中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

【面白い&感動】デュエルマスターズの新パックが誰が見てもネタカード・コラボばかりでお祭りになっていた。その1

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

【サーキット・ブレイク(CIBR)】の収録カードの価格・既存のカード等をチェック!

新規カテゴリー。

ヴァレット】【オルターガイスト】【クローラー】【メタファイズ

既存カテゴリーの強化。

トリックスター】【剛鬼】【星遺物】【水精鱗】【炎王】【幻獣機】 

 

今朝からかなり笑ってしまった。ちくしょう!!

 

今回は何故か目に入ってしまったデュエルマスターズの収録パックのカードたちです。

 

何故かこのパックにはグループと言う分け方があるらしく、そのわけ方のBのほうにはものすごく予算がどれくらいかかってるんだ!!??ってレベルの個性とオリジナル満載のパックになっているんです。これは一見する価値ありだなぁと思って見たカードから順に書いていこうと思いました。

 

ちなみに筆者のお気に入りは寝転ぶ猫 ニャンニャンです(猫派なので)

 

 ■ 回のデュエマのパックは神パックだと思う。

なぜ神パックなのか。それは中身を見たら誰だって思うだろうというよりネタとして普通に面白かったためです。昔に寒いネーミングセンスで有名になったデュエルマスターズですが、一方で今回のパックは有名漫画家や新規書き下ろしなど結構ちゃんとしているネタに走っている点がかなり面白かったためからですよ!といいつつも若干やりすぎな気もするんですがこれ位でいいでしょう笑

 

実際最近のカードゲームは一部のこだわりやデザイナーズデッキという区分では様々な工夫が見られますがこのレベルでのデザインに凝ったのは初なのではないか?

と言うほど私自ら出したいほどで、こういったカードは今後他のTCGも見習ってほしいなぁと思いました。というわけで早速見ていきましょう!!

(私復帰贅というかたまに見る勢なのでそこまでネタに反応できませんイラスト見て反応しようと思います。また、目次でそのカードまで飛べるようにしたのでパソコンから見るほうがもしかしたら良いのかもしれません。ごめんなさい。)

目次

 

・激熱 カ・レーパン 

 

なんかカレーパンはあのアニメで出てきたやつかな?がイラストになって登場してました、カレーパンデッキを組むとブレイク数が一個増えると言う事であのアルティメットドラゴンの様に使えたらいいですね。コスト3なのでもし2枚握ってたら両方wブレイカーになるとか?


・超法無敵宇宙合金武闘鼓笛魔槍絶頂百仙閻魔神拳銃極太陽友情暴剣R・M・G チーム・エグザイル~カツドンと仲間たち~  ・・・ 長い名前がミソの超カード

名前長い!!!というか縦軸のほうまで名前が入ってる!!と思えたネタ。

というか長文としてネタになる1枚。コスト無限なので大丈夫なのか?と思ったんですが、エグザイルと言う点で場に出せるという利点と、エグザイル特有の1体しか出せない条件を無視し尚且つもう一体を場に出せるという良いカード?でした。

 

元々は、のジョークカードで、《Our Market Research Shows That Players Like Really Long Card Names So We Made this Card to Have the Absolute Longest Card Name Ever Elemental》という名前のカードがあるんですがその名前の理由になっているものでしょう。

 

 


・一極 マウチュ・・・(穴久保幸作)

おっかしいなぁ。なんかピカチュウとピッピに見えるような・・・?アウトー!!

見てのとおりあのネズミですね笑ギエピーのピッピを書いていた作者さんのイラストです。まだ続いてたのかぁ・・・。

このマウチュ自体は極まる侵略 G.O.D.などに対応しているので、そういったデッキには採用されても良いのかもしれません。結構久しぶりに見るとGODデッキ良いなぁ。次のターンドルバロムで終わる未来しか見えないけど(笑)

 


・アクアン・・・ (2000万デュ円)

うわぁ、金のにおいがプンプンする・・・。というかこのデュエマ銀行券は一体なんだ!?アクアンは実際に使えない(プレミアム殿堂入りというもので禁止カードになってます)のである意味やってはいけないことを如実にあらわしているのか・・・!?

効果自体は優秀すぎたあのデッキなんですが、今ではコアクアンのおつかいなどコアクアンならデッキに入れてもいいようですね。

 


・超次元ガード・ホール・・・イラストにZ追加?

超次元ガードホールには召還の前のエフェクトにZという文字が書いてありました。

これはこのカードのメインで出すためのクリーチャー時空の支配者ディアボロス Zを主軸にしてあるためにZマークを入れたのでしょうか?

元々7コストのホールとしては優秀だった気がするので値段も高めです。

 

・「我」の極 エゴイスト ・・・ 手のひらで進化!まさにオレ!

 ネタカードきたぁぁぁぁ!!!!俺・進化!

なんと、手のひらをゲーム台においてプレイすると言う謎使用のカード。自分を前面に出すとエゴ。つまり、利己主義者と思われてしまうという悲しきカード。

 特に面白いのはパワーが44444。そして割るシールドも自分の年齢の10の位なので割れるカードにも限界がある。特にメイン層が10歳以下の場合は・・・。

それにですよ。カードを片手で扱うという以前に進化元はカード扱いになるのかという部分も非常にあいまいです。墓地に行くときは一緒なのか。それとも。デッキシャッフルのときは・・・!?おふざけカードですので、調整されたままに終わりそうなカードですね。

 

・コアクアンのおつかい ・・・ 文字に光が追加?

さっきのガードホールと同じ最低で光が追加されています。アクアンは光と闇を持ってこれるという意味で凄く重要なカードだったのでそれだけでも採用する価値があったカードなんですよね。

 

といいつつもカードイラストという面で変わっているのはカードゲーマー」vol.20付録に収録されていていたほうが凄くて、イラストがデュエマのHPキャラで書かれています。こっちの方がよかったりします!!

中古デュエルマスターズ/プロモ/水/「カードゲーマー」vol.20付録P88/Y13 [プロモ] : コアクアンのおつかい

バックベアード》 NRS NC (水木しげる/水木プロ)

 このなんとかどもめ!!に見えた私はおかしいのでしょうか(困惑)

 

存在感と言うか絵の凄みがやばいですね。カード効果は、このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、他のアンタップされているクリーチャーをすべて破壊するという中々強力なもの。つまり攻撃していないカードなどに対してけん制をかけることが出来ると言うことですね。昨今では攻撃せずに待つと言う風潮が身内にはあったので面白そうではあります。

 

といいつつも評価をいろいろ見てみたら昔禁止になったダークヒドラが帰ってきてるみたいなのでなんかデッキとか組めるんですかね・・・知ってる人教えてください。

 

 

・パーロック~交差の石板~ (クロスワード)

なんと、パーロックのカードは効果の重要なところがクロスワードになっています。実際はちゃんと読み解かないとだめなので結構難しい。ちなみに効果はブロックされないかアタックされないのどちらかな気がするんですが(縦と横)、案外いろいろ選択肢はありそうですね。

 元々パーロックってあのキャプテンハーロックっぽいんですけどその前に様々なカードが登場しています。パーロックシリーズでは今回のカードで能力を持つらしいんですがこのカードの効果を説かなくてもいちおう効果クリーチャー扱いらしいのでちゃんと解きましょう。

これ、ちゃんと解読した人いるんですかね?

・寝転ぶ猫 ニャンニャン・・・実写のねこ (実写)

にゃんこです。はい。

実はこのカードは結構凝っていて、まずマナのところがちゃんと猫マークになっています。意外と凝っててみてて面白かった。

ちゃんとパワーが2222なのはニャン×4という意味合いがあるんでしょうね。

ヘブンズ・ゲート  ・・・(「監督不行届」コラボカード)

 ヘヴンズゲートのイラストは、『監督不行届』を書いている作者さん、安野モヨコのエッセイ漫画だそうです。

オタクとは、愛する心でございます!!――カントクくんって書いてあるんですけどこの言葉もなにかオマージュをかけているのがあるんでしょうか。て言いつつ中身を見てみると映像監督である庵野秀明との結婚生活を描いてあるって書いてあってあー!あの人気監督の奥さんなのか笑って思いました!!あの ガイナックスの?

 

《メガ・メイキング・ドラゴン》 (線画から完成までのメイキング)

このカードは意外と大切なメイキングを見ることができる大切なカードです。私も得書いている人なのでなんとなくは分かります。

 

まず、外見なんですが線画で形をはっきりさせてどんなイメージなのか色はどこに塗るのかということをちゃんと分けていきます。この工程はかなり重要ですので気が抜けません。

ある程度線画が整えばその次に色をどこに塗るのかを決定していきます。

  

 そして、そのまま塗れば完成・・・って

 

その工程が知りたいんだ!!

 

っていう人も多いと思うので私もちょっと挑戦してみようと思います。いつかはできると思いますけどね(遠い目)

・爆熱血 ナレ太郎 ・・・10秒以内に読みきれば・・・!?

ナレーターがモチーフのカードシタノフレーバーテキストを噛まずに10秒以内で言い切れば全体がスピードアタカーと中々に優秀なクリーチャーになってくれる。

そしてヒューマノイド爆なので進化元としても優秀らしい。なるほど。

 

特に面白いのはこれかなり早口言葉が難しいという事ですね。そうなってくると、ただの3マナ3000という事になるので中々むずかしいです。


超天星バルガライゾウ・・・三田紀房  ドラゴン桜

バルガライゾウはあのドラゴン桜で有名な作者さんが書いています。ドラゴン族で尚且つデッキからドラゴンを出せるという所も似ているなぁと。

バルガライドウは連ドラでかなりお世話になってました。ドラゴンを出す(合格生徒を出す?)という部分にかけているのかは分かりませんが、東大合格の第一歩はカードゲームにあり!!って言ってるんですからカードゲームで暗記術でもやるでしょう。きっと。

 

ドラマも面白かったですよね。


・天真妖精オチャッピィ・・・秋★枝

スノーフェアリーで有名なオチャッピィはイラストレーターの秋★枝さんがリメイクされてイラストアドがすごいことになってます。値段かなり高いです(笑)

イメージ的にはウィクロスに近い感じのイラストなんですかね?

オチャッピィは緑のデッキでは結構入ることが多くて、イメンブーゴ系に投入されることが多そうですね。墓地のカードをマナゾーンに置けるので序盤のマナブースヨはフェアリーライフやジャスミンからいかないと難しいけどその分効力は発揮してくれる良カードだと思ってます。

 

・超覚醒ゼウス  (パズル&ドラゴンズ)

ゼウスはあのパズドラからの最初は強かったHP満タン時のみ3倍という神のモンスターゼウスとコラボしています。なのでシールドが5つ以上なら場を離れないというパーフェクトデュエル向きの戦い方がメインの人にはおすすめだと思います。

 

別にシールド増やしてもイイノヨ?

 

あとサソリスがイラストに描かれている気がするんですが、これは緑と白で組めという事なんでしょうか?うーん。

 

・赤龍喚士・ソニア ・・・  (パズル&ドラゴンズ)

ソニアも結構かわいいイラストでってこれかなり強くないですか?

要するにエクスが赤緑だったのでこちらは赤黒ならそのままデッキカラーでアンタップできるようになるエクスという立ち回りですね。ただドローソースとかが無いのが赤黒なので慎重に選ぶ必要がありそうです。

 

そしてアーマードドラゴンなど結構種族も優秀ですね。もう一個デッキ作るならこのソニアメインのデッキとかよさそうです。たぶん赤と黒のアンタップはパズドラであった二色陣のたとえなんじゃないかなぁと思ってます。ということは、レイランとかカリンとか来たら3色アンタップが微れ存・・・?

 一緒にそろえておきたいのは、パズドラTCGでのソニアスリーブですね。これでアナタもソニアデッカーと名乗れますよ!!


 


・爆笑必至 じーさん ・・・曽山一寿; でんぢゃらすじーさん

長寿漫画の一角でんじゃらすじーさん。このカードはいったい何のTCGなのか。そして謎の負けそう宣言で負けれるという相手のソリティアデッキでドヤァとしてる友人に一枚持っておきたい一枚(笑)

2マナで出せるアウトレイジ(無法者?)でなんか使えそうな気もするんですがどうなんでしょう。ちなみに初期のデュエマみたいに負けたら直接攻撃で死ぬ漫画だったら、このカードはかなりの保険になってくれるのでは無いか?と思います。


・デモニック・バイス・・・吉もと誠; ウソツキ!ゴクオーくん

デモニックバイスというカードは手札を2枚捨てるという効果でまさにものすごく怖いカードです。ゴクオーくんという漫画がコロコロでやってるらしいんですが初めて知りました。今公式で立ち読み読んできたんですが中々面白かったですよ。案外謎解き系の漫画だったんですね。舌抜かれるのはいやだけど(笑)

しかし2枚ハンデスという効果は昨今のブラックサイコとかでは普通に行うので結構難しいですよね。使う際にはデッキを選ぶかもしれません。呪文系で組むデッキでは入るのかなぁ。ロマノフとか?どうなんでしょう。

 

 

モーコリ娘選抜総選挙!/イチオシ! ハラグロフェスティバル! 

 フォートレス系統で何が出たんだろうと思いきやまさかのAKBならぬ総選挙カード。

 あっちの世界でも総選挙はやっているのか・・・。というかこれを調べていたときにgoogleの検索一覧がAKBで埋め尽くされていました・・・・がんばれ!!結構書いてあることがハラグロイというか切ないというかアイドルの世界をものすごく黒い部分だけ抽出してるようなこの感じなんなんだろう笑

 

 

《早撃人形マグナム》 UC NI (こしたてつひろ; 爆走兄弟レッツ&ゴー!!)

早撃人形、そしてマグナムといえば!!!

あのミニ四駆でおなじみのレッツ&ゴーの登場です。最近コロコロの別冊かな?で漫画やってたみたいですね。最近の子供世代は知らないと思うんですがミニ四駆がかなりブームになった時代がありました。その前にもダッシュ四駆朗があったりしてたんですがかなり懐かしいアニメですよね。

というかその世代がデュエマ初期勢だと思います。

 実は、最近またミニ四駆でもやってみようかなとちょっと思いつつ浸ってた私にとっては非常にうれしいものでした。ちなみにこのマグナムは、マナゾーンをタップせずに出すとそのまま破壊と侵略系統のデッキではかなり痛手のカードになっていて、効果的には刺さるデッキも多いのではないかと。

ただ、最近のデッキだとなにが刺さるのかまでは分かりません。シノビとかサイキック系統は破壊できると思うんですが・・・。

■ 長いのでいったんここまで!!

で、結構私いろいろ見ていったんですがかなりコラボが多くてこれでもまだ3分の1も終わってないんですよね・・・なんてこった。

 

ということで、今後時間があればちょくちょく更新していこうかなと思います。この作業だけでも3週間くらいは本気でかかりそうでつらかった。しかしその分コラボが結構いいのが多いなぁと言う印象が強かったです。昨今のデュエルマスターズはものすごく挑戦をしにいっている感じがしますね!

 

他にも有用性のあるカードは多いのでぜひぜひ確認してみてください!!

それではノシ