中古 買い物で得する人生~”ぶらりネット下車の旅”

遊戯王&デュエルマスターズのTCG考察他、遊戯王おすすめデッキ&買うべきシリーズ等の考察等をグタグタ行っているtcg準研究サイトです。

 

f:id:hukusyunyu:20170605214617p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214607p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213921p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213832p:plainf:id:hukusyunyu:20170605215730p:plainf:id:hukusyunyu:20170605214651p:plainf:id:hukusyunyu:20170605213925p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030218p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030222p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030225p:plainf:id:hukusyunyu:20170606030228p:plain

【Re:EX(レックス)効果考察】エクストラモンスターゾーン(EXモンスターゾーン)戦闘キラーは環境にどう影響を残す?

 

f:id:hukusyunyu:20170413194554p:plain

Re:EX

《Re:EX》

効果モンスター
星4/光属性/恐竜族/攻1900/守1200
①:このカードがEXモンスターゾーンのモンスターと戦闘を行う場合、ダメージステップの間だけこのカードの攻撃力・守備力は800アップする。

 

今回の話題は《Re:EX》というエクストラモンスターゾーン(EXモンスターゾーン)のメタカードについての話題です。

 

元々今回のマスタールールでの問題は常にあって、大型モンスターに対してどう対策をすべきかというのは常に考えていました。

 

その中で登場したのがこの《Re:EX》という訳ですね。

 

エクストラモンスターゾーン(EXモンスターゾーン)を依存しているとは言うものの、打点を2700まで上げれる他に素で1900ものパラメータを持っている。

いやぁ3年前に欲しかったなぁと思えるカードではありますが《Re:EX》を活かすにはどうすれば良いのでしょうか!

というわけで、今回はコード・オブ・ザ・デュエリストに新規収録される《Re:EX》について色々と考察してみました。

 

《Re:EX》の効果をおさらい

多分こいつはパキケの親戚です(´・ω・`)

 

《Re:EX》の効果は実際昨今の遊戯王においてエクストラモンスターゾーン(EXモンスターゾーン)から出てくるモンスターの種類が多い故に起きるメタの種類が多すぎて全て対処出来ない問題を防ぐ為に作られたモンスターと言えそうです。

 

例えば、《軍荼利》や《ザ・キャリブレーター》等実際は特定のエクストラデッキから出るモンスターに対してのメタは数々登場している傾向にありますが今回の《Re:EX》は恐竜族というサーチしやすい種族。

 

そして光属性でレベル4と《オネスト》などスタンダードなデッキで動かしやすいのが最大の特徴と言えるでしょう。

ですが一方で、打点は2700までを相打ちという点までしかなく、大抵2800を軽く超えるモンスターが多い中でこのレックスだけをメタカードとして活用するのはかなり厳しいかなとは思います。

 

特に恐竜デッキではサーチが出来ますが、恐竜デッキでのメタカードに関しては全体除去的なものが多く肝心のメタ的なモンスターカードに関しても《幽鬼うさぎ》や《灰流うらら》だったりの対策にはなっていなかったり、最近真竜恐竜のメタカードでも一応ありえるのは《深淵に潜むもの》位かなぁと。

 

REって付いているってことは返信とかを意味するため返しに使ってねというカードなのでしょうけどそこまで対策出来るカードなのでしょうか?

主人公打点を超えれる軽いジャブとしては有用!

実際に《Re:EX》が弱いのかという話になりますがそうでは無い気もします。

例えば主人公の打点ラインである2500や2300を超えることが出来ますし、先行でものすごく展開するデッキで無ければ1枚で超えれるラインは多いはずです。ただし、召喚権を使っているためこちらも返せるのかと言われれば結構キツイ。

ですが、ひとつだけ扱える可能性があります。それが《ロストワールド》との兼ね合いです。

 

 

まず恐竜での採用となるとまず1枚は採用しても、肝心の効果としては2800打点を超えれないのですが攻守ダウンの《ロストワールド》と合わせると、3200打点までを相打ちにする事が出来ます。

恐らくですが、2700という中途半端な打点はこのカードを意識しての事なのでしょう。個人的に気づいた事ですが、【恐竜】デッキの採用の中ではこのカードが一番の強みのように見えてきます。

 

しかし、トークンを1つ生成してしまうというデメリットを《Re:EX》単体で補うことが出来ないので・・・というリスクは考えないと駄目ですね。 

フィールド魔法
(1):恐竜族以外のフィールドのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。
(2):1ターンに1度、恐竜族モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。
相手フィールドに「ジュラエッグトークン」(恐竜族・地・星1・攻/守0)1体を守備表示で特殊召喚する。
(3):相手フィールドにトークンがある限り、
相手はトークン以外のフィールドのモンスターを効果の対象にできない。
(4):1ターンに1度、フィールドの通常モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりにその数だけ自分の手札・デッキの恐竜族モンスターを破壊できる。

例えば、《Re:EX》の効果がエクストラモンスターゾーン(EXモンスターゾーン)にいるモンスターにのみ打点を引き上げるので出てきたトークンを《リンク・スパイダー》に変更した後に、そのマーカー下で《デコード・トーカー》を出されてしまうと・・・あれ?素で勝ててないと気付きます。

 

「抜け道はいっぱいあるぞ!」

そうです。この《Re:EX》の弱点エクストラモンスターゾーン(EXモンスターゾーン)でしか対応していないのにその抜け道は既にリンク召喚で補えてしまっているのです。

 

なのであまり使えない(´・ω・`)

と思ってしまうのですが、なんだかんだで言い換えると枠にはまれば強いカードの1枚と言えます。《ロストワールド》を先に出して、《Re:EX》を配置すると多分単純な3000打点までを出すシンクロモンスターデッキ等では対策が出来ずエクストラデッキだけをメインにしているデッキではかなり相手にするとめんどくさい一枚になりそう(笑)

 

ただし今の環境ではエクシーズ一強というイメージがまだ拭いきれないですから《ディノインフィニティ》でいいやーという意見もあったり【壊獣】でリリースすればという側面も持ち合わせている一方で《スキルドレイン》や《クリスティア》等のメタに引っかかる事も。

もしかしたら意外なメタ対策として採用されることもあるかも・・・しれませんね!

 

それではノシ

 

【コード・オブ・ザ・デュエリスト】のおすすめポイント!

コード・オブ・ザ・デュエリスト

  1. ・遊戯王新作の【剛鬼】や【トリックスター】が収録!
  2. ・【トワイライトロード】や既存のデッキも強化される可能性も!
  3. ・そして新しく・・・【覇王眷竜】がOCG化!!

AMAZONのコード・オブ・ザ・デュエリスト(CODE OF DUELIST)の詳細はこちら。

楽天市場のコード・オブ・ザ・デュエリスト(CODE OF DUELIST)の詳細はこちら。

駿河屋のコード・オブ・ザ・デュエリスト(CODE OF DUELIST)の詳細はこちら。

コード・オブ・ザ・デュエリストの収録カード考察についてはこっちで色々と考察しています。

hukusyunyu.hatenablog.com

hukusyunyu.hatenablog.com

f:id:hukusyunyu:20170226021804p:plain

【最新情報 コンテンツ現在はリンク召喚(L召喚)&新パック!】

【新マスタールール】マスタールール4の賛否両論のご意見について回答します。 

遊戯王のリンク召喚(L召喚)で起きた事件・可能性を考察する。
リンク召喚&リンクモンスターの裁定情報 まとめ 
 
【遊戯王 予約開始】スターターデッキ2017(ST17) が予約開始!

注目ポイントと、収録カードをご紹介!!
コード・オブ・ザ・デュエリスト(COTD) 収録カードまとめ 

【遊戯王環境】「サイドカード」おすすめ10選!大会等で活躍するカードって何? 

【遊戯王 コンテンツ】

【遊戯王】何を買えば良いか分からない人の為に新商品のオススメポイントを紹介!【遊戯王】安くて強いおすすめデッキを色々まとめてみました。
【遊戯王 デッキ】初心者におすすめなデッキ一覧。【2017年度版】 

【商品関連系統】

サプライ⇒ 【重ねスリーブ おすすめ】私が感じたスリーブ(サプライ)の選び方云々について。 
プレイマット⇒ 【プレイマット通販】安いTCGのプレイマットとかを買えるのってどこなの?

【デュエルマスターズ コンテンツ】

【新文明について】⇒【デュエマ 感想】新文明 ジョーカーズ 文明 について色々と考える。裁定問題など。