中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

ポケモンの中古が未だに高いという事実とその理由を考えてみる。

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

【サーキット・ブレイク(CIBR)】の収録カードの価格・既存のカード等をチェック!

新規カテゴリー。

ヴァレット】【オルターガイスト】【クローラー】【メタファイズ

既存カテゴリーの強化。

トリックスター】【剛鬼】【星遺物】【水精鱗】【炎王】【幻獣機】 

 

【最新カテゴリーの価格を見てみる】

⇒【サブテラー】

⇒【SPIRAL】

⇒【ヴェンデッド】

⇒【 F.A.】

■ 何故未だにポケモンの中古ゲームは高いのか。

こんにちは。ポケットモンスターの初代である赤・緑などを未だにやっている私です。

一応殿堂入りまではやっているのですが、それを繰り返したり初代伝統のバグなどで遊んだり・・・発売当時の1996年に【始めて買った最初のソフト】なので非常に思い入れがあるんですよ。

 

 

そんな個人的に思い入れのあるポケットにファンタジーな(初代をやってる人は知ってる?)ポケモンなんですけど未だに中古が高いという印象が強いのです。

特に高いと思ったのはエメラルドで未だに2000円代をキープしています。ハートゴールドソウルシルバーなども値段をある程度キープしていますが、これも非常に珍しい。普通シリーズものならある程度の値段が下がってもいいのがあるはずなんですけどね。

完全版商法のやつとかはそんな運命なんですけど。

何故ここまでポケモンの中古は値段をキープし続けているのでしょうか。そんなポケモンの中古商品について色々考えてみました。

■ 金銀までは比較的安値で買えるけど注意したい。

ポケットモンスターと言えば、ゲームボーイで発売され大人気になったゲーム。

特に交換や対戦など当時では斬新な発想を見せて、類似ゲームを多く発売されるほど異様な影響力を見せていました。

続編での金銀では、前作の冒険を繰り広げていた地方に行ける事や新しい土地への一歩を振り出すなどの感動的なシーンがあったりなど、前作ファンの気持ちを汲み取るようなイベントが多かったのも懐かしいですね。

 カントーのジム戦のbgmが一番のお気に入りです。

要領上の問題で、サファリゾーンやグレンが大変な事になってしまいましたが・・・。

バイルシステムの隠れた言葉など・・・実は時代を先取りしているような言葉もあって興味深いものもあります。そういう意味ではポケモンはシリーズごとに冒険をしている作品が多いのです。ピカチュウが後ろについてくる&ゲームボーイライトピカチュウカラーとか懐かしい。あれ、限定品だったんだろうか。

 

そんなポケットモンスターの最初を飾る赤緑。そして金銀。

初代が非常に思い出に残っている懐古厨な私なのかも知れませんが、現在ポケモンの初代や金銀は比較的安値で売られている傾向にあります。

その裏には、最近の若い世代の人には気づかない落とし穴もあったりするのです。

 

■ 気づかされる互換性の便利さと電池問題。

私が当時驚いたのは金銀で様々な要素が追加されたことです。

 

 

ポケットモンスター2という名称で最初は話題になったポケモン金銀

しかしながら、今起動してみると殆どのゲームは電池が切れていてセーブが出来なくなっているはずです。それは何故でしょうか? 他のゲームにも搭載されているのですが、電池の減りは恐らく金銀。そしてクリスタルが一番消耗が激しいソフトになっています。その理由は上記の様々な追加が問題で、

一番の理由は、金銀時代では斬新だった朝などの日時設定の問題です。

ポケモンでは、金銀以降で時間の概念が搭載されましたがそのぶん電池の消耗が他のソフトよりも大きいものになっています。もし電池がなくなると時間概念が無くなる(言葉がちょっとアレですけど)などの不具合が発生したり

データが消滅することもあります。

 

なので、ゲームボーイソフトの電池が無くなると、セーブが出来ないというデメリットもあります。私もポケットモンスターの金銀では電池が切れており、データが消えていて非常にショックでした。得にクリスタルには色違いのポニータとかものすごく運良く出てきて捕まえたのに・・・(泣)

 

 一応自作で交換&修理も出来るみたいです。1000円かかるのかな?

 

他に考えられるものと言えば、生産数の多さから売ったと言う人も中にはいるのかもしれません。得に初期のポケモンはセレクトバグとかが流行ってたのも人気の理由の1つ?ですし。

 

そして、金銀までの世代(初代の赤緑青ピカチュウ・金銀バージョンのこと。)では、GBA以降の互換性が思いっきり切れているので現在のポケモンには引継ぎが出来ません

これはGBAのシステム上で仕方が無く、互換性を切らなければならない為だったんですよね。このときに努力値などの変更もありました。

最終的にGBA初の作品であるルビー・サファイアには引継ぎが無いという状況になってしまいました。それ以降からは、DSのダブルスロットの採用やポケムーバーという課金システムの存在で移動ができる様になり、利便性が向上したのです。

ポケムーバーに関しては賛否両論あったんですけどね・・・。

 

■ どの世代でも、気にせずとも楽しめるストーリー性

ポケモンは、ストーリーやニコニコ動画で分かるとおり縛りプレイや制限プレイでも人気ばゲームですが、その一方で何度もリメイクに成功している作品でもあります。これが結構すごいことなんです。今までリメイクと言えば半分の確立でガッカリと言われるじだいですからね。

 

とりわけリメイク作品は結構良い出来が多く、多少の物足りなさは感じましたが、モンスターをルビーサファイアへ持っていける互換性や初代のモンスターが懐かしくて使いたいと言う人向けのソフト【ファイアレッドリーフグリーン(FR/LG)】。

 

 

金銀世代には待望だったリメイク作品。歩数計と合わせた珍しいパターンの

ハートゴールドソウルシルバー(HG/SS)】。

 

 

物語の後半では、金銀のBGMに変更できるサービスもあって感動したのを覚えています。特に、ヒノアラシチコリータなどのポケモンもここで手に入るようになったのは大きいですね。私はワニノコを最初に選びました。

 

今までは、金銀世代の御三家は非常に手に入るのが難しかったのでそれも良かった点ですね。

 

また、今のネット環境が一番遊べるんだ!!という人に遊んで欲しいのがこの

ポケットモンスターエメラルドですね。

はっきり言ってこれを全部クリアできた人はすごいと思います。

バトルフロンティアが本当に難しく今でも最難関のゲームシステムに仕上がっています。別にネット対戦と言うものが無くても難しいので遊びたいと言う人向けのゲームは、エメラルドで完結していると思います。

 

もちろん現在のポケモンも楽しめる作品として楽しんでいます。

 

ポケットモンスターXYオメガルビーなどなど・・・・中古としてはまだ新品なので高いところもあると思いますがネットで対戦できるのでそれもありかも?

ポケモンはストーリーなどの一貫性はダイヤモンド・パールまでという印象ですが、ブラックホワイトからは世界観を大きく変えてネットワークを中心としたシステムに変わってきていると思います。

次の世代では、ポケモンも大きく変わると期待しているのですがどうなのでしょうか?

 

もし、ポケモンの中古商品を購入する際には電池などが確認できるところなどで買うのが一番かと思います。

それではーノシ