中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

【遊戯王】出張パーツに召喚獣が仲間入り!デッキレシピに各種投入するカードを考えてみる。【日記】

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

 ■ 遊戯王の出張デッキに【召喚獣】も加入?様々な問題が出てきた出張事情。

という訳で今回の話題はブースターSPにて登場した【召喚獣】についての話題です。

昨今では遊戯王のキーワードが出張と言わんばかりに十二獣のカードが出てきている時代。今回の十二獣も同じく出張パーツとしてどうなのか?という問題について迫ろうと思います。

実は遊戯王の出張パーツはその遊戯王時代の世代インフレを起こすものという定義で行われることがあります。例えば以前何度も話題に出てきている【TG】。コレは一時期《TG ストライカー》《TG ワーウルフ》が特殊召喚できるというギミックで一時期採用されている時期がありました。

 

あくまでも私の時の身内環境での話でしたが本気でやばいなぁという雰囲気を出しつつも戦っていたのは懐かしいものなんですよね。その後にデッキの製作は大きく規制されてしまい【TG】はある意味デッキ製作困難なレベルにまでなってしまったのです。

コレに合わせて数々のカードを詰め込んだ暗黒時代がTG六武代行デッキとか言うんですが、今回はそんな時代をもう一度繰り返すかの様に【十二獣壊獣】とか、【SR十二獣壊獣召喚獣】 等のデッキも出来つつあるのかもしれません。

という意味では出張カードの有無は禁止制限の裏返しでもあるとも言えます。

 

今回はそんな遊戯王での新人融合カテゴリー召喚獣と出張で相性が良い理由というのをまとめてみました。買ってみるのも結構怖い感じはしますが各種強いカードばかりなので結構面白いですよ!

遊戯王 アーク・ファイブ オフィシャルカードゲーム ブースターSP「フュージョン・エンフォーサーズ」

遊戯王 アーク・ファイブ オフィシャルカードゲーム ブースターSP「フュージョンエンフォーサーズ」の【購入はこちらから!】

amazonさん・遊戯王アーク・ファイブ OCG ブースターSP フュージョン・エンフォーサーズ BOX(amazon)

駿河屋さん・・・予約トレカ(遊戯王)【ボックス】遊戯王 アーク・ファイブ オフィシャルカードゲーム ブースターSP「フュージョン・エンフォーサーズ」

楽天市場さん・遊戯王 アーク・ファイブ オフィシャルカードゲーム ブースターSP「フュージョン・エンフォーサーズ」(楽天市場)

各種召喚獣デッキレシピとして採用するカード達

という訳で召喚獣として採用するカードを列挙していきたいと思いましたが、実は【召喚獣】デッキとしてデッキ内に採用するカードはこんな感じになります。

  • 《召喚師アレイスター》・・・融合系統のカードをサーチ
  • 《召喚魔術》・・・融合カード
  • 《暴走魔法陣》・・・サーチとチェーンさせないよ!
  • テラフォーミング》・・・フィールド魔法サーチ

この4枚が召喚獣デッキの出張パーツになりそうでした。

一応フィールド魔法の《暴走魔法陣》は、《テラフォーミング》でサーチ出来るのでコッチも対象圏内。

また召喚師は1枚しかいないというよりもこの4枚は回収する上で必須になりましたね。この時点で【召喚獣】の最大の問題点であった引けないという可能性を一気に減らしている構築とも受け取れます。

また、一方でデッキが40枚だとしたらこの時点で12枚の消費をしており、残りの28枚である程度の形を構築していく事は簡単なのでついでに他の出張セットも考えていきましょう。

■ 召喚師アレイスター


召喚師アレイスター 星4 闇属性
魔法使い族 ATK/1000 DEF/1800
①:このカードを手札から墓地へ送り、自分フィールドの融合モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで1000アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードが召喚・リバースした場合に発動できる。デッキから「召喚魔術」1枚を手札に加える。

駿河屋さんで購入したい人はこちら!

中古遊戯王/スーパーレア/ブースターSP-フュージョン・エンフォーサーズ-SPFE-JP026 [SR] : 召喚師アレイスター

amazonさんで購入したい人はこちらから!

遊戯王 召喚師アレイスター(スーパーレア) フュージョン・エンフォーサーズ(SPFE) シングルカード SPFE-JP026-SR

楽天市場では初動は結構高めの様子!大会結果次第ではヤバイかも!?

 

■ 召喚魔術

通常魔法
「召喚魔術」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを手札から墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。「召喚獣」融合モンスターを融合召喚する場合、自分フィールド及び自分・相手の墓地のモンスターを除外して融合素材とする事もできる。
②:このカードが墓地に存在する場合、除外されている自分の「召喚師アレイスター」1体を対象として発動できる。墓地のこのカードをデッキに戻し、対象のモンスターを手札に加える。

駿河屋さんで購入したい人はこちら!

中古遊戯王/スーパーレア/ブースターSP-フュージョン・エンフォーサーズ-SPFE-JP035 [SR] : 召喚魔術

amazonさんで購入したい人はこちら!

遊戯王 召喚魔術(スーパーレア) フュージョン・エンフォーサーズ(SPFE) シングルカード SPFE-JP035-SR

楽天市場では既に1300円で初動が決定!堕天使並み!

 

というよりもこの時点で実はエクストラデッキも数枚制限されています。

 

一応この段階で6から7枚は封じられてしまいますが、最悪属性を使わないものを選べばなんとかなる印象です。

召喚獣の出張ぱーつが気になった人はこちらに回し方をグダグダと乗せています(笑)

hukusyunyu.hatenablog.com

■ 【SR(スピードロイド)】を出張させる場合。

スピードロイドは実質制限行きなのは変わりませんが、とりあえず紹介しておくことにします。フィールドに何もいない事が前提ではありますが初手で引けた場合は大きく盤面を強固にする事ができます。

  • 《SRベイゴマックス》
  • 《SRタケトンボーグ》

この2枚である程度の布陣を立てることが可能になりますね。

例えばランク3であれば《M.X-インヴォーカー》が筆頭候補に上がると思います。

 

一応デッキ構築としてはこの2枚と《M.X-インヴォーカー》で【十二獣】を出す構築にしあがっていく形になりますね。召喚獣での場合なら、エクストラデッキから出ているので《召喚獣エリュシオン》の融合素材になってくれます。

 

【十二獣】を出張させたい場合。

最近猛威を振るっているこのカテゴリー。

既に大会は十二獣だらけなのですが、このデッキのコンセプトも召喚権を使わない展開であったり確実に手札に来るという前提で動く為採用しているという動きが強くなっています。

 

一応純構築でも十分に強いですが、フリーチェーンでの破壊が出来る《十二獣ドランシア》を立てるだけでも十分に強いデッキであるように見えました。また、《十二獣ヴァイパー》を入れればその時点で異次元へ吹っ飛ばすことが出来ます。

採用する場合ではこの辺りは全て採用圏内になりそうです。

  • 《十二獣モルモラット》
  • 《十二獣の会局》

エクストラデッキ

  • 《十二獣ワイルドボウ》
  • 《十二獣タイグリス》
  • 《十二獣ブルホーン
  • 《十二獣ドランシア》

 

 

hukusyunyu.hatenablog.com

 

■ 【壊獣】デッキを出張させたい場合。

壊獣デッキはいわば制圧系のカードに対してのメタとして機能していました。

 

現環境では《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》のような無効にするカードが多く、こういったカードを処理するくらいならという意味で採用されているパターンが多い印象。

最近ではモンスターが多く並んだ場合ブラックホールを4枚詰んでるのと同じである効果を持っている《妨げられた壊獣の眠り》を採用しているというデッキレシピも多いですね。

  • 《妨げられた壊獣の眠り》・・・メインの破壊カード。
  • 【各種壊獣】
  • 《怒炎壊獣ドゴラン》
  • 《海亀壊獣ガメシエル》
  • 《壊星壊獣ジズキエル》
  • 《怪粉壊獣ガダーラ》
  • 《多次元壊獣ラディアン》
  • 《粘糸壊獣クモグス
  • 《雷撃壊獣サンダー・ザ・キング》

これらのカードは全て大型モンスターであり、高打点を叩きだせるバニラカードとして起用出来ます。

雷撃壊獣サンダー・ザ・キングなどは打点が高く大型を殴り倒せるのですがその代わり相手のフィールドに壊獣がいなければならないのが前提になっています。その時点で壊獣を2枚手札に入れておかなければなりませんが、その分相手のカードをリリースするだけでも強いので今では必須の出張パーツになってしまいました。

 

この壊獣デッキで制限がかかるとすればきっと《妨げられた壊獣の眠り》なのでしょう。

 ■ 召喚獣出張可能性とその強さについて。

という訳で、今回は折角なので召喚獣含めて様々な出張デッキパーツを見てきました。

様々なデッキパーツを見た理由は、がTG六武代行の様に全て入れても普通に回せるからです。

 

 

というよりも9期のペンデュラムデッキの出張がひどすぎてヘイトを稼いだいたものをアドバンテージと共に全て奪い去ったのがこの出張デッキの慣れの果てという事なのでしょう。

 

何でもデッキに組み込めるという問題点をまさかのインフレで抑えているのです。

 

しかしながら実は召喚獣のデッキ構築に関してはかなり難航する理由がありました。

というのも最近の出張カードを全て除けば

  1. ・召喚権を使ってのアドバンテージを取るカードと相性が悪い。
  2. エクストラデッキの消耗も大きくシンクロなどを主軸にしたデッキとも辛い。
  3. ・素材を使うので効果を使いきったカードと合わせる必要性がある。

という点が見え隠れしていたからです。

 

なので意外と【召喚獣】デッキと汎用性の高い【ABC】と合わせると問題があったりするんですよね。

 

この場合例えがダメだと思うんですけど実際環境での大会結果を見ればデッキに組み込める事が明らかになってるデッキは結果を残しているのは事実な訳で(笑)

 

特に【召喚獣】で必須なカードと言えば、勿論《召喚師アレイスター》と《召喚魔術》から大型を出すという意味で確実に仕事を終えているカードを採用する必要性がありますが【十二獣】では展開後の処理は自由に行えたり、【壊獣】ですらもリリース時にはそのまま打点を捨てて素材にする事も出来ます。

 

こういった出張という意味での遊戯王はインフレという面でデッキ構築で混合が当たり前の時代が来ているのでしょう。

 

こういった出張系は非常に弱かったデッキを助けるカードでもありますが同時に環境を固定化される原因を作り出すものでもあります。公式の制限改定によって今後の遊戯王の未来が決まるといっても過言ではありません。

楽しみ・・・というより非常に気になった話題なのでした。

それではノシ

 

・全てはここから始まった。

hukusyunyu.hatenablog.com

 

・関連商品・・・召喚獣が入っているパックです。

遊戯王 アーク・ファイブ オフィシャルカードゲーム ブースターSP「フュージョン・エンフォーサーズ」

遊戯王 アーク・ファイブ オフィシャルカードゲーム ブースターSP「フュージョンエンフォーサーズ」の【購入はこちらから!】

amazonさん・遊戯王アーク・ファイブ OCG ブースターSP フュージョン・エンフォーサーズ BOX(amazon)

駿河屋さん・・・予約トレカ(遊戯王)【ボックス】遊戯王 アーク・ファイブ オフィシャルカードゲーム ブースターSP「フュージョン・エンフォーサーズ」

楽天市場さん・遊戯王 アーク・ファイブ オフィシャルカードゲーム ブースターSP「フュージョン・エンフォーサーズ」(楽天市場)