価値のあるカードは多く、新規で登場しメガロイド都市によって急激に活用方法が増えました。打点アップに因んでカードを肥やしていって召喚するのが主な戦い方になりそうです。

■ 【ロイド】デッキのカード一覧。採用できる優秀カードとは。

《メガロイド都市》 

フィールド魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を使用するターン、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(1):このカード以外の自分フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、デッキから「ロイド」カード1枚を手札に加える。
(2):自分の「ロイド」モンスターが戦闘を行うダメージ計算時に、デッキから「ロイド」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
その戦闘を行う自分のモンスターはそのダメージ計算時のみ、元々の攻撃力と元々の守備力が入れ替わる。

【カード概要&効果考察】

重要度・・・★★★★★

《メガロイド都市》の効果考察。何をするカード?

  1. ・それぞれ1ターンに1度しか使用できず、発動ターン自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない制約はあるけど優秀な効果が多い!
  2. ・このカード以外の自分フィールドのカード1枚を対象として破壊し、デッキから「ロイド」カード1枚を手札に加える事が出来る!
  3. ・自分の「ロイド」モンスターが戦闘を行うダメージ計算時に、デッキから「ロイド」モンスター1体を墓地へ送ってそのダメージ計算時のみ、元々の攻撃力と元々の守備力が入れ替わる。

今回のロイドデッキにて重要な効果を持っているカードの1枚。特に便利なのがロイドデッキとの『墓地肥やしを出来るメイン採用カード』という立ち位置なのが結構便利になっています。なんだかんだで今回のロイドデッキは墓地肥やしがポイントとなっている以上確実にモンスターを肥やして《ミキサーロイド》の種にしていくのが最優先事項。

故に今回は中心として重要度最大の5という事で選ぶ事としました。

《ミキサーロイド》

 《ミキサーロイド》 
効果モンスター
星4/風属性/機械族/攻 0/守2200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの機械族モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから風属性以外の「ロイド」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):LPを半分払い、自分の墓地からこのカードを含む
機械族モンスターを任意の数だけ除外して発動できる。
除外したモンスターの数と同じレベルの「ロイド」融合モンスター1体を
EXデッキから召喚条件を無視して特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

収録パック・・・『デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編』

【カード概要&効果考察】

重要度・・・★★★★★

《ミキサーロイド》の効果考察。何をするカード?

デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-で登場した待望の新規ロイドモンスターです。風属性・機械族の下級モンスターで【SR(スピードロイド)】を想像してしまいますが、一方でモンスターを召喚する際にモンスターを入れ替えたり出来るので出来る限り3枚は持っておきたいカードと言えるでしょう。

主に《キューキューロイド》を出して展開。そして《エクスプレスロイド》を出して回収と様々な展開に応じて攻める事が出来ます。


また、ライフを半分払い自身を含む墓地の機械族を除外することで、除外した数と同じレベルのロイド融合モンスターを召喚条件を無視して特殊召喚出来るんですが・・・レベル分という部分がかなりきつい感じ。

なのでこの場合未来融合等で一気に墓地を肥やす等の工夫が必須になりそうかな(´・ω・`)あ、風属性は出せないのでSRは別で展開するようになってました。注意。

《キューキューロイド》

キューキューロイド

効果モンスター
星3/地属性/機械族/攻 300/守1200
「ロイド」と名のついたモンスターが自分の墓地から手札に加わった時、
そのモンスターを特殊召喚する事ができる。

【カード概要&効果考察】

重要度・・・☆★★★★

《キューキューロイド》の効果考察。何をするカード?

 主に《エクスプレスロイド》とコンボを組む為に登場したカードで、墓地から手札に加わればその分モンスターを場に出すことが出来ます。ロイドと名前の付いたモンスターで良いので【SR(スピードロイド)】のモンスターでも良いですし、汎用性に長けているのでこの場合《ミキサーロイド》からの特殊召喚から動くのがポイントとなりそうです。

 

ちなみに墓地から手札に回収できるのは《エクスプレスロイド》の他に、《スピードリバース》等のカードがあります。これらを使ってロイドを特殊召喚して攻めていきましょう!

《エクスプレスロイド》

中古遊戯王/GLADIATOR’S ASSAULTGLAS-JP016 [R] : エクスプレスロイド

《エクスプレスロイド/Expressroid》 
効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻 400/守1600
(1):このカードの召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、
「エクスプレスロイド」以外の
自分の墓地の「ロイド」モンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

【カード概要&効果考察】

重要度・・・☆★★★★

《エクスプレスロイド》の効果考察。何をするカード?

先ほどの《キューキューロイド》からの展開に重要な必須カードとなっています。

元々【SR(スピードロイド)】が登場した際に有名になった回収カードですが、今回はちゃんとメインでの採用となりそうです。

そもそもロイドデッキでは重要な回収カードである事もあり重要度は高いのですが戦闘面に弱くこのカードをエクシーズか何かに活かすことが最優先という感じに仕上がっているのがポイントですね。

《トラックロイド》

中古遊戯王/GLADIATOR’S ASSAULTGLAS-JP014 [R] : トラックロイド

《トラックロイド/Truckroid》
効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1000/守2000
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、
破壊したモンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
このカードの攻撃力は、装備したモンスターカードの攻撃力分だけアップする。

【カード概要&効果考察】

重要度・・・☆☆★★★

《トラックロイド/Truckroid》の効果考察。何をするカード?

 優先度は下がってしまうのですが、戦闘で破壊すれば相手のモンスターを奪って打点分上げる事が出来る珍しいカードです。今回のフィールド魔法も含めて今回のカードは全て『戦闘特化にしても強い』カードが増えているので非常に便利な戦闘キラーとなりました。

 

個人的にはコントロール奪取のメインデッキを組もうかなぁと思っていてこのカードは奇襲的な意味で役に立ちそうです。

(´・ω・`)↓ここら辺を採用したいですねー。

ちなみに今回『デュエリストパック レジェンドデュエリスト編 』で再録された《アーマロイドガイデンゴー》を墓地に送れば打点は2700。

これに合わせて相手のモンスターを装備すれば攻撃力は3000を超える事も難しくありません。ネタというより専用構築で戦いたいカードと言えるでしょう。

《アーマロイドガイデンゴー》

《アーマロイドガイデンゴー/Armoroid》 
効果モンスター
星8/地属性/機械族/攻2700/守2000
(1):「ロイド」モンスターをリリースしてこのカードがアドバンス召喚に成功した場合に発動する。
フィールドの魔法・罠カードを全て除外する。

【カード概要&効果考察】

重要度・・・☆★★★★

《アーマロイドガイデンゴー》の効果考察。何をするカード?

 ロイドデッキの中心となる上に重要なカードになるのですが、今回のポイントは《メガロイド都市》のコストとして墓地に送ると打点が一緒になるのでロイドの攻撃力を上げる部分として採用する役割。

そしてリリースコストが通れば盤面に除外の大嵐と非常に強力な除去効果を持っているカードです。

 

昨今では【SR(スピードロイド)】でのモンスター展開を持っている他、メインデッキで出せる大型と個人的には好きなイラストである点も合わせて重要度は高いと判断!(笑)

地味にvジャンプの特典という部分が中々面白い点になりそうです。

 

現在登場しているロイド&ビークロイド達《後に更新する予定です。wikiに飛びます。》

■ 【ロイド】&【ビークロイド】デッキで相性の良いカードとは。

今回のロイドデッキの大きなポイントは墓地肥やしに含めて戦闘補助。そして【SR(スピードロイド)】などの名称カードの多くをポイントとしたものが採用されている傾向にあります。

故に遊戯王のデッキ採用率を見てみると【SR(スピードロイド)】の採用率は多かったので少しずつ説明していきますね(´・ω・`)

■ 【ロイド】&【ビークロイド】デッキで相性の良いカード・・・汎用カード編

【SR(スピードロイド)】カテゴリー達。

重要度・・・★★★★★

基本的に今回のロイドデッキで速さを求めるのであればこの【SR(スピードロイド)】を採用するのが主なポイントとなります。

主に展開出来るベイゴマックスは採用されがちですが、ロイドデッキはその《》を回収できる強みがあり相性が良いカードとして考える事にしました。大型にロイドカードでもこのベイゴマックスを手札に戻すことが出来る事があるのでモンスターが倒れても問題なし!

価格等も安価なのでおすすめです(´・ω・`)

↓このカードの価格を見てみる。

⇒《SRベイゴマックス
⇒《SRタケトンボーグ

⇒《SRダブルヨーヨー
⇒《SRメンコート
⇒《SR三つ目のダイス
⇒《SR赤目のダイス

 《スピードリバース/Speed Recovery》

中古遊戯王/スーパーレア/ブースターSP ハイスピード・ライダーズSPHR-JP011 [SR] : スピードリバース

《スピードリバース/Speed Recovery》 
通常魔法
(1):自分の墓地の「スピードロイド」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地の「スピードロイド」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

【カード概要&効果考察】

重要度・・・☆★★★★

スピードロイドのカードを回収できるのですが、このカードのポイントは『【SR(スピードロイド)】を回収しつつ《キューキューロイド》で出す』事。結構器用なカードになっています。

ロイドデッキでは事故要因になってしまいがちなのですが、アドバンテージ的に損失は無く、墓地からの蘇生も行なえるので採用して問題ないカードでしょう。

《機械複製術》

【カード概要&効果考察】

重要度・・・☆☆★★★

《ミキサーロイド》等の展開も含めてですが、低攻撃力を活かしたカードを多く採用する場合ではこのカードは結構便利です。

《サイバードラゴン》&《未来融合-フューチャー・フュージョン》

【カード概要&効果考察】

重要度・・・☆☆☆★★

【ビークロイド】と合わせやすいデッキ集

何度も言うけどとばっちり!【SR(スピードロイド)】採用【Sロイドデッキ】コース!

カイザー亮との夢の競演!サイバーを入れて墓地肥やし【サイバー・ロイド】コース!

デュエリストパック レジェンドデュエリスト編(DP18)の購入はこちら!


遊戯王OCG デュエルモンスターズ デュエリストパック -レジェンドデュエリスト編- BOX

⇒AMAZONでデュエリストパック レジェンドデュエリスト編を探す

⇒駿河屋でデュエリストパック レジェンドデュエリスト編を探す

⇒楽天市場でデュエリストパック レジェンドデュエリスト編を探す