中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

【遊戯王デッキ考察】トワイライトロードデッキの回し方と既存サポートカードについての関係性について考える。

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

【サーキット・ブレイク(CIBR)】の収録カードの価格・既存のカード等をチェック!

新規カテゴリー。

ヴァレット】【オルターガイスト】【クローラー】【メタファイズ

既存カテゴリーの強化。

トリックスター】【剛鬼】【星遺物】【水精鱗】【炎王】【幻獣機】 

 

【最新カテゴリーの価格を見てみる】

⇒【サブテラー】

⇒【SPIRAL】

⇒【ヴェンデッド】

⇒【 F.A.】

【トワイライトロード】

今回の話題は、コード・オブ・ザ・デュエリストで登場する【トワイライトロード】デッキの回し方についてです。

 

【トワイライトロード】デッキは、主に現在登場しているライトロードを中心でデッキを組むという訳では無く、既存のライトロードと軸を大きく帰る事が出来たり、デッキデスを中心に対処できるデッキという印象。

主に発表当初では、

《トワイライトロード・ジェネラル ジェイン》しか登場していませんが、現状ではライトロードデッキの天敵だったデッキデスの解消。

それに加えて、墓地メタに関しての動かしかたが出来るようになったのは一番の利点だという感じがしました。

 

現状では墓地を肥やす手段が多く、如何にライトロードサポートと合わせてデッキを組めるかが鍵になりそうです。

今回はそんな【トワイライトロード】デッキについて色々と考えてみることにしました。

■ 【トワイライトロード】デッキについておさらい

【トワイライトロード】

【トワイライトロード】デッキはデッキの上からカードを墓地へ送りながら各種効果を使う事が出来るカードや墓地の種類を参照しつつ戦い、最終的には大型モンスターである《裁きの龍》を出して盤面を破壊する初心者から上級者まで愛されるデッキと知られているデッキです。

現状ではエクシーズ等も多様し盤面を制圧する方や、《隣の芝刈り》を中心にした【芝刈りライロ】

また派生系として《妖精伝姫-シラユキ》を採用している【シラユキライロ】が有名でしょう。

 

特にライトロードデッキでは、墓地を肥やすので墓地に送られている時に効果を発揮するカードとも相性が良好なのが特徴なのでその点も注目ですね。

⇒(現在編集中です(´・ω・`))

 

【トワイライトロード】のカードを一旦おさらい。

new!《トワイライトロード・ジェネラル ジェイン》

・・・墓地のライトロードを除外して打点をその除外したレベル分下げるアタッカー!3000打点くらいなら返り討ち!!

new!《トワイライトロード・シャーマン ルミナス》

・・・手札墓地からライトロードを除外する事で、除外してあるライトロードを除外!展開役では必須。
new!《トワイライトロード・ソーサラー ライラ》

・・・魔法罠の効果が発揮された場合、ライトロードを除外してフィールドの表側表示のカードを破壊するぞ!

new!《トワイライトロード・ファイター ライコウ》

・・・召喚・リバースした場合、自分の手札・墓地から「ライトロード」モンスター1体を除外してフィールドのカード1枚を選んで除外。『選んで』がポイント!
《ライトロード・アーチャー フェリス》

・・・このカードがモンスターの効果でデッキから墓地へ送られた場合に発動する。
このカードを墓地から特殊召喚出来るチューナー!リリースして破壊し墓地肥やし!

《ライトロード・アサシン ライデン》

・・・自分メインフェイズとエンドフェイズにライトロードの起動効果を発揮できる優秀なカード。【トワイライトロード】の追加墓地肥やし様に。
《ライトロード・ウォリアー ガロス》

・・・自分フィールド上の「ライトロード」と名のついたモンスターの効果によって自分のデッキからカードが墓地へ送られら自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送ってライトロードの数だけドロー。そこまで必須では無いけどフルライロなら2ドロー確定。

《ライトロード・サモナー ルミナス》

・・・1ターンに1度、手札を1枚捨て、自分の墓地のレベル4以下の「ライトロード」モンスター1体を対象として特殊召喚。ライトロードでは要の存在。

《ライトロード・シーフ ライニャン》

・・・ネタ猫枠。にゃんにゃん。

《ライトロード・スピリット シャイア》

・・・グラゴニスの弱体化効果。一方で打点を上げれる可能性を秘めた墓地のライロ×300は魅力?

《ライトロード・ドルイド オルクス》

・・・このカードがフィールド上に表側表示で存在する限りお互いのプレイヤーは「ライトロード」と名のついたモンスターを魔法・罠・効果モンスターの効果の対象にできないという耐性付与。しかしライロの切り札はライトロードでは無い皮肉。

《ライトロード・パラディン ジェイン》

・・・このカードが相手モンスターに攻撃するダメージステップの間このカードの攻撃力は300アップする。暗黒界の被害者その1。
《ライトロード・ハンター ライコウ》

・・・このカードがリバースした場合フィールドのカード1枚を選んで破壊できる。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。という強化されたワンチャン。でも暗黒界の被害者その2。

《ライトロード・ビースト ウォルフ》

・・・このカードがデッキから墓地へ送られたらこのカードを墓地から特殊召喚するというライトロードでは必須級の展開カード?何故闇落ちしなかった。
《ライトロード・プリースト ジェニス》

・・・バーンとライフゲインの申し子。ですが、現状のライトロードではあまり使い道が無かったり。個人的には気に入ってるイラストなんだけどなぁ(´・ω・`)
《ライトロード・マジシャン ライラ》

・・・ぎっくり腰で(守備表示)にすれば魔法罠を破壊できるのですが【トワイライトロード】では自力で発動できるライトロードの効果なので重要な存在に。

《ライトロード・メイデン ミネルバ》

・・・召喚したらライトロードの種類の数のレベルを持つドラゴン族・光属性モンスター1体をデッキから手札に加える事ができる。・・・《戒めの龍》がサーチ出来ないのは痛い。
《ライトロード・モンク エイリン》

・・・えーりん!えーりん!守備表示を問答無用でデッキ送り!1世代前なら重宝されてた子。結構優秀ではあるのですが、個人的には採用する場合・・・リンクモンスター以外の対策を考えてからですね。

《ライトロード・エンジェル ケルビム》

・・・「ライトロード」と名のついたモンスターをリリースしてこのカードのアドバンス召喚に成功した時、自分のデッキの上からカードを4枚墓地へ送って発動できる。相手フィールド上のカードを2枚まで選択して破壊する。

書き直しようも無い効果だけど純粋に強い効果。
《ライトロード・ドラゴン グラゴニス》

・・・上級モンスターで貫通と打点を上げるドラゴン。しかし【トワイライトロード】では重要ではない。
《ライトロード・アーク ミカエル》

・・・1ターンに1度、1000ライフポイントを払ってフィールド上のカード1枚を選択して除外する効果は破壊耐性を乗り越える上でかなり大事な一枚になった。特に、【トワイライトロード】ではメインデッキ枠で戦った後のケアが必須なので、エクストラモンスターゾーン(EXモンスターゾーン)に居座れるカードとも言える。
《ライトロード・セイント ミネルバ》

・・・墓地送ってライロ分ドローするという女神。女神ったら女神。ライトロードではかなり重要なカードですが、値段が若干高めなのがたまーに傷。

ライトロード&トワイライトロードの魔法カード

《ライトロード・レイピア》

墓地に送られると打点を上げる装備カードになるという点に注目・・・したいけど【トワイライトロード】の効果はモンスター指定なのであまり使い道が無い。出来れば純構築で入れておくと幸せになれるかも。何故《戒めの龍》に装備出来ないのかはちょっと気になりますけどね・・・(´・ω・`)

《ライトロードの神域》

1ターンに1度、手札の「ライトロード」モンスター1体を墓地へ送り、そのモンスター以外の自分の墓地の「ライトロード」モンスター1体を対象として発動できる。
対象のモンスターを手札に加える。

と言う効果。所謂手札入れ替え効果なのですが、【トワイライトロード】ではルミナス等の重要なカードを入れ替えられるので全く使い道が無いという訳ではありません。が、あまり採用はしないでしょう。

《ライトロード・バリア》

自分フィールド上の「ライトロード」と名のついたモンスターが攻撃対象に選択された時、自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る事で、攻撃モンスター1体を選択し、その攻撃を無効にする。というファンデッキ向けのカード。

《ライトロードの裁き》

このカードが「ライトロード」モンスターの効果でデッキから墓地へ送られたらデッキから「裁きの龍」1体を手札に加える効果を持っているサーチカード。このカードが《エクリプス・ワイバーン》のどちらが良いのかで考えたい所。

《ジャスティス・ワールド》

自分のデッキからカードが墓地へ送られる度に、
このカードにシャインカウンターを1つ置く。
フィールド上の「ライトロード」と名のついたモンスターの攻撃力は、
このカードに乗っているシャインカウンターの数×100ポイントアップする。
また、このカードがカードの効果によって破壊される場合、
代わりにこのカードに乗っているシャインカウンターを2つ取り除く。

goodcard!《ソーラー・エクスチェンジ》

通常魔法
(1):手札から「ライトロード」モンスター1体を捨てて発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。
その後、自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

new!《黄昏の双龍》

通常魔法
(1):自分フィールドに「戒めの龍」が存在する場合、
自分の墓地の「裁きの龍」1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
その後、自分のデッキの上からカードを4枚墓地へ送る。
(2):このカードが「ライトロード」モンスターの効果でデッキから墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「戒めの龍」1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
その後、自分のデッキの上からカードを4枚除外する。

goodcard!《光の援軍》

new!《闇の進軍》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地の「ライトロード」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
その後、手札に加えたそのモンスターの元々のレベルの数だけ、
自分のデッキの上からカードを除外する。

《閃光のイリュージョン》

永続罠
自分の墓地から「ライトロード」と名のついた
モンスター1体を選択して表側攻撃表示で特殊召喚する。
このカードがフィールド上から離れた時、そのモンスターを破壊する。
そのモンスターがフィールド上から離れた時、このカードを破壊する。
また、自分のエンドフェイズ毎に発動する。
自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

《トワイライト・イレイザー》

通常罠
(1):自分フィールドに同じ種族でカード名が異なる「ライトロード」モンスターが2体以上存在する場合、
自分の墓地の「ライトロード」モンスター2体を除外し、フィールドのカード2枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
(2):このカードが「ライトロード」モンスターの効果でデッキから墓地へ送られた場合に発動できる。
手札から「ライトロード」モンスター1体を特殊召喚する。

new!《ライト・バニッシュ》

カウンター罠
自分フィールド上の「ライトロード」と名のついたモンスター1体をリリースして発動できる。
モンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚を無効にし破壊する。

new!《ライト・リサイレンス》

永続罠
「ライトロード」と名のついたモンスターの効果で
自分のデッキからカードが墓地に送られる度に、
相手のデッキの上からカードを1枚ゲームから除外する。

ライトロードの切り札たち。

《裁きの龍》

全体除去を兼ね備えたライトロードの切り札!現状では採用しておきたいメインデッキテーマの一枚。

《戒めの龍》

除外を参照する闇の龍が降臨!ブレスルとかを使いまわせるトリッキーな子。何気に事故回避にもつながる。

■ 【トワイライトロード】の特徴その1 既存のライトロードポートと合わせられる。

「ライトロード」シリーズというのは主に墓地を肥やすテーマなのですが、この墓地を肥やした後というのが結構他のテーマカード等に依存していました。

しかし、今回の【トワイライトロード】デッキでは

 

その墓地のカードを除外する

 

事などの効果を使うことでシナジーを合わせるというのが今回の【トワイライトロード】デッキの狙いのようですね。

 

闇属性ということでカオス構築も組めるという期待が持てる一方で、「ライトロード」カードでもあるので、組み合わせるという手段がサポートカードも共有できるのでドロー加速の《ソーラー・エクスチェンジ》等のカードは結構重要そうです。

■ 【トワイライトロード】デッキの回し方その1・・・まずは大きく墓地を肥やす。

【トワイライトロード】デッキの大きな特徴は主にライトロードを除外する事で効果を発揮するモンスターと、除外されているカードの種類を参照する《戒めの龍》を中心としたデッキを作れるようになっています。

トワイライトロード・ジェネラルジェイン

効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1800/守1200
①:1ターンに1度、自分の手札・墓地の「ライトロード」モンスター1体を除外し、 フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、除外したモンスターのレベル×300ダウンする。
②:1ターンに1度、このカード以外の自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。 自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

 

【トワイライトロード】の新ジェネラル(将軍)!墓地に送られた仲間を除外し相手の打点を下げる!

元のカードは《ライトロード・パラディン・ジェイン》というパンプアップを中心に攻撃出来る2100打点のカードでしたが、現環境に合わせて墓地のカードを除外する事で打点を引き上げる事が出来るという事が可能なのでその点は非常に優秀っぽいんですよね。

またエンドフェイズに自動的に墓地に送るという効果では無くて1ターンに1度、このカード以外の自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動するという効果に書き変わってます。

 

なので【トワイライトロード】デッキでは1枚以上のカードを出すか、墓地に送った時に発動するカードなどを中心に入れていかなければ回す事が出来ません。

 

一応墓地肥やしを中心に考えないのであれば特殊召喚メタカードに対しての牽制カードとも言えるでしょう。

■ 【トワイライトロード】デッキの回し方その2・・・中盤以降は《戒めの龍》を中心に除外カードをループさせよう!

【トワイライトロード】のデッキの特徴は主にデッキ構築の中で墓地発動カードが除外されるのですが、それらのカードをデッキに戻しつつ戦うというのが最終的な戦いかたになります。

ただし《戒めの龍》の効果は、ライトロード以外のカードを重要視する事が多く「ライトロード」モンスター以外の、お互いの墓地のカード及び表側表示で除外されているカードを全てデッキに戻すのでライトロードが除外から帰ってくる事がありません。

 

なので基本的には《コズミック・サイクロン》や《ブレイクスルー・スキル》等を中心に効果を使用していくのが主な戦いかたになるかもしれませんね。 

スーパーレア/ザ・ダーク・イリュージョンTDIL-JP065 [SR] : コズミック・サイクロン

ノーマル/ストラクチャーデッキR -巨神竜復活-SR02-JP039 [N] : ブレイクスルー・スキル

■ 《戒めの龍》

《戒めの龍》

《戒めの龍(パニッシュメント・ドラグーン)》
特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2600
このカードは通常召喚できない。
除外されている自分の「ライトロード」モンスターが4種類以上の場合のみ特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、1000LP払って発動できる。
「ライトロード」モンスター以外の、お互いの墓地のカード及び表側表示で除外されているカードを全てデッキに戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):1ターンに1度、自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。
自分のデッキの上からカードを4枚墓地へ送る。

hukusyunyu.hatenablog.com

《戒めの龍》はこの【トワイライトロード】デッキでは効果を使用して【トワイライトロード】等を除外して行く事で出せる中盤以降のカードなのですが、このカードを使う事で墓地メタを中心に戦う事ができます。

 

しかし、一方で《戒めの龍》は盤面を制圧する効果を持っていません。なので、【トワイライトロード】デッキでは他に制圧する手段が必須とも言えるでしょう。

 

例えば《妖精伝姫-シラユキ》等を採用する等で相手のターンに対抗出来るカードを採用したり・・・ある程度効果を多様して動く事を中心にしていくのが中心になりそうです。

 

とここまで書いてみて分かったのですが・・・先に相性の良いカードを考えた方が良さそう(´・ω・`)

なので引き続きコッチでは【トワイライトロード】デッキの相性の良いカードを調べていこうと思います。 

 

今回の関連商品

f:id:hukusyunyu:20170222180633p:plain

AMAZONのコード・オブ・ザ・デュエリスト(CODE OF DUELIST)の詳細はこちら。

楽天市場のコード・オブ・ザ・デュエリスト(CODE OF DUELIST)の詳細はこちら。

駿河屋のコード・オブ・ザ・デュエリスト(CODE OF DUELIST)の詳細はこちら。