中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

《ドラゴノイド・ジェネレーター》の使い道と採用デッキを紹介。効果考察。

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

【サーキット・ブレイク(CIBR)】の収録カードの価格・既存のカード等をチェック!

新規カテゴリー。

ヴァレット】【オルターガイスト】【クローラー】【メタファイズ

既存カテゴリーの強化。

トリックスター】【剛鬼】【星遺物】【水精鱗】【炎王】【幻獣機】 

 

【最新カテゴリーの価格を見てみる】

⇒【サブテラー】

⇒【SPIRAL】

⇒【ヴェンデッド】

⇒【 F.A.】

遊戯王の最新パック「サーキット・ブレイク」より、《ドラゴノイド・ジェネレーター》の紹介と効果考察です。

公式Twitterから新規収録の情報が舞い込んできたようですね(´・ω・`)。

2017年7月8日に発売する「サーキット・ブレイク」という事で、まだまだ発売期間があるものの、新カテゴリーとして『ドラゴノイド』が登場する伏線なのでしょうか?

ドラゴノイド・ジェネレーター

今回はこの《ドラゴノイド・ジェネレーター》を見ていきたいと思います!。

 

 

《ドラゴノイド・ジェネレーター》 

永続魔法
1000LPを払ってこのカードを発動できる。
このカード名の(1)の効果は1ターンに2度まで使用できる。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分フィールドに「ドラゴノイドトークン」(機械族・地・星1・攻/守300)1体を攻撃表示で特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。
このターンのエンドフェイズに、相手は「ドラゴノイドトークン」1体を自身のフィールドに攻撃表示で特殊召喚しなければならない。

 

《ドラゴノイド・ジェネレーター》の効果は主に1つだけですが、結構効果が難しい様に見えてうーんとなってしまったものの、考えてみたらかなり使いやすい永続魔法カードでした。

カード発動時にライフを1000払うだけでトークンを最大2体出す事が出来る効果。

 

そして、EXモンスターゾーンが使えないという『デメリット効果』を駆使して戦えるデッキで採用されるカードでしょう。要するにメインデッキで戦えるデッキに採用したりするのがポイントっぽい。《真竜剣皇マスターP》や《クラッキング・ドラゴン》等を投入し、EXモンスターゾーンを中心にして戦わないデッキでは全てのデッキに採用圏内となっています(後述)

トークンを出せば相手は『ドラゴノイドトークン』を出さないといけないという制約があり、そのまま使ってしまうと相手にリンク召喚の素材を与えてしまうという難点がありますが、それを逆手に取る事も出来ます。

 

永続魔法と1000LPを払ってこのカードを発動できる事の利点と欠点。


遊戯王カード 【死皇帝の陵墓】【スーパー】 DE01-JP035-SR ≪デュエリストエディション1≫

 

現在この《ドラゴノイド・ジェネレーター》は《死皇帝の陵墓》の相互互換と考えて良いかと思います。《ドラゴノイド・ジェネレーター》の効果は、主にトークンを出すので『神のカードのようなリリースを強要するデッキ』や、『ライフコストをあまり無駄に使いたく無いデッキ』ではこっちが優先されます。

 

しかし一方で、《死皇帝の陵墓》の利点としては『フィールド魔法なのでサーチがたやすいという事』に関してはやはり大きかった。

メインとする上でのリリース管理はあちらの方が上で、更に《超古深海王シーラカンス》の様に大型モンスターを出してシンクロに繋げる場合も《死皇帝の陵墓》の方が便利なのです。

特にモンスターを展開する上でフィールド魔法に依存する場合はそのまま《死皇帝の陵墓》を採用するのが得策ですが、こちらにはこちらの利点もあります。

まず、サーチに関してですが一応《番犬-ウォッチドッグ》でサーチが行なえます。メイン2で魔法もコストにするものの、コストとして切れば確実に手札にも来るので確立を上げたい人は採用すると良いかも。

また、リリースの確保が行なえるのであればという利点を持っているカードを紹介していきたいと思います。

 

■ 《オシリスの天空竜》とは相性が良いかも!

 

 


遊戯王カード【オシリスの天空竜】【ウルトラ】VJMP-JP064-UR

 

コストとして活用できるカードでは主に神のカードが優秀ですが、今回は《オシリスの天空竜》にスポットライトを当てて見ます。

このカードはリリースコストが重いものの、相手にトークンが出てくるデメリットを効果で焼ける効果があり、気になりません。

(4):相手モンスターが攻撃表示で召喚・特殊召喚に成功した場合に発動する。
そのモンスターの攻撃力を2000ダウンさせ、0になった場合そのモンスターを破壊する。

オシリスの天空竜》の効果。

 攻撃表示で出さなければならないという利点を活かしたコンボなので一番活用できると気分爽快なカードと言えそうですね!

 

■ 《真竜機兵ダースメタトロン》とも相性が良いね!

 

 


遊戯王OCG 真竜機兵ダースメタトロン ウルトラレア MACR-JP025-UR 遊☆戯☆王ARC-V [マキシマム・クライシス]

 

 真竜機兵ダースメタトロン》をメインで組む場合は恐らくこのカードは必須!という位のカードになっています。

 

自身が破壊されたときの効果がEXモンスターゾーンから出すので活用が出来ないものの先行で出すことが出来るカードとして重宝しそうな気がしました。

後は《真竜剣皇マスターP》でも採用するだけで普通に強いので【真竜】デッキのリソースとして制限された可能性がありそうな感じが否めません。まぁ、これに関しては制限改訂で示してくれた(制限カード行き)ので安心していますが、ファンデッキとして活躍できるのが利点なのでは無いか?とも。

 

2体以上のリリースするデッキではかなり使い道があると思うので是非使ってみると良いかもしれませんね。案外《クラッキング・ドラゴン》とかに入れたり。後は私の場合《八俣大蛇》のリリース管理とかで使おうかなー。

 

それではノシ

 

今回の関連商品サーキット・ブレイク(CIBR)の購入はこちら!!

サーキット・ブレイク(CIBR)

【サーキット・ブレイク(CIBR)】のおすすめポイント!

new!新しいリボルバーのカテゴリー【ヴァレット・ドラゴン】が登場!

new!除外をテーマにした【メタファイズ】も新登場!

ストーリーも遂に動く!クローラー。オルターガイストも登場!

 

 

⇒予約大好き駿河屋でサーキットブレイク(CIBR)を探す

⇒優秀な密林Amazonでサーキットブレイク(CIBR)を探す

⇒パンダが可愛い楽天市場でサーキットブレイク(CIBR)を探す

 

 

え?今回からストーリーも見れるって?(´・ω・`)

ストーリーも確認したい人にはセット購入がおすすめ!ご予約お忘れなく!

Amazon:Vジャンプ特別編集『遊☆戯☆王OCG DM サーキット・ブレイクセット』