中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

【魔弾 優勝】魔弾デッキ当日優勝!回し方とデッキ構築はどんな感じ?

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

【サーキット・ブレイク(CIBR)】の収録カードの価格・既存のカード等をチェック!

新規カテゴリー。

ヴァレット】【オルターガイスト】【クローラー】【メタファイズ

既存カテゴリーの強化。

トリックスター】【剛鬼】【星遺物】【水精鱗】【炎王】【幻獣機】 

 

【最新カテゴリーの価格を見てみる】

⇒【サブテラー】

⇒【SPIRAL】

⇒【ヴェンデッド】

⇒【 F.A.】

魔弾の優勝デッキ&構築。そして、デッキ構築と、何を買えば良いのかなーというのを考察する日記です。

デッキビルドパック スピリット・ウォリアーズの収録カード・カテゴリーに魔弾デッキが登場していましたが、当日に様々な魔弾デッキが優勝するという結果になりました。

 

その中で、ツイッターを色々と見ていってどういった魔弾デッキの構築になっていたのか気になったので、今回は優勝・入賞している魔弾デッキについて色々と調べてみようと思ったのでした!

(´・ω・`)やっぱ、強いよねー。魔弾。おめでとうございます!

■ 優勝した魔弾デッキレシピを見てみる。

という訳で今回の魔弾デッキ、最初の紹介はこちらです。

 

当日優勝という面もありますが、デッキ構築も既に練っていたのか、1時間での構築との事。

 

デッキ構築は、全面的に純構築の魔弾デッキとなっていますが、その裏で《同胞の絆》の採用等のカードも採用しており、スタンダードなデッキ構築なのかもしれません。

 

(´・ω・`)いやぁ、実際私《同胞の絆》が相性良いって言ってて、本当は何枚採用がいいんだろうって結構悩んでたんですよね。その点もちょっと考えつつ見ていこうと思います。

 

魔弾 優勝

■ 魔弾デッキで採用しているカードの特徴。

ちょっと後に更新しようと思っているのですが、今回の魔弾デッキの特徴は、魔弾デッキで採用しているカードでした。

まず、《魔弾の射手 カスパール》を始め、今回の魔弾デッキの主なサーチを担っているレベル3の魔弾を中心に《魔弾の射手 カラミティ》《魔弾の悪魔 ザミエル》を1枚だけ採用したサーチメインのデッキだという事です。

やはりですが、《魔弾の射手 スター》を始めとしたカードの効果で、レベル4モンスターは、主に特殊召喚等の強力な効果を持っています。

 

しかし、逆に先行で動けるカードという面では辛いのか・・・と思っていたんですが、《魔弾の射手 ドクトル》がレベル3の魔弾で、同胞の絆》の効果の対象内な上、尚且つ墓地のカードを回収できるので、結構優秀なんですよねー(´・ω・`)


遊戯王/魔弾の射手 ドクトル(ノーマル)/デッキビルドパック スピリット・ウォリアーズ

デッキ構築の面では魔弾のレベル3をちゃんと3種類搭載できる形になっており、回す面でも結構問題なさそうです。

■ 採用されていた「魔弾以外」のカード達。

魔弾以外で採用されていたカードで、特徴的だったのは《光の封札剣》と《成金ゴブリン》でした。

基本的には魔弾の自列に発動して、アドバンテージを稼ぐのですが、デュエルの高速化においてアドバンテージを稼げるようになった《光の封札剣》は、安価で組む上で結構重要そうです。

 

■ 魔弾デッキでのドローソースの選択が遊戯王プレーヤーによって異なる点が非常に面白かった。

魔弾デッキで気になった点と言えば、各種デッキ製作者が『ドローソース』や、『魔弾モンスター効果の発動』の為に様々なカードを採用している事でした。

基軸はそこまで変わらないものの、効果は言わば『アドバンテージの選択』でもあるので、ドローソースであっても各種メリット・デメリットを考えないといけません。

 

例えば《暗黒界の取引》。このカードのポイントは相手もドローを許してしまうものの、こちらはドローしつつ、魔弾の効果を使う事が出来ます。

また、《成金ゴブリン》と違いデメリットが相手の手札交換だけで、ワンキルまで持っていけるのが特徴でしょうか。 

 

今回の魔弾デッキの全て?が収録されている『デッキビルドパック-スピリット・ウォリアーズ-』の購入はこちら!

 


遊戯王OCG デュエルモンスターズ デッキビルドパック スピリット・ウォリアーズ BOX

 

追記。

やはり【真竜】と合わせるタイプも、優勝している様ですね。色々と後に考察しようと思います。

 

 

■ 魔弾カードリスト!価格等を確認出来ます。(主に自分用ですが・・・)

 「魔弾」モンスターカード

魔弾の悪魔 ザミエル

魔弾の射手 スター

魔弾の射手 カスパール

魔弾の射手 ワイルド

魔弾の射手 カラミティ

魔弾の射手 ザ・キッド

魔弾の射手 ドクトル

「魔弾」魔法・罠カード

魔弾-デッドマンズ・バースト

魔弾-クロス・ドミネーター

魔弾-デビルズ・ディール

魔弾-ダンシング・ニードル

魔弾-ネバー・エンドルフィン

魔弾-デスペラード