中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

《超銀河眼の光波龍》で、残念テーマ”サイファー”は輝くのか。

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

【サーキット・ブレイク(CIBR)】の収録カードの価格・既存のカード等をチェック!

新規カテゴリー。

ヴァレット】【オルターガイスト】【クローラー】【メタファイズ

既存カテゴリーの強化。

トリックスター】【剛鬼】【星遺物】【水精鱗】【炎王】【幻獣機】 

 

【最新カテゴリーの価格を見てみる】

⇒【サブテラー】

⇒【SPIRAL】

⇒【ヴェンデッド】

⇒【 F.A.】

1年前のコラムですが、折角なので色々と追記。皆さんは、超銀河眼の光波龍というカードを知っていますか?

《超銀河眼の光波龍/Neo Galaxy-Eyes Cipher Dragon》 

ネオ・ギャラクシーアイズ・サイファー・ドラゴン
エクシーズ・効果モンスター
ランク9/光属性/ドラゴン族/攻4500/守3000
レベル9モンスター×3
(1):このカードが「サイファー」カードをX素材としている場合、以下の効果を得る。
●1ターンに1度、このカードのX素材を3つまで取り除いて発動できる。
取り除いた数だけ相手フィールドの表側表示モンスターを選び、
そのコントロールをエンドフェイズまで得る。
この効果でコントロールを得たモンスターの効果は無効化され、
攻撃力は4500になり、カード名を「超銀河眼の光波龍」として扱う。
この効果の発動後、ターン終了時までこのカード以外の自分のモンスターは直接攻撃できない。

 

アニメではなんとこ、攻撃力10000だと!?

・・・なんかインフレを見続けて、既にすごいと感じられない私は末期なのでしょうか。

 f:id:hukusyunyu:20160818015444p:plain

ついに発売するレイジング・テンペスト。

実は発売日が10月8日に発売のようで、機械竜氾濫の一ヶ月経つ位にまた発売が決定しているみたいです。ちょっとお財布のライフがかなりピンチな人も多そうでなおかつそこに追撃をしてくるのはかなりきつい。

しかも9月にはKozmoや壊獣がやってきますからね・・・。

 

そんな中で、既存カテゴリーであるサイファーに関しては結構期待をしているのに残念な制約に加えて非常に優秀なカードの銀河・フォトンにどうしても負けてしまう印象が強いテーマでした。

 

特殊召喚条件や、ノヴァインフィニテイの制約などなど・・・案外デッキテーマとして非常に辛い点を抱えています。

 

 

じゃあこのデッキの強みって何も無いじゃないか!!という悲しさを抱えつつもついに登場した新サイファー。今のうちにサイファーカードを増やして純構築が出来れば・・・!?

 

と言いつつも、これ。ただサイファーの価格が上がっただけなんじゃ・・・【絶望】

 


遊戯王カード CPF1-JP029 銀河眼の光波竜(ウルトラレア)遊戯王アーク・ファイブ [閃光の決闘者編]
 

 ■ 《超銀河眼の光波龍》(ネオ・ギャラクシーアイズ・サイファー・ドラゴン)の強さと特徴。

 

《超銀河眼の光波龍》の特徴はいわば大型のダメージを通すことに特化した性能で、相手のモンスターのコントロールを奪いつつ相手のフィールドを無理やりにでもどける事が出来ます。

 

一方で、ターン終了時までこのカード以外の自分のモンスターは直接攻撃できないというデメリットを持ちつつも、エクシーズなどのカードに変える事も出来るのは利点ですね。《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン》に変えれるのはサイファーからの利点で、追撃は出来ないもののその分盤面はすごい事になりそう。

 

駿河屋で購入したい人はこちらから!

中古遊戯王/ウルトラレア/レイジング・テンペストRATE-JP049 [UR] : 超銀河眼の光波龍

《超銀河眼の光波龍》
星9 光属性 ドラゴン族・エクシーズ  ATK/4500 DEF/3000レベル9モンスター×3
①:このカードが「サイファー」カードをX素材としている場合、以下の効果を得る。

●1ターンに1度、このカードのX素材を3つまで取り除いて発動できる。取り除いた数だけ相手フィールドの表側表示モンスターを選び、そのコントロールをエンドフェイズまで得る。この効果でコントロールを得たモンスターの効果は無効化され、攻撃力は4500になり、カード名を「超銀河眼の光波龍」として扱う。 この効果の発動後、ターン終了時までこのカード以外の自分のモンスターは直接攻撃できない。

 

一方で、この 《超銀河眼の光波龍》の効果では対象を取らないので、対象を取れないカードであっても奪うことが出来ます。更に専用RUM-光波昇華によって、攻撃力を上げて畳み掛けるのがサイファーデッキの基本的な動き方になるでしょう。

 

RUM-光波昇華(サイファー・アセンション)

速攻魔法
①:自分・相手のメインフェイズに、自分フィールドの「サイファー」Xモンスター1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターよりランクが1つ高い「サイファー」Xモンスター1体を、対象のモンスターの上に重ねてX召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは以下の効果を得る。
●このカードの攻撃力は、自分フィールドのレベル4以上のモンスターの数×500アップする。

 

 

また、RUM-光波昇華で攻撃力を上げると最大で6500まで打点を上昇させる事が出来ます。すべてがレベル4以上と言う数値は非常に大変なものの、残りライフが1500しか残らないのは昨今の神の通告等を打てないプレッシャーを与えますね。

 

 

相手が制圧系のモンスターであってもロックであってもそれを突破出来れば軽々勝てそうなので専用デッキを組んでも価値はありそうです。

 

 

■ 光波異邦臣をどうすればサーチし、捨てられるのかを考える。

 

しかし、今回はこの《超銀河眼の光波龍》を出すためにはRUMをサーチしなければなりません。

 

光波異邦臣の効果で引っ張ってきたいのですが、効果がただ墓地に送れば良いだけなので非常に簡単に持ってくることが出来ます。どんな手段でも落としても良いっぽいので出来る限りアド損なしで落としたいところ。

 

と言いつつも既存の墓地に送るでは手札の枯渇が激しいサイファーで非常にキツイ事になります・・・。

一方でこれをサイファーデッキを組みこむことで簡易的にRUMを持ってきやすくなるのは魅力的なのは良いんですけど肝心のこのカードを引っ張ってくるのが非常に遅いのをなんとかしないと駄目ですね。

 

効果モンスター
星1/光属性/魔法使い族/攻0/守0
「光波異邦臣」の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードが手札・墓地に存在する場合、自分フィールドの「サイファー」Xモンスター1体を対象として発動できる。
このカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。
②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「サイファー」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

 

ただ個人的にこのカードを採用するなら出来る限り銀河戦士とか、光波双顎機で落とすのが良いんですけど・・・やめろぉ!サイファーだけで組ませろー!!

 

 ■ サイファーの残念効果がついに輝いて欲しかった。

この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「サイファー」モンスターしか特殊召喚できない。

 

この9期の世界ではありえない制約が諸悪の根源。サイファー自体のデッキではランク4を立てられる部分までが作れそうなのに、この誓約のせいでランク8を出しづらくさせています。

 

 

この点はかの《光波双顎機》等で展開すればいいのですがサイファーデッキでは肝心のランク4サイファーがいない為どうしても光波翼機を出してレベルを上げたいのですが、この光波翼機をリリースしなければ効果でレベル8を出せない。

 

と言いつつもほかのカードでサポートしようにも、光波双顎機では1枚しか展開出来ないので非常に微妙な事になってるんですよ。

 

hukusyunyu.hatenablog.com

 

じゃあちなみにこのカードを展開する上で揃えるべき手札をまとめると

 

光波双顎機を手札に持っておき、相手にエクストラから出ているモンスターがいる状態で手札は最低でも3枚持っておかないといけなくて、サイファーを展開するカードを引かなければならない。

 

というアニメ展開のような展開とエクストラから出ているカードを乗り越えないといけません。

 

さて、制圧系とかのカードというと・・・。

 

 

ちなみにこのエクストラデッキから出ているモンスターと言えば手札を1枚捨てただけで除外できるドラゴンバスターやセットで何かでるアルティマヤ。モンスター効果を無効にされるクリスタルやインフィニティ・・・。

 

これらをちゃんとくぐり抜けないと、サイファーまでの流れが出来ません。友人いわく

 

「無理」

 

と言われました。《超銀河眼の光波龍》を出しやすい銀河やレベル8のカードを投入した銀河デッキではかなりの強さを発揮するでしょう。ですが、なんだかんだでランク8と言えば銀河でOKと言われる時代。

 

お願いします。サイファーだけでデッキ組ませてください(切実)

 

■ 1年後の今、サイファーはどうなっているのか。

聞かないでくれ(´・ω・`)

 

と言いたいんですが、実はこの超銀河眼の光波龍。採用されているデッキが今年上位に入賞したって内容が書いてあったんですよ!

・・・命削り【真竜】で。つまり出すのかも分からないんじゃ・・・。

 

(´・ω・`)っていう悲しさもありますが、前述したこれらのデッキもリンク召喚に

は若干の向かい風があったのである程度の対応も出来るように。

何時かはこういう大型カードも救済がきたら良いなぁと思っています。

というか、レイジングテンペストの悲劇を公式は無理やり消そうとしてませんかね・・・?

 

それではノシ

 

 

関連記事