読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等を行っているtcg準研究サイトです。

 

【デュエマ】赤黒デッドゾーンデッキが環境上位に!《復讐ブラックサイコ》で手札が0だ!ブラックアウト!【絶望】

手札も無い・・・目の前が真っ暗にブラックアウト!!

・・・タイトルは若干ネタっぽいですが、デッキに関しては非常にガチなデッキの登場です。最近デュエマも始めて数ヶ月になる筆者ですが、マイペースながらも昨今の環境デッキを少しずつ見ていこうと思いました。

 

今回のデッキは最近大会でも上位に入ってきている

デッドゾーン

についてちょっと調べていこうと思います。

 


デュエル・マスターズ DMR-22 TCG 革命ファイナル 拡張パック 第2章 世界は0だ!! ブラックアウト!! DP-BOX

 

■ その強さ!まさにS級!ハンデスも制圧も得意な1枚で環境に返り咲く!!

もちろん今回のエースはS級不死 デッドゾーンですが、様々なカードのシナジーが凄くハンデスやそれに伴ったカードの採用なども行えるデッキの1つです。元々レッドゾーンの黒版なだけあって速度も速く、昨今の革命チェンジの環境でも十分戦って行ける強さを秘めているデッキですね。

 

特にその中でも、Dの禁断 ドキンダムエリア等のドキンダムのサポートや、ハンデスの鬼であるブラックサイコなどの純粋なパワーカードのシナジーが凄いからこそ大会で結果を出すデッキだったのかもしれません。

なんかネット界隈では廃車とか言われているみたいですが、名前に見合わず普通に強いです(笑)

駿河屋で購入したい方はこちらから!

中古デュエルマスターズ/SR/闇/[DMR-19]革命 拡張パック第3章 禁断のドキンダムXS5/S9 [SR] : S級不死 デッドゾーン

 

赤黒というと個人的には攻撃的なイメージがある色で、速攻に近い動きが出来ると思っているのですが、更にそこにハンデスまでもが重なるのでただの速攻という面よりもコントロールや制圧という形も取れるデッキになっているのが昨今の環境にあっている気がします。

また昨今ではミラダンテ12や、ブラックアウトの革命チェンジや侵略ゼロのキーカードを落とせるという面でも重要視されている節もあり、元々がハンデスも行いやすい黒だからこそ輝いているデッキですね。

 

筆者の周りでは、革命チェンジのデッキが多いのですが、その殆どのカードをファイナル革命まで繋ぐ前にハンデスされてしまう点や、4マナの時点で《 解体人形ジェニー》によるピーピングハンデス等も合わさる事で侵略zeroを警戒するデッキを軒並み止めれられてしまいます。

そういった点も高評価なのですが、特に黒ではその警戒すべきブラックアウトを入れたデッドゾーンも存在するので、確実に躊躇していると、1回はジェニーのピーピングやブラックサイコのハンデスを多数喰らうのは間違いありませんね・・・恐ろしい・・・。

 

■ 赤黒デッドゾーンで採用したいカード

・2から4マナのカード達。

 

赤黒デッドゾーンでは、所謂速攻という動きと、ハンデスの2種類の動き方が出来る分非常に面白く回りますが序盤は相手の動きを止めつつも翻弄するほうが色の特性上合っている感じがします。

 

もちろん侵略の際には攻撃をするものの、やっぱりミラーを想定すると《勇愛の天秤》や《 停滞の影タイム・トリッパー》等のカードが相性が非常に良く、2コストあたりで出てくる一撃奪取(スタートダッシュ)系や、タップさせてマナを置かせる事で徹底的に動きを遅くしていきます。

 

個人的に赤黒デッドゾーンでは、序盤でとりあえず相手の好きな事をさせず、中盤の5マナ辺りでこちらが一気にハンデスしていく形が非常に強い気がします。序盤で事故ってしまうと相手は1ターン目からククルトを出してくるミラダンテ12デッキ等に呪文等を封じられてしまい押し切られてしまう事に。

 

なので、最初に革命チェンジを打たせない様に動きを遅くさせないとダメなんですよね。最低でも、ラフルルなどの5コストドラゴンが場にいる時には1回くらいハンデス等を決めたい所。それか、天秤による低パワークリーチャーを除去するのが一番の手かと思います。

 

 

また、単騎連射マグナム等を採用し更に相手のクリーチャーを出させないのも手。コッチは自分のターンでシールドを破壊していくときに【ヘブンズ・ゲート 】等のシールドトリガーなどのメタとして機能するので採用する人もいるのでは?と思います。

 

しかし、トリッパーなどのカードを多めに採用していると、禁断~封印されしX~等の条件を満たさないのでコマンドがバトルゾーンに出る数がどれくらいかを見極めるのが重要かもしれません。この点はドキンダムを絶対に出したいのかで色々変わってきそうですね・・・。

中古デュエルマスターズ/-/火/[DMD-27]カスタム変形デッキ 革命vs.侵略 爆熱の火文明3/20 [-] : 単騎連射 マグナム

 

■ 4マナ辺りから一気に勝負をかける!!アクセス踏み込め! 

やっぱりこの辺りから急にハンデス等の展開が増えていきます。

赤黒では主軸になる轟音ザ・ブラックV等の速攻を仕掛けるパターンや解体人形ジェニーなどのピーピングで相手のバランスを大きく崩して行く戦法を取っていける様になってるのがポイントです。

 

昨今での環境では5マナでドラゴンを出せる!という状況下から、4マナからの動きはかなり重要。

特に、ハンデスもさることながら、《轟音ザ・ブラックV》自身が《復讐ブラックサイコ》等の侵略コストにもなる為無駄がありません。

 

この辺りから、侵略を使えるコマンドが増え始めており5コストの段階では《ジ・エンド・オブ・エックス》を始めとした大型コマンドカードが既に出せる状態になっているのでこの辺りで勝負を決めに行けるのが良い点ですね。 

中古デュエルマスターズ/R/火/[DMR-20]革命 拡張パック第4章 正体判明のギュウジン丸!!22/70 [R] : ジ・エンド・オブ・エックス

 

■ 今まで弱点だった速攻の対策が一気に出来るように。

と、ココまででは通常のデッドゾーンなのですが、2・3マナで出てくる革命チェンジの速攻がいつもキツイデッキであった事に代わりは無かったのですが、この点を補ったのがZEROの侵略ブラックアウトでした。

 

元々相手がコストを踏み倒さなければ・・・という条件が赤黒デッドゾーンで相性が良くD2フィールドである《Dの禁断 ドキンダムエリア》とも相性がいいので全てがごちゃ混ぜになってしまった故の環境入りなのかもしれません。

特に《 ZEROの侵略 ブラックアウト》に合わせた《ブラック・タッチ》など、相手の切り札も落とせる点も忘れちゃいけない部分でしょう。

駿河屋で購入したい人はこちらから!

中古デュエルマスターズ/L/闇/[DMR-22]革命ファイナル拡張パック第2章 世界は0だ!!ブラックアウト!!L2/L3 [L] : ZEROの侵略 ブラックアウト

 

そして、その上でドキンダムエリアなどのD2フィールドも味方に付けたのでした。

結果的に環境上位になったのも頷けますが、 相手のクリーチャーを破壊しつつもハンデス等を行えるのは昨今のデュエマのデッキの中でも黒を入れているデッキのみ。【デアリドギラゴン剣】とは少し違い、単純なビートダウンではないアドリブ力がこのデッキの強さの1つなのかもしれませんね。

駿河屋で購入したい人はこちらから!

 

中古デュエルマスターズ/VR/闇/[DMR-21]革命ファイナル拡張パック第1章 ハムカツ団とドギラゴン剣4/94 [VR] : Dの禁断 ドキンダムエリア

 

実際筆者も個人的に組もうとは思いましたが、その時に気づいたのが資産的に安価で組めないデッキでもあるという事に気づきました。意外とキーカードの単価は【モルトNEXT】【5C】のニコルボーラス?には適わないもののカードの種類も合わせると中々な値段がしますよ・・・。

 

[rakuten:kingdom-touch:10026349:detail]

 

デッキの環境トップを見ても、ドギラゴン剣は赤黒でも必須な《 絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》を採用していますが価格的に見ればどっちもどっちでもあったり。

 

黒でデッキを組みたい!という人にはオススメなデッキなのかもしれませんね。今後詳しいデッキの中身を書いていこうと思います。

それではノシ

 

 

 

 


デュエル・マスターズ DMR-22 TCG 革命ファイナル 拡張パック 第2章 世界は0だ!! ブラックアウト!! DP-BOX