中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

【遊戯王 プチ日記】サイバース族を含んだデッキが大会優勝!あれ?でもこれって・・・。

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

【サーキット・ブレイク(CIBR)】の収録カードの価格・既存のカード等をチェック!

新規カテゴリー。

ヴァレット】【オルターガイスト】【クローラー】【メタファイズ

既存カテゴリーの強化。

トリックスター】【剛鬼】【星遺物】【水精鱗】【炎王】【幻獣機】 

 


色々と調べたところ、サイバース族の優勝情報があったのでちょこっとだけ紹介しておこうと思います。 

 

そういえば遊戯王のジンクスには『6月のストラクチャーで大会が荒れるという』話が良くありますが、今回は再録が豪華だったので環境に来ないかなぁという感じもしました。

 

特にこういった特徴は12月のデッキでの特徴でもあるんですが、今回はサイバース族の優勝デッキって無かったの?という疑問が強く残ってたので調べてみると見つけたので後で考察するとして・・・ちょっとだけサイバース族成分の話をしようかなと。

このデッキの特徴は《ドラコネット》を投入した恐竜竜星。因みに恐竜竜星に関しては、前回色々と考察していますが、このカードを入れている理由は恐らく1枚で動くことの出来るカードである事。そして、《源竜星-ボウテンコウ》を簡単に出せるからでしょうか。

hukusyunyu.hatenablog.com

昨今の流れではどうしてもボウテンコウが立つことを意識しているデッキが多く、【セフィラ】でも出せるこのカードを良く考えたら、《ドラコネット》と《ギャラクシーサーペント》で出せてしまうんですよね。

この二枚も実際は1枚でシンクロ召喚に繋げる可能性を秘めているカードであり、《源竜星-ボウテンコウ》を始め《アクセル・シンクロン》等のシンクロも出来たりと便利だったんですが、よくよく考えると確かにボウテンコウも出せるんだなぁと実感。

何よりこの2枚はスターターデッキ2017に両方収録されている事もあるので、どっちも集めやすいという特徴もありまして・・・。制限されて枚数が空いている中に入れても問題ないというのは中々良いなぁと実感してました。

 

恐竜竜星でちょっと他のデッキと違う事がしたい!という人はちょっと考えてみると良いかもしれませんねー(´・ω・`)因みに色々と調べてみると、ドラコネットを採用しているデッキは結構多く、【星杯サイバース】等でも活躍しているのを確認しました。ちょっと今後考えてみたいですね・・・。