中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

【遊戯王】《比翼レンリン》でサイバー・ダークと、他に強化されるカード達。【効果考察】

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

【サーキット・ブレイク(CIBR)】の収録カードの価格・既存のカード等をチェック!

新規カテゴリー。

ヴァレット】【オルターガイスト】【クローラー】【メタファイズ

既存カテゴリーの強化。

トリックスター】【剛鬼】【星遺物】【水精鱗】【炎王】【幻獣機】 

 

【最新カテゴリーの価格を見てみる】

⇒【サブテラー】

⇒【SPIRAL】

⇒【ヴェンデッド】

⇒【 F.A.】

2017年7月8日に「サーキット・ブレイク」が発売!

サーキット・ブレイク(CIBR)

CIRCUIT BREAK BOX(駿河屋)

CIRCUIT BREAK BOX(Amazon)

サーキットブレイク(楽天市場)

【サーキット・ブレイク(CIBR)】では【遊☆戯☆王VRAINS】で登場するリンクモンスターやリンク召喚に関連したカードをはじめ、主人公のライバル「リボルバー」があやつる【ヴァレット】が収録・【炎王】【水精鱗】を始め、除外をテーマにした「メタファイズ」が新テーマとして収録されます!

 

って事で今回は新カードである《比翼レンリン》をご紹介。

(´・ω・`)このカードの使い道は主に【サイバー・ダーク】の強化というように見えますが、実は結構使いみちが多々あるカードとなっています。今回はそんな《比翼レンリン》の使い道について色々と見ていきましょう!

比翼レンリン

《比翼レンリン(ひよくれんりん)》の効果。

ユニオン効果星3闇属性ドラゴン攻1500/守0
①:1ターンに一度、以下の効果から1つを選択して発動できる。
・自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象とし、このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。
・装備されているこのカードを特殊召喚する。
②装備モンスターの元々の攻撃力は1000になり、1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

 

【サーキット・ブレイク(CIBR)】より新しく登場した《比翼レンリン》。

今回強化された【サイバー・ダーク】と合わせて強化を図って要るようなカードです。主に攻撃力は200上がった状態で《比翼レンリン》を装備する事となるので、サイバー・ダークの攻撃力が2500まで上昇。これにより 《サイバー・ダーク・クロー》等よりも打点が上がるというのが《比翼レンリン》のポイントとなっています。

 

合計打点は5000となりますし、サイバー・ダークとしての地盤は結構強くなった印象を受けました。最悪サイバー・ダークだけでデッキを構築する場合メタビートとしての側面も今後検討出来そうです。

しかし、一方で《ハウンド・ドラゴン》に関しては《竜の霊廟》とのコンボが魅力。 《サイバー・ダーク・クロー》等の墓地肥やしはあるものの1ターンで一気に重要な素材を墓地に送れるという強みもあるので完全に上位互換ではなさそう。ただし墓地に送る点と良い様々なアドバンテージを取れるような新規のサイバー・ダークのおかげで《比翼レンリン》が優先させる感じがしますねー。

 後、こういったカード効果に合わせて二回攻撃が可能なので、サイバー・ダークの下級モンスターの効果を活かして戦っていけるようになります。

ついでに『デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-』で《フォース》が再録されていますが、合わせて使うと打点を上げたまま2回攻撃が可能になっていますね(´・ω・`)こういったコンボは懐かしいけど一度は狙いたいコンボかな。

 

■ 《比翼レンリン》の他の使い道は?

rakuten:mediaworldkaitoriworld:10018233:detail

 

《比翼レンリン》の使い道は結構多くて

  1. ・元々の攻撃力が1000以下になっている場合
  2. ・カード効果が戦闘ダメージを与えた場合系のカード
  3. ・ユニオンを使うデッキ

の3つのデッキで活用されます。

例えば、元々の攻撃力が1000以下の攻撃力である場合、《アーカナイト・マジシャン》に装備する事で攻撃力が上昇。打点が何故か上がって攻撃する事が出来ます。

攻撃力を3000まで上げる事が出来ます(笑)でもだから何?と言われればそれまでなんですが・・・こういった攻撃力が1000以下のカードであれば活用方法は多々あるはず!

一方で、ユニオンデッキでも活躍できる点に注目。

対応カードは《前線基地》と《悪夢再び》等のサルベージ・展開カードに相性が良いのですがキーカードを必須とする面が非常に多く・・・あまり活用方法としては難しいかもしれませんね。

個人的に装備するとすればやっぱりサイバー・ダークになりますが・・・。出来れば攻撃力を維持しつつ戦えるカードではあるものの【ユニオン】と【ドラゴン】という稀有な組み合わせが結構苦労しそうですね。装備してからってなると・・・ちょっと辛いかなぁ(´・ω・`)墓地肥やしと共に使ってあげるのがベストですね!

サーキット・ブレイク(CIBR)

CIRCUIT BREAK BOX(駿河屋)

CIRCUIT BREAK BOX(Amazon)

サーキットブレイク(楽天市場)