中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

【トリックスター】デッキの相性のいいカードとは。おすすめ強化カードの考察です!

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

【サーキット・ブレイク(CIBR)】の収録カードの価格・既存のカード等をチェック!

新規カテゴリー。

ヴァレット】【オルターガイスト】【クローラー】【メタファイズ

既存カテゴリーの強化。

トリックスター】【剛鬼】【星遺物】【水精鱗】【炎王】【幻獣機】 

 

【最新カテゴリーの価格を見てみる】

⇒【サブテラー】

⇒【SPIRAL】

⇒【ヴェンデッド】

⇒【 F.A.】

【トリックスター】デッキを作って分かった【トリックスター】と相性がいいカードたちについて考える。 

f:id:hukusyunyu:20170416211911j:plain

4月15日に発売されたコード・オブ・ザ・デュエリスト(COTD)で登場した新規カテゴリー【トリックスター】。

 

現状この【トリックスター】デッキを組む上で重要なカードとは一体何なのかという事に関して迷っている人の為に今回は採用率を踏まえて【トリックスター】と相性のいいカードに関して色々と考察していきたいと思います。

 

まだ考察の余地は色々とありますが現状のデッキ構築等をブラシアップした内容を今後も更新していきますね。

あ、ちなみに写真で出ているサプライはなんとなくワードが気に入ったので買いました(笑)

 【トリックスター】デッキのおさらいその1 各種デッキ構築とコンセプトの種類に関して。

まず現状の【トリックスター】デッキでは《トリックスター・マンジュシカ》を中心にしたセルフバウンスを中心にバーンダメージを与えていく形が主流になっています。

その中で《魔封じの芳香》を中心にしたメタビートバーン構築か、《悪夢の拷問部屋》の効果を連続で発生させるデッキかの2つの軸が考えられました。

 

この【トリックスター】デッキの優秀な点に関して考えられるとすればどちらもバーンを主体にしたチェーン発動デッキでもあるのでバランスよく調整してデッキ構築を練れるという点。

コード・オブ・ザ・デュエリスト(COTD)のデッキの中でも面白い点として取り上げる1つの利点と言ってもいいでしょう。 

まずその中でデッキを組んだ際に感じたのは、モンスター枠とのバランスでしたがなんだかんだで少し構築は似ている感じ。そんな事を【トリックスター】デッキの相性のいいカードを取り上げる際に考えていこうと思います。

 

【トリックスター】デッキと相性の良いカードを考える・・・モンスター編。

まず【トリックスター】デッキの軸を考えたときに相性の良いカードを投入してしまうとデッキ枚数が結構キツイという事に気づきます。

 

この点を考えて最優先に入れたいなというカードは《オネスト》と、クリスティア等のカードでした。しかしオネストを採用した場合【トリックスター】のカードを含めるとこの時点で12枚になっているので追加でカードを入れた場合今度は【トリックスター】自身を守る札が来ないためジリ貧になってしまう・・・。

 

と言う悪循環になりがちでした。

ただ単にパワーカードを詰め込んでも駄目という典型的な例でしたね

(´・ω・`)特にその理由として破壊してというアドバンテージが無いからでしょう。本末転倒ですが現在の環境出張系であるカードとはそこまでアドバンテージを共有は出来ません。

 

しかしそれでも弱いという訳ではなく。

例えば、初日大会で優勝した【トリックスター】デッキに関しては、【トリックスター】にオネストを投入して他に手札誘発を仕込んだデッキでした。これらのデッキのように【トリックスター】+オネスト+αという形でも十分に戦える感じもあるのでモンスターに関してはそこまで入れなくていいかなーと感じています。

hukusyunyu.hatenablog.com

 

 

【光天使】系は【トリックスター】と相性が良い?・・《光天使セプター》《光天使スローネ》等。

相性の良さ・・・☆☆★★★

強さに関してのシナジー・・・☆☆★★★

現在【光天使トリックスターデッキ】としてデッキを組めるという事も重要な2枚。主にエクシーズ等を行って良くという事が中心ではあるのですが光天使をサーチする事によって《サモンチェーン》等の効果に載るという点が優秀な点です。

 

元々【トリックスター】デッキではワンキルバーンに関しての必須火力を発揮する為にサモンチェーンを打ちやすくすると言う利点を活かして戦えるのがポイントになるでしょう。

[rakuten:cbox:10004949:detail]

 

《光天使ホーリー・ライトニングセプター/Star Seraph Scepter》
効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1800/守 400
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。 デッキから「光天使セプター」以外の「光天使」モンスター1体を手札に加える。
(2):フィールドのこのカードを含むモンスター3体以上を素材として X召喚したモンスターは以下の効果を得る。
●このX召喚に成功した時、このカード以外のフィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊し、自分はデッキから1枚ドローできる。

購入はこちら!

中古遊戯王/レア/ザ・デュエリスト・アドベントDUEA-JP083 [R] : 光天使セプター

《光天使ホーリー・ライトニングスローネ/Star Seraph Sovereignty》
効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻 800/守2000
このカードをX召喚の素材とする場合、 モンスター3体以上を素材としたX召喚にしか使用できない。
(1):自分が「光天使」モンスターの召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 このカードを手札から特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。 そのドローしたカードが「光天使」モンスターだった場合、 そのモンスターを特殊召喚できる。

購入はこちら!

中古遊戯王/ノーマルパラレル/20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE20AP-JP096 [Nパラ] : 光天使スローネ

 

また、これらを採用した場合は《オネスト》等ともかみ合うのがポイント。また《トリックスター・キャンディナ》と《サモンチェーン》を合わせてランク4モンスターを立てる事や、ディスアドを軽減しつつ盤面を作れます。

ちょっとした疑問・・・ランク4×3で相性の良いオススメカードなのは何?

相性の良さ・・・☆☆☆★★

強さに関してのシナジー・・・☆☆★★★

【トリックスター】自体をもし光天使を採用して組み込むのであれば《ヴェルズ・ウロボロス》や《星輝士 デルタテロス》等がおすすめです。前者はハンデス。そしてデルタテロスはバウンスの効果を持っています。

一応普通にランク4を立てる事も出来るので普通にエクストラデッキを作る際には視野に入れておくといいかもしれませんね(´・ω・`)


《大天使クリスティア》と《オネスト》の採用。

相性の良さ・・・★★★★★(クリスティアを除く)

強さに関してのシナジー・・・☆★★★★

この2枚。現状ではまず【トリックスター】と相性が良いカードとしてデッキ構築に必須なのがオネストですが、クリスティアの採用はある意味【トリックスター】では英断のように見えます。

 

というのもクリスティアの回収をする際に《トリックスター・リリーベル》を回収したとしてもクリスティアが場にいる場合《トリックスター・マンジュシカ》の回収効果を発揮出来ません。

また一方で《トリックスター・キャンディナ》を引っ張ってきてもサーチだけで終わる可能性もあったり。ですが、どちらも制圧と言う意味では重要で、《トリックスター・リリーベル》による墓地調整が出来るのが最大の特徴でしょうか。

これらの点を踏まえると他に《魔封じの芳香》のような、メタビートに近いデッキであれば採用は結構アリ。クリスティアで回収しつつビートすれば墓地調整も案外簡単に行えるのは面白い点でした。

そういう意味では採用もアリですし相性がいいカードという感じですね。

 

■ 他に相性がいいデッキを募集中!

後は機械天使等も一応天使族のサポートなのでおススメですが現在組んでいないので分かりません。知っている方コメントいただければ幸いです。

(´・ω・`)

 

■ 【トリックスター】強化枠・・・魔法罠カードについて。

(サモンチェーン)

相性の良さ・・・★★★★★

強さに関してのシナジー・・・☆★★★★

現状では主に《悪夢の拷問部屋》と《サモンチェーン》が頭3つ位とび抜けて優秀な印象を受けました。

この2枚はチェーンを打ち続けてバーンを行うというコンセプトがぴったりなカードであり現状非常に価格が高騰しているカードでもあります。その中から今回は少しずつセットで採用したいカード等をまとめておきました。

《悪夢の拷問部屋》&《サモンチェーン》+αで重要なカードは?

rakuten:mediaworldkaitoriworld:10101419:detail

 

現在【トリックスター】のワンキルに関してサモンチェーンが高騰するのは目に見えていますが、ワンキルという部分に目をつぶれば案外簡単なのがこの部類。特に妥協をすればある程度簡単なカードで代用が可能です。

 

まず召喚権を増やすという意味では中途半端ですが、《二重召喚》でもあるていど盤面は形成できます。しかしこの最大の問題点は1枚のディスアドを回収するまでのアドバンテージを取れないという点でしょうか。

しかしこれでも《トリックスター・キャンディナ》の効果を二回使いカードを回収出来るのでまるっきり弱いという印象はありませんでした。

 

例えば《トリックスター・キャンディナ》の効果を二回使えるという事は《トリックスター・マンジュシカ》も回収出来ますし手札次第では《トリックスター・リンカーネイション》を回収できる数も増えるという事。個人的にはこの3枚は検証していきたいカードでもあります。

 

後はバーンを渡す=引導火力としてのバーンカードの採用はアリでしょう。

環境デッキに入るかは今の所結果が出ていないことが証明していますが安定性という意味でどこまで来れるかが鍵。

魔宮の賄賂&無償交換

相性の良さ・・・☆☆★★★

強さに関してのシナジー・・・☆☆★★★

現状ドローという面ではこれらのカードはディスアドバンテージになりますが、ドローをする事で《トリックスター・マンジュシカ》と《トリックスター・ライトステージ》の効果を使い400バーンを与える事が出来ます。 

 

【トリックスター】に関してはちりも積もれば精神で回収することが強みでもあるので結構採用するという手段はアリです。

《スターライト・ロード》

相性の良さ・・・☆☆★★★

強さに関してのシナジー・・・☆☆☆★★ 後攻には無意味の為。

一応【トリックスター】に関しては全体魔法罠除去にも弱く全くシナジーが無いわけではありません。相性がいいという面では《スターライト・ロード》等も忘れてはいけないカードですから採用してみるのもいいかもしれませんね。

特にコード・オブ・ザ・デュエリストでは砂塵の大嵐が登場した事や恐獣の鼓動に関してツインツイスターが登場した事から1・2交換のカードが増えている印象です。

現在エクストラモンスターゾーン(EXモンスターゾーン)の圧迫という面はあるものの、スターライトロードは相性がいいともいえます。

 

 

特に真竜のようにとりあえず割ってればいいやーというカードではなく【トリックスター】の発動カードは

絶対に割っておきたい為

サイドに仕込む人も今後は出てくるかもしれません。そんなときのカウンターにどうぞ。

 ■ グリード&ドンサウザントの契約。

相性の良さ・・・☆☆★★★

強さに関してのシナジー・・・☆☆★★★(爆発的火力において重要)

引導火力にはなるがコンボ色が強め。

 

この二枚もまた引導火力になるカード達。

 

前者は《トリックスター・リンカーネイション》と共に。後者は必然的に《トリックスター・マンジュシカ》と合わせて1400バーンまで上がる火力は見逃せ無いでしょう。

 

これらは大会での活躍は安定性のため非常に難しいかもしれませんがワンキルパーツという意味では両方かなーり大事。

相性がいいカードの中では高騰を控えているカードの2枚なので採用しておきたいなーという感じでした!!

 

 

■ 《トリックスター・リンカーネイション》の使い道と《おろかな副葬》《強欲で貪欲な壺》の採用に関して。

rakuten:mediaworldkaitoriworld:10164313:detail

さて、次は《トリックスター・リンカーネイション》に関しての相性のいいカード考察ですが、現状【トリックスター】のワンキルを参照すると分かる通り《トリックスター・リンカーネイション》は3枚セットする事で意味があります。

 

しかし、一方で環境デッキにするという選択肢であればワンキルに頼る子となく、ドローソース等を入れる手があるのは忘れてはいけません。

相性の良さ・・・☆☆★★★

強さに関してのシナジー・・・☆★★★★(コンボ性を重視しないなら十分に強力。)

例えば《おろかな副葬》《強欲で貪欲な壺》は、《トリックスター・リンカーネイション》を3枚セットする際に非常に邪魔になるカードです。

 

相性が良いカードという枠組みで考える場合、コンボを捨てるという方が正しいという感じでした。

 

実際おろかな副葬は《トリックスター・リンカーネイション》を墓地に送れる=蘇生が出来るので今後強力なモンスターが出た場合ではかなり便利。一方でゴードンも除外はするものの・・・逆に環境デッキの1枚アドバンテージは結構重要な為見逃せません。

 

優勝デッキでは採用がされているのはゴードンさん。つまり環境デッキではバーンソリティアよりもドローにを中心にしている方がいいです。

※ 参考デッキレシピ

hukusyunyu.hatenablog.com

 

 

《魔封じの芳香》

相性の良さ・・・☆★★★★

強さに関してのシナジー・・・☆★★★★

今回の《トリックスター・ライトステージ》とのコンボで必須な1枚。特に伏せカードを発動しなければならないカードなので擬似的なロックを掛ける事が出来ます。

現状魔法や罠をセットしておく事を想定したデッキは少なく、また除去もしてしまう以上相性が良いカードとして挙げました。

 

【トリックスター】と相性がいいカードまとめ。相性が良いポイントは?

という訳で今回は【トリックスター】の相性のいいカードを考察しました。現状このデッキに関して相性が良いカードのポイントはバーンに関してのカードを揃えるためのキーパーツを回収できるカードが採用される傾向があります。

 

召喚権を増やすという事に加えてサーチが今後登場すれば非常に強いデッキになるでしょう。今後もしかするとチェーンが詰まれるようなバーンデッキであれば《連鎖爆撃》や《積み上げた幸福》のようなチェーンバーンのようなデッキになる可能性は結構多く可能性がありますね。

 

今後も【トリックスター】デッキは注目していきますね!先行ワンキルに近いデッキであれば今後禁止もありえそう・・・!!

それではノシ

 

hukusyunyu.hatenablog.com

 

コード・オブ・ザ・デュエリストを購入したい人はこちら!

f:id:hukusyunyu:20170323074540p:plain

AMAZONのコード・オブ・ザ・デュエリスト(CODE OF DUELIST)の詳細はこちら。

楽天市場のコード・オブ・ザ・デュエリスト(CODE OF DUELIST)の詳細はこちら。

駿河屋のコード・オブ・ザ・デュエリスト(CODE OF DUELIST)の詳細はこちら。