中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

LINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)のおすすめ収録カードについて考える。

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

【サーキット・ブレイク(CIBR)】の収録カードの価格・既存のカード等をチェック!

新規カテゴリー。

ヴァレット】【オルターガイスト】【クローラー】【メタファイズ

既存カテゴリーの強化。

トリックスター】【剛鬼】【星遺物】【水精鱗】【炎王】【幻獣機】 

 

【最新カテゴリーの価格を見てみる】

⇒【サブテラー】

⇒【SPIRAL】

⇒【ヴェンデッド】

⇒【 F.A.】

LINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)

11月25日発売のLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)に関しての収録カードの考察と、再録カード等を見ていく記事です。

元々LINK VRAINS PACKの収録に関しては『リンク召喚のサポート&リメイク』という立ち位置となっていて、今までのモンスター強化と共にカテゴリーサポートが多いパックになっています。

 

コレまでの環境カテゴリーなどのリンクモンスター化で更に楽しく遊べる!というのがコンセプトなだけあり『既にソリティアやループが発生』しているカードも登場。なんせ、シンクロと同じノリでリンク召喚も行えている為、インフレを促進させる動きが見えるのが大きな特徴でしょう。

と今や嫌な予感しか残さない近作。

どういった動きや当たり・収録カード等が見え隠れしているのか一度確認してみる事とします。

まい。に後は託すことにするよ。

LINK VRAINS PACKリンク・ヴレインズ・パック の概要について。

遊戯王オフィシャルカードゲームデュエルモンスターズ LINK VRAINS PACK
1パック:4枚入り
1ボックス:15パック入り
カード種類:全100種
[ ウルトラレア ・・・ 5種 / スーパーレア ・・・ 15種 / レア ・・・ 25種 / ノーマル ・・・ 55種 ]

※ウルトラレアカードにはシークレットレア仕様も存在します。
※商品の仕様は変更になる場合があります。
発売日:2017年11月25日 (土)
希望小売価格:143円 (税抜)

 2017年11月25日に発売する近作では、主にリンクモンスターでの新規とそれに伴ったカテゴリーの再録を同時に行うという今までに無かったタイプのパックです。それゆえに『各種既存デッキが安価に組める』という点は勿論、新規カードの強さも相まって出張するという利点ももっています。

例えばその筆頭が【水晶機巧】。

 

このカードは新規で《水晶機巧-ハリファイバー》というカードが登場していますが、簡易すぎる召喚条件&チューナーを出せるという驚異的なアドバンテージの確保から様々なカードが制限されるかもしれないという懸念も。

 

既にトップレアという強さであり、既にシクレアは買取が2500円というところまで見ると今後の必須カードも中にはあるのかもしれませんというカードもあり、箱で買う事もメリットに感じられるパックとなっていたり。 

 

――と、カテゴリーでの収録にも関わらず、様々なデッキに出張が出来るモンスターが登場しているので『何かと名前でお目にかかる事』もあるかもしれません。

 

勿論再録も優秀で、ダンテを筆頭に値段が高いカードも再録されているので『昔は組めなかったあのデッキ』が組めるようになるチャンス。

安価なカードも増えたので初めてね!という公式の意図が伺えます。ショップはたまったもんじゃ無いだろうけどなぁ。

 

 

これまでに登場したOCGオリジナルのテーマデッキ20種類を強化!


また、今回のパックについては非常にカードが多く収録されている事がポイント。100種類と言う壮大な種類は遊戯王では珍しいのですが、再録カードを含めて見ると新規リンクが20枚追加されただけ?と見れるパックです。

舐めてはいけませんが、【デーモン】・【剣闘獣】・【ライトロード】・【ジェムナイト】・【甲虫装機】・【聖刻】・【魔導書】・【マドルチェ】・【水精鱗】・【シャドール】・【クリフォート】・【アロマ】・【彼岸】・【メタルフォーゼ】・【クリストロン】・【セフィラ】・【インフェルノイド】・・・と収録カードに関しては馬鹿に出来ず。

 

そして、シングルを駆使しないときっと全種類は無理でしょう(笑)

 

それに、新規カードも入っている上、「LINK VRAINS PACK 発売記念 デュエリスト交流会」、プレゼントキャンペーン。そしてYOUTUBERの採用ととにかく勝負に出できた遊戯王。

果たして、消費者へのリンクを繋げる事は出来るのか。

収録カードリスト と気になるオススメカテゴリーたち。

LINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック) おすすめ?カテゴリーその1 デーモン

LINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック) おすすめ?カテゴリーその1 デーモン

LVP1-JP001 《パーペチュアルキングデーモン》 Super
LVP1-JP002 《デーモンの将星》 Rare
LVP1-JP003 《トリック・デーモン》
LVP1-JP004 《デーモンの宣告》
LVP1-JP005 《堕落》

 

記念すべきカードリストの1番目がデーモンとは!

という事でデーモン系の強化が、最初のカードリストになっています。

個人的には驚きだったのですが、デーモンと言えばコントロール奪取という気持ちになれる《堕落》の再録。これは結構嬉しかったです。

実際デーモンって名前であれば良いので、レモンでもそのまま使えちゃうんですよね。価格は安いカードですしネタデッキとして組める印象。

 

 

そして、コントロールの《デーモンの宣告》。

サイコロのキングデーモンとネタ感が満載なデッキが作れます。サイコロに関してはサイコロの目が重要であろう『出たら目』の採用で問題ないロマンカードへ。架空デュエルでは運の指標として使われそうです。

 

rakuten:mediaworldkaitoriworld:10044250:detail

 

 

LINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック) おすすめ?カテゴリーその2 剣闘獣

LINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック) おすすめ?カテゴリーその2 剣闘獣

LVP1-JP006 《剣闘獣ドラガシス》 Super

 

剣闘獣からは、ドラガシスという新しいカードが登場しました。

一見ただのガイザレスの下位互換かな?と思いきや、モンスターを引っ張るのと同時にモンスターを墓地に送ってさらにデッキから持ってくる特性はやっぱり強い。というか世界大会の実力を元々持っているので活躍もちゃんと出来るはずです。

 

流れる様にモンスターを出しまくって、リンク召喚の弊害であった新規カードを使い戦える様になったのは朗報。

 

剣闘獣総監エーディトル》と《剣闘獣アンダバタエ》を剣闘獣で蘇生しまくってモンスターを補充すれば普通に出せてしまいます。

9期に戻せよが遂に実現するっていうわけ。

まぁ、ミセスで開始しても良いんですがこっちはグラビだけで動けるので、決して下位互換じゃあ無いんですよね。

元々剣闘獣に関しては強いというか、罠ビート主軸なのでエアーマンみたいな新規が欲しかったんですけど・・・リンクでも十分嬉しいよね?(´・ω・`) 

 

LINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック) おすすめ?カテゴリーその3 アロマ

f:id:hukusyunyu:20171123204443p:plain
LVP1-JP076 《アロマセラフィ-ジャスミン》 Super
LVP1-JP079 《アロマガーデン》
LVP1-JP080 《潤いの風》

 

昨今の出張枠としておそらく活躍するであろうカードがこの《アロマセラフィ-ジャスミン》。植物族のモンスターを2体揃えるだけで良くて《ダンディライオン》とかのトークンとかの発動するので、《ダンディライオン》からの《マスマティシャン》を墓地に送るだけで出す事が出来たりとコンボカードとしての基点として十分に活躍してくれます。

 

実際は《ローンファイア・ブロッサム》と一緒な感じの効果ではありますが植物族を入れているデッキではぜひとも欲しいカードかなーと思います。

あとイラストもいいよね。

 

hukusyunyu.hatenablog.com

hukusyunyu.hatenablog.com

 

LINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック) おすすめ?カテゴリーその4 彼岸

LINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック) おすすめ?カテゴリーその4 彼岸

LVP1-JP081 《彼岸の黒天使 ケルビーニ》 Super
LVP1-JP082 《永遠の淑女 ベアトリーチェ》
LVP1-JP083 《彼岸の旅人 ダンテ》 Rare
LVP1-JP084 《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》

LVP1-JP085 《彼岸の悪鬼 グラバースニッチ》

収録カードの中で回し方が既にやばい事になっているのがこのケルビーニ含む彼岸デッキです。

 

クェーサーを立てる事から現在宝玉獣でも言われていますが、回し方で採用しておくとモンスターを墓地に送りつつなんていう効果は個人的に危ないなぁと思っているカードの一枚であったりします。

しかもこの彼岸だけ収録に本気を出していて、《永遠の淑女 ベアトリーチェ》
と 《彼岸の旅人 ダンテ》 が再録という非常に豪華なセットなのが特徴。

 

この2枚の再録が今回のリンクブレインズパックのおすすめ理由として友人に薦めてはいますが、リンクモンスターすらも優遇されていて良いなぁと思ってます。

 

LINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック) おすすめ?カテゴリーその5 メタルフォーゼ

f:id:hukusyunyu:20171123211209p:plain

LVP1-JP086 《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》

ペンデュラムモンスターデッキとしての破壊破壊&サーチ効果含めて非常に強力なのがこのカード。今後は魔術師デッキや通常モンスターを採用したラビット魔術師なんかのデッキ等が活躍すると思われている新規カードがこのカードで確立された感じ。

 

特にこのカードの何が怖いって、『Pゾーンのカードを破壊してアド+1度ロー』という強みを持っていること。

ゆえに魔術師のカードなどの採用も十分にあり、今後の活躍が期待できます。

 

LINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック) おすすめ?カテゴリーその6 クリストロン

f:id:hukusyunyu:20171123204419p:plain
LVP1-JP091 《水晶機巧-ハリファイバー》 Ultra,Secret
LVP1-JP092 《水晶機巧-クオンダム》 Rare
LVP1-JP095 《水晶機巧-シトリィ》

 

説☆明☆不☆要の壊れカードという扱いですが、言い換えれば9期のシンクロカードの不遇さを一気に取っ払う強カードという扱いが出来るカードです。

このカードを経由するので既にディスアドと思われることもあるかも知れませんが自身がシンクロチューナーを持ってこれるという利点に加えて、『リンクマーカー先に更に展開できるチューナーを用意』出来るのがポイント。

ゆえに思っているよりも様々なコンボが出来るのが特徴です。

 

 

hukusyunyu.hatenablog.com

 

お気づきの人は気づいてますが、レスキューラビットが過労死するパックです。

とさっとカードを色々と見てみましたが、今回のパックは殆どのデッキが強化される点が見え隠れしている神パック・・・って言いたいですけど、その実はSPYRALを意識してのインフレパックとなっており、SPYRALの規制を踏まえて、LINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)のカードが高騰するのが目に見えている収録となっています。

 

特に今までの制限カードの再録もあり、ドンドン空気が怖くなっていく環境ですが、中身を見てみればSPYRALの中で活躍してるHEROでのリンクモンスターも地味に登場しているのが怖い。

ですが、正直まだ強化されてないカテゴリーは多いですけど今後強化されることが決定されてるものも多く、期待が持てるパックとなりました。

今後が結構楽しみなので、また追っていこうかなと思います。

それではノシ