読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等を行っているtcg準研究サイトです。

 

【遊戯王 ヴァレット・ドラゴン】ヴァレットデッキとは。カード効果・相性の良いカード・デッキレシピを紹介!

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

 

f:id:hukusyunyu:20170517183404p:plain

【ヴァレット】デッキとは。カード効果・相性の良いカード・デッキレシピを紹介!

2017年7月6日に発売される【サーキット・ブレイク(CIBR)】より新しく【ヴァレット・ドラゴン】というデッキタイプが登場しました。

恐らく名前的に遊戯王VRAINSより登場する『リボルバー』が使いそうなカテゴリーですが新しい闇属性のドラゴン族という点でも大きな点になりそうです。特に今回の効果モンスターの多くはリンクモンスターをサポートするのが大きな特徴となっている様子。

 

なので非常に気になる効果があるというよりも大型のカードを活かすのが特徴となりそうですね。

 

というわけで今回は【ヴァレット・ドラゴン】のカテゴリーを色々と見ていこうと思います!

■ 【ヴァレット・ドラゴン】ってどんな感じのデッキ?

f:id:hukusyunyu:20170517163817p:plain

効果の対象にして弾丸射出!!

【ヴァレット・ドラゴン】の効果は実は単体ではあまり効果を活用できるという感じでは無く受動的なリンクモンスターの効果で動くタイプのカテゴリーです。

 

主にバレット(弾)のように装填すると言う意味で、リリースし、戦闘か効果で墓地に送られたターンにデッキから『ヴァレット』モンスターを特殊召喚出来るリクルート効果を持っています。

この効果は、《マグナヴァレット・ドラゴン》《オートヴァレット・ドラゴン》《アネスヴァレット・ドラゴン》の3体全てが持っており元々がリリースか、自身の効果で破壊しリクルートする事が前提のデッキのようでした。

また共通効果としてリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。このカードを破壊した後の追加効果。

そしてこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズにデッキからそのヴァレットモンスター以外の『ヴァレット』モンスター1体を特殊召喚するという効果があります。

 

このカード名の1・2の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。このカードを破壊する。その後フィールドのモンスター1体を選んで墓地に送る。

(2):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから《その【ヴァレット・ドラゴン】のカード名》以外の『ヴァレット』モンスター1体を特殊召喚する。

 

■ デッキのエースと解説

f:id:hukusyunyu:20170517170220p:plain

【ヴァレット・ドラゴン】は現在まだ大型が判明していませんが、恐らく『リボルバー』の使うカードという事で、《ヴァレルロード・ドラゴン》を先に紹介しておこうと思います。

《ヴァレルロード・ドラゴン》

f:id:hukusyunyu:20170517171406p:plain

リンク3/闇属性/ドラゴン族/攻3000
【リンクマーカー:右/左/左下/右下】

(1):このカードはモンスターの効果の対象にならない。

(2):1ターンに1度、フィールドの表側表示のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力は、500ダウンする。この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動出来ない。

(3):このカードが相手モンスターに攻撃するダメージステップ時発動できる。その相手モンスターをこのカードのリンク先に置いてコントロールを得る。そのモンスターは次のターンのエンドフェイズに墓地に送られる。

 

今回の『サーキット・ブレイク(CIBR)』にて登場した新しいリンクモンスターですが、効果が非常に強く戦闘を行なえばコントロールを得るという効果を持っています。勿論そっちが強いので考察したいのですが、《ヴァレルロード・ドラゴン》の効果で重要なのはそっちでは無く、2のフィールドの対象を取る効果でしょうか。

 

この効果で強制的に【ヴァレット・ドラゴン】達の効果を使い切り、《マグナヴァレット・ドラゴン》を自壊。そしてその後、各種ヴァレット効果を使うのがこのデッキの特徴と言えそうです。

 

現状【ヴァレット・ドラゴン】のエースというわけでは無いのですが、対象に取っているというリンクモンスターの1枚であり注目される事になるでしょう。

 

■ 【ヴァレット・ドラゴン】カード効果一覧

《マグナヴァレット・ドラゴン》

モンスターなら俺に任せとけ!弾が相手のモンスター目がけてバレットファイア!

《マグナヴァレット・ドラゴン》

効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1800/守 1200
このカード名の1・2の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。このカードを破壊する。その後フィールドのモンスター1体を選んで墓地に送る。

(2):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから《マグナヴァレット・ドラゴン》以外の『ヴァレット』モンスター1体を特殊召喚する。

 

【ヴァレット・ドラゴン】の下級モンスターであり重要な効果であるモンスターを選んで除去するという効果を持っています。

 

攻守が今回優秀なので積極的に前線に出したいのですが、元々展開する手段が現状ないので《クイック・リボルブ》や、《スクイブ・ドロー》を使用しての除去がメインになる可能性がありそうです。

しかし、デッキからヴァレットモンスターを持ってこれるので破壊する手段を同時に入れるというのが結構アリなのかもしれません。

 

 

《オートヴァレット・ドラゴン》

魔法罠を的確に墓地に送る希代の破壊竜!ついでにリクルートも出来るしっかりもの?

《オートヴァレット・ドラゴン》

効果モンスター
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守 1000

このカード名の1・2の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。このカードを破壊する。その後フィールドの魔法・罠カード1体を選んで墓地に送る。

(2):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから《オートヴァレット・ドラゴン》以外の『ヴァレット』モンスター1体を特殊召喚する。

 

こっちは選んで破壊するのが魔法罠になっています。

一応これらのカードの中では非常に便利な除去と言えますが、魔法罠の除去だけであれば他のカードでも出来るので、あまり採用は控えたいところ。ですが現状ヴァレットモンスターは少ないのでこのカードも採用して《ヴァレルロード・ドラゴン》の効果を使う弾として使いたいです。

特に最近では永続魔法や罠等を割る手段等は豊富に欲しいので、1枚入れておけば相手がロック系のデッキの場合モンスター効果だけで《ヴァレルロード・ドラゴン》の効果で自壊し、破壊する事が出来ますね(´・ω・`)

 

 

《アネスヴァレット・ドラゴン》

弾丸射出で相手を動けなくされるスタン効果!効果も無効化してやるぜ!

《アネスヴァレット・ドラゴン》

効果モンスター
星1/闇属性/ドラゴン族/攻0/守 2200

このカード名の1・2の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。このカードを破壊する。その後フィールドの表側表示モンスター1体を選ぶ。そのモンスターは攻撃出来ず、効果は無効化される。

(2):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから《アネスヴァレット・ドラゴン》以外の『ヴァレット』モンスター1体を特殊召喚する。

 

一応攻撃力が0なので惜しいですが、守備力が何気に2200とデメリットも無いのにレベル1では非常に高い守備力を保有しているカードです。

このカード効果は相手の効果を止めて効果を発動出来なくされる効果を持っていますが、相手の動きに合わせて止めれるのが強力な感じでしょうか。一方でモンスターを直接墓地に送れるほうが強いんじゃないの?という話ですが《ヴァレルロード・ドラゴン》の効果のモンスター―効果と合わせるのがポイントっぽいですね。

 

特に《マグナヴァレット・ドラゴン》の効果で先にモンスターを除去しても良いですが、【ヴァレット・ドラゴン】の効果を考えると《オートヴァレット・ドラゴン》を次のターンにリクルートし魔法罠を除去するなんて手段も可。

意外とこういう効果って《ヴァレルロード・ドラゴン》の兼ね合いでもありますが、ここで注目したいのが

■ 【ヴァレット・ドラゴン】と相性の良いカード一覧

【ヴァレット】と相性の良いカードその1《激流葬》

注目度 ☆☆★★★

ヴァレットは主にフィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズにリクルートする効果があります。これを利用して、破壊する事が出来るので相性は良さそうです。

ただし《ヴァレルロード・ドラゴン》等も一緒に流してしまうのでその点は注意したいですね。

 

ヴァレットと相性の良いカードその2《バイナル・ソーサレス》

《バイナル・ソーサレス》 
リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/サイバース族/攻1600
【リンクマーカー:左/右】
トークン以外のモンスター2体
(1):このカードと相互リンクしているモンスターの数によって以下の効果を得る。
●1体以上:このカードと相互リンクしているモンスターが
相手モンスターとの戦闘で相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。
その数値分だけ自分のLPを回復する。
●2体:1ターンに1度、自分フィールドの表側表示モンスター2体を対象として発動できる。
ターン終了時まで、そのモンスター2体の内1体の攻撃力を半分にし、
その数値分もう1体の攻撃力をアップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

注目度 ☆★★★★

 

リンク2で自分フィールドの表側表示のモンスターを2体対象に取るのでそのまま【ヴァレット】の効果を発動出来るので、相性が良いです。また打点を上げる事が裁定で出来ればそのまま打点を上げて《バイナル・ソーサレス》と《マグナヴァレット・ドラゴン》の攻撃力を上げて2500打点で攻撃する+相手のモンスターを除去する事が出来ます。

 

【覇王門】デッキ

注目度 ☆☆☆☆★

現状ヴァレットモンスターを展開する手段が少ないですが、ペンデュラム召喚を使えば各種ヴァレットが展開出来ます。しかし、ヴァレットには元々リクルート効果があるので若干使いづらいかもしれません。

ただ現状ではそこまでヴァレット単体で《ヴァレルロード・ドラゴン》を立てれないのが問題なんですよね(´・ω・`)

 

■ 【ヴァレット・ドラゴン】のデッキレシピ

f:id:hukusyunyu:20170517180253p:plain

というわけで【ヴァレット・ドラゴン】のデッキを公式が紹介していましたが、《灰流うらら》が3枚積んであるんですよね・・・これどうなんでしょうか。

この時点で5000円超えるんですけど(´・ω・`)まぁ、でも高いし良いですよね。

 

まとめ ヴァレットにも展開力が欲しいけどどうなる?

今回はヴァレットデッキを紹介しましたが現状まだまだ改善の余地があるカテゴリーという印象でした。特に《ヴァレルロード・ドラゴン》と合わせるというコンセプトは今までに無かったもので、そこからどう展開するかが勝負の鍵を握っていそうです。

現状ではヴァレットだけでは展開不測で《ヴァレルロード・ドラゴン》を出すことが出来ませんが、他のカテゴリーと合わせる事をメインにしているのかも知れませんね!引きつづきヴァレット系列のカードを見ていきますが相性が良いカードがあれば教えていただければ幸いです!

それではノシ

 

 サーキットブレイク(CIBR)の予約&購入はこちらから!

既にAmazon等では商品が並んでいるようですが、価格等を確認してみてからにしましょう(´・ω・`)まい。との約束だよ?

通販ショップの駿河屋でサーキットブレイク(CIBR)を探す

Amazonでサーキットブレイク(CIBR)を探す

楽天市場でサーキットブレイク(CIBR)を探す