中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

【遊戯王 LLデッキレシピ 解説】公式の【LL(リリカル・ルスキニア)】デッキレシピを解説してみた。【日記】

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

【サーキット・ブレイク(CIBR)】の収録カードの価格・既存のカード等をチェック!

新規カテゴリー。

ヴァレット】【オルターガイスト】【クローラー】【メタファイズ

既存カテゴリーの強化。

トリックスター】【剛鬼】【星遺物】【水精鱗】【炎王】【幻獣機】 

 

【最新カテゴリーの価格を見てみる】

⇒【サブテラー】

⇒【SPIRAL】

⇒【ヴェンデッド】

⇒【 F.A.】

という訳で今回は公式が紹介している【LL】デッキの紹介&考察についてです。今回のマキシマム・クライシスでは【LL】デッキが登場してまさかの公式さんがデッキレシピを公開してくれました。

筆者も【LL】デッキに関しては、【スウィッチLL】や【ブレイドアセンブリー】とか色々と考えているのですが先に結論を出されてしまいまして(´・ω・`)

 

 

元々《覇王龍ズァーク》に関しては色々と調査していたのですが、公式のデッキレシピ解説に関しての情報が薄いなぁと思ったので今回は公式デッキレシピから始めてみる事にしました。《覇王龍ズァーク》デッキレシピと言えば実は筆者もちょっとは追いかけてはいますが、【LL】デッキに関してはまだまだ勉強不足。

 

なのでじっくりと【LL】デッキのデッキレシピを解説していきますよ!自分用に!!(笑)

 

 

【今回紹介した【LL】が入っているマキシマム・クライシスの購入はこちらから!

f:id:hukusyunyu:20161121205902p:plain

amazonさんで遊戯王OCG マキシマム・クライシスの販売価格を検索してみる。

駿河屋さんで遊戯王アーク・ファイブ オフィシャルカードゲーム マキシマム・クライシスの販売価格を検索してみる。

楽天市場で遊戯王カードゲームマキシマムクライシスの販売価格を検索してみる。

 

【LL(リリカル・ルスキニア) 】デッキの特徴と強みについて。

【LL】デッキの特徴はレベル1でありながらサーチと、様々なカードの展開で様々な使い方が出来るトリッキーなデッキです。後かわいい。

 

そういう意味ではランク4で連続でサーチを行う【RR】と活用方法は同じですが各種回し方は大きく異なりますが言ってしまえば大量にフィールドにモンスターを並べる事に長けているデッキです。

 

しかし、【RR】の様に展開は上手く言っても、すずめの涙ほどの蘇生効果しか無いカテゴリー。

 

カードに関しての回収も無い事から速攻で攻めていかないと手札が枯渇して終わるという宿命も背負ったデッキとも言えます。

と良いつつもレベル1モンスターは今まで【レベル1ホープドラグーン】等のデッキが存在しており、【LL】を中心に特殊なデッキを作る場合にはかなり相性が良いかもしれません。

 

そんな中で現在判明している【LL(リリカル・ルスキニア)】カードは以下のようになっています。

 

マキシマム・クライシスのカードリストでは既に埋まっているので【LL】デッキのモンスターは3枚を中心に回す感じになるようですね。

  1. 《LL-コバルト・スパロー》
  2. 《LL-サファイア・スワロー》
  3. 《LL-ターコイズ・ワーブラー》

エクシーズモンスターが自爆特攻の鬼とダイレクトでぶん殴る鳥。そして無敵でリリースされる鳥の3枚で構成されています。

  1. 《LL-リサイト・スターリング》
  2. 《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》

主な展開の役割はこんな感じになっています。

  • 《LL-コバルト・スパロー》サーチと素材時効果
  • 《LL-サファイア・スワロー》手札からもう一枚と特殊召喚
  • 《LL-ターコイズ・ワーブラー》モンスターがいない場合特殊召喚&出た場合手札から特殊召喚
  • 《LL-リサイト・スターリング》ダイレクトアタックでダメージを共に受ける!
  • 《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》素材の数でダイレクトアタックの火力を引き上げる必須カードの1枚。

兎に角展開したがってるんだってレベルのカードしか無いですが、展開するためには何故か必要なカードが多いように思えたので一度カードを見ていきましょう。

 

■ きゃわわな【LL(リリカル・ルスキニア) 】モンスター達

《LL-コバルト・スパロー》

f:id:hukusyunyu:20161119021605p:plain

効果モンスター

風属性/ レベル1/ 鳥獣族/ 攻0/ 守100
「LL-コバルト・スパロー」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから鳥獣族レベル1モンスター1体を手札に加える。
②:フィールドのこのカードを素材としてX召喚した風属性モンスターは以下の効果を得る。
●このカードは相手の効果の対象にならない。

 

コバルトスワローは特殊召喚に成功すれば、デッキから鳥獣族モンスターを手札に加えることが出来ます。

 

何でも良いらしいので後続の《LL-サファイア・スワロー》と《LL-ターコイズ・ワーブラー》を手札に加えて更なる展開を望むことも出来てしまうのは良いですね。

 

またエクシーズ素材にした時には相手の効果の対象にならないという効果を付与出来ます。

この効果はいわば【LL】では生命線で、戦闘では破壊されない効果がありつつも除外等には弱かったのでこういった面を解決出来るのは非常に大きいですね。

壊獣はやめてー!(フラグ)

 

このカードの特殊召喚なのですが意外と条件は緩く、《金華猫》等のカードでも大丈夫っぽいのは非常にありがたいところ。

 

レベル1という点で共通しているので《スワローズネスト》等も結構面白いくらいに相性が良いので展開には困らなさそうです。

相性の良いカードその1《金華猫》

スピリット・効果モンスター
星1/闇属性/獣族/攻 400/守 200
このカードは特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚・リバースした時、
自分の墓地のレベル1モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは除外される。
(2):このカードが召喚・リバースしたターンのエンドフェイズに発動する。
このカードを持ち主の手札に戻す。

中古遊戯王/レア/デュエリスト エディションVolume 3DE03-JP013 : 金華猫

相性の良いカードその2《スワローズ・ネスト》

速攻魔法
(1):自分フィールドの表側表示の鳥獣族モンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターと同じレベルの鳥獣族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

中古遊戯王/ノーマル/ブースターSP ウィング・レイダーズSPWR-JP042 [N] : スワローズ・ネスト

 

また、フィールドのこのカードを素材としてX召喚した風属性モンスターは相手の効果の対象にならないという効果を得ます。

【LL】デッキでは自爆特攻で両方にダメージを与える《LL-リサイト・スターリング》等に耐性を与えて確実にダメージを与えるという形でも活躍しそうですね。

 

 

とりあえず【LL】デッキではサーチはどっちにしろ大事なので絶対に3枚は欲しいところ(・8・)

 

また特殊召喚に対応しているので【LL】の効果以外にも積極的に出したい所。また《ワン・フォー・ワン》の効果で【LL】モンスターを場に出したとしても《LL-サファイア・スワロー》で墓地の【LL】モンスターをそのまま回収出来るのもポイント。

 

《LL-サファイア・スワロー》

f:id:hukusyunyu:20161119040015p:plain

効果モンスター

風属性/ レベル1/ 鳥獣族/ 攻100/ 守0
「LL-サファイア・スワロー」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに鳥獣族モンスターが存在する場合に発動できる。このカードと鳥獣族レベル1モンスター1体を手札から特殊召喚する。
②フィールドのこのカードを素材としてX召喚した風属性モンスターは以下の効果を得る。
●このX召喚に成功した場合、自分の墓地の「LL」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。

【LL】の大きな展開要因ですが、その代わりデッキに組み込むときには鳥獣族を増やさなければなりません。風属性には《サルベージ》のような1.2交換のカードが無い以上デッキに組み込むときにはかなり難しいように思えました。

 

ですが、展開順で言うと《LL-サファイア・スワロー》が最後のような感じがします。サーチは《LL-コバルト・スパロー》と共に出したいのでコッチのカードと合わせて同時展開を狙っていきましょう!

 

このカードと鳥獣族レベル1モンスター1体を手札から特殊召喚するのでもしかすると

《RR-ラスト・ストリクス》&《RR-アルティメット・ファルコン》もシナジーがありそうですね。

 

また、x召喚に成功した場合、自分の墓地の「LL」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とするという効果を付与出来ます。

 

この効果を利用して、墓地のカードの【LL】を素材にしつつ連続攻撃を増やしたりと色々出来るようになりました。

 

主にナイチンゲールの効果補助に使える良いカードだと思います。

hukusyunyu.hatenablog.com

《LL-ターコイズ・ワーブラー》

効果モンスター

風属性/ レベル1/ 鳥獣族/ 攻100/ 守 100
「LL-ターコイズ・ワープラー」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
②:このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分の手札・墓地から「LL」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 

手札から出せる【SR】枠ですが、こっちは墓地も干渉出来るようになりました。

《LL-コバルト・スパロー》を中心に展開するという意味で終盤でも活躍するカードですし、最悪このカードから《No.39 希望皇ホープ・ルーツ》とかに繋げられます。

 

 

■ 凛々しい【LL(リリカル・ルスキニア) 】エクシーズたち。

エクシーズモンスターは主に打点で攻めるというよりも防御に近い効果を持っていてカード効果はそこまで強くはありませんが、ダイレクトアタックの連続攻撃やリフレクトバウンダーを搭載したカードの効果などちょっとで勝てるのに・・・!というカードの逆転劇に使えそうな感じがしますね。

打点向上のカードとは相性が良かったりします。

 

《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》

エクシーズモンスター・効果モンスター

風属性/ランク1/鳥獣族/ 攻0/ 守 0
レベル1モンスター×2体以上
①:このカードの攻撃力は、このカードのX素材の数×200アップする。
②:このカードは直接攻撃でき、X素材を持ったこのカードは、その数まで1度のバトルフェイズに攻撃できる。
③:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。ターン終了時まで、自分フィールドの「LL」モンスターは戦闘・効果では破壊されず、自分が受ける戦闘ダメージは0になる。この効果は相手ターンでも発動できる。

《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》は素材の数打点があがりその回数分攻撃することが出来るエクシーズモンスターです。打点は最大で1000まで上がり、5回攻撃することが出来るのであればかなり強いテーマになり得そうですね。

また、盤面に立っているだけではやられるのでは?という点を克服する為に素材を取り除けば戦闘でも優秀なカードとして君臨してくれるので次のターンも安全にダイレクトアタックを通せるカードに設計されているのは嬉しいところ。

 

また、《LL-サファイア・スワロー》の効果で、このX召喚に成功した場合、自分の墓地の「LL」モンスター1体を対象としてそのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とするという効果を利用してしまえば

最大6回攻撃の打点1200という夢のコンボも狙えてしまいます(笑)

この場合だと《地獄の暴走召喚》とかしてでも無理やり揃えたいですね(笑)

 

 

[rakuten:toretoku:10047929:detail]

 

因みに最終的な打点ダメージは以下の通りです。

  • 2体・・・400ダメージ
  • 3体・・・1800ダメージ
  • 4体・・・3200ダメージ
  • 5体・・・5000ダメージ!

こう見ていると5体素材を揃えて始めてライフを0に出来る感じのノリですね。

出来る限り素材が少なくても少しずつ攻撃して素材が貯まったら即座に連続攻撃が主流のテーマかもしれません。

 

■ 《LL-リサイト・スターリング》について。

エクシーズ・効果モンスター
ランク1/ 風属性/ 鳥獣族/ 攻0/ 守0
レベル1モンスター×2体以上
①:このカードがX召喚に成功した場合、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力は、このカードのX素材の数×300アップする。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。デッキから鳥獣族・レベル1モンスター1体を手札に加える。
③:X召喚したこのカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは相手も受ける。

⇒AMAZONで販売価格を見てみる。

 

《LL-リサイト・スターリング》は、フィールドのカードの攻撃力を上げる事とデッキから鳥獣族・レベル1モンスター1体を手札に加える効果。そして、X召喚したこのカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは相手も受けるという

 

ダメージに関する効果を使え!と言わんばかりの効果を内蔵しています。

 

このカードの特徴は主に素材のカード利用ですが、この場合そのまま自爆特攻して勝つというのもありえるかもしれません。手段としては

《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》

 

での直接攻撃と遅延効果を使い出来る限りライフを減らしてから相手のカードを飛ばし続けるという行為をしたい場合に使えそうですね、

 

■ という訳で基本的な回し方を考えるとこんな感じ。

 

実はこの3枚で回す時に考えないといけないは【LL】の順番です。

手札に 《LL-ターコイズ・ワーブラー》と適当な【LL】モンスターが入ればその時点でランク1を立てることが出来ます。

  1. 《LL-ターコイズ・ワーブラー》を特殊召喚効果で《LL-コバルト・スパロー》を手札から特殊召喚。
  2. 効果で《LL-コバルト・スパロー》と手札の鳥獣族を特殊召喚するだけで4枚の素材と共に《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》エクシーズ召喚!

また、同中の《LL-コバルト・スパロー》の効果でサーチをした後に《スワローズ・ネスト》を利用して《LL-サファイア・スワロー》に変えておくとエクシーズ召喚した時に墓地に送られた《LL-コバルト・スパロー》を素材に引っ張ってくることも出来てしまいます。

f:id:hukusyunyu:20161119021605p:plain

 また、道中で他のカードを使えば更にランク1を立てる事も容易になりました。

 

《LL-ターコイズ・ワーブラー》を特殊召喚効果で《LL-コバルト・スパロー》を手札から特殊召喚すれば後続をサーチ出来ますが、RUMを手札に持っていれば No.99 希望皇龍ホープドラグーンを出すことも出来てしまいます。

 

元々レベル1では打点不足をこういったカードで補っていた事からこういったカードの存在はある意味では朗報なのかもしれません。

エクシーズ・効果モンスター
ランク10/光属性/ドラゴン族/攻4000/守2000
レベル10モンスター×3
このカードは手札の「RUM」魔法カード1枚を捨て、
自分フィールドの「希望皇ホープ」モンスターの上に
このカードを重ねてX召喚する事もできる。
(1):1ターンに1度、自分の墓地の「No.」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
(2):このカードを対象とするモンスターの効果が発動した時、
このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

中古遊戯王/ウルトラレア/「ナンバーズガイド3」付録OG03-JP001 [UR] : No.99 希望皇龍ホープドラグーン

[rakuten:fami2tcg:10026994:detail]

 

また【LL】デッキの根本は召喚権を使わない展開が可能なので、出来る限り特殊召喚する際には鳥獣族を多めに入れた方が良いというのがポイント。

 

現状《LL-コバルト・スパロー》と《LL-サファイア・スワロー》と《LL-ターコイズ・ワーブラー》を同時に引くというのは殆ど無理ですし、《スワローズ・ネスト》等に頼ろうと思っても、鳥獣族がいなければならないので必然的に《RRラストストリクス》や《DDクロウ》等に頼る必要がありそうです。

 

 

 

 

■ 《地獄の暴走召喚》と合わせてもOK!

勿論【LL】デッキでは戦闘耐性を持っているのでこちらは暴走召喚でモンスターを場出すというのも一つの手と考えられます。例えばこういう感じでも面白いですね。

  1. 《LL-ターコイズ・ワーブラー》等を特殊召喚。
  2. 《地獄の暴走召喚》で更に展開しつつ《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》をエクシーズ召喚。
  3. 素材の数攻撃出来るのでそのままダイレクトアタックして勝利!

この場合暴走召喚しつつアセンブリの効果で戦闘耐性&戦闘ダメージ0なのも美味しい。

 

■ まだまだ改善の余地は多いカテゴリー。出来れば常時破壊耐性が欲しいかなぁ。

という訳で【LL】のデッキの回し方を見ていたのですがまとめてしまうと

  1. 序盤は《LL-コバルト・スパロー》《LL-サファイア・スワロー》《LL-ターコイズ・ワーブラー》で出来るかぎり展開していき素材を集めていく
  2. 《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》を出して直接攻撃をしていき相手のライフを削りつつ素材を消費してライフを護る
  3. 《LL-リサイト・スターリング》で最終的に自爆特攻!そしてトドメ!

 

というなんか【ロックバーン】の親戚のようなデッキというのが分かりました(笑)

中々に面倒くさそうです。

しかしながら今回の回し方ではまだまだ【LL】のデッキの相性の良いカードを入れて無い場合の回し方です。ランク1故にあのカード達が活躍するのでもしかすると思っているよりもエクシーズキラーな上で打点でひき潰す可能性も秘めている感じも。

※ ランク1のカードが見たい人はこちら!

hukusyunyu.hatenablog.com

 

 

簡易インディペンデント+《The tyrant NEPTUNE》で最強モンスターが降臨?

また、様々な遊戯王プレイヤーが問題に挙げている《The tyrant NEPTUNE》との相性も問題視されましたのは記憶に新しい問題です。

 

《簡易融合》で《LL-インディペンデント・ナイチンゲール》を出して 《The tyrant NEPTUNE》を出し効果をそのままコピーするというデッキなのですが、《The tyrant NEPTUNE》はモンスターを1体リリースしてアドバンス召喚する事もできるので、簡易融合で《LL-インディペンデント・ナイチンゲール》を出せれば即座にリリースして出せるっぽいですね。

《The tyrant NEPTUNE》の効果解説

効果モンスター
星10/水属性/爬虫類族/攻 0/守 0
このカードは特殊召喚できない。このカードはモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚する事ができる。
このカードの攻撃力・守備力は、アドバンス召喚時にリリースしたモンスターの元々の攻撃力・守備力をそれぞれ合計した数値分アップする。
このカードがアドバンス召喚に成功した時、墓地に存在するリリースした効果モンスター1体を選択し、そのモンスターと同名カードとして扱い、同じ効果を得る。

 

[rakuten:auc-famikonkun:10053181:detail]

因みに効果としては、《LL-インディペンデント・ナイチンゲール》も優秀で5000バーンも行えるという強烈なコンボになっています。打点も5000以上になる可能性は十分にあり強力なコンボと言えるでしょう。


《LL-インディペンデント・ナイチンゲール》
星1 風属性 鳥獣族・融合  ATK/1000 DEF/0
「LL-アセンブリー・ナイチンゲール」+「LL」モンスター
①:元々のカード名に「LL」を含むXモンスターを素材としてこのカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。そのモンスターが持っていたX素材の数だけ、このカードのレベルを上げる。
②:このカードの攻撃力はこのカードのレベル×500アップし、このカードは他のカードの効果を受けない。
③:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。このカードのレベル×500ダメージを相手に与える。

 

と効果自体は優秀なのですが、サーチ等を含めてどれ位成功率があるのでしょうか?

※ という問題は如何にまとめておきました。 

hukusyunyu.hatenablog.com

 

特に【LL】デッキのモンスターは主にデッキ構築で非常に怖い直接攻撃と耐性の豊富さが今後の遊戯王にどういった影響を出すのかという問題を多く抱えたカテゴリーだと思います。

 

RRではアルティメット・ファルコンなどが前例でありますが、レベル依存や攻撃力依存の効果はコピーされるという点は既にインフレを感じさせる1枚。特にこのデッキの場合《簡易融合》を持ってこれれば後は何とかなるので【覇王門】を出張させた【覇王LLネプチューン】や、【捕食簡易タイラント】等の派生系デッキは既に作られているようです。

 

という細かな展開を色々と出来るようになったのは皮肉ながらも、1枚のカードで出来る事が増え続けているためなのではないしょうか?

hukusyunyu.hatenablog.com

 

次回では【LL】の相性の良いカードと共に個人的に面白かったカードについて考えていこうと思います。

それではノシ

※ 後半戦へ続く! 

hukusyunyu.hatenablog.com

 

今回の関連商品

【マキシマム・クライシスの予約&購入はこちらから!

amazonさん 

遊戯王OCG マキシマム・クライシスで検索してみる

 駿河屋さん。

1,500円以上のお買い上げで送料無料!通販ショップの駿河屋で見てみる。

楽天市場さん。

遊戯王カードゲームマキシマムクライシスを楽天市場で探してみたいひとはこちら。

 

 ■ 公式の【LL】デッキレシピについて。

 

■ モンスター(23枚)

《LL-コバルト・スパロー》3
《LL-サファイア・スワロー》3
《LL-ターコイズ・ワプラー》3
《ペンデュラムーチョ》1
《WW-スノウ・ベル》2
《RR-ラスト・ストリクス》3
《RR-ペイン・レイニアス》1
《D.D.クロウ》2
《金華猫》2
《ジェスター・コンフィ》2
《EMトランプ・ウィッチ》1
■ 魔法(15枚)

《アームズ・ホール》1
《サイコ・ブレイド》1
《進化する人類》1
《スワローズ・ネスト》2
《強欲で貪欲な壺》2
《ワンチャン!?》1
《ワン・フォー・ワン》1
《死者蘇生》1
《ハーピィの羽根箒》1
《ツインツイスター》2
■ 罠(2枚)

《ハーピィの羽根吹雪》2

■ サイドデッキ(13枚)

《LL-インディペンデント・ナイチンゲール》1
《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》3
《LL-リサイト・スターリング》2
《No.77 ザ・セブン・シンズ》2
《RR-アルティメット・ファルコン》2
《No.54 反骨の闘士ライオンハート》1
《FNo.0 未来皇ホープ》1

 

■ 【LL】デッキレシピの解説 その1 このデッキの戦いかたって?

 

非常に色々と突っ込みたい部分はあるのですが、兼ねて【LL】デッキとしては安価で組める部類にあるのではないでしょうか?と思いました(´・ω・`)

 

【LL】デッキでは主に鳥獣族レベル1のモンスターである《LL-コバルト・スパロー》《LL-サファイア・スワロー》《LL-ターコイズ・ワプラー》を中心に展開するワンキルというよりも特殊なダイレクトアタックデッキになっています。

 

マキシマム・クライシスではレアの部類なので安価なのもポイントなのですが、実は【LL】デッキのエクストラに入るカードカテゴリーは安価なのがポイントだったりします(´・ω・`)なので、公式としては《ペンデュラムーチョ》を華麗に入れたり兎に角安価で作れるように細工してあるのでしょう。

 

 

このデッキのフィニッシャーは《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》というカード。

 

 

戦術としてはこの《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》を採用し、直接攻撃を狙うスタイルです。

 

素材の分火力が上がっていき、ドンドンライフを削れるので攻撃回数を増やす為にレベル1モンスターを沢山素材に。そして攻撃していきます。その時に装備魔法で火力を上げたりするのですが、ワンキルにはこのデッキレシピだと届かないでしょう。多分届いてもかなり確立は低いと思います(後述)

 

しかし。《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》はエクシーズ素材を取り除くとそのまま戦闘・効果では破壊されない効果を持っているので相手ターンをしのぎつつライフを削るという手段も可能であり自ターンまで生き残る可能性は結構高かったり。

 

昨今では除外系統のカードがあっても【十二獣】等の破壊カードが多かったりしますが、十二獣等で止めなければ、【LL】デッキを先に回し始めると、破壊するという手段以外ではどうしても手詰まりになって本当に勝てないんですよね。

例えば、戦闘特化のパワーデッキだったりすると戦闘効果で破壊できず対象に取れない相手に対して戦わざるを得なくなってきますのでロックに近い形で対処出来ないこともありそう。

そのまま対処出来ないとダイレクトアタックをされてしまい負けるというわけですね。 

 

【LL】デッキではメインの動きになるので出来ればこの《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》は死守しましょう。さくらちゃんはやめてください

また、ライフがある程度削る事が出来ると、《LL-リサイト・スターリング》や《No.54 反骨の闘士ライオンハート》等で相手に特攻し相手の攻撃力が高いモンスターがいればそのまま勝ち!なんてことも出来ます。

《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》でライフを5000以上削っていればこちらが壊獣を採用している場合勝ちは目前というわけです!

特に【LL】デッキの切り札は除外効果・・・《氷結界の竜トリシューラ》や 《水晶機巧-グリオンガンド》(対象を取ってるのでコバルトが素材の時は無効)。そして【壊獣】など大型を出す場合が結構あるので相打ち覚悟では結構可能性は大きいですね。

 

 

《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》 


エクシーズ・効果モンスター
ランク1/風属性/鳥獣族/攻 0/守 0
レベル1モンスター×2体以上
(1):このカードの攻撃力は、このカードのX素材の数×200アップする。
(2):このカードは直接攻撃でき、
X素材を持ったこのカードは、その数まで1度のバトルフェイズに攻撃できる。
(3):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
ターン終了時まで、自分フィールドの「LL」モンスターは戦闘・効果では破壊されず、
自分が受ける戦闘ダメージは0になる。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

 

■ 【LL】デッキレシピの重要な回し方について。

以前【LL】デッキに関しては回しかたについてグダグダと説明していましたが、今回は実践を交えての感想もついでにお送りしようと思います(笑)

hukusyunyu.hatenablog.com

hukusyunyu.hatenablog.com

 

【LL】デッキでは主に公式【LL】デッキレシピで分かる通り、元々モンスターを展開する点として手札に鳥獣族を多めに持っておくという点が挙げられますね。

 

 

 

【LL】デッキでは基本的な戦術として《LL-コバルト・スパロー》はサーチ、《LL-ターコイズ・ワプラー》は手札と墓地から。そして《LL-サファイア・スワロー》では手札の鳥獣族モンスターと一緒に盤面に出さなければ特殊召喚が出来ない&効果が使えず、恐らくサポートカードに鳥獣族が無ければあれ?

 

効果が使えない・・・なんて事は普通に起きます(笑)

 

■ 《LL-サファイア・スワロー》の効果を使う為にRR等の鳥獣族を持っておこう!

例えば、《LL-サファイア・スワロー》の効果は手札の鳥獣族と一緒に出すという効果なのですが、コレが意外と発動しにくいわけです(笑)召喚権を使って出すことも出来ますが、実質そこまでの余裕は無かったり。《RR-ラスト・ストリクス》や《RR-ペイン・レイニアス》を入れているのはその為でもある訳ですね。

 

一応【LL】デッキでは他の鳥獣族を変わりに入れてもOK。例えば《DD・クロウ》で墓地メタをしても良いですし、安価で選びやすいカードでも良いかなぁと思います。

中古遊戯王/ノーマル/マキシマム・クライシスMACR-JP013 [N] : LL-サファイア・スワロー

 《LLリリカル・ルスキニア-サファイア・スワロー》 
効果モンスター
星1/風属性/鳥獣族/攻 100/守 0
「LL-サファイア・スワロー」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに鳥獣族モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードと鳥獣族・レベル1モンスター1体を手札から特殊召喚する。
(2):フィールドのこのカードを素材としてX召喚した風属性モンスターは以下の効果を得る。
●このX召喚に成功した場合、自分の墓地の「LL」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。

 

勿論他の【LL】カードと共に出すのはかなり強いコンボなのですが・・・肝心のサーチ効果を持っている《LL-コバルト・スパロー》はレベル1の鳥獣族を持ってくる効果以外とは相性は悪い。《LL-サファイア・スワロー》を同時に出すことは出来てもアドバンテージは取れず《LL-ターコイズ・ワーブラー》は墓地から吊り上げる事が出来るので実際サファイアの立場がかなり危ういんですよね。

 

兎に角このカードの立ち位置は手札から鳥獣族を召喚権無しに展開出来るカードとして覚えておくのが良さそうです。

ですが、この《LL-サファイア・スワロー》はエクシーズ素材にすると墓地から【LL】を持ってくる事が出来るカード。出来れば中盤か手札から【LL】を捨てて発動するカードと共に使いたいので必須カードでしょうね(´・ω・`)

 

《LL-コバルト・スパロー》は【LL】デッキのキーカード!出来れば無理やりにでも出してしまおう!

筆者が好きな《LL-コバルト・スパロー》なのですが、このカードは【LL】デッキではサーチに加えて耐性付与を与える重要なカードです。

中古遊戯王/ノーマル/マキシマム・クライシスMACR-JP012 [N] : LL-コバルト・スパロー

《LLリリカル・ルスキニア-コバルト・スパロー》 
効果モンスター
星1/風属性/鳥獣族/攻 0/守 100
「LL-コバルト・スパロー」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから鳥獣族・レベル1モンスター1体を手札に加える。
(2):フィールドのこのカードを素材としてX召喚した風属性モンスターは以下の効果を得る。
●このカードは相手の効果の対象にならない。

 

【LL】デッキでは主にサーチが無くては話になりません。というのも手札を完全にレベル1に消化してしまうので後続は全く呼べないためですね。なので出来ればこの《LL-コバルト・スパロー》を特殊召喚するギミックを採用して場に出さなければなりません。

例えば、公式のデッキレシピでは《スワローズ・ネスト》《ワン・フォー・ワン》《死者蘇生》等が採用されていました。コレはいわばデッキから呼ぶカードで、《LL-コバルト・スパロー》を早期で出す手段になります。現状では【LL】の効果でも使うことは出来るのですが、初手で【LL】は2種類揃うことは結構珍しいので、【LL】効果以外で盤面に出すことが要求されている事も多い・・・。

 

そういう場合では無理やりにでも《LL-コバルト・スパロー》を盤面に特殊召喚し無ければならないわけです(笑)

 

 その場合手札に《LL-コバルト・スパロー》がある場合は?という疑問になるのですが、その場合《LL-サファイア・スワロー》から出せば良いと言う感じになっているのでしょう。また、《LL-ターコイズ・ワーブラー》でも出せるようになっており、【LL】デッキでの展開は手札からのサポートなら何とかしてくれる様子。

 

 

■ 【LL】デッキ以外でのカードの採用について。

【LL】デッキは主にカテゴリーだけでは補えないので最終的に【LL】デッキレシピでは他のカードを採用しなければなりません。

そのためには相性の良いカードを投入すべきなのですが、ちょっとした優先順位がありまして・・・それが鳥獣族と打点アップ効果を多めに採用する事です。

また、相手のカードを破壊するカードを採用して最初の【LL】デッキの展開を阻害されないという部分も重要ですね。

 

ちょっと色々と長いのでポイントごとに区切ってみました(´・ω・`)

 

ポイントその1レベル1鳥獣族・・・《RR-ラスト・ストリクス》の効果使用は慎重に。

中古遊戯王/ノーマル/ブースターSP ウィング・レイダーズSPWR-JP015 [N] : RR-ラスト・ストリクス

効果モンスター
星1/闇属性/鳥獣族/攻 100/守 100
「RR-ラスト・ストリクス」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の「RR」モンスターが戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、自分は自分のフィールド・墓地の魔法・罠カードの数×100LP回復する。
(2):このカードをリリースして発動できる。
エクストラデッキから「RR」Xモンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、
エンドフェイズにエクストラデッキに戻る。
このターン相手が受ける戦闘ダメージは0になる。

 

 

まず【LL】デッキで《LL-サファイア・スワロー》の効果を発揮する為に採用するカード《RR-ラスト・ストリクス》。

《RR-ラスト・ストリクス》の効果で大型を出す事が出来るのですが、ここで有名なのが《RR-アルティメット・ファルコン》&《No.77 ザ・セブン・シンズ》の出張カードでしょうか。

この効果で【LL】デッキでは厄介だった打点での相手をカウンターを狙う事も出来るようになりました。しかしwiki等の記述にある通りワンキルを行いづらいという点は【LL】デッキでは最大の致命傷になります。

 

なので、【LL】デッキの回し方として 《RR-ラスト・ストリクス》を出すときは何も考えなくてもいい!!と言うのはちょっと考えたい所。特に終盤や持久戦などのこう着状態の時の為にエクストラを残しておくのはいい手段かもしれませんね。

 

《RR-アルティメット・ファルコン》&《No.77 ザ・セブン・シンズ》のコンボはRRに関係ないデッキで出張採用されることもある。
召喚権と手札消費1枚攻撃力4000守備力3000で破壊耐性持ちのモンスターを呼び出せるという点を見れば、このカードはかなりのパワーを持つと言える。
ただし、エクストラデッキを相応に圧迫する上に発動ターンは戦闘ダメージを与えられないので1ターンキルはほぼ不可能な点を見るとそれ相応に調整できていると言える。

遊戯王カードWiki - 《RR−ラスト・ストリクス》

 

■ ポイント2 召喚権を使って盤面に出せるレベル1モンスターを大量に!!

【LL】デッキではまず素材の数を多めにして殴るデッキなので各種レベル1カードは結構多めに採用する感じになっています。公式の【LL】デッキレシピでは、なんと個性的なカードを沢山用意してくれているみたいで・・・(笑)

  • 《WW-スノウ・ベル》2
  • 《RR-ラスト・ストリクス》3
  • 《RR-ペイン・レイニアス》1
  • 《D.D.クロウ》2
  • 《金華猫》2
  • 《ジェスター・コンフィ》2
  • 《EMトランプ・ウィッチ》1

と採用されていますが、この【LL】デッキではおそらく融合軸の《LL-インディペンデント・ナイチンゲール》を採用しているためですね。

中古遊戯王/レア/マキシマム・クライシスMACR-JP041 [R] : LL-インディペンデント・ナイチンゲール

融合・効果モンスター

星1/風属性/鳥獣族/攻1000/守 0
「LL-アセンブリー・ナイチンゲール」+「LL」モンスター
(1):元々のカード名に「LL」を含むXモンスターを素材として
このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
そのモンスターが持っていたX素材の数だけ、このカードのレベルを上げる。
(2):このカードの攻撃力はこのカードのレベル×500アップし、
このカードは他のカードの効果を受けない。
(3):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
このカードのレベル×500ダメージを相手に与える。

 

勿論採用することも出来るのですが、恐らく改造するという面では別途でデッキを作る方が良かったりしますね。

まず面白い採用枠として【WW】の採用があります。《WW-スノウ・ベル》はその中でも風属性を2枚フィールドにいる場合特殊召喚できるというカード。

 

このカードは【LL】で大量展開をするので相性が良さそうですね。また召喚すれば手札に固まっている場合でもそのまま出せる上にチューナーなので何か面白い運用方法がありそう。例えば・・・《ヨコチュナ》と合わせたり?(笑)

中古遊戯王/ノーマル/レイジング・テンペストRATE-JP008 [N] : WW-スノウ・ベル

 

 

 一方で、《LL-ターコイズ・ワーブラー》と相性が悪いもののフィールドにモンスターがいない場合系のカードの採用すると面白いです。

《アンノウン・シンクロン》《インヴェルズの魔細胞》等を入れると結構面白い位素材を出せたりしました。また闇属性なので個人的には《ダーク・シムルグ》を入れたくなるようなデッキ構築になる感じですねー。

 

また皮肉ながた高騰している《ジェスター・コンフィ》の枠を埋める事は結構出来るカードが多いので結構問題は無さそうでした。

高騰して【LL】デッキ組めないよ・・・(´・ω・`)という人にはちょっと朗報かな?

一方で個人的に採用したいのは安価で買える《百万喰らいのグラットン》が代表的なカードとして挙げられますね。このカードはエクストラデッキからカードを5枚除外しても良いのでとりあえず即座に出せるカードとしての枠は十分です。

 

というより、公式のデッキレシピもエクストラデッキを埋められなかったんだから5枚くらい飛んでも大丈夫でしょ(笑)

という判断ですが大丈夫そうでした(´・ω・`)

【LL】デッキでは最悪装備魔法が手札にある場合ワンキルを狙って行けるデッキでもあるので《百万喰らいのグラットン》とは相性は良さそうというよりも併用出来そうですね。

駿河屋で検索⇒中古遊戯王/ノーマル/レイジング・テンペストRATE-JP032 [N] : 百万喰らいのグラットン

 

本末転倒ではあるのですが、グラットンがいる場合手札に戦力を集める為に《強欲で貪欲な壷》などのドローソースと合わせて《紅蓮魔獣ダ・イーザ》のカードと合わせるなんて手も可能だったりします。

ここまで来ると【LL】と合わせるのは本末転倒なのですが、除外して・・・というカードが多くなって来た場合は採用しても良いかもしれませんね。

 

■ ポイント3 装備カードと、サーチカードは多めに!

【LL】デッキレシピの中では、装備魔法を多く入れているデッキは非常に多いです。

その理由として《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》の打点を上げたいからでしょうか。その為に様々なカードを採用している感じがみられます。

 

例えば《ストイック・チャレンジ》は素材の数だけ攻撃力を上げるので相手のモンスターもろとも戦闘破壊するのに向いています。また安価という面では《サイコ・ブレイド》でも同じであり、素材は4枚以上あればその時点でワンキルが成立してしまいますね。

コレクターズパック ZEXAL編CPZ1-JP045 : ストイック・チャレンジ

 《ストイック・チャレンジ/Stoic Challenge》 
装備魔法
エクシーズ素材を持っているエクシーズモンスターにのみ装備可能。
装備モンスターの攻撃力は自分フィールド上のエクシーズ素材の数×600ポイントアップし、
相手モンスターとの戦闘によって相手ライフに与える戦闘ダメージは倍になる。
また、装備モンスターは効果を発動できない。
このカードは相手のエンドフェイズ時に墓地へ送られる。
このカードがフィールド上から離れた時、装備モンスターを破壊する。
「ストイック・チャレンジ」は自分フィールド上に1枚しか表側表示で存在できない。

AMAZONでストイック・チャレンジの販売価格を見てみる。

駿河屋でストイック・チャレンジの販売価格を見てみる。

楽天市場でストイック・チャレンジの販売価格を見てみる。

装備魔法
「サイコ・ブレイド」は1ターンに1枚しか発動できない。
100の倍数のLPを払って、このカードを発動できる(最大2000まで)。
(1):装備モンスターの攻撃力・守備力は、
このカードを発動するために払ったLPの数値分アップする。

コッチはまだまだ安価なので買うなら今っぽいです。

⇒駿河屋でサイコ・ブレイドの販売価格を見てみる。 

AMAZONでサイコ・ブレイドの販売価格を見てみる。

楽天市場でサイコ・ブレイドの販売価格を見てみる。

 

 

また、装備カードをサーチする《アームズホール》も重要なカードで、そのターン召喚は出来ませんが墓地のカードも回収出来るので【LL】デッキでは救世主のようなカードとして動く事が出来ます。

中古遊戯王/ノーマルパラレル/アドバンスド・トーナメントパック2014 Vol.4AT08-JP003 [Nパラ] : アームズ・ホール

 通常魔法
このカードを発動するターン、自分は通常召喚できない。
(1):デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
自分のデッキ・墓地から装備魔法カード1枚を選んで手札に加える。

 

まとめ

という訳で【LL】デッキの解説でした。基本的には公式デッキでの解説が主になっていますが、改造ポイントとして1枚しか採用していないカードを採用していくという点に集約されている感じです。

元々【LL】デッキでは装備魔法で一気に攻めるというのが重要なカードなのでその点を考慮しつつ変えても良いでしょう。

 

《アームズ・ホール》や《サイコ・ブレイド》が一枚ずつなのを入れ替えて・・・というのが良いかなぁと言う感じ。出来れば《ハーピィの羽根箒》&《ツインツイスター》等の除去も入れていき・・・と実はレシピだけでも結構変えれる部分があるのが事実。

今後ちょっとこのデッキを改善していって何円で組めるかちょっと考えてみたいと思います。

 

それではノシ

 

 

 今回の関連商品

【今回紹介した【LL】が入っているマキシマム・クライシスの購入はこちらから!

f:id:hukusyunyu:20161121205902p:plain

amazonさんで遊戯王OCG マキシマム・クライシスの販売価格を検索してみる。

駿河屋さんで遊戯王アーク・ファイブ オフィシャルカードゲーム マキシマム・クライシスの販売価格を検索してみる。

楽天市場で遊戯王カードゲームマキシマムクライシスの販売価格を検索してみる。

 

 ※今回収録されているカードを調べたい人はこちらから。

hukusyunyu.hatenablog.com